シリコンバレーの「クジラ」は仮想通貨で数億円のダイヤモンドを購入する

by BITTIMES

仮想通貨決済は高価な時計やジュエリーなどのアイテムの購入を加速させています。シリコンバレーの宝石店Stephen Silver Fine Jewelry(スティーブン・シルバー・ファイン・ジュエリー)では先日、数百万ドル(数億円)の支払いが仮想通貨で行われています。

Stephen Silver Fine Jewelry

シリコンバレーで最高級時計や宝飾品などを販売しているStephen Silver Fine Jewelry(スティーブン・シルバー・ファイン・ジュエリー)では、2014年に仮想通貨決済を導入しました。

同社は仮想通貨業界のリーダー的存在である『BitPay』と協力しているため、承認されたBitPayのウォレットからであれば、ビットコインなどの仮想通貨を使ってジュエリーを購入することができます。

ビットコイン(BTC)ビットコインキャッシュ(BCH)モネロ(XMR)などでの支払いを認めている同社は、限られたウォレットのみにしか対応していないにも関わらず、仮想通貨による支払いが過去1年間で売上の20%にまで拡大したと報告しています。

Bitpay(ビットペイ)とは

bitpay

Bitpay(ビットペイ)は、2011年にアメリカで始まった​仮想通貨を利用して電子決済を行うことができるウォレットサービスです。Windows,Mac,Linux,iPhone,​Androidの全てに対応しているBitPayは、スマホアプリを利用して北米やヨーロッパなどの店舗で実際にビットコイン(BTC)やビットコインキャッシュ(BCH)による支払いが行われています。

また、BitPayウォレットの他にも仮想通貨をVISAカードと連携する事でVISA加盟店でそのまま利用できるBitPayカードも発行しており(日本では利用不可)、仮想通貨決済事業も展開しています。

ユーザーはアプリを起動して決済金額を入力し、店舗の端末に表示されているQRコードを読み取ることで仮想通貨での支払いを行うことができます。
アプリが無料で提供されているため、導入コストがかからないことや、クレジット決済に比べて手数料が安いことなどの利点が高く評価されており、2017年には10億ドル(約1,090億円)以上の決済を処理しています。

早期に仮想通貨決済を導入したStephen Silver Fine Jewelryは、BitPayの決済サービスはクレジットカードよりも優れているということを語っています。

仮想通貨決済はクレジットカードを凌ぐ

同社は、従来のクレジットカードなどによる支払いよりも、はるかに高速な転送時間を実現する『より簡単で安全な代替手段』として仮想通貨決済を採用しました。

Stephen SilverのCEOでありスタートアップの投資家でもあるJared Silver(ジャレッド・シルバー)氏は、「仮想通貨は短期間での小売りクレジットカードによる購入数を上回っている」と述べています。

「当社は、仮想通貨を受け入れていない企業には想像もつかないほどの収益を生み出しました。私たちは高額な支払いの際に仮想通貨の大きな利点が発揮されることを発見しました。」

クレジットカードなどの代替手段として導入された仮想通貨決済は、通常2〜3日はかかっていた送金時間を大幅に短縮しており、実際に多くの顧客がこの即時決済を利用しているとのことです。また同社は、ビットコインで購入することによって交換手数料を1.5%まで節約することができるとも説明しています。

ブロックチェーンとシリコンバレー

シリコンバレーを拠点とするStephen Silver Fine Jewelryは、ビットコインが世界的に注目される前からブロックチェーンの技術を高く評価していました。またその技術を支払いオプションとしても高く評価していた同社は、顧客からの高い要望に応えて早期に仮想通貨決済を導入しています。

「Stephen Silver Fine Jewelryは、革新の舞台であるシリコンバレーに拠点を置いているため、2008年からブロックチェーン技術の開発を監視してきた」と語るシルバー氏は「2014年には"この技術が当社の店舗に持ち込むことができるまでに成熟した"と感じた」と述べています。

またシルバー氏は、この支払い方法が"不可欠なツール"になったとも述べています。平均販売額は7桁近くに達しており、小売業者は購買ごとに処理する金額に制限がありません。同氏は、つい最近仮想通貨業界のクジラ(*1)から数百万ドル(数億円)の仮想通貨決済を受けたとも明らかにしています。
(*1)クジラ:経済用語におけるクジラとはマーケット市場における資産の大きい機関投資家たちのこと

"形のないお金"である仮想通貨は、従来では考えられないほどの金額を簡単に送金することを可能にするため、ビットコイン決済を早い時期から導入していた企業の多くは、短期間で急速に成長しているようです。

最近では、VISAの決済ネットワークが欧州全域で停滞し企業と個人の取引が制限されるという問題も発生しており、現金や仮想通貨などの代替ソリューションの"必要性"を多くの人々が感じていますが、Stephen Silver Fine Jewelryによるこの成功例は、仮想通貨決済の持つ"可能性"も表しています。

ビットコインなどの仮想通貨はbitbank(ビットバンク)で、日本では購入できないその他の通貨はHuobi.pro(フォビ)での購入がおすすめです。

仮想通貨取引所 bitbank の画像仮想通貨取引所bitbankの登録はこちら

仮想通貨取引所Huobi.proの登録はこちら仮想通貨取引所Huobi.proの登録はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

仮想通貨交換業にフィデリティ(Fidelity)参入か

仮想通貨交換業にフィデリティ(Fidelity)参入か

ぐるなびがビットコイン決済導入へ 2020年の東京オリンピックまでに5万店が目標

ぐるなびがビットコイン決済導入へ 2020年の東京オリンピックまでに5万店が目標

福利厚生にもブロックチェーン技術を活用|オーストラリア

福利厚生にもブロックチェーン技術を活用|オーストラリア

EUはフィンテック行動計画でブロックチェーンの活用を目指す

EUはフィンテック行動計画でブロックチェーンの活用を目指す

ビットコイン救世主のロジャー・バーのインタビュー日本語訳

ビットコイン救世主のロジャー・バーのインタビュー日本語訳

仮想通貨ニュース週間まとめ|4月15日〜21日

仮想通貨ニュース週間まとめ|4月15日〜21日

注目度の高い仮想通貨ニュース

ビットコインキャッシュがロンドン最大の総合格闘技イベントのスポンサーに

ビットコインキャッシュがロンドン最大の総合格闘技イベントのスポンサーに

Charles Hoskinsonが語った「CardanoとGoogle提携の真相」

Charles Hoskinsonが語った「CardanoとGoogle提携の真相」

仮想通貨ニュース週間まとめ|7月1日〜7日

仮想通貨ニュース週間まとめ|7月1日〜7日

中国が仮想通貨格付けの最新版を発表!6月はイオス(EOS)が1位に

中国が仮想通貨格付けの最新版を発表!6月はイオス(EOS)が1位に

エンドール・プロトコル(EDR)がKuCoinに上場

エンドール・プロトコル(EDR)がKuCoinに上場

ジャック・マーがブロックチェーン技術の国際送金で3秒台を実現

ジャック・マーがブロックチェーン技術の国際送金で3秒台を実現

イーサリアムが使える野球ゲームアプリ「MLB Crypto Baseball」

イーサリアムが使える野球ゲームアプリ「MLB Crypto Baseball」

John McAfeeがHitBITに宣戦布告|中央集権型から分散型の時代へ

John McAfeeがHitBITに宣戦布告|中央集権型から分散型の時代へ

ブロックチェーンの学生向けオンラインコースを開始|インドとIBMが協力

ブロックチェーンの学生向けオンラインコースを開始|インドとIBMが協力

MicrosoftがXboxプラットフォームにブロックチェーン技術を活用

MicrosoftがXboxプラットフォームにブロックチェーン技術を活用

カカオ子会社「Ground X」仮想通貨プラットフォーム開始に向けて本格始動

カカオ子会社「Ground X」仮想通貨プラットフォーム開始に向けて本格始動

Binance取引一時停止から再開|実行犯逮捕の懸賞金に「11億円」

Binance取引一時停止から再開|実行犯逮捕の懸賞金に「11億円」

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

人気のタグから探す

人気のタグから探す