独自トークンを活用して渋滞問題を改善|Ford(フォード)

by BITTIMES   

大手自動車メーカーのFord(フォード)は、独自のトークンを活用することで交通渋滞などの問題を改善し、より良い交通の流れを促進するための車両間通信装置に関する特許を出願したことが、27日に米国特許商標庁(USPTO)が公開した出願書類により明らかになりました。

協調型合流追い越し管理(CMMP)システム

Ford(フォード)が出願した特許技術には、速度を調整するために車両間で通信を行うことにより交通渋滞などの問題を改善できる可能性を秘めた様々な方法が記されています。

公開した出願書類によると、交通渋滞は「各自の移動時間を重視するドライバーの心理によって生じる」とされており、この問題を解決するために「協調型合流追い越し管理(CMMP)」システムを利用することで、各個人へ対処する方法が提唱されています。

CMMPトークン

この技術は「CMMPトークン」と呼ばれるトークンを活用することで強化され、様々な車両間でのメッセージの送信を容易にします。
また、これらのトークンは商用車と消費者車の間の取引を認証するだけでなく、承認するためにも使用されます。

通信モデルと協調型車間距離維持支援システム(CACC)を搭載した車両は、ほかの車両と通信を行うことで「CMMPトークン」を交換します。これにより、車の優先事項を「交通量の多い道路を走行すること」から切り替えられる可能性があると考えられています。

CMMPシステムの具体的な例

具体的な例としては、ドライバーは「速度の遅い車専用の車線」を使用したり、必要に応じて「専用車線に合流または追い越したりする」ことで交通の整理を図ります。

交通の流れを改善するために個人の移動時間を犠牲にしたドライバーは、他の参加者からトークンを受け取ることができます。

この他にも、ドライバーが「予定よりも遅れて走行している」場合に、リクエストを入力して一定数のトークンを支払うことによって、その後10分間は車両を追い越すことができる、といった方法なども提唱されています。

Fordは、このシステム関する情報をあまり公表していませんが、昨年同社が行った求人はブロックチェーンの専門家を探していたことを示唆しています。時間がたつにつれて、その技術に関するより多くの情報が明らかになるとみられています。

ブロックチェーン技術を導入する自動車メーカー

ブロックチェーン技術を導入している自動車メーカーはフォードだけではなく、メルセデス・ベンツの親会社であるダイムラーAGも、ブロックチェーン技術を活用した独自の仮想通貨を導入した環境改善のためのプロジェクトを発表しています。

公開した出願書類はこちら
>>USPTO

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

伊藤忠:ファミリーマートを完全子会社化「ブロックチェーン・AIの活用」も計画

伊藤忠:ファミリーマートを完全子会社化「ブロックチェーン・AIの活用」も計画

ポルトガル:ブロックチェーンなどの技術開発促進に向け「フリーゾーン」立ち上げへ

ポルトガル:ブロックチェーンなどの技術開発促進に向け「フリーゾーン」立ち上げへ

仮想通貨決済「米自動車ディーラー」で導入が進む|オクラホマ州18店舗でも利用可能に

仮想通貨決済「米自動車ディーラー」で導入が進む|オクラホマ州18店舗でも利用可能に

カタルーニャ:ブロックチェーンを活用したスマートシティ計画|独自仮想通貨の発行も

カタルーニャ:ブロックチェーンを活用したスマートシティ計画|独自仮想通貨の発行も

Brave:ブロックチェーンカードゲーム「Splinterlands」と提携

Brave:ブロックチェーンカードゲーム「Splinterlands」と提携

ポルノ動画配信サイト「Tube8」がブロックチェーン技術を導入|仮想通貨の報酬サービスも?

ポルノ動画配信サイト「Tube8」がブロックチェーン技術を導入|仮想通貨の報酬サービスも?

注目度の高い仮想通貨ニュース

カルダノ創設者「リップル訴訟問題」に言及|XRP=証券ではないが配布方法に問題あり?

カルダノ創設者「リップル訴訟問題」に言及|XRP=証券ではないが配布方法に問題あり?

暗号資産の「利益・損失・翌年持ち越し」にかかる税金は?【確定申告の基礎知識】

暗号資産の「利益・損失・翌年持ち越し」にかかる税金は?【確定申告の基礎知識】

バイデン政権:元Ripple社役員マイケル・バー氏を「米通貨監督庁長官」に指名か=報道

バイデン政権:元Ripple社役員マイケル・バー氏を「米通貨監督庁長官」に指名か=報道

Chiliz関連ファントークン:ラテンアメリカ最大の取引所「MERCADO BITCOIN」に上場

Chiliz関連ファントークン:ラテンアメリカ最大の取引所「MERCADO BITCOIN」に上場

ビットコイン価格「300万円」まで下落|著名投資家が予想する今後の動きは?

ビットコイン価格「300万円」まで下落|著名投資家が予想する今後の動きは?

ステラ開発財団「ウクライナ政府」と協力|中央銀行デジタル通貨(CBDC)などを支援

ステラ開発財団「ウクライナ政府」と協力|中央銀行デジタル通貨(CBDC)などを支援

Binance US「XRP取引・入金の一時停止」を発表|大手取引所で上場廃止報告続く

Binance US「XRP取引・入金の一時停止」を発表|大手取引所で上場廃止報告続く

イオス開発企業「Block.one」のCTO、Daniel Larimer氏が辞任|新プロジェクトに注力

イオス開発企業「Block.one」のCTO、Daniel Larimer氏が辞任|新プロジェクトに注力

2021年の「ビットコイン価格予想」まとめ|著名トレーダー・投資家が語るBTCの今後

2021年の「ビットコイン価格予想」まとめ|著名トレーダー・投資家が語るBTCの今後

【Chiliz&Socios】Locker Roomに「F1関連の新トークン」追加|Locker One(LOCK-1)

【Chiliz&Socios】Locker Roomに「F1関連の新トークン」追加|Locker One(LOCK-1)

Coinbaseユーザー「有価証券XRPを販売し、手数料で利益を得た」として取引所を提訴

Coinbaseユーザー「有価証券XRPを販売し、手数料で利益を得た」として取引所を提訴

XRP基軸の取引所Bitrue「Sparkトークンの事前取引(IOU)」提供へ

XRP基軸の取引所Bitrue「Sparkトークンの事前取引(IOU)」提供へ

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「エンジンコイン(Enjin Coin/ENJ)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「エンジンコイン(Enjin Coin/ENJ)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ポルカドット(Polkadot/DOT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ポルカドット(Polkadot/DOT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ステラ(Stellar/XLM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ステラ(Stellar/XLM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ステーブルコインとは?「種類・特徴・違い」などを初心者向けにわかりやすく解説

ステーブルコインとは?「種類・特徴・違い」などを初心者向けにわかりやすく解説

日本国内取引所「XRP関連サービス一時停止」に関する発表まとめ【随時更新】

日本国内取引所「XRP関連サービス一時停止」に関する発表まとめ【随時更新】

暗号資産「テザー(Tether/USDT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「テザー(Tether/USDT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す