Bitcoin Cash(BCH)決済開始!高級品ショッピングサイト「FANCY.com」

by BITTIMES   

ビットコイン決済が可能なラグジュアリー・オンラインショップやアプリを提供している「FANCY」は、新たにビットコインキャッシュ(BCH)に対応するとともに、仮想通貨での購入者に対して割引を適用することも計画しています。

仮想通貨割引で消費者還元

ニューヨークに拠点を置く「Fancy.com」は、Amazonマーケットプレイスと同じように様々なアイテムを購入または販売できるプラットフォームを提供しており、250,000以上の製品をオンラインショップで販売しています。

クジラと呼ばれる大物投資家やビットコインを長期保有(ガチホ)する"ホルダー"は、フィアット(*1)ではなく仮想通貨で生活できる場所を探しており、Fancyはそれを可能にしています。高級な靴や最上級のガジェットなど、このサイトではありとあらゆる商品が手に入ります。BTCとBCHで決済可能で、仮想通貨での支払い客には特別割引の提供も計画しています。
(*1)フィアット:国が発行する円やドルなどの法定通貨

FANCYは「Coinbase Merchant Tools」を経由することで、プラットフォーム上での仮想通貨決済を2013年に開始しています。早い段階からビットコイン決済を導入していたことによって、クレジットカード決済の処理などにかかる経費を大幅に削減することに成功したというFANCYは、それらの利益を消費者に還元することを予定しています。

予定されている計画では、ビットコイン(BTC)ビットコインキャッシュ(BCH)で支払いを行う場合に、割引コードとして"crypto"と入力するだけで、3%の割引が適用される予定となっています。同社はその具体例として「1,000ドル(約11万円)の注文あたり、およそ30ドル(約3,300円)ほど節約できる」と説明しています。

FANCYのCEOであるジョセフ・アインホーン(Joseph Einhorn)氏はこの割引サービスについて「すべての電子商取引会社が仮想通貨を採用し、消費者とコスト効率を分かち合うことができる永続的な取り組みの一環となりうるだろう」と語っています。

Bitcoin Cash(BCH)導入の理由

FANCYがビットコイン決済の手段として採用していたCoinbase(コインベース)のサービスは、今年の初めに「Coinbase Commerce」というものに置き換えており、商人向けの保管ソリューションを中断しています。これ受けたFANCYは、coinbaseのサービスから、Bitpay(ビットペイ)のサービスに切り替えたため、BCHでの支払いにも対応できるようになりました。

しかしアインホーン氏は、「ビットコインキャッシュ(BCH)の受け入れは"Bitpay"に切り替えたこと理由ではなく、BCHコミュニティの哲学的根拠に基づいたものである」と語っています。

Bitcoin Cashが目指すものは、私たちが目指しているものに非常に似ています。消費者や販売者は、ストレスのない効率的な取引を望んでいます。
Bitcoin CashとFuncyは同じ信念を持っていると考えています。

ビットコインキャッシュ(BCH)が利用できる店舗はこの数年間でどんどん増えています。日本国内でも利用できる機会も増えてきており、個人間での送金も簡単に行うことができるサービスもあるため、今後も活用の幅はさらに広がっていくでしょう。

ビットコイン(BTC)やビットコインキャッシュ(BCH)などの購入は、セキュリティ面でも安心できる仮想通貨取引所bitbank(ビットバンク)からどうぞ。

仮想通貨取引所 bitbank の画像 仮想通貨取引所bitbankの登録ページはこちら

bitbankの登録方法はこちらで詳しく解説しています

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

時代は令和へ:暗号資産、今後の「重要ポイント」と期待される「銘柄6選」

時代は令和へ:暗号資産、今後の「重要ポイント」と期待される「銘柄6選」

ビットコイン価格は今後どうなるのか?市場回復の目処は?専門家の予想をまとめ読み

ビットコイン価格は今後どうなるのか?市場回復の目処は?専門家の予想をまとめ読み

ビットコインの仕組みと可能性をどこよりもわかりやすく解説

ビットコインの仕組みと可能性をどこよりもわかりやすく解説

ビットコイン下落相場は今後も続く「回復するには時期尚早」Willy Woo

ビットコイン下落相場は今後も続く「回復するには時期尚早」Willy Woo

株式投資手段として「仮想通貨10銘柄」受け入れ:クラフトビールメーカーBrewDog

株式投資手段として「仮想通貨10銘柄」受け入れ:クラフトビールメーカーBrewDog

ビットコインETF承認「そう遠くない」SEC理事:ロバート・ジャクソン氏

ビットコインETF承認「そう遠くない」SEC理事:ロバート・ジャクソン氏

注目度の高い仮想通貨ニュース

イーサリアム(ETH)がもはや「アルトコインではない」7つの理由

イーサリアム(ETH)がもはや「アルトコインではない」7つの理由

BINANCEのiOS版アプリが「App Store」に再登場

BINANCEのiOS版アプリが「App Store」に再登場

ブロックチェーン用いた「分散コンピューティング」利用拡大をサポート:リクルート

ブロックチェーン用いた「分散コンピューティング」利用拡大をサポート:リクルート

ビットポイント社長:仮想通貨流出に関する「謝罪動画」を公開

ビットポイント社長:仮想通貨流出に関する「謝罪動画」を公開

世界最大の仮想通貨カストディアンは「コインベース」に|大手Xapoを約58億円で買収

世界最大の仮想通貨カストディアンは「コインベース」に|大手Xapoを約58億円で買収

ブロックチェーン・仮想通貨ニュース週間まとめ|2019年7月21日〜27日

ブロックチェーン・仮想通貨ニュース週間まとめ|2019年7月21日〜27日

電話番号で仮想通貨を送受信できる「SIMカード」を公開:Telx Technologies

電話番号で仮想通貨を送受信できる「SIMカード」を公開:Telx Technologies

LedgerXのビットコイン先物「CFTCの承認得ていない」可能性=複数報道

LedgerXのビットコイン先物「CFTCの承認得ていない」可能性=複数報道

2021年、ビットコイン価格は「3,800万円」に:米投資会社Pantera Capital

2021年、ビットコイン価格は「3,800万円」に:米投資会社Pantera Capital

アンケート回答者に「ビットコイン報酬」Lightning Network用いた実験開始:HashHub×マクロミル

アンケート回答者に「ビットコイン報酬」Lightning Network用いた実験開始:HashHub×マクロミル

カルダノ財団:ドイツのベンチャースタジオ「Konfidio」と提携|実社会での技術活用を促進

カルダノ財団:ドイツのベンチャースタジオ「Konfidio」と提携|実社会での技術活用を促進

仮想通貨版SWIFTの創設「2020年」までに具体策|主要15カ国を中心に資金洗浄対策

仮想通貨版SWIFTの創設「2020年」までに具体策|主要15カ国を中心に資金洗浄対策

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

ポルシェ:ブロックチェーンを活用した「次世代スマートカー」計画

ポルシェ:ブロックチェーンを活用した「次世代スマートカー」計画

トヨタ(TOYOTA):ブロックチェーンや最新技術で「モビリティ社会」の新時代へ

トヨタ(TOYOTA):ブロックチェーンや最新技術で「モビリティ社会」の新時代へ

人気のタグから探す