Bitcoin Cash(BCH)決済開始!高級品ショッピングサイト「FANCY.com」

by BITTIMES   

ビットコイン決済が可能なラグジュアリー・オンラインショップやアプリを提供している「FANCY」は、新たにビットコインキャッシュ(BCH)に対応するとともに、仮想通貨での購入者に対して割引を適用することも計画しています。

仮想通貨割引で消費者還元

ニューヨークに拠点を置く「Fancy.com」は、Amazonマーケットプレイスと同じように様々なアイテムを購入または販売できるプラットフォームを提供しており、250,000以上の製品をオンラインショップで販売しています。

クジラと呼ばれる大物投資家やビットコインを長期保有(ガチホ)する"ホルダー"は、フィアット(*1)ではなく仮想通貨で生活できる場所を探しており、Fancyはそれを可能にしています。高級な靴や最上級のガジェットなど、このサイトではありとあらゆる商品が手に入ります。BTCとBCHで決済可能で、仮想通貨での支払い客には特別割引の提供も計画しています。
(*1)フィアット:国が発行する円やドルなどの法定通貨

FANCYは「Coinbase Merchant Tools」を経由することで、プラットフォーム上での仮想通貨決済を2013年に開始しています。早い段階からビットコイン決済を導入していたことによって、クレジットカード決済の処理などにかかる経費を大幅に削減することに成功したというFANCYは、それらの利益を消費者に還元することを予定しています。

予定されている計画では、ビットコイン(BTC)ビットコインキャッシュ(BCH)で支払いを行う場合に、割引コードとして"crypto"と入力するだけで、3%の割引が適用される予定となっています。同社はその具体例として「1,000ドル(約11万円)の注文あたり、およそ30ドル(約3,300円)ほど節約できる」と説明しています。

FANCYのCEOであるジョセフ・アインホーン(Joseph Einhorn)氏はこの割引サービスについて「すべての電子商取引会社が仮想通貨を採用し、消費者とコスト効率を分かち合うことができる永続的な取り組みの一環となりうるだろう」と語っています。

Bitcoin Cash(BCH)導入の理由

FANCYがビットコイン決済の手段として採用していたCoinbase(コインベース)のサービスは、今年の初めに「Coinbase Commerce」というものに置き換えており、商人向けの保管ソリューションを中断しています。これ受けたFANCYは、coinbaseのサービスから、Bitpay(ビットペイ)のサービスに切り替えたため、BCHでの支払いにも対応できるようになりました。

しかしアインホーン氏は、「ビットコインキャッシュ(BCH)の受け入れは"Bitpay"に切り替えたこと理由ではなく、BCHコミュニティの哲学的根拠に基づいたものである」と語っています。

Bitcoin Cashが目指すものは、私たちが目指しているものに非常に似ています。消費者や販売者は、ストレスのない効率的な取引を望んでいます。
Bitcoin CashとFuncyは同じ信念を持っていると考えています。

ビットコインキャッシュ(BCH)が利用できる店舗はこの数年間でどんどん増えています。日本国内でも利用できる機会も増えてきており、個人間での送金も簡単に行うことができるサービスもあるため、今後も活用の幅はさらに広がっていくでしょう。

ビットコイン(BTC)やビットコインキャッシュ(BCH)などの購入は、セキュリティ面でも安心できる仮想通貨取引所bitbank(ビットバンク)からどうぞ。

仮想通貨取引所 bitbank の画像 仮想通貨取引所bitbankの登録ページはこちら

bitbankの登録方法はこちらで詳しく解説しています

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

SBI×Sygnum銀行「デジタル資産関連企業に投資するファンド」を共同設立

SBI×Sygnum銀行「デジタル資産関連企業に投資するファンド」を共同設立

中国が規制した仮想通貨取引所を数ヶ月以内に運営再開か?

中国が規制した仮想通貨取引所を数ヶ月以内に運営再開か?

ライトニングラボがベータ版ソフトウェアLNDを発表

ライトニングラボがベータ版ソフトウェアLNDを発表

【歴史上初】アルゼンチン国内トップリーグ「Torneo Socios.com」に名称変更

【歴史上初】アルゼンチン国内トップリーグ「Torneo Socios.com」に名称変更

エルサルバドル政府:ビットコイン法定通貨化に向けた「動画広告」を公開

エルサルバドル政府:ビットコイン法定通貨化に向けた「動画広告」を公開

韓国の取引所Bithumbが決済サービスBitpayと提携

韓国の取引所Bithumbが決済サービスBitpayと提携

注目度の高い仮想通貨ニュース

Animoca Brands:NFTプラットフォーム「Bondly」の株式の過半数を取得

Animoca Brands:NFTプラットフォーム「Bondly」の株式の過半数を取得

Huobi Japan「API性能が5倍に向上」より高頻度な売買にも対応可能に

Huobi Japan「API性能が5倍に向上」より高頻度な売買にも対応可能に

米決済アプリStrike「給与をビットコインに即時変換できる新機能」追加

米決済アプリStrike「給与をビットコインに即時変換できる新機能」追加

Enjin:ブロックチェーンゲームのローンチパッド「EnjinStarter」と提携

Enjin:ブロックチェーンゲームのローンチパッド「EnjinStarter」と提携

Chiliz:大手仮想通貨取引所「FTX」と提携|各種ファントークン取扱いへ

Chiliz:大手仮想通貨取引所「FTX」と提携|各種ファントークン取扱いへ

EMURGO:カルダノ関連開発企業を支援する「110億円規模の投資ファンド」立ち上げ

EMURGO:カルダノ関連開発企業を支援する「110億円規模の投資ファンド」立ち上げ

エルサルバドル大統領「火山エネルギー用いたビットコインマイニング施設」の動画公開

エルサルバドル大統領「火山エネルギー用いたビットコインマイニング施設」の動画公開

Chiliz&Socios:NBAチーム「Miami Heat・San Antonio Spurs」と提携

Chiliz&Socios:NBAチーム「Miami Heat・San Antonio Spurs」と提携

ディーカレット:取引所2銘柄を対象とした「取引手数料0%キャンペーン」開始

ディーカレット:取引所2銘柄を対象とした「取引手数料0%キャンペーン」開始

Chiliz&Socios:NBA所属のバスケチーム「Los Angeles Lakers」と提携

Chiliz&Socios:NBA所属のバスケチーム「Los Angeles Lakers」と提携

Chiliz Exchange:アランヤスポルの「$ALAファントークン」10月11日から取引開始

Chiliz Exchange:アランヤスポルの「$ALAファントークン」10月11日から取引開始

中央銀行に「準備資産としてのビットコイン保有」提案へ:スイスのシンクタンク2B4CH

中央銀行に「準備資産としてのビットコイン保有」提案へ:スイスのシンクタンク2B4CH

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「リスク(Lisk/LSK)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「リスク(Lisk/LSK)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シンボル(Symbol/XYM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シンボル(Symbol/XYM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産取引所「Bitgate(ビットゲート)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産取引所「Bitgate(ビットゲート)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す