CARDANO(カルダノ)が仮想通貨ウォレット「ICARUS & YOROI」を発表|ADAの実用化進む

by BITTIMES   

カルダノエイダコイン(ADA)を支えるCARDANOプロジェクトから最新の新機能が複数発表されました。Charles Hoskinson(チャールズ・ホスキンソン)氏が率いるIOHKは軽量化された仮想通貨ウォレット「ICARUS(イカロス)」とそのプロジェクトを発表し、Emurgo(エマーゴ)はGoogle Chromeの拡張機能として利用できる「YOROI(ヨロイ)」をリリースしました。

こちらから読む:CARDANO・IOHK・Emurgoとは?カルダノプロジェクトの基本から学ぶ

ICARUS(イカロス)|独自ウォレットの作成が可能に

ICARUS(イカロス)は「Google Chrome」の拡張機能としてブラウザ上で動作し、Daedalus(ダイダロス)の代わりとなる、より使いやすくなったウォレットです。

GitHub(ギット・ハブ)上に公開されている「ICARUS」のコードベースを利用することによって、開発者はカルダノ向けの独自の安全なウォレットを作成できるようになります。ICARUSは完全にオープンソースのコードベースとなっているため、カルダノと統合するための一連のツールを開発者に提供するオープンソースの取り組みの第一歩となります。

ICARUSではCARDANOブロックチェーンのコピーをダウンロードしてデータの妥当性をチェック(バリデーション)する必要はありません。サーバー上でブロックチェーンのコピーを使用できるため、これまでよりもさらに早く使いやすいウォレットであることを実感できるでしょう。

高い安全性を備えているイカロスでは、プライベート・キー(秘密鍵)がユーザーのマシン上で暗号化されサーバーと共有されることはありません。ソース・コードが公開されることによって、コミュニティがウォレットを開発し、必要に応じてCARDANOと統合することもできるようになるため、カルダノはさらに分散化された生態系の構築に向かって急速に成長していくことになるでしょう。

YOROI(ヨロイ)|デスクトップウォレット

YOROI(ヨロイ)は、軽量化された新しいCardano向けウォレットです。シンプルなデザインでありながら、高速かつ安全なChromeの拡張機能として利用することができます。

Emurgo(エマーゴ)によってリリースされたこのウォレットは、Chromeの拡張機能として入手することができるデスクトップウォレットであり、これまで利用されてきたADAのウォレットである「Daedalus(ダイダロス)」の代わりとして使用することができます。

このウォレットでは、暗号化されたプライベートキーをユーザーの機器に安全に保存し、サーバーと共有することはありません。YOROIを使用するユーザーはCardanoブロックチェーンのデータをダウンロードしたり検証したりする作業を排除することができるため、より素早く簡単にセットアップを行うことができます。

YOROIは「Chromeウェブストア」から簡単にダウンロードすることができるため、簡単なステップでダウンロードを完了し、すぐに使用することができます。CARDANOテストネットに接続するベータ版は8月中旬に公開予定となっており、最終製品版は9月中旬にリリース予定となっています。

「ADA Pay」などの発表も|実用性が更に向上

これまでにも数多くの新機能が立て続けに公開されてきましたが、その多くは主に開発者向けのものでもありました。しかし今回発表された新しいウォレットは、プログラミングの知識を持っていない方でも理解できる、日常的にも利用する新製品となっています。

ダイダロスウォレットもパソコンにソフトをインストールして利用するウォレットであったため、パソコンが苦手な方には利用しづらいものでもありましたが、今回発表された新しいウォレットはそのような一般の人々でも利用できる、実用性の高いものとなっており、今後の開発が進むにつれてさらにその利便性が向上することも期待できます。

今回の発表の中では「ADA Pay」などについても触れられていますが、これについてはまた別の記事で詳しく紹介させていただきますので、楽しみにしていてください。ADAを取引所のウォレットで保有している方は、その迅速な送金速度などはいまいち実感できていないかもしれませんが、自分専用のウォレットを実際に所有し、送金を行えば、CARDANO(ADA)が持つ大きな可能性をより実感することができるでしょう。

YOROIウォレットのベータ版、もしくは最終製品版がリリースされた際には、実際に利用してみると良いでしょう。実用性の高い新機能が続々と発表されるCARDANOのプロジェクトにはより一層大きな注目が集まっています。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

チャールズ・ホスキンソン「ウォールストリートは仮想通貨市場に数十兆ドルを投入する」

チャールズ・ホスキンソン「ウォールストリートは仮想通貨市場に数十兆ドルを投入する」

mijin v.2 (Catapult/カタパルト)が一般公開を開始

mijin v.2 (Catapult/カタパルト)が一般公開を開始

Googleロンドン本社でCardanoやADAの未来を語る|Charles Hoskinson

Googleロンドン本社でCardanoやADAの未来を語る|Charles Hoskinson

CARDANO(ADA):仮想通貨取引所「Kraken」で取扱い開始 ー Quantum(QTUM)も

CARDANO(ADA):仮想通貨取引所「Kraken」で取扱い開始 ー Quantum(QTUM)も

意外と知られていない、ビットコインに関する「5つの事実」

意外と知られていない、ビットコインに関する「5つの事実」

マネックスとコインチェックの記者会見|6日午後4時から

マネックスとコインチェックの記者会見|6日午後4時から

注目度の高い仮想通貨ニュース

国内仮想通貨取引所:消費税増税後の「各種手数料」まとめ

国内仮想通貨取引所:消費税増税後の「各種手数料」まとめ

ILCoinが「RIFT」を導入し、ブロックチェーン業界に革命をもたらす

ILCoinが「RIFT」を導入し、ブロックチェーン業界に革命をもたらす

bitFlyer:プロ向け取引ツールに「ETH/JPY」通貨ペア追加

bitFlyer:プロ向け取引ツールに「ETH/JPY」通貨ペア追加

Binance US:ADA・BATなど「仮想通貨5銘柄」の入金受付を開始

Binance US:ADA・BATなど「仮想通貨5銘柄」の入金受付を開始

公共・行政サービスへの「ブロックチェーン活用」を計画:トルコ政府2023年戦略

公共・行政サービスへの「ブロックチェーン活用」を計画:トルコ政府2023年戦略

IOTA財団:自立分散型マーケットプレイス「Industry Marketplace」を立ち上げ

IOTA財団:自立分散型マーケットプレイス「Industry Marketplace」を立ち上げ

時価総額ランキング、イーサリアムが一時「1位」に浮上:CoinMarketCap

時価総額ランキング、イーサリアムが一時「1位」に浮上:CoinMarketCap

ビットコイン「2万ドル回復」のタイミングはいつ?eToro CEOが過去の弱気市場から予測

ビットコイン「2万ドル回復」のタイミングはいつ?eToro CEOが過去の弱気市場から予測

待望の「Bakktのビットコイン先物取引」開始初日の取引量は?

待望の「Bakktのビットコイン先物取引」開始初日の取引量は?

イーサリアム公式サイト「日本語版」公開|初心者向けの解説や開発者向けツールを掲載

イーサリアム公式サイト「日本語版」公開|初心者向けの解説や開発者向けツールを掲載

イーサリアムは「証券・商品」どちらに該当する?CFTC新会長が個人の見解示す

イーサリアムは「証券・商品」どちらに該当する?CFTC新会長が個人の見解示す

米国・欧州のbitFlyer:複数のアルトコインを「売買プラットフォーム」に追加

米国・欧州のbitFlyer:複数のアルトコインを「売買プラットフォーム」に追加

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

国内仮想通貨取引所:消費税増税後の「各種手数料」まとめ

国内仮想通貨取引所:消費税増税後の「各種手数料」まとめ

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

ポルシェ:ブロックチェーンを活用した「次世代スマートカー」計画

ポルシェ:ブロックチェーンを活用した「次世代スマートカー」計画

人気のタグから探す