CARDANO SL 1.3リリース|Daedalus Walletもさらに高速化

by BITTIMES   

カルダノプロジェクト最新のアップデートである「CARDANO SL 1.3」が公開されています。これによってスマートコントラクトをより安全かつ効率的に作成することができるようになった他、エイダコイン(ADA)を保管するための専用ウォレットである「Daedalus Wallet」もさらに高速な処理を行うことができるようになりました。

こちらから読む:Daedalus Walletとは?CADRANO(ADA)の基本から学ぶ

「DAEDALUS」バージョン0.11.0

daedalus

「CARDANO SL 1.3」へのアップグレードに伴い、DAEDALUS(ダイダロス)バージョン0.11がリリースされています。

「ダイダロス0.11.0」は、2つのユーザーインターフェースに微調整が加えられたことによって、ユーザーエクスペリエンスがさらに向上しています。Linux版ダイダロスウォレットのリリースに向けたいくつかの修正が加えられており、ダイダロスで使用されるフォントは「Noto Sans」に変更されています。

「Cardano SL 1.3」では、ブロックチェーンの同期スピードが大幅に改善されており、ウォレットの同期速度が1.5〜4倍ほど加速したと報告されています。以前のバージョンのダイダロスウォレットを起動する場合には、少し時間がかかっていましたが、新しいバージョンではよりスムーズにウォレットを起動することができるようになっています。

また「Daedalus 0.11」はメモリの使用量を大幅に削減しているため、性能が劣る旧式のパソコンを利用しているユーザーにとっても非常に嬉しい改善となっています。

すでにダイダロスウォレットをインストールしているユーザーは、ダイダロスウォレットを起動することによって、最新版のアップデートの通知が表示されるため、その内容に従って簡単に新しいバージョンへと移行することができます。

スマートコントラクトがさらに効率化

7月30日に公開された「IELE仮想マシン」は、Ethereumネットワークで使用されているプログラミング言語「Solidity(ソリディティ)」で書かれたプログラムを理解し、KEVMテストネットが理解できる言語に翻訳することができます。

これによって、開発者はスマートコントラクトのコードエラーを簡単に特定することができ、スマートコントラクトを安全かつ効率的に作成することができるようになります。

CARDANOプロジェクトの開発チームは、PythonやJavaScriptなどの従来のプログラミング言語を理解する能力を備えた同様のコンパイラの立ち上げを予定しています。

このようなことから、CARDANOブロックチェーンは、信頼できる安定したプログラミング言語を必要とする一般的な産業用アプリケーションの開発に最も適したものになると言われており、一旦正常に実装されることができれば分散型アプリケーション(DApps)の開発がより簡単で魅力的なものになり、ほぼすべてのソフトウェア分野でCardanoブロックチェーンを採用するケースが増えることになると期待されています。

カルダノ・エイダコイン(ADA)の価格|2018年8月12日

続々と新しい発表が続くCARDANOプロジェクトには、依然として世界中から期待する声が上がっています。仮想通貨全体の価格が下がり続けている中で、ADAの価格には上昇の兆しも見られるとも報じられています。

カルダノ・エイダコイン(ADA)は2018年8月12日現在、12円前後で取引されています。

CARDANOプロジェクトに関するその他のニュースは以下の記事でも紹介しています。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

HTC初のブロックチェーンスマートフォンExodusを発表

HTC初のブロックチェーンスマートフォンExodusを発表

Libra協会「合計21社」が正式加盟|参加基準満たした組織は180に到達

Libra協会「合計21社」が正式加盟|参加基準満たした組織は180に到達

ブロックチェーンとAIで音楽制作をサポート「soundmain」ティザーサイト公開:ソニー(SME)

ブロックチェーンとAIで音楽制作をサポート「soundmain」ティザーサイト公開:ソニー(SME)

Land Rover・BMW・IKEAなど顧客にもつマーケティング企業がブロックチェーン技術導入

Land Rover・BMW・IKEAなど顧客にもつマーケティング企業がブロックチェーン技術導入

日商エレクトロニクス×カウラ株式会社「ブロックチェーンDXラボ」設立に向け協力

日商エレクトロニクス×カウラ株式会社「ブロックチェーンDXラボ」設立に向け協力

マルタブロックチェーンサミット2018とは?

マルタブロックチェーンサミット2018とは?

注目度の高い仮想通貨ニュース

コインチェック:国内初「エンジンコイン(Enjin Coin/ENJ)」取り扱いへ

コインチェック:国内初「エンジンコイン(Enjin Coin/ENJ)」取り扱いへ

仮想通貨全体で「10〜30%価格急落」ビットコイン、今後注目のサポートラインは?

仮想通貨全体で「10〜30%価格急落」ビットコイン、今後注目のサポートラインは?

ビットポイント:取扱う暗号資産全6種類で「即時出金」に対応|送金手数料も無料

ビットポイント:取扱う暗号資産全6種類で「即時出金」に対応|送金手数料も無料

ロシアの暗号資産取引所ライブコイン:ハッキング受け「事業閉鎖」を発表

ロシアの暗号資産取引所ライブコイン:ハッキング受け「事業閉鎖」を発表

Sociosアプリ「Token Hunt Explosion」開催|大量のファントークン・CHZを無料配布

Sociosアプリ「Token Hunt Explosion」開催|大量のファントークン・CHZを無料配布

Kraken:14種類の暗号資産で「豪ドル・英ポンドの取引ペア」追加|ADA・XTZ・FILなど

Kraken:14種類の暗号資産で「豪ドル・英ポンドの取引ペア」追加|ADA・XTZ・FILなど

ロシア地方裁判所:BINANCEウェブサイトの「ブロック解除」を決定

ロシア地方裁判所:BINANCEウェブサイトの「ブロック解除」を決定

マウントゴックス債権者「最大90%のビットコイン返還要求」が可能に=Bloomberg

マウントゴックス債権者「最大90%のビットコイン返還要求」が可能に=Bloomberg

暗号資産市場全体の合計時価総額「100兆円」を突破|過去最高値を更新

暗号資産市場全体の合計時価総額「100兆円」を突破|過去最高値を更新

Huobi子会社:ネバダ州で「信託会社ライセンス」取得|米国での事業再開を計画

Huobi子会社:ネバダ州で「信託会社ライセンス」取得|米国での事業再開を計画

金融庁:暗号資産関連企業Avacus(アバカス)に対する「行政処分」を発表

金融庁:暗号資産関連企業Avacus(アバカス)に対する「行政処分」を発表

韓国大手投資会社NXC:暗号資産取引所「Bithumb(ビッサム)」買収へ

韓国大手投資会社NXC:暗号資産取引所「Bithumb(ビッサム)」買収へ

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「ポルカドット(Polkadot/DOT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ポルカドット(Polkadot/DOT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ステラ(Stellar/XLM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ステラ(Stellar/XLM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ステーブルコインとは?「種類・特徴・違い」などを初心者向けにわかりやすく解説

ステーブルコインとは?「種類・特徴・違い」などを初心者向けにわかりやすく解説

日本国内取引所「XRP関連サービス一時停止」に関する発表まとめ【随時更新】

日本国内取引所「XRP関連サービス一時停止」に関する発表まとめ【随時更新】

暗号資産「テザー(Tether/USDT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「テザー(Tether/USDT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「テゾス(Tezos/XTZ)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「テゾス(Tezos/XTZ)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す