CARDANO SL 1.3リリース|Daedalus Walletもさらに高速化

by BITTIMES   

カルダノプロジェクト最新のアップデートである「CARDANO SL 1.3」が公開されています。これによってスマートコントラクトをより安全かつ効率的に作成することができるようになった他、エイダコイン(ADA)を保管するための専用ウォレットである「Daedalus Wallet」もさらに高速な処理を行うことができるようになりました。

こちらから読む:Daedalus Walletとは?CADRANO(ADA)の基本から学ぶ

「DAEDALUS」バージョン0.11.0

daedalus

「CARDANO SL 1.3」へのアップグレードに伴い、DAEDALUS(ダイダロス)バージョン0.11がリリースされています。

「ダイダロス0.11.0」は、2つのユーザーインターフェースに微調整が加えられたことによって、ユーザーエクスペリエンスがさらに向上しています。Linux版ダイダロスウォレットのリリースに向けたいくつかの修正が加えられており、ダイダロスで使用されるフォントは「Noto Sans」に変更されています。

「Cardano SL 1.3」では、ブロックチェーンの同期スピードが大幅に改善されており、ウォレットの同期速度が1.5〜4倍ほど加速したと報告されています。以前のバージョンのダイダロスウォレットを起動する場合には、少し時間がかかっていましたが、新しいバージョンではよりスムーズにウォレットを起動することができるようになっています。

また「Daedalus 0.11」はメモリの使用量を大幅に削減しているため、性能が劣る旧式のパソコンを利用しているユーザーにとっても非常に嬉しい改善となっています。

すでにダイダロスウォレットをインストールしているユーザーは、ダイダロスウォレットを起動することによって、最新版のアップデートの通知が表示されるため、その内容に従って簡単に新しいバージョンへと移行することができます。

スマートコントラクトがさらに効率化

7月30日に公開された「IELE仮想マシン」は、Ethereumネットワークで使用されているプログラミング言語「Solidity(ソリディティ)」で書かれたプログラムを理解し、KEVMテストネットが理解できる言語に翻訳することができます。

これによって、開発者はスマートコントラクトのコードエラーを簡単に特定することができ、スマートコントラクトを安全かつ効率的に作成することができるようになります。

CARDANOプロジェクトの開発チームは、PythonやJavaScriptなどの従来のプログラミング言語を理解する能力を備えた同様のコンパイラの立ち上げを予定しています。

このようなことから、CARDANOブロックチェーンは、信頼できる安定したプログラミング言語を必要とする一般的な産業用アプリケーションの開発に最も適したものになると言われており、一旦正常に実装されることができれば分散型アプリケーション(DApps)の開発がより簡単で魅力的なものになり、ほぼすべてのソフトウェア分野でCardanoブロックチェーンを採用するケースが増えることになると期待されています。

カルダノ・エイダコイン(ADA)の価格|2018年8月12日

続々と新しい発表が続くCARDANOプロジェクトには、依然として世界中から期待する声が上がっています。仮想通貨全体の価格が下がり続けている中で、ADAの価格には上昇の兆しも見られるとも報じられています。

カルダノ・エイダコイン(ADA)は2018年8月12日現在、12円前後で取引されています。

CARDANOプロジェクトに関するその他のニュースは以下の記事でも紹介しています。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

60秒で「独自ブロックチェーン」構築|AmazonとKomodoが開発キットを提供

60秒で「独自ブロックチェーン」構築|AmazonとKomodoが開発キットを提供

ブロックチェーン企業Moonwalk:ウクライナのサッカークラブ「FCディナモ・キエフ」と提携

ブロックチェーン企業Moonwalk:ウクライナのサッカークラブ「FCディナモ・キエフ」と提携

フェルナンド・アロンソ「KODAK」のブロックチェーンで全データ管理へ

フェルナンド・アロンソ「KODAK」のブロックチェーンで全データ管理へ

ウルトラ(Ultra/UOS)動画配信プラットフォーム「Theta Network」と提携

ウルトラ(Ultra/UOS)動画配信プラットフォーム「Theta Network」と提携

Mercari(メルカリ)「暗号資産関連サービス提供」に向け複数の求人募集

Mercari(メルカリ)「暗号資産関連サービス提供」に向け複数の求人募集

Ripple社が発表した「PayID」とは?世界共通の送金IDで支払い・送受金を簡素化

Ripple社が発表した「PayID」とは?世界共通の送金IDで支払い・送受金を簡素化

注目度の高い仮想通貨ニュース

Huobi Japan:取引所サービスで「イーサリアムクラシック(ETC)」取扱いへ

Huobi Japan:取引所サービスで「イーサリアムクラシック(ETC)」取扱いへ

三井住友信託銀行「国内初のデジタル証券」月内発行の可能性=日経報道

三井住友信託銀行「国内初のデジタル証券」月内発行の可能性=日経報道

【Cardano/ADA】エチオピア政府との契約「大臣の最終署名」獲得か

【Cardano/ADA】エチオピア政府との契約「大臣の最終署名」獲得か

KuCoin「シンボル(Symbol/XYM)の配布」を完了|明日上場との報告も

KuCoin「シンボル(Symbol/XYM)の配布」を完了|明日上場との報告も

コイントレード:暗号資産取引サービス提供開始「新規口座開設キャンペーン」も開催

コイントレード:暗号資産取引サービス提供開始「新規口座開設キャンペーン」も開催

ファイルコイン「チェーンリンク(Chainlink/LINK)の統合」を発表

ファイルコイン「チェーンリンク(Chainlink/LINK)の統合」を発表

PlanB氏が語る「ビットコインの強気相場がまだ終わらない理由」

PlanB氏が語る「ビットコインの強気相場がまだ終わらない理由」

GMOコイン:取引所(現物取引)の「Taker手数料引き下げキャンペーン」開催へ

GMOコイン:取引所(現物取引)の「Taker手数料引き下げキャンペーン」開催へ

ブラジル証券取引委員会「2つの暗号資産ETF」を承認【南アメリカ初】

ブラジル証券取引委員会「2つの暗号資産ETF」を承認【南アメリカ初】

ビットバンク「Basic Attention Token/BAT」取扱い開始|取引手数料無料キャンペーンも

ビットバンク「Basic Attention Token/BAT」取扱い開始|取引手数料無料キャンペーンも

マクドナルド・フランス「McDoNFT」発行へ|ビッグマック・フライドポテトなど4種類

マクドナルド・フランス「McDoNFT」発行へ|ビッグマック・フライドポテトなど4種類

暗号資産「オーエムジー(OMG Network/OMG)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーエムジー(OMG Network/OMG)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「オーエムジー(OMG Network/OMG)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーエムジー(OMG Network/OMG)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ベーシック・アテンション・トークン(BAT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ベーシック・アテンション・トークン(BAT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シータ(Theta Network/THETA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シータ(Theta Network/THETA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「トロン(Tron/TRX)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「トロン(Tron/TRX)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産取引所「CoinTrade(コイントレード)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産取引所「CoinTrade(コイントレード)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産「アイオーエスティー(IOSToken/IOST)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「アイオーエスティー(IOSToken/IOST)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す