CARDANO(ADA)1.3へのアップデート迫る|改善率300%でさらに高速化

by BITTIMES   

チャールズ・ホスキンソン(Charles Hoskinson)氏は8月7日、Twitterのライブ配信でカルダノに関する最新のアップデート『CARDANO 1.3』の内容やその改善点 、具体的なリリース予定時期などについて語り、新しいChrome拡張機能などが公開される予定であることも明らかにしました。

こちらちらから読む:CARDANOプロジェクトの基本的な解説とこれまでの取り組み

カルダノ1.3の改善点

CARDANO(カルダノ)の創始者であるホスキンソン氏は本日8月7日、自然に囲まれる環境の中で約10分間のTwitterライブ配信を行い、最新のアップデート『CARDANO 1.3』についての報告を行いました。

ホスキンソン氏によると、Cardano 1.3バージョンのネットワークは近日中にできるだけ早く実装される予定であるとのことで、アップデートは明日には提出され、今後3〜4日間でオンライン上に公開される予定となっています。

今回のアップデートでは、非常に多くの改良が加えられていることが報告されています。
具体的には、ネットワークのメモリ使用量が以前よりも90%も削減されているとのことです。ネットワークはおよそ300%ほど改善されていると説明されており、ブロックのダウンロード速度が従来よりもはるかに高速になると伝えられています。

ホスキンソン氏は、多くのネットワークと効率が改善されており、接続に関する複数の問題も解決されているため、ネットワークはより安定していると説明しています。

CARDANO 1.4とShelley(シェリー)

ホスキンソン氏は、今回のアップデートの準備が整っていることだけでなく、その次のアップデートにあたる『CARDANO 1.4』が9月にリリースされることも報告しています。

このアップデートはこれまでで最大のアップデートであり、ファイルシステムからの移行が大幅に改善され、ネットワークの速度にも影響を与え、ウォレットソリューションも実装されると伝えられています。

ホスキンソン氏は、CARDANOの開発チームがShelley(シェリー)の開発に懸命に取り組んでいることを強調し、このアップデートは今月中にも準備される予定であると説明しました。

Prometheus(プロメテウス)

Prometheus(プロメテウス)についても語ったホスキンソン氏は、プロメテウスにはさまざまな機能のライブラリが用意されており、サードパーティの企業は自社製品にその機能を使用することができると説明しました。この製品はすでにモバイル機器でテストされているとのことです。

今後はPrometheusをベースとした新しいChrome拡張機能も発表される予定であるとも伝えられています。プロメテウスは正式なコードとは違い、デスクトップコンピュータとは異なる技術で展開することが主な目的であるため、基本的には第三者によって使用されます。また、このプロトコルは元のCardanoプロトコルと同様に分散化されるとも伝えられています。

ここ最近は続々とCARDANOの新機能などについての発表が続いています。今後もまだまだ新しい発表が続くことになるので、これまでに発表された内容も合わせて理解した上でこれからの発表を楽しみに待ちましょう。

カルダノエイダコイン(ADA)はBINANCE(バイナンス)などで購入することができます。

仮想通貨取引所Binanceの登録はこちら仮想通貨取引所Binanceこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

韓国の人気レストランが「ADA Crypto Card」決済に対応:CARDANO(カルダノ)

韓国の人気レストランが「ADA Crypto Card」決済に対応:CARDANO(カルダノ)

CARDANO NEWS(カルダノニュース)月間まとめ|2018年8月

CARDANO NEWS(カルダノニュース)月間まとめ|2018年8月

中国政府が仮想通貨を格付け|28種類のランキング結果発表

中国政府が仮想通貨を格付け|28種類のランキング結果発表

カルダノ(Cardano/ADA)シンガポールの仮想通貨取引所「Bitrue」に上場

カルダノ(Cardano/ADA)シンガポールの仮想通貨取引所「Bitrue」に上場

【Cardano/ADA】ダイダロスウォレットに「ニュースフィード」などの新機能追加

【Cardano/ADA】ダイダロスウォレットに「ニュースフィード」などの新機能追加

3Dでビットコイン・ブロックチェーンが確認できる「Symphony 2.0」公開:IOHK

3Dでビットコイン・ブロックチェーンが確認できる「Symphony 2.0」公開:IOHK

注目度の高い仮想通貨ニュース

東京都:独自通貨活用で長期戦略|2025年、キャッシュレス決済比率「50%」目指す

東京都:独自通貨活用で長期戦略|2025年、キャッシュレス決済比率「50%」目指す

マンガアプリ「GANMA!」人気ブロックチェーンゲームとコラボ企画を開催

マンガアプリ「GANMA!」人気ブロックチェーンゲームとコラボ企画を開催

アメリカ・イリノイ州「ブロックチェーン契約」を合法化

アメリカ・イリノイ州「ブロックチェーン契約」を合法化

ブロックチェーン認証された「公式グッズオークション」開催:サクラメント・キングス

ブロックチェーン認証された「公式グッズオークション」開催:サクラメント・キングス

【2020年〜2030年】仮想通貨市場は今後どうなる?Coinbase CEOが予想

【2020年〜2030年】仮想通貨市場は今後どうなる?Coinbase CEOが予想

Poloniexでメールアドレスなどの「個人情報漏洩」一部パスワードは強制リセットへ

Poloniexでメールアドレスなどの「個人情報漏洩」一部パスワードは強制リセットへ

三菱UFJ銀行:ブロックチェーン貿易金融基盤で「信用状発行」を効率化

三菱UFJ銀行:ブロックチェーン貿易金融基盤で「信用状発行」を効率化

eスポーツプラットフォーム「Luckbox」ビットコインなど仮想通貨4銘柄に対応

eスポーツプラットフォーム「Luckbox」ビットコインなど仮想通貨4銘柄に対応

仮想通貨・ブロックチェーン業界団体「2020年の年頭所感」公開

仮想通貨・ブロックチェーン業界団体「2020年の年頭所感」公開

【イーサリアム2.0】2020年内の「フェーズ1実装完了」を予想:ConsenSys共同創設者

【イーサリアム2.0】2020年内の「フェーズ1実装完了」を予想:ConsenSys共同創設者

XRP通貨ペアを「合計77銘柄」に拡大:仮想通貨取引所Bitrue

XRP通貨ペアを「合計77銘柄」に拡大:仮想通貨取引所Bitrue

JCB:ブロックチェーン決済基盤構築に向け「Paystand」とMOU締結

JCB:ブロックチェーン決済基盤構築に向け「Paystand」とMOU締結

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

国内仮想通貨取引所:消費税増税後の「各種手数料」まとめ

国内仮想通貨取引所:消費税増税後の「各種手数料」まとめ

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

ポルシェ:ブロックチェーンを活用した「次世代スマートカー」計画

ポルシェ:ブロックチェーンを活用した「次世代スマートカー」計画

人気のタグから探す