CARDANO(ADA)1.3へのアップデート迫る|改善率300%でさらに高速化

by BITTIMES   

チャールズ・ホスキンソン(Charles Hoskinson)氏は8月7日、Twitterのライブ配信でカルダノに関する最新のアップデート『CARDANO 1.3』の内容やその改善点 、具体的なリリース予定時期などについて語り、新しいChrome拡張機能などが公開される予定であることも明らかにしました。

こちらちらから読む:CARDANOプロジェクトの基本的な解説とこれまでの取り組み

カルダノ1.3の改善点

CARDANO(カルダノ)の創始者であるホスキンソン氏は本日8月7日、自然に囲まれる環境の中で約10分間のTwitterライブ配信を行い、最新のアップデート『CARDANO 1.3』についての報告を行いました。

ホスキンソン氏によると、Cardano 1.3バージョンのネットワークは近日中にできるだけ早く実装される予定であるとのことで、アップデートは明日には提出され、今後3〜4日間でオンライン上に公開される予定となっています。

今回のアップデートでは、非常に多くの改良が加えられていることが報告されています。
具体的には、ネットワークのメモリ使用量が以前よりも90%も削減されているとのことです。ネットワークはおよそ300%ほど改善されていると説明されており、ブロックのダウンロード速度が従来よりもはるかに高速になると伝えられています。

ホスキンソン氏は、多くのネットワークと効率が改善されており、接続に関する複数の問題も解決されているため、ネットワークはより安定していると説明しています。

CARDANO 1.4とShelley(シェリー)

ホスキンソン氏は、今回のアップデートの準備が整っていることだけでなく、その次のアップデートにあたる『CARDANO 1.4』が9月にリリースされることも報告しています。

このアップデートはこれまでで最大のアップデートであり、ファイルシステムからの移行が大幅に改善され、ネットワークの速度にも影響を与え、ウォレットソリューションも実装されると伝えられています。

ホスキンソン氏は、CARDANOの開発チームがShelley(シェリー)の開発に懸命に取り組んでいることを強調し、このアップデートは今月中にも準備される予定であると説明しました。

Prometheus(プロメテウス)

Prometheus(プロメテウス)についても語ったホスキンソン氏は、プロメテウスにはさまざまな機能のライブラリが用意されており、サードパーティの企業は自社製品にその機能を使用することができると説明しました。この製品はすでにモバイル機器でテストされているとのことです。

今後はPrometheusをベースとした新しいChrome拡張機能も発表される予定であるとも伝えられています。プロメテウスは正式なコードとは違い、デスクトップコンピュータとは異なる技術で展開することが主な目的であるため、基本的には第三者によって使用されます。また、このプロトコルは元のCardanoプロトコルと同様に分散化されるとも伝えられています。

ここ最近は続々とCARDANOの新機能などについての発表が続いています。今後もまだまだ新しい発表が続くことになるので、これまでに発表された内容も合わせて理解した上でこれからの発表を楽しみに待ちましょう。

カルダノエイダコイン(ADA)はBINANCE(バイナンス)などで購入することができます。

仮想通貨取引所Binanceの登録はこちら仮想通貨取引所Binanceこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

仮想通貨Cardano(ADA)の時価総額を110兆円へ|Charles Hoskinson

仮想通貨Cardano(ADA)の時価総額を110兆円へ|Charles Hoskinson

Cardano財団:ADA建て金融商品展開に向け「GenTwo AG」と協力

Cardano財団:ADA建て金融商品展開に向け「GenTwo AG」と協力

Cardano(ADA)対応開始、ハードウェアウォレット「ELLIPAL」で保管可能に

Cardano(ADA)対応開始、ハードウェアウォレット「ELLIPAL」で保管可能に

タイの仮想通貨取引所「bitkub」にCardano(ADA)が上場!

タイの仮想通貨取引所「bitkub」にCardano(ADA)が上場!

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2020年9月20日〜26日

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2020年9月20日〜26日

カルダノ開発企業:食品追跡会社「BeefChain」と提携|サプライチェーン管理などで協力

カルダノ開発企業:食品追跡会社「BeefChain」と提携|サプライチェーン管理などで協力

注目度の高い仮想通貨ニュース

Batman(バットマン)の「NFTデジタルアート」販売へ:有名漫画家Jose Delbo

Batman(バットマン)の「NFTデジタルアート」販売へ:有名漫画家Jose Delbo

欧州中央銀行:CBDC「デジタル・ユーロ」の商標登録を申請

欧州中央銀行:CBDC「デジタル・ユーロ」の商標登録を申請

BitMEX告発問題で「取引所からのビットコイン出金」続く|2日で4.5万BTC以上が移動

BitMEX告発問題で「取引所からのビットコイン出金」続く|2日で4.5万BTC以上が移動

Chiliz&Socios:新たなファントークン販売方法「Locker Room」を発表

Chiliz&Socios:新たなファントークン販売方法「Locker Room」を発表

XRP保有者に対するSparkトークン付与「国内取引所の対応方針」まとめ:Flare Networks

XRP保有者に対するSparkトークン付与「国内取引所の対応方針」まとめ:Flare Networks

Zaif:販売所取引サービスで「グループ会社発行の3通貨」取り扱い開始

Zaif:販売所取引サービスで「グループ会社発行の3通貨」取り扱い開始

エストニア中銀:中央銀行デジタル通貨(CBDC)の「研究プロジェクト」立ち上げ

エストニア中銀:中央銀行デジタル通貨(CBDC)の「研究プロジェクト」立ち上げ

KuCoinハッキング事件「疑わしいアドレス」公開|各プロジェクトが続々と資金洗浄対策

KuCoinハッキング事件「疑わしいアドレス」公開|各プロジェクトが続々と資金洗浄対策

暗号資産取引所「AMDAX」オランダ初の運営ライセンス取得

暗号資産取引所「AMDAX」オランダ初の運営ライセンス取得

KuCoin CEO「ハッキング事件の容疑者に関する証拠を掴んだ」と報告

KuCoin CEO「ハッキング事件の容疑者に関する証拠を掴んだ」と報告

Kraken(クラーケン)「日本円の入出金・暗号資産取引サービス」提供開始

Kraken(クラーケン)「日本円の入出金・暗号資産取引サービス」提供開始

Zaif:取り扱い廃止通貨の「出金スケジュール」変更へ|出金可能時期は2020年末まで

Zaif:取り扱い廃止通貨の「出金スケジュール」変更へ|出金可能時期は2020年末まで

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

ビットフライヤー編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットフライヤー編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットバンク編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットバンク編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ファイルコイン(Filecoin/FIL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ファイルコイン(Filecoin/FIL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ビットコインボルト(Bitcoin Vault/BTCV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ビットコインボルト(Bitcoin Vault/BTCV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

Cardano(ADA)決済「対応店舗」一覧【仮想通貨が使えるお店】

Cardano(ADA)決済「対応店舗」一覧【仮想通貨が使えるお店】

【2020年】ビットコイン、仮想通貨関連の「注目イベント」一覧

【2020年】ビットコイン、仮想通貨関連の「注目イベント」一覧

人気のタグから探す