リップル:中東最大級「ナショナルコマーシャル銀行」と提携|約540万人の送金を支援

by BITTIMES   

Ripple(リップル)は9月13日、サウジアラビア最大級の銀行であるナショナルコマーシャルバンク(NCB)と提携したことを発表しました。同社の国際送金ネットワークである「RippleNet(リップルネット)」は世界規模で急速に拡大しており、中東ではこの1年間で大手金融機関が6つも参加しています。

こちらから読む:中東で続々と提携を発表する「Ripple」今後の動きは

サウジアラビアの歴史ある大手金融機関|ナショナルコマーシャル銀行(NCB)

NCB-logo

ナショナルコマーシャル銀行(NCB)は、1952年に設立されたサウジアラビアで最初の銀行であり、中東でも特に大きな金融機関の一つです。サウジアラビア国内に500以上もの支店を構えている同銀行は世界に540万人以上の顧客を抱えていると伝えられています。

サウジアラビアは国際送金が活発に行われている国の一つでもあり、世界銀行が公開している2016年のデータによると、
・サウジアラビアに国外から送られた金額は3億800万ドル(約340億円)
・サウジアラビアから国外に送られた金額は370億ドル(約400億円)
と報告されています。

世界中の100を超える国や地域に1,100万人(*1)もの外国人労働者を持つサウジアラビアは、世界最大規模の労働市場を誇っており、同国の企業の多くは大企業、中小企業の両方が大量の国際送金をサウジアラビア国内の金融機関を通じて行っています。
(*1)2017年末時点

「RippleNet」に参加したことによって、NCBは「RippleNet」に参加している世界中の金融機関との国際送金を迅速かつ低コストで処理することができるようになります。

Rippleは「RippleNet」へのNCBの参加は、サウジアラビア通貨当局が国際間送金のために同社が提供している「xRapid」の使用テストを行ったのちに決定されたと伝えています。

このソリューションは金融機関に多くのメリットを享受することができるものであり、「xRapid」を利用した企業からは、40〜70%の手数料を削減することができたことも報告されています。

「SWIFT」のような既存の送金システムは、多くの資金を送金する国などに主な焦点を当てていますが、Rippleは見過ごされている国なども対象にサービスを提供しています。

NCBは最初に北米やアジアなどの金融機関との国際送金から着手することを予定しており、アジアではシンガポールから開始される予定となっています。その後はさらに多くの顧客にサービスを展開し、これまでにアクセスできなかった国や地域にも拡大していくと伝えられています。

RippleNetへ参加する中東大手金融機関

ripplenet

「RippleNet」に参加する金融機関はこの1年間で急速に増えています。

2017年9月には、アラブ首長国連邦(UAE)を本拠地としている「RAK銀行(ラス・アル・ハイマ国立銀行)」が参加し、インドの「Axis Bank(アクシス銀行)」との国際送金を処理しています。その後には、中東最大の送金会社である「UAEエクスチェンジ」もRipple社のシステムを採用しています。

2018年4月には、オマーンの銀行である「BankDhofar(バンク・ドファール)」が同国で初めてRippleNetへの参加を発表しました。

2018年5月には、クウェートの「Kuwait Finance House(クウェート・ファイナンス・ハウス/KFH)」がRippleNetへの参加を発表しています。KFHは同国で初めて設立された「イスラム系銀行」としても知られており、世界的な大手銀行の一つでもあるため当時のニュースは大きな注目を集めました。

またクウェートでは「世界で最も安全な銀行50」のリストに12年間連続で名前があがっている世界的にも評価の高い銀行の一つとして知られる「クウェート国立銀行(NBK)」もRippleNetへの参加を発表しています。

クウェートの銀行との提携の記事はこちら

リップル(Ripple/XRP)の価格|2018年9月15日

世界中で注目を集め続けているリップル(XRP)は、2018年9月15日現在1XRP=31円前後で取引されています。

リップルのネットワークは2018年に入ってからは特に急速に拡大し続けており、最近ではRippleのCOOであるChris Larsen(クリス・ラーセン)氏が、現在すでに100社を超える企業との契約を結んでおり、今後の準備を整えていることなども明らかにしています。

また、LinkedIn(リンクトイン)が公開した「2018年の米国で最も人気のあるスタートアップ企業50社」のリストでは、Ripple社が7位にランクインしており、スタートアップ企業の中でも特に注目されていることがはっきりと示されています。

リップル(XRP)の購入はXRP取引量で世界一にもなったことのあるbitbank(ビットバンク)からどうぞ。

仮想通貨取引所 bitbank の画像 仮想通貨取引所bitbankの登録ページはこちら

bitbankの登録方法はこちらで詳しく解説しています

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

仮想通貨取引所BTCEXA:リップル(XRP)を基軸通貨として取り扱い開始|オーストラリア

仮想通貨取引所BTCEXA:リップル(XRP)を基軸通貨として取り扱い開始|オーストラリア

ブロックチェーンで再生可能エネルギーの起源を証明:スペイン・ACCIONA Energy

ブロックチェーンで再生可能エネルギーの起源を証明:スペイン・ACCIONA Energy

仮想通貨DASHが「ケンタッキーフライドチキン(KFC)」で利用可能に:ベネズエラ

仮想通貨DASHが「ケンタッキーフライドチキン(KFC)」で利用可能に:ベネズエラ

NASDAQ上場企業の株式を「トークン化」仮想通貨取引所DX.Exchange:2019年1月7日始動

NASDAQ上場企業の株式を「トークン化」仮想通貨取引所DX.Exchange:2019年1月7日始動

ブロックチェーン技術を用いた車両管理システムを計画|ドバイ

ブロックチェーン技術を用いた車両管理システムを計画|ドバイ

「ブロックチェーンとは?」ヨーロッパ医療機関の「44%」が初耳=IDC調査

「ブロックチェーンとは?」ヨーロッパ医療機関の「44%」が初耳=IDC調査

注目度の高い仮想通貨ニュース

トロン(Tron/TRX)Sun Networkのテストネット公開「100倍のスケーラビリティ」実現へ

トロン(Tron/TRX)Sun Networkのテストネット公開「100倍のスケーラビリティ」実現へ

Cardano(ADA)待望の「Shelleyテストネット」公開|ステーキング報酬システムにも期待

Cardano(ADA)待望の「Shelleyテストネット」公開|ステーキング報酬システムにも期待

2019年末、ビットコイン価格が「330万円」に達する3つの理由:Kenetic Capital共同設立者

2019年末、ビットコイン価格が「330万円」に達する3つの理由:Kenetic Capital共同設立者

仮想通貨プロジェクトLibraに「大手銀行関係者」を採用|規制の懸念に対処:Facebook

仮想通貨プロジェクトLibraに「大手銀行関係者」を採用|規制の懸念に対処:Facebook

福岡の泡専門バー、ビットコイン「Lightning Network決済」試験導入:awabar

福岡の泡専門バー、ビットコイン「Lightning Network決済」試験導入:awabar

「仮想通貨Libra(リブラ)に本人確認は必要ない」BINANCE CEOのツイートが話題に

「仮想通貨Libra(リブラ)に本人確認は必要ない」BINANCE CEOのツイートが話題に

ICOトークン「有価証券に該当しない可能性もある」米国証券取引委員会(SEC)高官

ICOトークン「有価証券に該当しない可能性もある」米国証券取引委員会(SEC)高官

リップル社:大手送金会社「MoneyGram」に約54億円を出資|xRapid活用も計画

リップル社:大手送金会社「MoneyGram」に約54億円を出資|xRapid活用も計画

カルダノエイダ(Cardano/ADA)インドの仮想通貨取引所「WazirX」に上場

カルダノエイダ(Cardano/ADA)インドの仮想通貨取引所「WazirX」に上場

投資可能な株式リストに「Slack(スラック)」を追加:仮想通貨ウォレットアプリAbra

投資可能な株式リストに「Slack(スラック)」を追加:仮想通貨ウォレットアプリAbra

AIやブロックチェーン用いた「農業用プラットフォーム」をブラジルに展開:Microsoft

AIやブロックチェーン用いた「農業用プラットフォーム」をブラジルに展開:Microsoft

ブロックチェーンでワインの流通管理「TATTOO Wine Platform」を発表:世界4大会計事務所EY

ブロックチェーンでワインの流通管理「TATTOO Wine Platform」を発表:世界4大会計事務所EY

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

ポルシェ:ブロックチェーンを活用した「次世代スマートカー」計画

ポルシェ:ブロックチェーンを活用した「次世代スマートカー」計画

トヨタ(TOYOTA):ブロックチェーンや最新技術で「モビリティ社会」の新時代へ

トヨタ(TOYOTA):ブロックチェーンや最新技術で「モビリティ社会」の新時代へ

航空業界×ブロックチェーン「安全・安心・低価格」を実現する分散型の業務改革

航空業界×ブロックチェーン「安全・安心・低価格」を実現する分散型の業務改革

人気のタグから探す