リップル:中東最大級「ナショナルコマーシャル銀行」と提携|約540万人の送金を支援

by BITTIMES   

Ripple(リップル)は9月13日、サウジアラビア最大級の銀行であるナショナルコマーシャルバンク(NCB)と提携したことを発表しました。同社の国際送金ネットワークである「RippleNet(リップルネット)」は世界規模で急速に拡大しており、中東ではこの1年間で大手金融機関が6つも参加しています。

こちらから読む:中東で続々と提携を発表する「Ripple」今後の動きは

サウジアラビアの歴史ある大手金融機関|ナショナルコマーシャル銀行(NCB)

NCB-logo

ナショナルコマーシャル銀行(NCB)は、1952年に設立されたサウジアラビアで最初の銀行であり、中東でも特に大きな金融機関の一つです。サウジアラビア国内に500以上もの支店を構えている同銀行は世界に540万人以上の顧客を抱えていると伝えられています。

サウジアラビアは国際送金が活発に行われている国の一つでもあり、世界銀行が公開している2016年のデータによると、
・サウジアラビアに国外から送られた金額は3億800万ドル(約340億円)
・サウジアラビアから国外に送られた金額は370億ドル(約400億円)
と報告されています。

世界中の100を超える国や地域に1,100万人(*1)もの外国人労働者を持つサウジアラビアは、世界最大規模の労働市場を誇っており、同国の企業の多くは大企業、中小企業の両方が大量の国際送金をサウジアラビア国内の金融機関を通じて行っています。
(*1)2017年末時点

「RippleNet」に参加したことによって、NCBは「RippleNet」に参加している世界中の金融機関との国際送金を迅速かつ低コストで処理することができるようになります。

Rippleは「RippleNet」へのNCBの参加は、サウジアラビア通貨当局が国際間送金のために同社が提供している「xRapid」の使用テストを行ったのちに決定されたと伝えています。

このソリューションは金融機関に多くのメリットを享受することができるものであり、「xRapid」を利用した企業からは、40〜70%の手数料を削減することができたことも報告されています。

「SWIFT」のような既存の送金システムは、多くの資金を送金する国などに主な焦点を当てていますが、Rippleは見過ごされている国なども対象にサービスを提供しています。

NCBは最初に北米やアジアなどの金融機関との国際送金から着手することを予定しており、アジアではシンガポールから開始される予定となっています。その後はさらに多くの顧客にサービスを展開し、これまでにアクセスできなかった国や地域にも拡大していくと伝えられています。

RippleNetへ参加する中東大手金融機関

ripplenet

「RippleNet」に参加する金融機関はこの1年間で急速に増えています。

2017年9月には、アラブ首長国連邦(UAE)を本拠地としている「RAK銀行(ラス・アル・ハイマ国立銀行)」が参加し、インドの「Axis Bank(アクシス銀行)」との国際送金を処理しています。その後には、中東最大の送金会社である「UAEエクスチェンジ」もRipple社のシステムを採用しています。

2018年4月には、オマーンの銀行である「BankDhofar(バンク・ドファール)」が同国で初めてRippleNetへの参加を発表しました。

2018年5月には、クウェートの「Kuwait Finance House(クウェート・ファイナンス・ハウス/KFH)」がRippleNetへの参加を発表しています。KFHは同国で初めて設立された「イスラム系銀行」としても知られており、世界的な大手銀行の一つでもあるため当時のニュースは大きな注目を集めました。

またクウェートでは「世界で最も安全な銀行50」のリストに12年間連続で名前があがっている世界的にも評価の高い銀行の一つとして知られる「クウェート国立銀行(NBK)」もRippleNetへの参加を発表しています。

クウェートの銀行との提携の記事はこちら

リップル(Ripple/XRP)の価格|2018年9月15日

世界中で注目を集め続けているリップル(XRP)は、2018年9月15日現在1XRP=31円前後で取引されています。

リップルのネットワークは2018年に入ってからは特に急速に拡大し続けており、最近ではRippleのCOOであるChris Larsen(クリス・ラーセン)氏が、現在すでに100社を超える企業との契約を結んでおり、今後の準備を整えていることなども明らかにしています。

また、LinkedIn(リンクトイン)が公開した「2018年の米国で最も人気のあるスタートアップ企業50社」のリストでは、Ripple社が7位にランクインしており、スタートアップ企業の中でも特に注目されていることがはっきりと示されています。

リップル(XRP)の購入はXRP取引量で世界一にもなったことのあるbitbank(ビットバンク)からどうぞ。

仮想通貨取引所 bitbank の画像 仮想通貨取引所bitbankの登録ページはこちら

bitbankの登録方法はこちらで詳しく解説しています

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

仮想通貨版SWIFTの創設「2020年」までに具体策|主要15カ国を中心に資金洗浄対策

仮想通貨版SWIFTの創設「2020年」までに具体策|主要15カ国を中心に資金洗浄対策

ステーブルコイン:ジェミニドルの流通量「約80%」がHuobiに|集中化の理由と懸念点

ステーブルコイン:ジェミニドルの流通量「約80%」がHuobiに|集中化の理由と懸念点

ブロックチェーン活用した「デジタル請求書」を導入:中国・深セン地下鉄

ブロックチェーン活用した「デジタル請求書」を導入:中国・深セン地下鉄

サンノゼ州立大学の「ブロックチェーン学習」促進へ|TRON財団が学生たちと知識共有

サンノゼ州立大学の「ブロックチェーン学習」促進へ|TRON財団が学生たちと知識共有

ブロックチェーン活用した「電子マネー」アイスランドで合法化=ヨーロッパ初

ブロックチェーン活用した「電子マネー」アイスランドで合法化=ヨーロッパ初

ビットコイン最大の脅威「量子コンピュータ」ついに商用化:IBM Q System One

ビットコイン最大の脅威「量子コンピュータ」ついに商用化:IBM Q System One

注目度の高い仮想通貨ニュース

米国・欧州のbitFlyer:複数のアルトコインを「売買プラットフォーム」に追加

米国・欧州のbitFlyer:複数のアルトコインを「売買プラットフォーム」に追加

税金徴収に向け仮想通貨「合法化」へ:ウクライナ政府

税金徴収に向け仮想通貨「合法化」へ:ウクライナ政府

イーサリアムは「証券・商品」どちらに該当する?CFTC新会長が個人の見解示す

イーサリアムは「証券・商品」どちらに該当する?CFTC新会長が個人の見解示す

NBAサクラメント・キングス「限定版の仮想通貨グッズ」提供へ|CryptoKaijuと提携

NBAサクラメント・キングス「限定版の仮想通貨グッズ」提供へ|CryptoKaijuと提携

東京五輪開催に向け仮想通貨交換業者などの「サイバー対策」を総点検:金融庁

東京五輪開催に向け仮想通貨交換業者などの「サイバー対策」を総点検:金融庁

ビットコイン「2万ドル回復」のタイミングはいつ?eToro CEOが過去の弱気市場から予測

ビットコイン「2万ドル回復」のタイミングはいつ?eToro CEOが過去の弱気市場から予測

【要注意】仮想通貨を盗む「Trezorの詐欺サイト」見つかる|URLの直打ちは危険?

【要注意】仮想通貨を盗む「Trezorの詐欺サイト」見つかる|URLの直打ちは危険?

マイニング大手BITMAIN「世界最大のビットコイン採掘施設」を建設

マイニング大手BITMAIN「世界最大のビットコイン採掘施設」を建設

Walmart:ブロックチェーンで「インド産えび」のサプライチェーン管理

Walmart:ブロックチェーンで「インド産えび」のサプライチェーン管理

Operaブラウザ:Android版で「ビットコイン・トロン」をサポート

Operaブラウザ:Android版で「ビットコイン・トロン」をサポート

長期保有が逆効果に?仮想通貨プロジェクトの「死亡原因」LONGHASHが調査報告

長期保有が逆効果に?仮想通貨プロジェクトの「死亡原因」LONGHASHが調査報告

総務省:仮想通貨用いた政治家個人への献金「違法ではない」と判断

総務省:仮想通貨用いた政治家個人への献金「違法ではない」と判断

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

国内仮想通貨取引所:消費税増税後の「各種手数料」まとめ

国内仮想通貨取引所:消費税増税後の「各種手数料」まとめ

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

ポルシェ:ブロックチェーンを活用した「次世代スマートカー」計画

ポルシェ:ブロックチェーンを活用した「次世代スマートカー」計画

人気のタグから探す