イスラム圏の主要銀行が続々とRippleNetに参加

by BITTIMES

クウェート・ファイナンスハウス(KFH)は、アラブ首長国連邦(UAE)の銀行で初めて国際的な送金のためにリップル(Ripple)社のブロックチェーンを使ったグローバルネットワークであるRippleNetに参加することを発表しました。またクウェート国立銀行(NBK)も5月29日にリップルネットへの参加を発表しています。

イスラム圏を代表する銀行|Kuwait Finance House(KFH)

クウェート最大の銀行とも言われるKuwait Finance House(クウェート・ファイナンス・ハウス/KFH)は、5月26日にUAEの銀行で初めてRippleNet(リップルネット)に加わることを発表しました。

KFHはRippleNetへの加入することによって、ブロックチェーン技術を利用して国際送金の低コスト化と高速化を目指すとしています。

イスラム圏では、コーランとムハンマドの言行を法源とするイスラム法である『Sharia’a(シャリーア)』によって利子の取得が禁止されているため、近代以降のイスラム圏の銀行は基本的に無利子で運営されています。

このような銀行はイスラム銀行と呼ばれており、1970年代のオイルショックによって生じた莫大なオイルマネーを背景として1970年代以降に多くの商業イスラム銀行が設立されてきました。

その流れの中でも早い時期である1977年に設立されたKFHは、現在485の支店と約1,000台のATM、15,000人以上の従業員を抱えるイスラム圏を代表する銀行となっています。

またこの数日後には、世界的にも高い評価を受けているクウェート国立銀行(NBK)もRippleNetへの参加を発表しています。

世界でも高い評価を受ける金融機関|クウェート国立銀行(NBK)

クウェート国立銀行(NBK)は、リップル社のグローバルネットワークであるRippleNetに参加するクウェート初の銀行となります。

NBKは、国際格付け市場の9割を占めるムーディーズ、フィッチ、S&Pという3つの格付け機関から最高位を継続的に獲得しているNBKは、高い資本力、慎重な貸出方針、リスク管理に対する規律あるアプローチ、そして安定した経営陣によって裏付けられており、「世界で最も安全な銀行50」に12年連続でランクインし続けている世界的にも高い評価を受けている銀行の一つです。

NBKグループは世界の4大陸で銀行業務を展開しており、ロンドン、パリ、ニューヨーク、シンガポール、ジュネーブ、中国(上海)などといった世界中の有力な金融機関にも影響力を持っています。地元の地域では、サウジアラビア、アラブ首長国連邦(UAE)、バーレーン、レバノン、ヨルダン、イラク、エジプト、トルコなどでサービスを提供しています。

クウェートにおける最初のイスラム銀行でもあるKFHは、リップルの小売顧客向けにリップルの「ユニークなツール」を使用するという意向を強調しており、これによりKFHは、安全な国際間送金を数秒で提供することができ、エンドツーエンドの可視性を提供することができます。

関係者からのコメント

クウェート国立銀行(NBK)のCEOであるSheikha Al-Bahar氏は次のように述べています。

「戦略的に、銀行と顧客の双方に利益をもたらす最新の技術を採用しています。最新技術の導入により、NBKは世界レベルのサービスとソリューションを提供するデジタルバンクへと進化することができます。」

東南アジアおよび中東・北アフリカ(MENA)地域の役員であるNavin Gupta氏は次のように述べています。

「リップル社のグローバルネットワークに加わることで、NBKは国内外に向けて信頼性と費用対効果の高い決済ソリューションを提供するとともに、費用のためにこれまでリーチできなかった新しい市場にもサービスを拡大することができます。」

「サンフランシスコ、ニューヨーク、ロンドン、シドニー、インド、シンガポール、ルクセンブルクにオフィスを構えているリップル社はすでに世界中で140以上の顧客を抱えています。RippleNetに加盟することで、銀行はエンドツーエンドのトラッキングと決済の確実性でリアルタイムで国際間での支払いを処理することができます。」

イスラム圏の大手金融機関の参加によって、今後も多くの金融機関が続けてRippleNetに参加することになる可能性もより高まることになるでしょう。

仮想通貨取引所bitbank(ビットバンク)なら6月末までリップル(XRP)などの仮想通貨を取引手数料無料で購入することができます。

仮想通貨取引所 bitbank の画像リップル(XRP)を取引手数料無料で購入できる仮想通貨取引所bitbankはこちら

RippleNetに関する詳しい解説はこちらをどうぞ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

仮想通貨広告禁止に対して共同訴訟|ロシア/中国/韓国

仮想通貨広告禁止に対して共同訴訟|ロシア/中国/韓国

AKONが仮想通貨

AKONが仮想通貨"未来都市"を建設「エイコイン」がアフリカの救世主に

ZenCash(ZEN)に51%攻撃|価格の下落が続く

ZenCash(ZEN)に51%攻撃|価格の下落が続く

リップルでトークンを発行?|Rippleで行うICOとは?

リップルでトークンを発行?|Rippleで行うICOとは?

ビットコインキャッシュが使えるカリブ海のリゾート?

ビットコインキャッシュが使えるカリブ海のリゾート?

リップル上級副社長「韓国は仮想通貨規制を暖和する必要がある」

リップル上級副社長「韓国は仮想通貨規制を暖和する必要がある」

注目度の高い仮想通貨ニュース

多くの仮想通貨は過大評価されている|Spencer Bogart氏

多くの仮想通貨は過大評価されている|Spencer Bogart氏

大和証券も仮想通貨事業参入か|市場の活性化に期待高まる

大和証券も仮想通貨事業参入か|市場の活性化に期待高まる

仮想通貨マイニングマシンの輸入を禁止|ロシアの厳しい対応

仮想通貨マイニングマシンの輸入を禁止|ロシアの厳しい対応

コインチェック1億リップル(XRP)補填完了!サービスの全面再開迫る

コインチェック1億リップル(XRP)補填完了!サービスの全面再開迫る

EU初!デンマークで船舶登録簿管理にブロックチェーンパートナー“シップ”を導入

EU初!デンマークで船舶登録簿管理にブロックチェーンパートナー“シップ”を導入

DAppsの開発方法が学べる「CryptoZombies」新たなカードゲームを発表

DAppsの開発方法が学べる「CryptoZombies」新たなカードゲームを発表

ニューヨーク州が仮想通貨のタスクフォースを立ち上げか

ニューヨーク州が仮想通貨のタスクフォースを立ち上げか

ビットコインATMの設置数が3,000台を超える|日本での普及率は?

ビットコインATMの設置数が3,000台を超える|日本での普及率は?

SBIバーチャルカレンシーズ(SBIVC)ビットコインの取り扱い開始

SBIバーチャルカレンシーズ(SBIVC)ビットコインの取り扱い開始

仮想通貨が銀行を崩壊させる!バノン氏の強い期待

仮想通貨が銀行を崩壊させる!バノン氏の強い期待

チリの仮想通貨取引所Buda.comがアルゼンチンにも進出

チリの仮想通貨取引所Buda.comがアルゼンチンにも進出

セサミストリートと学ぶブロックチェーンの仕組み

セサミストリートと学ぶブロックチェーンの仕組み

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

人気のタグから探す

人気のタグから探す