リップル社 COO:企業との契約「100社を超える」と明かす|水面下で急速に拡大

by BITTIMES

リップル(Ripple)の共同設立者兼COOであるChris Larsen(クリス・ラーセン)氏は、同社が現在100社を超える企業との契約を結び、今後の準備を整えていることを明らかにしました。同社のネットワークは現在、水面下で急速に拡大し続けています。

こちらから読む:急速に拡大する「Ripple」これまでのニュース

Ripple(リップル):100社以上と契約

Chris Larsen(クリス・ラーセン)氏は、アメリカ・カリフォルニア州で開催された『Crypto Finance Conference(クリプト・ファイナンス・カンファレンス)』で講演を行った際に、Ripple社が100社以上の企業と契約を結んでいることを明かしました。

講演を行うラーセン氏の背景に映し出された画像には、Ripple社が現在契約を結んでいる100社以上の企業の一部が描かれています。

講演を行うクリス・ラーセン氏(画像:dailyhodl.com)講演を行うクリス・ラーセン氏(画像:dailyhodl.com)

これらの企業は、Rippleの技術をテストするだけでなく。今後もリップル社の製品を商業的に利用していくためにしっかりと取り組んでいることを意味しています。

Ripple社は、
・金融機関のスピード向上
・取引の正確な追跡
・コストの削減
などを支援することができる、一連のソフトウェアソリューションを提供しています。

仮想通貨リップル(XRP)は、それらのソリューションのひとつである『xRapid』で使用されます。xRapidはクロスボーダー決済を改善するためのRipple社の重要なソリューションのひとつです。

Ripple社CEOの過去のコメント

RippleのCEOであるBrad Garlinghouse(ブラッド・ガーリングハウス)氏は、同社が1週間に1つの銀行と契約していると以前から述べています。

2018年は信じられないほど充実した年です。
私たちは現在、1週間に1つの銀行と契約を結んでいます。
最近の発表では、クウェートでも最大規模の銀行である『National Bank of Kuwaits(ナショナルバンク・オブ・クウェート)』と契約を結んだこと発表しました。
Rippleがこのまま勢いに乗り続けることができれば、ネットワーク効果に繋がるでしょう。
参加者が多いほど、参加する価値は高くなります。
なので私たちは、その勢いを構築しているのを見ています。

Ripple社のパートナー企業

Rippleの公式サイトでは、現在以下のような企業がメンバーとして公開されています。しかし、このリストはこれまでに発表された提携企業や金融機関の一部でしかありません。

Ripple社のパートナー企業(画像:ripple.com)Ripple社のパートナー企業(画像:ripple.com)

ここではそれら数多くの企業を全てあげることはできませんが、世界各地で報告されている提携企業を合わせるとRipple社のネットワークがここ数ヶ月間で急速に拡大していることは明らかです。

リップル(XRP)の価格|2018年9月6日

Ripple社は現在、XRPの総発行枚数の6割を保有しており、その内91%は預託として保管されています。XRPは現在、1XRP=32円前後で取引されています。

リップル(XRP)の購入は、セキュリティ面でも安心できる仮想通貨取引所bitbank(ビットバンク)からどうぞ。

仮想通貨取引所 bitbank の画像 仮想通貨取引所bitbankの登録ページはこちら

bitbankの登録方法はこちらで詳しく解説しています

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

Twitter上の暗号資産ギブアウェイ詐欺「急速に拡大」公式アカウントの乗っ取り相次ぐ

Twitter上の暗号資産ギブアウェイ詐欺「急速に拡大」公式アカウントの乗っ取り相次ぐ

仮想通貨決済大手BitPay「XRPサポート」を正式発表

仮想通貨決済大手BitPay「XRPサポート」を正式発表

【Cardano/ADA】ステークプールの「ポートフォリオ作成機能」など導入へ

【Cardano/ADA】ステークプールの「ポートフォリオ作成機能」など導入へ

ワクチン輸送を「ブロックチェーン・IoT」で安全に|偽造品問題などにも対処:StaTwig

ワクチン輸送を「ブロックチェーン・IoT」で安全に|偽造品問題などにも対処:StaTwig

学生支援団体「ブロックチェーン教育連盟」発足|Tron・Emurgo・NEMなどが参加

学生支援団体「ブロックチェーン教育連盟」発足|Tron・Emurgo・NEMなどが参加

ライトコイン保有者狙いの「大規模ダスティング攻撃」が発覚|詐欺・ゆすりに要注意

ライトコイン保有者狙いの「大規模ダスティング攻撃」が発覚|詐欺・ゆすりに要注意

注目度の高い仮想通貨ニュース

日本銀行「一般利用型CBDC」に関する方針を公表|2021年度早期に概念実証を実施

日本銀行「一般利用型CBDC」に関する方針を公表|2021年度早期に概念実証を実施

BITMAX(ビットマックス)「暗号資産貸出サービス」提供へ|記念キャンペーンも開催

BITMAX(ビットマックス)「暗号資産貸出サービス」提供へ|記念キャンペーンも開催

Ripple社:ODL送金関連の新サービス「Line of Credit」提供開始

Ripple社:ODL送金関連の新サービス「Line of Credit」提供開始

テックビューロ「AWS Marketplace」の登録完了|mijin Catapult(2.0)提供へ

テックビューロ「AWS Marketplace」の登録完了|mijin Catapult(2.0)提供へ

KuCoin CEO「ハッキング事件の容疑者に関する証拠を掴んだ」と報告

KuCoin CEO「ハッキング事件の容疑者に関する証拠を掴んだ」と報告

暗号資産取引所「AMDAX」オランダ初の運営ライセンス取得

暗号資産取引所「AMDAX」オランダ初の運営ライセンス取得

カルダノ(Cardano/ADA)GitHub開発活動ランキングで引き続き「1位」獲得

カルダノ(Cardano/ADA)GitHub開発活動ランキングで引き続き「1位」獲得

Xtheta:新規取扱い暗号資産に関するアンケート調査の「投票結果」公開

Xtheta:新規取扱い暗号資産に関するアンケート調査の「投票結果」公開

エストニア中銀:中央銀行デジタル通貨(CBDC)の「研究プロジェクト」立ち上げ

エストニア中銀:中央銀行デジタル通貨(CBDC)の「研究プロジェクト」立ち上げ

Ripple社CEO:中央銀行デジタル通貨開発における「相互運用性の重要性」を強調

Ripple社CEO:中央銀行デジタル通貨開発における「相互運用性の重要性」を強調

Bitcoin.com:Atari Token(ATRI)の「IEO」実施へ|トークン販売後は上場も予定

Bitcoin.com:Atari Token(ATRI)の「IEO」実施へ|トークン販売後は上場も予定

COINAGE「1,500円もらえる!ビットコイン取引おためしキャンペーン」開催

COINAGE「1,500円もらえる!ビットコイン取引おためしキャンペーン」開催

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

ビットフライヤー編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットフライヤー編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットバンク編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットバンク編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ファイルコイン(Filecoin/FIL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ファイルコイン(Filecoin/FIL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ビットコインボルト(Bitcoin Vault/BTCV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ビットコインボルト(Bitcoin Vault/BTCV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

Cardano(ADA)決済「対応店舗」一覧【仮想通貨が使えるお店】

Cardano(ADA)決済「対応店舗」一覧【仮想通貨が使えるお店】

【2020年】ビットコイン、仮想通貨関連の「注目イベント」一覧

【2020年】ビットコイン、仮想通貨関連の「注目イベント」一覧

人気のタグから探す