米国人気スタートアップ50社「ブロックチェーン企業」が多数ランクイン|LinkedIn調査

by BITTIMES   

ブロックチェーン(Blockchain)や暗号通貨(Cryptocurrency)に関連する企業は、アメリカでも大きな注目を集めていることが最新の調査でも示されています。LinkedIn(リンクトイン)が公開した「2018年の米国で最も人気のあるスタートアップ企業50社」というリストには、多くの仮想通貨関連企業の名前も含まれており、Ripple(リップル)、Coinbase(コインベース)、Robinhood(ロビンフッド)の3社は「トップ10」にランクインしています。

こちらから読む:米国人気企業リストにも!今話題の「ブロックチェーン技術」とは

最先端を走るブロックチェーン企業

blockchain-city

LinkedIn(リンクトイン)は、5億7,500万人の会員が作成した数十億の活動を集計し、各企業の成長や人々からの関心などの様々なデータをもとにして、2018年に米国でも特に人気の高いスタートアップ企業をリスト化した「上位50社のリスト」を公開しています。

2017年7月1日〜2018年6月30日までのデータを分析して作成されたこのリストでは、
・仮想通貨取引所Coinbase(コインベース)が第3位
・Robinhood(ロビンフッド)が第6位
・Ripple(リップル)が第7位
に位置付けられており、仮想通貨やブロックチェーンに関連する企業の人気が高いことが示されています。

またこのリスト全体の30%はブロックチェーン関連の企業が占めており、仮想通貨取引所Gemini(ジェミニ)やイーサリアム(ETH)の共同設立者であるJoseph Lubin(ジョセフ・ルービン)氏がフィンテック企業「ConsenSys(コンセンシス)」などの企業も掲載されています。

公開された人気のスタートアップ企業のリストは以下の通りです。

LinkedIn:トップスタートアップ企業|1位〜50位

  1. Lyft(インターネット企業)
  2. Halo Top Creamery(食品と飲料)
  3. Coinbase(インターネット企業)
  4. Noodle.ai(コンピュータ・ソフトウェア)
  5. Bird(インターネット企業)
  6. Robinhood(金融サービス)
  7. Ripple(インターネット企業)
  8. Glossier(消費財)
  9. Aurora Innovation(自動車)
  10. Rubrik(コンピュータ・ソフトウェア)
  11. Puls(消費者サービス)
  12. TripActions(コンピュータ・ソフトウェア)
  13. Flexport(物流とサプライチェーン)
  14. Ellevest(金融サービス)
  15. Outreach(インターネット企業)
  16. Samsara(ITサービス)
  17. Argo AI(コンピュータ・ソフトウェア)
  18. Root Insurance Company(保険)
  19. InVision(インターネット企業)
  20. Snowflake Computing(コンピュータ・ソフトウェア)
  21. Puls(消費者サービス)
  22. TripActions(コンピュータ・ソフトウェア)
  23. Flexport(物流とサプライチェーン)
  24. Ellevest(金融サービス)
  25. Outreach(インターネット企業)
  26. Samsara(ITサービス)
  27. Argo AI(コンピュータ・ソフトウェア)
  28. Root(保険)
  29. InVision(インターネット企業)
  30. Snowflake Computing(コンピュータ・ソフトウェア)
  31. Zoox – Automotive(自動車)
  32. Drift(インターネット企業)
  33. Aha!(コンピュータ・ソフトウェア)
  34. Affirm(金融サービス)
  35. Gemini Trust Company(金融サービス)
  36. ConsenSys(コンピュータ・ソフトウェア)
  37. Clutch(小売)
  38. Databricks(コンピュータ・ソフトウェア)
  39. Allbirds(ファッション)
  40. Away(小売)
  41. BlueVoyant(コンピュータ・ネットワークセキュリティ)
  42. Convoy(交通・トラック・鉄道)
  43. UnitedMasters(音楽サービス)
  44. Plenty(再生可能エネルギー)
  45. Drive.ai(コンピュータ・ソフトウェア)
  46. The Wing(ホスピタリティ)
  47. Solovis(投資管理)
  48. Enjoy(小売)
  49. Bumble(コンピュータ・ネットワーク)
  50. Skift(情報サービス)

業種ごとに分類してみると「コンピュータ・ソフトウェア」や「IT・インターネット」関連の企業が圧倒的に多いことがわかります。その他の業種としては、金融、小売、自動車などの業種が並んでいます。各業種別にみた企業の数は次のようになっています。

  • コンピュータ・ソフトウェア ー 14社
  • IT・インターネット ー 11社
  • 金融 ー 5社
  • 小売 ー 3社
  • 自動車 ー 2社
  • 物流 ー 2社
  • 消費者サービス ー 2社
  • 保険 ー 2社
  • 投資管理
  • 情報サービス
  • 食品と飲料
  • ファッション
  • 交通・トラック・鉄道
  • 音楽サービス
  • 再生可能エネルギー
  • ホスピタリティ
  • 消費財

仮想通貨の価格だけを見ると全体的に下落傾向にあるものの、多くの投資家や専門家たちは依然としてこれらの技術やブロックチェーン技術を活用した新しいプロジェクトを高く評価しており、関心を寄せています。

国家規模のブロックチェーン・プロジェクトなども進められるようになってきた今、これらの最先端企業は特に注目すべき業界のリーダーとなっていくことが予想されます。

bitbankの登録方法はこちらで詳しく解説しています

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

BINANCE:トルコ向けの暗号資産取引所「Binance TR」公開

BINANCE:トルコ向けの暗号資産取引所「Binance TR」公開

韓国金融当局:資金洗浄リスクの高い暗号資産「取り扱い禁止」へ|特金法改正案を公開

韓国金融当局:資金洗浄リスクの高い暗号資産「取り扱い禁止」へ|特金法改正案を公開

ドミノ・ピザ:ブロックチェーンとAIで「業務効率化」へ|SingularityNETと提携

ドミノ・ピザ:ブロックチェーンとAIで「業務効率化」へ|SingularityNETと提携

米裁判所:SECのリップル訴訟で「XRP自体は有価証券に該当しない」と判決

米裁判所:SECのリップル訴訟で「XRP自体は有価証券に該当しない」と判決

米住宅保険会社ARW「ビットコインに投資する」と発表|仮想通貨決済にも対応

米住宅保険会社ARW「ビットコインに投資する」と発表|仮想通貨決済にも対応

米議会:暗号資産関連の課税条項含む「バイデン政権の大規模インフラ法案」を可決

米議会:暗号資産関連の課税条項含む「バイデン政権の大規模インフラ法案」を可決

注目度の高い仮想通貨ニュース

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

仮想通貨を保有するだけで増える「ステーキング対応のおすすめ取引所」税金に関する注意点も

仮想通貨を保有するだけで増える「ステーキング対応のおすすめ取引所」税金に関する注意点も

【年利最大9%】ソラナ(SOL)をステーキングで増やす方法|画像付きで解説

【年利最大9%】ソラナ(SOL)をステーキングで増やす方法|画像付きで解説

【年利40%以上】フレア(Flare/FLR)をラップ&デリゲートで増やす方法|画像付きで解説

【年利40%以上】フレア(Flare/FLR)をラップ&デリゲートで増やす方法|画像付きで解説

シバイヌDEX「ShibaSwap」の使い方|流動性提供の方法などをまとめた解説動画公開

シバイヌDEX「ShibaSwap」の使い方|流動性提供の方法などをまとめた解説動画公開

各種仮想通貨を「Shibarium基盤BONE」に簡単交換|ガス代補充機能の使い方を解説

各種仮想通貨を「Shibarium基盤BONE」に簡単交換|ガス代補充機能の使い方を解説

‌NFTマーケットプレイス「Magic Eden」とは?機能や使い方などを解説

‌NFTマーケットプレイス「Magic Eden」とは?機能や使い方などを解説