Huobi Global:安定仮想通貨4銘柄の追加を発表 ー ステーブルコインの競争激化

by BITTIMES

暗号通貨(Cryptocurrency)の価値が法定通貨などのその他の通貨に裏付けられている「ステーブルコイン(StableCoin)」を多数採用する仮想通貨取引所が増加しています。世界各国で数多くの銘柄の取引サービスを提供している「Huobi Global(フォビ・グローバル)」は、新たに4つの安定仮想通貨をリストに追加することを発表しました。

こちらから読む:Huobiなどでの採用が続く「ステーブルコイン」とは

ステーブルコイン4銘柄を追加|Huobi Global

huobi-global

世界各国の規制に準拠しつつ事業規模を拡大し続けている「Huobi Global(フォビ・グローバル)」は、2018年10月19日から新たに4つの「安定仮想通貨」を取り扱いリストに追加することを発表しました。

新しく追加される仮想通貨は、
・Paxos Standard Token(PAX)
・Gemini Dollar(GUSD)
・TrueUSD(TUSD)
・USD//Coin(USDC)
という4つの新しいステーブルコインとなっており、これらの通貨はすでに「Huobi Wallet」で利用可能になっているとも伝えられています。

テザー(Tether/USDT)に募る不信感

これまで多くの仮想通貨取引所で一般的に使用されていた安定仮想通貨として広く知られているテザー(Tether/USDT)は、
・ビットコイン(BTC)の価格を吊り上げているのではないか?
・価値の担保となる米ドル(USD)は存在しているのか?
・透明性が欠如している
などのような様々な疑惑が浮上しており、投資家からの信頼を失いつつあります。本来は米ドル価格と連動しているはずのUSDT価格にはここ数日で大きな乱れが生じており、先日はUSD価格との間に4円以上もの価格差も生まれています。

このような背景もあり、現在は世界的に取引量の多い大手仮想通貨取引所がテザー以外の安定仮想通貨を新たに採用し始めています。15日には大手仮想通貨取引所OKExが今回のHuobiと同様の4銘柄の追加を発表しており、その他の仮想通貨取引所もこれに続く動きが見られています。

Huobiに追加される安定仮想通貨

Huobiで2018年10月19日から取り扱いが開始される安定仮想通貨「4銘柄」の特徴は次の通りです。

Paxos Standard Token(PAX)

Paxos Standard Token(PAX)は、「Paxos Trust Company」が発行しているニューヨーク州金融サービス省が規制している安定仮想通貨です。米ドル(USD)によって完全に担保されており、1対1で償還可能な全く新しいデジタル資産です。

PAXは、金融規制当局の監督下でブロックチェーン技術の利点を活かして参加者が米ドルおよび米ドル建て資産と取引することを可能にしています。

TrueUSD(TUSD)

TrueUSD(TUSD)は、専用の信託会社によって担保された米ドル建ての安定仮想通貨です。米ドルで価値が担保されており、第三者の証明書によって透明性が検証されています。

USD//Coin(USDC)

USD//Coin(USDC)は、Circle(サークル)社が発行しているオープンソースの米ドル建て安定仮想通貨です。定期的に保有額を公表することによって透明性が確保されています。

USDCは、詳細な財務および業務の透明性を備えたソリューションを提供することによって、現在の仮想通貨市場に存在する多くの問題を解決しています。

Gemini Dollar(GUSD)

Gemini Dollar(GUSD)は、米国の仮想通貨取引所Gemini(ジェミニ)が発行する米ドルの価格と価値が連動している安定仮想通貨であり、米国の規制当局から正式に認可を受けた世界で初めての「規制された安定仮想通貨」でもあります。

ここ最近では、米ドルと連動する安定仮想通貨だけでなく、世界各国の法定通貨に基づいた新しい安定仮想通貨が続々と発表されています。今回の流れで多くの安定仮想通貨が複数の仮想通貨取引所で利用できるようになりましたが、新たな安定仮想通貨を採用する動きは今後もさらに加速していくとも考えられます。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

DMMビットコイン:スマホアプリに初心者向けの新機能「STモード」追加

DMMビットコイン:スマホアプリに初心者向けの新機能「STモード」追加

SpaceXも「ビットコイン」を保有|TeslaでBTC決済再開の可能性も【The ₿ Word】

SpaceXも「ビットコイン」を保有|TeslaでBTC決済再開の可能性も【The ₿ Word】

ビットコインは人間ではなく「機械」によって使用される|全ての生命体を繋ぐ架け橋に

ビットコインは人間ではなく「機械」によって使用される|全ての生命体を繋ぐ架け橋に

シンボル(Symbol/XYM)一時40円まで価格急騰「BINANCE上場」への期待上げか

シンボル(Symbol/XYM)一時40円まで価格急騰「BINANCE上場」への期待上げか

フィリピンのマクドナルドと仮想通貨「LoyalCoin(LYL)」が提携:報酬サービス提供へ

フィリピンのマクドナルドと仮想通貨「LoyalCoin(LYL)」が提携:報酬サービス提供へ

ナスダックCEOは仮想通貨取引所への参入も検討

ナスダックCEOは仮想通貨取引所への参入も検討

注目度の高い仮想通貨ニュース

「我々は全てのカードを持っている」カルダノ創設者が大型アップグレードを予告

「我々は全てのカードを持っている」カルダノ創設者が大型アップグレードを予告

ビットトレード:投票で稼ぐアプリ「CRATOS(CRTS)」の運営企業と覚書締結

ビットトレード:投票で稼ぐアプリ「CRATOS(CRTS)」の運営企業と覚書締結

スターバックス:Web3報酬プログラム「Starbucks Odyssey」終了へ|次のステップに向けて

スターバックス:Web3報酬プログラム「Starbucks Odyssey」終了へ|次のステップに向けて

カルダノ(ADA)の公式商業化部門EMURGO「Huawei Cloud」と提携

カルダノ(ADA)の公式商業化部門EMURGO「Huawei Cloud」と提携

Google:Ethereum Name Service(ENS)のドメイン検索で「残高確認」が可能に

Google:Ethereum Name Service(ENS)のドメイン検索で「残高確認」が可能に

ミームネーターICO、取引所上場前の最終ステージへ

ミームネーターICO、取引所上場前の最終ステージへ

ビットフライヤー:エルフトークン(ELF Token/ELF)取扱開始|複数のキャンペーンも開催

ビットフライヤー:エルフトークン(ELF Token/ELF)取扱開始|複数のキャンペーンも開催

マツダ初のデジタルアートNFT「Meta-Mazda」Astar上でローンチ

マツダ初のデジタルアートNFT「Meta-Mazda」Astar上でローンチ

OKCoinJapan:アプトス(APT)のステーキングサービス提供へ「年率88.88%のFlash Deal」も開催

OKCoinJapan:アプトス(APT)のステーキングサービス提供へ「年率88.88%のFlash Deal」も開催

Magic Eden:イーサリアムNFT利用者に「ダイヤモンドリワード」を配布

Magic Eden:イーサリアムNFT利用者に「ダイヤモンドリワード」を配布

ビットコインを通貨として使用する「ブラジル3つの観光都市」Coinext報告

ビットコインを通貨として使用する「ブラジル3つの観光都市」Coinext報告

メルカリ「ビットコイン決済でBTCが戻ってくるキャンペーン」開始

メルカリ「ビットコイン決済でBTCが戻ってくるキャンペーン」開始

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

仮想通貨の確定申告で必要な「年間取引報告書」のダウンロード方法【取引所別まとめ】

仮想通貨の確定申告で必要な「年間取引報告書」のダウンロード方法【取引所別まとめ】

人気のタグから探す