ドバイ政府認可の仮想通貨「emCash」2019年公開へ ー PundiXも支援

by BITTIMES   

ドバイで開発が進められているブロックチェーンベースの仮想通貨「emCash」の利用開始が迫っています。最新の発表では、これからこの暗号通貨を本格的に導入していくためにBlockchain企業である「PundiX(NPXS)」が提供している「POSデバイス」を段階的に導入していくことが明らかにされており、2019年にはこれらの具体的な詳細情報が公開される予定であると伝えられています。

こちらから読む:ドバイでのemCash導入を支援する「PundiX」とは

ドバイ独自の仮想通貨「emCash」

emCash

ドバイに住む人々は、近い将来には学費や請求書などを含めた一般的な商品の支払いに仮想通貨「emCash」を使用することができるようになります。ドバイ政府はこれらの様々な物事に利用できる国家独自の仮想通貨を作成することを支持しており、現在「emCash」導入に向けたプロジェクトには、
・Pundi X
・Ebooc Fintech&Loyalty Lab
・emcredit
といった企業が関わっています。

決済手段としての機能に特化した仮想通貨「NPXS」を発行している「Pundi X」は、emcashを実際に使用するための決済用端末である「POSデバイス」を作成しています。このデバイスを政府機関の店頭や一般の小売店舗などで段階的に導入することによって、「emCash」が実際に使用できる新しい環境へとスムーズに移行していくことが予定されています。

同社は今後10年間をかけて「10万台以上」のデバイスをゆっくりと導入していくことを望んでいると説明されています。今のところ「emCash」はまだテスト段階にあるとのことで、地方政府と規制当局からの承認を待っている段階だとされており、会計年度後にはそれらの地方政府や規制当局からの承認を得た上で詳しい情報が公開される予定であると伝えられています。

「emCash」の支持者たちは、アラブ首長国連邦(UAE)の法定通貨である「ディルハム(AED)」に連動して価値が変動する安定仮想通貨(ステーブルコイン)となることで、ボラティリティの問題を回避することを望んでいます。

「Pundi X」の共同設立者兼CEOであるZac Cheah(ザック・チーア)氏は、「emCash」の作成は"歴史的な瞬間"であると伝えており、ブロックチェーン技術の発展を表すものだと説明しています。

仮想通貨決済の普及を促進|PundiX(NPXS)

PundiX(NPXS)は、仮想通貨決済の普及に積極的に取り組んでおり、世界最大のEDMフェスティバルである「ULTRA MUSIC FESTIVAL(ウルトラ・ミュージック・フェスティバル/UMF)」では、POSデバイスを導入することによってUMF独自の仮想通貨「ULTRA Coin」の発行なども行なっています。

今後ドバイで本格的に利用が開始される「emCash」の決済を支える「PundiX」は、emCashと同様に今後さらに注目されていくことになるでしょう。

PundiX(NPXS)は、仮想通貨取引所BINANCE(バイナンス)で定期的に実施されている「上場仮想通貨を決める人気投票」でも見事1位を獲得しており、現在はBINANCEでも購入することができるようになっています。

NPXSの価格は、2018年10月9日の時点では約0.17円となっています。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

Google:暗号資産関連サービス拡大などに向け「PayPal元幹部」を雇用

Google:暗号資産関連サービス拡大などに向け「PayPal元幹部」を雇用

JPMorgan COO「ビットコイン取引提供の可能性」について言及

JPMorgan COO「ビットコイン取引提供の可能性」について言及

暗号資産取引所FTX「トークン化された株式」の取引サービス提供へ

暗号資産取引所FTX「トークン化された株式」の取引サービス提供へ

Flare Networks「ライトコインの統合」を発表|Sparkトークン(FLR)配布も予定

Flare Networks「ライトコインの統合」を発表|Sparkトークン(FLR)配布も予定

エルサルバドル政府「ビットコイン」を追加購入|過去最多の420BTC

エルサルバドル政府「ビットコイン」を追加購入|過去最多の420BTC

Telegram:米SECの見解に「失望」18ヶ月間、協議求めたにも関わらず

Telegram:米SECの見解に「失望」18ヶ月間、協議求めたにも関わらず

注目度の高い仮想通貨ニュース

AIが成長するバーチャルキャラクターNFT「ANIMAK(アニマ)」発売へ:プラチナエッグ

AIが成長するバーチャルキャラクターNFT「ANIMAK(アニマ)」発売へ:プラチナエッグ

日本暗号資産ビジネス協会「2022年の年頭所感」発表|税制・規制面の問題点にも言及

日本暗号資産ビジネス協会「2022年の年頭所感」発表|税制・規制面の問題点にも言及

Decentraland×UNXD:仮想空間で「メタバース・ファッション・ウィーク」開催へ

Decentraland×UNXD:仮想空間で「メタバース・ファッション・ウィーク」開催へ

Club CAMELOT:メタバースナイトクラブ「Discover feed」のローンチ記念イベント開催へ

Club CAMELOT:メタバースナイトクラブ「Discover feed」のローンチ記念イベント開催へ

SBI VCトレード(旧TAOTAO)宝くじがもらえる「新春キャンペーン」開始

SBI VCトレード(旧TAOTAO)宝くじがもらえる「新春キャンペーン」開始

カルダノDEXの「SundaeSwap」ISO対象ステークプールを8つ追加|過飽和問題に対処

カルダノDEXの「SundaeSwap」ISO対象ステークプールを8つ追加|過飽和問題に対処

米中小銀行のビットコイン取引サービス「2022年上半期」に提供開始か=報道

米中小銀行のビットコイン取引サービス「2022年上半期」に提供開始か=報道

Disney:メタバース・AR関連で「仮想世界シミュレーター」の特許取得

Disney:メタバース・AR関連で「仮想世界シミュレーター」の特許取得

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2021年12月26日〜2022年1月1日

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2021年12月26日〜2022年1月1日

ビットコインマイニング企業「Bitfarms」1,000BTC(約49億円相当)を購入

ビットコインマイニング企業「Bitfarms」1,000BTC(約49億円相当)を購入

ブラジル・リオデジャネイロ「ビットコイン投資」を計画|暗号資産の中心地目指す

ブラジル・リオデジャネイロ「ビットコイン投資」を計画|暗号資産の中心地目指す

南米ウルグアイ「初の仮想通貨ATM」を設置|ビットコインなど5銘柄に対応

南米ウルグアイ「初の仮想通貨ATM」を設置|ビットコインなど5銘柄に対応

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「ディープコイン(DEAPcoin/DEP)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ディープコイン(DEAPcoin/DEP)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ブロックトピア(Bloktopia/BLOK)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ブロックトピア(Bloktopia/BLOK)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ディーヘルスネットワーク(dHealth Network/DHP)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ディーヘルスネットワーク(dHealth Network/DHP)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ソロジェニック(Sologenic/SOLO)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ソロジェニック(Sologenic/SOLO)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産取引所「CoinEx(コインエックス)」とは?特徴・メリット・デメリットを解説

暗号資産取引所「CoinEx(コインエックス)」とは?特徴・メリット・デメリットを解説

暗号資産「ザ・サンドボックス(The Sandbox/SAND)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ザ・サンドボックス(The Sandbox/SAND)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す