ドバイ政府認可の仮想通貨「emCash」2019年公開へ ー PundiXも支援

by BITTIMES   

ドバイで開発が進められているブロックチェーンベースの仮想通貨「emCash」の利用開始が迫っています。最新の発表では、これからこの暗号通貨を本格的に導入していくためにBlockchain企業である「PundiX(NPXS)」が提供している「POSデバイス」を段階的に導入していくことが明らかにされており、2019年にはこれらの具体的な詳細情報が公開される予定であると伝えられています。

こちらから読む:ドバイでのemCash導入を支援する「PundiX」とは

ドバイ独自の仮想通貨「emCash」

emCash

ドバイに住む人々は、近い将来には学費や請求書などを含めた一般的な商品の支払いに仮想通貨「emCash」を使用することができるようになります。ドバイ政府はこれらの様々な物事に利用できる国家独自の仮想通貨を作成することを支持しており、現在「emCash」導入に向けたプロジェクトには、
・Pundi X
・Ebooc Fintech&Loyalty Lab
・emcredit
といった企業が関わっています。

決済手段としての機能に特化した仮想通貨「NPXS」を発行している「Pundi X」は、emcashを実際に使用するための決済用端末である「POSデバイス」を作成しています。このデバイスを政府機関の店頭や一般の小売店舗などで段階的に導入することによって、「emCash」が実際に使用できる新しい環境へとスムーズに移行していくことが予定されています。

同社は今後10年間をかけて「10万台以上」のデバイスをゆっくりと導入していくことを望んでいると説明されています。今のところ「emCash」はまだテスト段階にあるとのことで、地方政府と規制当局からの承認を待っている段階だとされており、会計年度後にはそれらの地方政府や規制当局からの承認を得た上で詳しい情報が公開される予定であると伝えられています。

「emCash」の支持者たちは、アラブ首長国連邦(UAE)の法定通貨である「ディルハム(AED)」に連動して価値が変動する安定仮想通貨(ステーブルコイン)となることで、ボラティリティの問題を回避することを望んでいます。

「Pundi X」の共同設立者兼CEOであるZac Cheah(ザック・チーア)氏は、「emCash」の作成は"歴史的な瞬間"であると伝えており、ブロックチェーン技術の発展を表すものだと説明しています。

仮想通貨決済の普及を促進|PundiX(NPXS)

PundiX(NPXS)は、仮想通貨決済の普及に積極的に取り組んでおり、世界最大のEDMフェスティバルである「ULTRA MUSIC FESTIVAL(ウルトラ・ミュージック・フェスティバル/UMF)」では、POSデバイスを導入することによってUMF独自の仮想通貨「ULTRA Coin」の発行なども行なっています。

今後ドバイで本格的に利用が開始される「emCash」の決済を支える「PundiX」は、emCashと同様に今後さらに注目されていくことになるでしょう。

PundiX(NPXS)は、仮想通貨取引所BINANCE(バイナンス)で定期的に実施されている「上場仮想通貨を決める人気投票」でも見事1位を獲得しており、現在はBINANCEでも購入することができるようになっています。

NPXSの価格は、2018年10月9日の時点では約0.17円となっています。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

下落・低迷が続くビットコイン市場「強気派一掃」の可能性も?

下落・低迷が続くビットコイン市場「強気派一掃」の可能性も?

大手IT企業の仮想通貨発行「罰金1億円」の可能性|米国会議員が新たな草案を提出

大手IT企業の仮想通貨発行「罰金1億円」の可能性|米国会議員が新たな草案を提出

真の価値は「時価総額以上」ブロックチェーン技術採用は急速に進む:Joseph Lubin

真の価値は「時価総額以上」ブロックチェーン技術採用は急速に進む:Joseph Lubin

ビットコイン価格は今後3年間で「大幅に」上昇する|Circle CEO:Jeremy Allaire

ビットコイン価格は今後3年間で「大幅に」上昇する|Circle CEO:Jeremy Allaire

Dogecoin(DOGE)価格高騰にも影響か?Elon Musk「ドージコインCEO」に就任するも即辞任

Dogecoin(DOGE)価格高騰にも影響か?Elon Musk「ドージコインCEO」に就任するも即辞任

近い将来ブロックチェーンとAIが起こす金融革命|マルタ銀行家協会議長

近い将来ブロックチェーンとAIが起こす金融革命|マルタ銀行家協会議長

注目度の高い仮想通貨ニュース

G7:中央銀行デジタル通貨の「重要3要素」を強調|中国CBDCの透明性に対する懸念も

G7:中央銀行デジタル通貨の「重要3要素」を強調|中国CBDCの透明性に対する懸念も

COINAGE「1,500円もらえる!ビットコイン取引おためしキャンペーン」開催

COINAGE「1,500円もらえる!ビットコイン取引おためしキャンペーン」開催

グローバルステーブルコイン「適切な規制まで運用してはならない」G7が表明

グローバルステーブルコイン「適切な規制まで運用してはならない」G7が表明

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2020年9月13日〜19日

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2020年9月13日〜19日

コインチェック:暗号資産取引所サービスに「MONA・ETC」を追加

コインチェック:暗号資産取引所サービスに「MONA・ETC」を追加

Bitcoin.com:Atari Token(ATRI)の「IEO」実施へ|トークン販売後は上場も予定

Bitcoin.com:Atari Token(ATRI)の「IEO」実施へ|トークン販売後は上場も予定

非営利団体「XRP Ledger Foundation」設立|XRPLの成長・技術採用を促進

非営利団体「XRP Ledger Foundation」設立|XRPLの成長・技術採用を促進

日本銀行「一般利用型CBDC」に関する方針を公表|2021年度早期に概念実証を実施

日本銀行「一般利用型CBDC」に関する方針を公表|2021年度早期に概念実証を実施

【印鑑×デジタル】ブロックチェーン押印記録システム「Iohan(イオハン)」登場

【印鑑×デジタル】ブロックチェーン押印記録システム「Iohan(イオハン)」登場

欧州連合(EU)仮想通貨関連の包括的な規制「2024年」までに導入へ

欧州連合(EU)仮想通貨関連の包括的な規制「2024年」までに導入へ

韓国銀行:中央銀行デジタル通貨(CBDC)の「発行・流通テスト」2021年にも開始

韓国銀行:中央銀行デジタル通貨(CBDC)の「発行・流通テスト」2021年にも開始

KuCoinハッキング事件「疑わしいアドレス」公開|各プロジェクトが続々と資金洗浄対策

KuCoinハッキング事件「疑わしいアドレス」公開|各プロジェクトが続々と資金洗浄対策

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

ビットフライヤー編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットフライヤー編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットバンク編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットバンク編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ファイルコイン(Filecoin/FIL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ファイルコイン(Filecoin/FIL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ビットコインボルト(Bitcoin Vault/BTCV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ビットコインボルト(Bitcoin Vault/BTCV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

Cardano(ADA)決済「対応店舗」一覧【仮想通貨が使えるお店】

Cardano(ADA)決済「対応店舗」一覧【仮想通貨が使えるお店】

【2020年】ビットコイン、仮想通貨関連の「注目イベント」一覧

【2020年】ビットコイン、仮想通貨関連の「注目イベント」一覧

人気のタグから探す