CARDANO(ADA):ハードウェアウォレット「Trezor Model T」で保管可能に

by BITTIMES   

仮想通貨(Cryptocurrency)のハードウェアウォレット「Trezor Model T」は、2018年10月29日からカルダノエイダコイン(CARDANO/ADA)をはじめとする合計8種類の暗号通貨に対応します。解像度の高いタッチパネルを搭載しているこのウォレットは、操作がしやすいことなどでも高い評価を受けています。

こちらから読む:日本円取引も可能に「CARDANO/ADA」関連ニュース

ハードウェアウォレット「Trezor Model T」とは?

Trezor-Model-T

Trezor Model T(トレザー・モデル・ティー)は、仮想通貨ウォレットを製造・販売しているTrezor社が提供しているハードウェアウォレットです。

このウォレットは、「タッチパネルディスプレイ」を搭載しているため扱いやすい仕様となっており、「SDカード」への対応や、「USB TypeC」を採用していることなども特徴の一つとして評価を受けています。

豊富な仮想通貨に対応

対応している仮想通貨が多いことでも知られており、
ビットコイン(Bitcoin/BTC)
イーサリアム(Ethereum/ETH)
ライトコイン(Litecoin/LTC)
ダッシュ(DASH)
ネム(NEM/XEM)
ビットコインキャッシュ(BitcoinCash/BCH)
イーサリアムクラシック(EthereumClassic/ETC)
などの仮想通貨に対応しています。

アップデートでさらに便利に

2018年10月29日には、「バージョン2.0.8」へのアップデートが行われる予定となっており、このアップデートでは、
リップル(Ripple/XRP)
モネロ(Monero/XMR)
ステラ(Stellar/XLM)
・テゾス(Tezos/XTZ)
・ディークレッド(Decred/DCR)
・ゼンキャッシュ(ZenCash/ZEN)
・グロイストルコイン(Groestlcoin/GRS)
・カルダノエイダコイン(Cardano/ADA)
などの合計8種類の仮想通貨が利用できるようになると伝えられています。

「Trezor Model T」は、タッチパネルでウォレットを操作することができるため「操作がしやすい」「アドレスが見やすい」「PINコードの入力が楽」などといった高い評価を受けています。

また仮想通貨ジーキャッシュ(Zcash/ZEC)ハードフォークもサポートされるため、今回のアップデートはユーザーにとって非常に魅力的なものとなっています。

カルダノエイダコイン(ADA)を保管することができるウォレットは、ここ最近で急速に増えています。ハードウェアウォレットであれば、より安全に保管することができるため、ADAの安全な保管方法を探している方は、「Trezor Model T」の使用も検討されてみてはいかがでしょうか?

「Trezor Model T」の詳しい情報は、以下の日本正規販売店のサイトからどうぞ
Trezor日本正規販売店の公式サイトはこちら

カルダノエイダコイン(CARDANO/ADA)の価格|2018年10月28日

カルダノエイダコイン(CARDANO/ADA)の価格は、今月に入ってからは8〜9円台で取引されており、2018年10月28日の時点では「1ADA=8.12円」となっています。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

Xtheta:新規取扱い暗号資産に関するアンケート調査の「投票結果」公開

Xtheta:新規取扱い暗号資産に関するアンケート調査の「投票結果」公開

仮想通貨ニュース週間まとめ|8月5日〜11日

仮想通貨ニュース週間まとめ|8月5日〜11日

ビットコインが「アップルウォッチ」で受け取り可能に|Lightning Networkにも対応

ビットコインが「アップルウォッチ」で受け取り可能に|Lightning Networkにも対応

ビットコインで「株式・ETF」に簡単投資|仮想通貨ウォレットアプリ:Abra(アブラ)

ビットコインで「株式・ETF」に簡単投資|仮想通貨ウォレットアプリ:Abra(アブラ)

ビットコイン「過去最高値:220万円」突破は間違いない|投資会社CEOが理由を説明

ビットコイン「過去最高値:220万円」突破は間違いない|投資会社CEOが理由を説明

ブロックチェーン・仮想通貨ニュース週間まとめ|2020年1月5日〜11日

ブロックチェーン・仮想通貨ニュース週間まとめ|2020年1月5日〜11日

注目度の高い仮想通貨ニュース

ブロックチェーンドメイン「.crypto」主流ブラウザからアクセス可能に:Unstoppable Domains

ブロックチェーンドメイン「.crypto」主流ブラウザからアクセス可能に:Unstoppable Domains

Tether・Bitfinex「ニューヨーク州司法当局と和解」2年以上続くテザー裁判に決着

Tether・Bitfinex「ニューヨーク州司法当局と和解」2年以上続くテザー裁判に決着

Aker ASA:ビットコイン特化の投資部門設立「1BTC=数億円到達の可能性もある」と予想

Aker ASA:ビットコイン特化の投資部門設立「1BTC=数億円到達の可能性もある」と予想

Mastercard「中央銀行デジタル通貨対応のプリペイドカード」発行【世界初】

Mastercard「中央銀行デジタル通貨対応のプリペイドカード」発行【世界初】

MoneyGram「Ripple製品用いた取引の一時停止」を発表|SEC訴訟の不確実性を考慮

MoneyGram「Ripple製品用いた取引の一時停止」を発表|SEC訴訟の不確実性を考慮

Gemini:暗号資産関連の教育サイト「Cryptopedia(クリプトぺディア)」公開

Gemini:暗号資産関連の教育サイト「Cryptopedia(クリプトぺディア)」公開

ドイツ銀行「暗号資産カストディ・ブローカーサービス提供」の可能性

ドイツ銀行「暗号資産カストディ・ブローカーサービス提供」の可能性

イーロン・マスク氏:ドージコイン大量保有者の「売却」望む|DOGE集中化を問題視

イーロン・マスク氏:ドージコイン大量保有者の「売却」望む|DOGE集中化を問題視

【Cardano/ADA】大型アップデート「Mary」の実施日が確定|トークン発行などが可能に

【Cardano/ADA】大型アップデート「Mary」の実施日が確定|トークン発行などが可能に

暗号資産取引所FTX「FTX Foundation」設立|手数料収入の1%を慈善団体に寄付

暗号資産取引所FTX「FTX Foundation」設立|手数料収入の1%を慈善団体に寄付

クリプトアーティスト登録制のNFTマーケットプレイス「nanakusa」公開へ

クリプトアーティスト登録制のNFTマーケットプレイス「nanakusa」公開へ

資産運用大手BlackRock投資責任者「ビットコインに手を出し始めた」

資産運用大手BlackRock投資責任者「ビットコインに手を出し始めた」

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「アイオーエスティー(IOSToken/IOST)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「アイオーエスティー(IOSToken/IOST)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「モナコイン(Monacoin/MONA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「モナコイン(Monacoin/MONA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「カルダノ・エイダ(Cardano/ADA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「カルダノ・エイダ(Cardano/ADA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

クアンタム(QTUM)保有者に対する「QIトークンエアドロップ」取引所の対応まとめ

クアンタム(QTUM)保有者に対する「QIトークンエアドロップ」取引所の対応まとめ

暗号資産「ドージコイン(Dogecoin/DOGE)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ドージコイン(Dogecoin/DOGE)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「バイナンスコイン(Binance Coin/BNB)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「バイナンスコイン(Binance Coin/BNB)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す