ビットコイン価格予想対決:2019年末「300万円」説に反論|Civic CEO Vinny Lingham

by BITTIMES   

ブロックチェーンスタートアップ「Civic(シビック)」のCEOであるVinny Lingham(ヴィニー・リンガム)氏は、ビットコイン価格が2019年末までに2万8,000ドル(約319万円)に達するという強気な予想を以前から語っているRonnie Moas(ロニー・モアス)氏と対話を行った中で、モアス氏の意見には賛成していないことを語り、『Bitcoin(BTC)は最終的に下落することになる』と述べています。

こちらから読む:ビットコイン強気派のトレーダー「ロニー・モアス氏」の価格予想

価格予想敗者は「約227万円」寄付

SELL-BUY

Vinny Lingham(ヴィニー・リンガム)氏とRonnie Moas(ロニー・モアス)氏は、アメリカ・ラスベガスで開催された「World Crypto Con」の中で、ビットコイン(BTC)の過去、現在、未来のパフォーマンスに重点を置いて、仮想通貨関連のさまざまな話題についての議論を行いました。

彼らはビットコイン価格の今後の動きについて異なる意見を持っており、「どちらの予想が当たるか」についての20,000ドル(約227万円)の賭けを行ないました。この賭けでは最終的にどちらが勝利したとしても賭け金は慈善団体であるFree Ross(フリー・ロス)に寄付されることになっています。

この慈善団体は闇サイトとして知られる「Silk Road(シルク・ロード)」の創設者Ross Ulbricht(ロス・ウルブリヒト)氏を刑務所から解放することを目指している慈善団体です。ウルブリヒト氏は現在「仮釈放なしの終身刑」に処されていますが、彼を支持する人々は『検察が提出した証拠には矛盾がある』と主張しており、彼が釈放されることを望んでいます。

BTC価格「2020年末には570万円」Ronnie Moas

up

Ronnie Moas(ロニー・モアス)氏は、以前からビットコインの価格が上昇すると予想していることで知られています。

モアス氏は、ビットコインの供給量が減少して保有者が限られてくる中で、需要はさらに高まることになる主張しており、BTC価格は2019年末には2万8,000ドル(約319万円)、2020年末までには5万ドル(約570万ドル)にまで上昇すると予想しています。

同氏は以前、2018年に続いた仮想通貨市場の下落は「個人投資家」による売却が関連していると述べており、そのような投資家の人々に「ホールド」することを勧めています。

仮想通貨企業の売却で「最終的に下落」Vinny Lingham

down

Vinny Lingham(ヴィニー・リンガム)氏は、強気な予想を維持しているモアス氏とは異なる見方をしています。リンガム氏は仮想通貨業界で実際に積極的な活動を行なってる企業はあまり利益を上げておらず、経費を支払うためにそれらの仮想通貨を売却する必要があると考えています。

リンガム氏は、市場の流動性が低い状態でそのような企業が仮想通貨を売却した場合にはバランスが崩れることになるため、最終的には価格が下落することになると説明しています。

ビットコインの価格予想はここ最近で意見が分かれてきています。仮想通貨投資会社Galaxy Digital(ギャラクシー・デジタル)のCEOであるMichael Novogratz(マイケル・ノヴォグラッツ)氏は、モアス氏と同様に2019年にはビットコイン価格が大きく上昇することになるとの予想を語っています。

一方、仮想通貨取引所BitMEX(ビットメックス)のCEOであるArthur Hayes(アーサー・ヘイズ)氏は、仮想通貨市場の下落相場は今後1年半に渡って継続し、ビットコイン価格は2,000ドル(約226,000円)にまで下落する可能性があると語っています。

ビットコイン(Bitcoin/BTC)の価格|2018年11月9日

ビットコイン(Bitcoin/BTC)の価格は70万円台での推移を続けており、値動きの幅も徐々に狭まってきています。2018年も残り2ヶ月を切っているため、これまでに語られた数多くの価格予想と共にビットコインの実際の値動きには注目が集まります。

2018年11月9日時点のBTC価格は、約733,000円となっています。

2018年11月9日 過去30日間のBTC価格推移(引用:coingecko.com)2018年11月9日 過去30日間のBTC価格推移(引用:coingecko.com)

ビットコイン(BTC)などの購入は取引システムの安定性などでも評価の高い暗号資産取引所ビットバンクからどうぞ

bitbankの画像暗号資産取引所ビットバンクの登録はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

Bitcoin to the Moon|宇宙で行うビットコインマイニングとは?

Bitcoin to the Moon|宇宙で行うビットコインマイニングとは?

ディーカレット:暗号資産現物取引「取引所サービス」提供開始|マイナス手数料も採用

ディーカレット:暗号資産現物取引「取引所サービス」提供開始|マイナス手数料も採用

ビットコイン盗難「フリーWi-Fiで1200万円を盗まれた男性」

ビットコイン盗難「フリーWi-Fiで1200万円を盗まれた男性」

アメリカ・カナダの自動車ディーラー「仮想通貨決済」に対応|暗号資産の保有も予定

アメリカ・カナダの自動車ディーラー「仮想通貨決済」に対応|暗号資産の保有も予定

株主優待で「ビットコイン贈呈」へ:マネックスグループ

株主優待で「ビットコイン贈呈」へ:マネックスグループ

ビットコイン(BTC)ついに「150万円の壁」突破|今後注目の価格帯は?

ビットコイン(BTC)ついに「150万円の壁」突破|今後注目の価格帯は?

注目度の高い仮想通貨ニュース

不動産セキュリティトークンの公募・発行で協業:三井物産デジタル・アセットマネジメントなど4社

不動産セキュリティトークンの公募・発行で協業:三井物産デジタル・アセットマネジメントなど4社

Chiliz&Socios:2年連続で「バロンドール」の公式パートナーに

Chiliz&Socios:2年連続で「バロンドール」の公式パートナーに

MicroStrategy:ビットコインの「Lightning Network」活用したサービスを計画

MicroStrategy:ビットコインの「Lightning Network」活用したサービスを計画

米MicroStrategy:ビットコインを買い増し|保有量は合計13万BTCに

米MicroStrategy:ビットコインを買い増し|保有量は合計13万BTCに

PGA TOUR×Autograph「ゴルフファン向けのNFTプラットフォーム」構築へ

PGA TOUR×Autograph「ゴルフファン向けのNFTプラットフォーム」構築へ

BINANCE:LUNC取引手数料バーン「第1回目の焼却枚数」を発表

BINANCE:LUNC取引手数料バーン「第1回目の焼却枚数」を発表

LiveLike社:新ブロックチェーン「Chiliz Chain 2.0」に参加する初の企業に

LiveLike社:新ブロックチェーン「Chiliz Chain 2.0」に参加する初の企業に

Bitget:50,000USDTを山分けする「最強のキング取引大会」開始

Bitget:50,000USDTを山分けする「最強のキング取引大会」開始

ACミラン:Solana基盤のNFTゲーム「Monkey League」と提携

ACミラン:Solana基盤のNFTゲーム「Monkey League」と提携

1年半で24億ドルを使う:スポーツに群がる暗号資産関連企業

1年半で24億ドルを使う:スポーツに群がる暗号資産関連企業

韓国科学情報通信省「メタバースのための法律制定」を提言

韓国科学情報通信省「メタバースのための法律制定」を提言

Big Eyes(BIG)、SHIB・WAVES保有者を引き付け「最大の仮想通貨コミュニティ」を構築する可能性

Big Eyes(BIG)、SHIB・WAVES保有者を引き付け「最大の仮想通貨コミュニティ」を構築する可能性

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

アスター(Astar/ASTR)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

アスター(Astar/ASTR)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

アルゴランド(Algorand/ALGO)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

アルゴランド(Algorand/ALGO)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

フレア(Flare/FLR)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

フレア(Flare/FLR)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

クレイトン(Klaytn/KLAY)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

クレイトン(Klaytn/KLAY)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

FTXトークン(FTX Token/FTT)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

FTXトークン(FTX Token/FTT)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

元素騎士メタバース(MV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

元素騎士メタバース(MV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す