ビットコイン価格は今後「約22万円」に|下落市場は18ヶ月間続く可能性:Arthur Hayes

by BITTIMES

仮想通貨取引所BitMEX(ビットメックス)のCEOであるArthur Hayes(アーサー・ヘイズ)氏は、暗号通貨市場で見られている下落相場は今後18ヶ月間に渡って続き、ビットコイン(Bitcoin/BTC)の価格は2,000ドル(約226,000円)にまで下落する可能性があると語っています。

こちらから読む:弱気市場はいつまで続くのか「価格下落」関連の記事一覧

価格予想が徐々に弱気に|アーサー・ヘイズ

bitmex-ceo

Arthur Hayes(アーサー・ヘイズ)氏は、今年の5月の時点ではビットコイン価格は2018年末までに約5万ドル(約550万円)に達するとの予測を語っており、強気な立場をとっていました。

同氏はその当時から『3,000〜5,000ドル(約33〜55万円)の範囲で底をつくことは間違いない』と語っており、今年7月には価格が大幅に下落した後に再び大きく回復するため『大きなボラティリティに期待すべき』だと語っていました。

しかしながら実際にはその後も大きな価格変動は見られておらず、価格も70万円前後での推移を続けています。このように長期的に継続している弱気市場を受けたヘイズ氏は、過去の予想をさらに切り下げています。

BTC価格下落の開始時期

ヘイズ氏は、ビットコインの市場における新たな弱気市場は、BTC価格が200日移動平均線を(DMA)を下回った時に始まると予想しています。

同氏はこれまでにも200日移動平均線を大幅に下回ってきた歴史があることを考慮した上で、今後もさらにビットコイン価格の下落が続くと予想しており、約18ヶ月間に渡って下落が続いた後に2,000ドル(約226,000円)にまで価格が下がる可能性があると予想しています。

このように語るヘイズ氏は、自身が2,000〜3,000ドル(約22万〜34万円)が買い時だと考えていることも明かしており、ボラティリティが落ち込んでいる状態がこのまま続くのであれば、価格も緩やかに下落すると予想しています。

(画像:BitMEX)(画像:BitMEX)

200日移動平均線の重要性

200日移動平均線を元に予想を立てているのはヘイズ氏だけではありません。ビットコインやイーサリアムなどの仮想通貨に強気関する強気な予想を数多く語っていることでも知られているThomas Lee(トーマス・リー)氏は最近行われたインタビューの中で、200日移動平均線を越えることができればビットコインの価格は80%の確率で上昇し、2018年末までに2万ドル(約223万円)を超える可能性もあると語っています。

リー氏はビットコイン価格を予想する上で重要となるのは「200日移動平均線」だと語っています。予想の内容には違いがあるものの、ヘイズ氏とリー氏は共に200日移動平均線に焦点を当ててビットコインの価格を予想しています。

ビットコイン価格がこれからどちらに傾くかを予想するのは難しいですが、多くの著名投資家たちは「200日移動平均線」を基準にビットコインの将来を予想しているようです。

ビットコイン(Bitcoin/BTC)の価格|2018年11月4日

ビットコイン(Bitcoin/BTC)の価格は、65万〜70万円台でのサポートを維持して横ばいの状態が続いており、ボラティリティも小さくなってきています。2018年11月4日時点でのビットコイン価格は「1BTC=約72万円」となっています。

BTC/JPYの長期的なチャート(引用:bitbank)BTC/JPYの長期的なチャート(引用:bitbank)

ビットコイン(BTC)の購入は、セキュリティ面でも安心できる仮想通貨取引所bitbank(ビットバンク)からどうぞ。

仮想通貨取引所 bitbank の画像 仮想通貨取引所bitbankの登録ページはこちら

bitbankの登録方法はこちらで詳しく解説しています

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

シンガポール大手銀行:暗号資産取引所「DBSデジタル取引所」設立を公式発表

シンガポール大手銀行:暗号資産取引所「DBSデジタル取引所」設立を公式発表

ビットコインが稼げるバトルロワイヤルゲーム「Lightnite」登場:Satoshis Games

ビットコインが稼げるバトルロワイヤルゲーム「Lightnite」登場:Satoshis Games

Libra発表が好材料に?リップル(XRP)の契約数が「史上最多」を記録

Libra発表が好材料に?リップル(XRP)の契約数が「史上最多」を記録

ビットコインの時価総額が各国の現金と比べて第6位にランクインした

ビットコインの時価総額が各国の現金と比べて第6位にランクインした

ビットコイン女子が増加傾向、1年間で「3倍」に|暗号業界の管理職でも活躍

ビットコイン女子が増加傾向、1年間で「3倍」に|暗号業界の管理職でも活躍

ふるさと本舗 × bitFlyer「ふるさと納税でビットコインがもらえる」キャンペーン開催

ふるさと本舗 × bitFlyer「ふるさと納税でビットコインがもらえる」キャンペーン開催

注目度の高い仮想通貨ニュース

SIX Digital Exchange「デジタル資産の取引所・カストディ運営ライセンス」を取得

SIX Digital Exchange「デジタル資産の取引所・カストディ運営ライセンス」を取得

Mastercard:仮想通貨・ブロックチェーン分析企業「CipherTrace」買収へ

Mastercard:仮想通貨・ブロックチェーン分析企業「CipherTrace」買収へ

暗号資産取次所SEBC「Cardano(ADA)」と「Symbol(XYM)」取り扱いへ

暗号資産取次所SEBC「Cardano(ADA)」と「Symbol(XYM)」取り扱いへ

米大手証券会社「Interactive Brokers」暗号資産4銘柄の取引サービス開始

米大手証券会社「Interactive Brokers」暗号資産4銘柄の取引サービス開始

Google「Dapper Labs」と提携|Flowブロックチェーンの成長をサポート

Google「Dapper Labs」と提携|Flowブロックチェーンの成長をサポート

分散型音楽配信のAudius「TikTok」と提携|AUDIO価格は100%以上高騰

分散型音楽配信のAudius「TikTok」と提携|AUDIO価格は100%以上高騰

Enjin:ソーシャルネットワーク「Blockster」と協力|NFTを最大40万人に無料配布

Enjin:ソーシャルネットワーク「Blockster」と協力|NFTを最大40万人に無料配布

ソーシャル検索プラットフォーム「ソクシル」公開|ブロックチェーン用いた還元機能も検討

ソーシャル検索プラットフォーム「ソクシル」公開|ブロックチェーン用いた還元機能も検討

ディーカレットのスマホで本人確認(eKYC)「5種類の本人確認書類」が利用可能に

ディーカレットのスマホで本人確認(eKYC)「5種類の本人確認書類」が利用可能に

MicroStrategy:ビットコイン「267億円相当」を追加購入

MicroStrategy:ビットコイン「267億円相当」を追加購入

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2021年9月5日〜11日

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2021年9月5日〜11日

英郵便局のデジタルIDで「暗号資産との交換券」が購入可能に:Swarm Markets

英郵便局のデジタルIDで「暗号資産との交換券」が購入可能に:Swarm Markets

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産取引所「Bitgate(ビットゲート)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産取引所「Bitgate(ビットゲート)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーケービー(OKB)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーケービー(OKB)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す