ビットコインゴールドがもらえる取引所「配布条件について解説」

by BITTIMES

ビットコインゴールドのハードフォークが 10月25日に行われるまであと一週間を切りました。
ビットコインキャッシュのハードフォークが成功したことで、今回のハードフォークもユーザー間で期待感が高まっています。
前回は、ハードフォーク時に保有していたビットコインと同数のビットコインキャッシュが配布され、一気に資産を増やした保有者も多いと思います。
今回も同様の現象が起きることが予測されますので、配布条件や対応する取引所情報をシェアしていきたいと思います。

ビットコインゴールドがもらえる取引所・ウォレット

ビットコインゴールドをもらうためには、
・ハードフォクが行われる瞬間に
・ビットコインゴールドの取り扱い(配布)を発表している取引所、もしくはハードウォレットで、
・ビットコインを保有していること
の以上が条件を満たす必要があります。
ここでは、現在公式アナウンスで、対応している取引所・ウォレット企業の一覧をご紹介していきたいと思います。
ビットコインゴールド対応をアナウンスしている取引所
HitBTC
BitStar
Beatcoin
Yobit
ビットコインゴールド対応をアナウンスしているウォレット
Guarda
取引所「HitBTC(ヒットビーティーシー)」の取り扱いアナウンスが WEB 上でも最も知られています。
日本の取引所では、日本仮想通貨事業者協会( JCBA )が、

「ビットコインゴールドの取り扱いについては、各取引所の判断にまかせる。」

という方針を固めました。
今回の JCBA の決定について、金融庁から異論は出なかったとしていることから、ビットコインキャッシュの時と同様に、近々各取引所から公式のアナウンスがあると思われます。
ビットコインゴールドの受け取り方については、数日中に取引所からメールがくると思いますので、しばらく待ちましょう。
ただ、取引所によっては「取り扱わない」という判断を下す可能性もあるので、まだ取引所アカウントを持っていない方も、登録している取引所が 1社のみの方もこれを機にアカウントを複数作っておくことをお勧めいたします。
取引所
>> 日本最大の取引所「 bitFlyer(ビットフライヤー)」の登録はこちら
>> 希少なトークン取り扱いを行う取引所「 Zaif(ザイフ)」の登録はこちら
>> 日本最多のアルトコイン取り扱い取引所「 coincheck(コインチェック)」の登録はこちら
 
※10/19「 coincheck 」より公式アナウンスがありました。
coincheck は、今回のビットコインゴールドに関しては、正式に
「取り扱う」方針をアナウンスしています。
なお coincheck からの公式アナウンスは下記にまとめています。

このたびのBitcoin Goldに係る分岐に際し、CoincheckではBitcoin Goldの付与を行う予定です。しかしながら、以下のような事象が発生し、弊社にてお客様の資産の保護が困難と判断される場合やサービスの安定した提供が困難と判断される場合においては、Bitcoin Goldの付与を行わない可能性がございます。
・Replay attackに対する対策が不十分であると確認された場合
・マイナーが十分に集まらず、ブロックが安定的に生成されない場合
・何らかの脆弱性が発覚しそれに対する対策が行われない場合
・その他、弊社において付与等の取り扱いが不適切と判断される場合

Bitcoin Goldの付与日時について
弊社にてBitcoin Goldの安全性・安定性の確認後、付与を予定しておりますので、現時点で付与の日時は未定となります。ご了承くださいますよう、宜しくお願い申し上げます。

 
※10/20「 Zaif 」より公式アナウンスがありました。
Zaif は、今回のビットコインゴールドに関しては、正式に
「取り扱わない」方針をアナウンスしています。
なお Zaif からの公式アナウンスは下記にまとめています。

下記の可能性があるため現時点ではBTGの付与・入出金・取引は行わないと判断いたしました。
・リプレイ攻撃に対する保護、対策が不十分である可能性がある
・マイナーが十分に集まらずにブロックが継続的かつ安定的に生成されない可能性がある
・何らかの脆弱性があり、お客様資産の保全が確実ではない可能性がある
また、弊社では付与の如何にかかわらず、分岐時点とされる491407block時点(2017年10月25日前後)でのお客様のビットコイン(BTC)残高のスナップショットを保持します。
Zaifが保管以外の目的でBTGを移動(※1)したり処分して他通貨に交換するようなことはありません。
※1:BTGのリプレイアタック対策が不十分なことに起因する、こちらで意図しない移動についてはこの限りではありません。
今後のBTGにおける対応について
弊社ではBTGに限らず仮想通貨の取り扱いにおいて、お客様資産の保全、市場環境、継続的運営、セキュリティ等の観点を考慮して取り扱い可否の判断をしております。
ただし、前述の懸念される可能性がすべて解消された場合において、他通貨と同様に弊社の判断でBTGの取り扱いの検討を行う予定です。
前述のスナップショットに基づきお客様へBTGの付与を行います。

※10/21「 bitFlyer 」より公式アナウンスがありました。
bitFlyer は、今回のビットコインゴールドに関しては、正式に
「取り扱う」方針をアナウンスしています。
なお bitFlyer からの公式アナウンスは下記にまとめています。

・当社は、BTG 分岐前にお客様が bitFlyer アカウントで保有されていたビットコイン現物の数量と同量の BTG をお客様に付与します。 BTG 分岐が恒久的であり、お客様の資産保護等の観点においても問題が無いと当社が判断した場合、お客様はビットコイン、及び BTG 両方の資産を持つことになります。
・BTG の付与に伴い、BTG の売買サービス、お預入・ご送付サービスの提供を開始する予定です。
・BTG 分岐前後においてサービスの停止は予定しておりません。全てのサービスが通常通りご利用いただけます。
【当社対応スケジュール】
日時(日本時間)
対応(予定)
10 月 25 日 21:00 頃(予定)
【数量決定】
この時点でお客様がbitFlyerアカウントで保有しているビ ットコイン現物の数量に応じて付与されるBTG の数量が決まります。
未定(11 月 1 日以降)
【BTG の付与、売買サービスの提供開始】
11 月 1 日(予定)の BTG ブロックチェーン稼動後、BTG 分岐が恒久的であり、お客様の資産保護等の観点においても問題が無いと当社が判断した場合に限り、お客様に BTG の付与、及び BTG の売買サービスの提供を開始します。
未定(分岐後の BTG チェーンの動向をみて判断します。)
【BTG のお預入・ご送付サービスの提供開始】
BTG 分岐後の BTG ブロックチェーンの動向をみて、BTG のお預入・ご送付サービスの提供を開始します。
【Bitcoin Gold(BTG)について】
BTG はビットコインのブロックチェーン(Bitcoin Core)において491,407 ブロック(2017 年 10 月 25 日頃)で発生するハードフォークにより誕生する予定のアルトコインです。香港のマイニング企業等により主導されています。BTG のブロックチェーンの稼動は2017 年 11 月 1 日以降が予定されております。2017 年 10 月 21 日時点において BTG は未だ開発中です。BTG の主な特徴として下記が挙げられます。
・Bitcoin Cash で用いられた SIGHASH_FORKID によるリプレイアタックに向けた対策が計画されています。
・BTG のブロックチェーンにはプレマインが含まれます。プレマインとはブロックチェーンにおける非公開環境でのマイニングを指します。新規発行コインの公平な分配が行われず主導者や開発者等が利益を独占する可能性があります。
・BTG は Equihash PoW への移行が計画されています。Equihash PoW は、SHA256 を利用したビットコインの PoW アルゴリズムとは異なり、メモリ指向型の PoW アルゴリズムであるため RAM の保有量がハッシュパワーを制限し ASIC によるマイニングに対して耐性があります。
BTG は 2017 年 10 月 21 日時点においてリプレイアタックに向けた対策は未実装、Equihash PoW への移行は未完了、BTG 分岐及び BTG のブロックチェーンの稼動スケジュールは未確定、ブロックが安定的に生成されるか不明の状況です。
上記に鑑み当社としては BTG 分岐時点でのお客様への BTG の付与を決定しておりません。BTG 分岐が恒久的であり、お客様の資産保護等の観点においても問題が無いと当社が判断した場合に限り、お客様に BTG の付与、及び BTG の売買・お預入・ご送付サービスの提供を開始します。

ビットコインの高騰が起きるかもしれない

当然ですが、市場の流れとしてビットコインゴールド配布前後で、一時的にビットコインが高騰する可能性があります。
その理由としては、配布のために一時的にビットコインの買いが集中することと、ビットコインゴールド誕生後に、「ビットコインゴールドを売って、ビットコインを買い戻す」動きが活発になる可能性があるからです。
この流れをしっかりと理解した上で、ビットコインとビットコインゴールドを売り買いしてください。
先日のビットコインキャッシュでも、この動きが確認できましたので、ビットコインゴールドでもほぼ同じ動きが出る可能性が高いと判断して良いでしょう。
関連記事はこちら
>>「ビットコインゴールドとは?新しい通貨の誕生
>>「ビットコインは増えすぎた?4種類のビットコインについて
 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

韓国は仮想通貨大国になれるのか?2020年キャッシュレス化計画

韓国は仮想通貨大国になれるのか?2020年キャッシュレス化計画

仮想通貨ニュース週間まとめ|5月13日〜19日

仮想通貨ニュース週間まとめ|5月13日〜19日

仮想通貨取引のルール強化!インサイダー規制に続き業務改善命令も

仮想通貨取引のルール強化!インサイダー規制に続き業務改善命令も

歴史上最大!仮想通貨のイベント「Blockchain World Conference」

歴史上最大!仮想通貨のイベント「Blockchain World Conference」

ぺぺキャッシュ(PEPECASH)高騰の理由とは?「2時間で8倍に爆上げ」

ぺぺキャッシュ(PEPECASH)高騰の理由とは?「2時間で8倍に爆上げ」

ビットバンク(bitbank)が顧客資産の運用体制について公表

ビットバンク(bitbank)が顧客資産の運用体制について公表

注目度の高い仮想通貨ニュース

Ethereum Classicムーン間近か?coinbaseへの上場が早まるとの見解も

Ethereum Classicムーン間近か?coinbaseへの上場が早まるとの見解も

ソロモン氏がGoldmanSachsの次期CEOに就任|仮想通貨市場の動きは?

ソロモン氏がGoldmanSachsの次期CEOに就任|仮想通貨市場の動きは?

リップルのCEOがビットコインを攻撃する理由

リップルのCEOがビットコインを攻撃する理由

BINANCEが被災地へ5,000万円相当の寄付を正式発表|西日本豪雨災害

BINANCEが被災地へ5,000万円相当の寄付を正式発表|西日本豪雨災害

発足後2ヶ月で仮想通貨協会の副会長2名が辞任|これまでの経緯と今後の影響は?

発足後2ヶ月で仮想通貨協会の副会長2名が辞任|これまでの経緯と今後の影響は?

エンドール・プロトコル(EDR)がKuCoinに上場

エンドール・プロトコル(EDR)がKuCoinに上場

KuCoin(クーコイン)が日本向けサービスの終了を発表

KuCoin(クーコイン)が日本向けサービスの終了を発表

Blockchainで知的財産権保護|Baidu「Totem」詳細情報公開が迫る

Blockchainで知的財産権保護|Baidu「Totem」詳細情報公開が迫る

仮想通貨×サッカーまとめ|ブロックチェーンに魅了される選手たち

仮想通貨×サッカーまとめ|ブロックチェーンに魅了される選手たち

カルティエの親会社「Richemont」ブロックチェーンでダイヤを追跡

カルティエの親会社「Richemont」ブロックチェーンでダイヤを追跡

スイス証券取引所が仮想通貨取引所を設立|金融市場の新時代へ

スイス証券取引所が仮想通貨取引所を設立|金融市場の新時代へ

Ganapatiグループ、オンラインカジノで直接ベット可能な「G8Cトークン」を発行するICOを実施|7月7日発表

Ganapatiグループ、オンラインカジノで直接ベット可能な「G8Cトークン」を発行するICOを実施|7月7日発表

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

人気のタグから探す

人気のタグから探す