「ビットコインは増えすぎた!」存在する4つのビットコインについて解説

by BITTIMES

ビットコイン(BTC)に始まり、8月にハードフォークした「ビットコインキャッシュ(BCH, BCC)」、11月にハードフォーク予定の「ビットコイン2x(仮称)」に、更に 10月25日には「ビットコインゴールド(BCG)」が誕生する予定です。
それぞれのビットコインには違いはありますが、少々増えすぎ感は否めません。
特に最近ビットコインを購入したような初心者にとって、ここまで増えてしまったビットコインの区別をすることは非常に困難です。
そもそも、ここまで同じ「ビットコイン」の名がつくコンを増やす意味があるのか?なぜここまで増えてしまったのか?などの疑問も出てくると思います。
現在のビットコインの状況は、初心者にとっては理解不可能な状態だと感じましたので、
今回はそんな混乱を極める「 4つのビットコイン」が誕生した理由やそれぞれの特徴について、比較するレポートにしていきます。
今回の記事は「ブロックチェーン」への知識が必須です。よく分からない場合は下記の記事を読んでから読み進めることをお勧めします。
→「ブロックチェーンの仕組みを始めから丁寧に

ビットコインがいくつも存在する理由

そもそも「ビットコイン」という名前はついていますが、それぞれ「全く別の通貨」です。
ビットコインをはじめとした暗号通貨は、「システムのルール」で動いていますので、「システムの変更」が行われるとそれは「全く別の通貨」になってしまいます。
ビットコインキャッシュやビットコインゴールドは、ビットコインが抱える問題解決のために、このシステムのルールを変更したので、全く別の通貨となります。
そして、根本的なシステムの変換をすることを「ハードフォーク」と言い、システムのアップグレード、少しの仕様変更を「ソフトフォーク」と言います。(かなりざっくりと説明しています。)
現在のビットコインは、ソフトフォークを続けたもので、改良を重ねた結果、現在のビットコインシステムに成長してきました。
そして、最近誕生した、ビットコインキャッシュはハードフォークで根本的なシステム変換を行なった、「まったく別の通貨」です。

4つのビットコインの特徴

以上を踏まえて、現状存在する(これから誕生する)各ビットコインの特徴をまとめていきたいと思います。

ビットコイン

私たちが普段「ビットコインと呼んでいる通貨」です。
ブロックサイズは「 1MB 」で運用されており、運営に関して中心的な動きは「ビットコインコア」が行なっています。マイニングには「 ASIC(エーシック)」と呼ばれる専用の集積回路、チップが必要です。
( ASICは、パソコンに使用されている CPUやGPU よりも計算速度が速い集積回路)
ブロックサイズが小さいために、取引遅延や手数料の高騰など、問題が多数出てきました。
この解消方法を巡って、数年間にわたり議論を行ってきましたが、未だ具体的な解決方法の実現ができていません。
この状態に我慢できなくなった派閥が、以後新しいビットコイン(アルトコイン)を生み出します。

ビットコインキャッシュ(BCH, BCC)

今年の 8月にハードフォークにより、誕生した通貨です。
ビットコインキャッシュとビットコインの大きな違いは、ブロックサイズが「 8MB 」まで拡張できることです。
「ブロックサイズが大きければ多くの取引を処理できる。」というシンプルな運営方法で、先ほどのブロックサイズ問題を解決しています。
このような思想を持った派閥のことを「ビックブロック派」と言います。

ビットコイン2x(Segwit 2x)

ビットコイン2xは仮称ですが、Segwit 2xによって誕生した通貨のことを指します。
ブロックサイズ問題を解決するために誕生した「 Segwit 」ですが、計画がなかなか実行されないために「とりあえず」の対策として誕生したのが「 Segwit 2x 」です。
11月にハードフォークする予定のビットコインで、ブロックサイズは「 2MB 」です。
ただし、現状も技術面の不完全さから、ビットコインコアと対立をしています。

ビットコインゴールド(BCG)

突如、10月25日にハードフォークすると発表したビットコインで、通常のビットコインとの大きな違いは、「 GPUマイニング」が可能になったことでしょう。
先ほどビットコインのマイニングには「 ASIC 」が必要だとお伝えしましたが、ビットコインゴールドのマイニングは「 GPU 」で行えます。
ASIC は一般的なパソコンには使われていませんが、GPUなら私たちのパソコンにも使われています。
つまり、「マイニングの一般化」が可能になるということです。
マイニング市場は、現在大手マイニングファームが「総勝ち」している状態で、寡占化が進んでいるので、この動きは非常に民主的だと言えますね。
以上が、現在存在している(これから誕生する)ビットコインです。
どの通貨にも一長一短がありますが、どのビットコインがより良いのかは最終的にはユーザーが判断することですので、今後、価格などを含めどのような動きになるのか全くの予測ができませんね。
ただ、「ビットコインの根本思想」に照らし合わせて運用をしていけば、どのコインも大きく道を外すことはないと思いまいす。
それぞれが、より良いコインになることを願います。
重要記事
→「ビットコインとは?を思想から学べば何も怖くない

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

BitfuryがSegWitブロックのマイニングをスタートさせる

BitfuryがSegWitブロックのマイニングをスタートさせる

コインチェックがアクセス制限、1BTC=100万円の表記も

コインチェックがアクセス制限、1BTC=100万円の表記も

Amazonの「ビットコイン決済開始日決定・導入開始」噂の真相

Amazonの「ビットコイン決済開始日決定・導入開始」噂の真相

日本の仮想通貨取引所が一気に「50社」増える可能性も?

日本の仮想通貨取引所が一気に「50社」増える可能性も?

ビットコインがワールドカップで活気づく?ロシアの内部事情とは

ビットコインがワールドカップで活気づく?ロシアの内部事情とは

BitMEXのCEO「ビットコイン価格は2018年末までに550万円になる」

BitMEXのCEO「ビットコイン価格は2018年末までに550万円になる」

注目度の高い仮想通貨ニュース

甲子園をブロックチェーンでもっと楽しく「Zacpot」で試合結果を予想しよう

甲子園をブロックチェーンでもっと楽しく「Zacpot」で試合結果を予想しよう

SIRIN LABS:Messi(メッシ)氏が出演する「FINNEY」CMメイキング映像を公開

SIRIN LABS:Messi(メッシ)氏が出演する「FINNEY」CMメイキング映像を公開

欧州サッカー連盟(UEFA):ブロックチェーンを活用したチケット販売システムを導入

欧州サッカー連盟(UEFA):ブロックチェーンを活用したチケット販売システムを導入

ブロックチェーン美容プラットフォーム「COSMOCHAIN」に大規模投資|韓国カカオ

ブロックチェーン美容プラットフォーム「COSMOCHAIN」に大規模投資|韓国カカオ

CARDANO SL 1.3リリース|Daedalus Walletもさらに高速化

CARDANO SL 1.3リリース|Daedalus Walletもさらに高速化

マクドナルド:MacCoin(マックコイン)を配布|ビックマック50周年記念

マクドナルド:MacCoin(マックコイン)を配布|ビックマック50周年記念

米大統領選で仮想通貨による活動資金の寄付を受け入れ:アンドリュー・ヤン

米大統領選で仮想通貨による活動資金の寄付を受け入れ:アンドリュー・ヤン

ブロックチェーンが保証するダイヤモンドの品質|原産国などの流通プロセスが追跡可能に

ブロックチェーンが保証するダイヤモンドの品質|原産国などの流通プロセスが追跡可能に

全米最強の投資家ビル・ミラー「アルトコインのほとんどは無価値である」

全米最強の投資家ビル・ミラー「アルトコインのほとんどは無価値である」

タイ証券取引委員会:仮想通貨関連企業7社の業務継続を許可

タイ証券取引委員会:仮想通貨関連企業7社の業務継続を許可

仮想通貨ATMの導入が止まらない!2018年内には5,000台を突破

仮想通貨ATMの導入が止まらない!2018年内には5,000台を突破

MLBPA:イーサリアムのブロックチェーンで野球選手のトークンサービスを開始

MLBPA:イーサリアムのブロックチェーンで野球選手のトークンサービスを開始

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

人気のタグから探す

人気のタグから探す