CARDANO財団の「資金問題」解決に糸口|マイケル・パーソンズ会長辞任へ

by BITTIMES   

カルダノ財団の資金を私的に利用していることや取締役会としての責務を果たしていないことなどの問題点に対して以前から指摘を受けていた「Cardano Foundation」の会長Michael Parsons(マイケル・パーソンズ)氏が辞任したことが明らかになりました。これに伴い新たに再編される予定となっている理事会メンバーには注目が集まっています。

こちらから読む:会長が辞任した「カルダノ財団」とは?CARDANOプロジェクト基礎知識

カルダノ財団「マイケル・パーソンズ氏」とは?

cardano

CARDANOテクノロジーの規格化、発展、保護に取り組んでいる「カルダノ財団(Cardano Foundation)」で会長を務めていたMichael Parsons(マイケル・パーソンズ)氏は、以前から「財団の資金を自分自身のために使用している疑い」や「仕事の一部を果たしていない」と行った複数の指摘を受けており、カルダノプロジェクトに取り組んでいる「IOHK」と「EMURGO」は同氏が辞任することを求めていました。

IOHKの公式サイトに掲載された書面には「カルダノ財団のパフォーマンスの欠如」と題して、
財政的透明性の欠如
完全で多様な財団評議会の欠如
財団の運営における透明性の欠如
などといった「カルダノ財団」に関する数多くの問題点が綴られており、カルダノプロジェクトを支える重要な組織の一つである「カルダノ財団」の会長が適切な仕事を行なっていないという報道は、カルダノコミュニティにも不安を与え、今後の具体的な動きには注目が集まっていました。

新会長には「パスカル・シュミット氏」が暫定的に就任

2018年11月13日にカルダノ財団は、マイケル・パーソンズ氏が辞任したことを発表しました。また今回の発表では、パーソンズ氏の辞任に伴い暫定的に理事会メンバーであるPascal Schmidt(パスカル・シュミット)氏が会長に就任したことも発表されています。

スイス出身であるパスカル・シュミット氏は、ビジネス、経済学においてヨーロッパでもトップレベルの大学と言われる「ザンクトガレン大学(University of St.Gallen)」を卒業しており、財務や経理の専門家として長い経験を積んできたと伝えられています。

またカルダノ財団は、今回の公式発表の中で迅速に財団理事会に適切な人材を補充できるよう務めていると報告しています。

CARDANO「捕虜時代」の終焉

カルダノエイダコイン(CARDANO/ADA)の生みの親として知られるCharles Hoskinson(チャールズ・ホスキンソン)氏は、今回の発表を自身のTwitter上で次のように報告しています。

CARDANOがバビロニア(*1)の捕虜である時代は終わりました。
(*1)バビロニア:現在のイラク周辺で古代に栄えた広い地域または帝国。奴隷制度なども有名であることから現代でも度々比喩として使われる。

ホスキンソン氏をはじめとするCARDANOプロジェクトのメンバーは、真の分散型社会を実現するための取り組みを続けてきており、最近では第三者の開発者を拡大するためのオープンソースプロジェクトである「Cardano Rust Project」も開始されています。

中央集権的であったとされる「カルダノ財団」が解放されたことによって、これまで不当に利用されていた可能性のある財団の資金も適切に活用していくことが可能になり、CARDANOプロジェクトもより効率的にプロジェクトを拡大していけるようになると期待されます。暫定的ではあるものの新たに任命されたパスカル氏やこれから正式に決定されるカルダノ財団理事会メンバーにも注目が集まります。

カルダノエイダコイン(CARDANO/ADA)の価格|2018年11月14日

カルダノエイダコイン(CARDANO/ADA)の価格は今月7日に10円近くまで上昇したものの、その後はやや下落しており、2018年11月14日の時点では「1ADA=約8.33円」となっています。

2018年11月14日 ADAのチャート(引用:coingecko.com)2018年11月14日 ADAのチャート(引用:coingecko.com)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

タバコ小売店「3,000店舗以上」でビットコイン(BTC)販売へ:フランス

タバコ小売店「3,000店舗以上」でビットコイン(BTC)販売へ:フランス

Blockchains LLC:ネバダ砂漠「スマートシティ化」計画|イノベーションパーク構築へ

Blockchains LLC:ネバダ砂漠「スマートシティ化」計画|イノベーションパーク構築へ

自殺的な中国人民銀行ビットコイン規制の将来

自殺的な中国人民銀行ビットコイン規制の将来

バハマ:中央銀行デジタル通貨(CBDC)の「試験導入」を開始

バハマ:中央銀行デジタル通貨(CBDC)の「試験導入」を開始

金融機関の仮想通貨への関心高まる|2018年内にも急増か?

金融機関の仮想通貨への関心高まる|2018年内にも急増か?

Chiliz&Socios「インテル・ミラノ」と提携|$INTERファントークン発行へ

Chiliz&Socios「インテル・ミラノ」と提携|$INTERファントークン発行へ

注目度の高い仮想通貨ニュース

【Chiliz&Socios】強豪eスポーツチーム「Team Vitality」のファントークン販売本日開始

【Chiliz&Socios】強豪eスポーツチーム「Team Vitality」のファントークン販売本日開始

NiziU所属の韓国大手芸能事務所「NFT事業」参入へ|暗号資産取引所運営会社と提携

NiziU所属の韓国大手芸能事務所「NFT事業」参入へ|暗号資産取引所運営会社と提携

グレースケール:暗号資産投資信託に「カルダノ(Cardano/ADA)」追加

グレースケール:暗号資産投資信託に「カルダノ(Cardano/ADA)」追加

Zaif:最大3,000円相当のCICCがもらえる「新規口座開設・入金・取引キャンペーン」開始

Zaif:最大3,000円相当のCICCがもらえる「新規口座開設・入金・取引キャンペーン」開始

コインチェック:サッカー選手の公式NFTカードを発行する「Sorare」と連携

コインチェック:サッカー選手の公式NFTカードを発行する「Sorare」と連携

USDC発行企業「Circle」SPAC合併でニューヨーク証券取引所(NYSE)上場へ

USDC発行企業「Circle」SPAC合併でニューヨーク証券取引所(NYSE)上場へ

Asics(アシックス)アバターにも利用できる「NFTシューズ」オークション販売へ

Asics(アシックス)アバターにも利用できる「NFTシューズ」オークション販売へ

IOST基盤のNFTマーケットプレイス「Revival」公開|簡単4ステップでNFT作成も可能

IOST基盤のNFTマーケットプレイス「Revival」公開|簡単4ステップでNFT作成も可能

【Dali】ブランド品と交換可能なNFTが当たる「サービス公開記念キャンペーン」開始

【Dali】ブランド品と交換可能なNFTが当たる「サービス公開記念キャンペーン」開始

「NFP」プラットフォームのRarepornが9月にICOを実施|プライベートセールでVC等から約5.5億円の資金調達に成功

「NFP」プラットフォームのRarepornが9月にICOを実施|プライベートセールでVC等から約5.5億円の資金調達に成功

ブラジル証券取引委員会:ラテンアメリカ初のイーサリアムETF「QETH11」を承認

ブラジル証券取引委員会:ラテンアメリカ初のイーサリアムETF「QETH11」を承認

米ワイオミング州:自律分散型組織「American CryptoFed DAO」を法人として初認定

米ワイオミング州:自律分散型組織「American CryptoFed DAO」を法人として初認定

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーケービー(OKB)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーケービー(OKB)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーエムジー(OMG Network/OMG)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーエムジー(OMG Network/OMG)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す