CARDANO:プロジェクト内部で分裂危機 ー 今後の進展に「カルダノ財団」は必要ない?

by BITTIMES   

カルダノプロジェクトが分裂するという報道が大きな話題となっています。カルダノエイダコイン(ADA)の開発者として知られるCharles Hoskinson(チャールズ・ホスキンソン)氏は、2018年10月12日に公開された動画の中で「Cardano Foundation(カルダノ財団)」の問題点について指摘し、IOHKの公式ホームページではEMURGO(エマーゴ)との共同声明が発表されています。

こちらから読む:3つの組織で構成される「CARDANO」プロジェクト

カルダノ財団で起きる「権力の集中化」

CARDANOプロジェクトで、主に技術開発を担当している「IOHK」でCEOを務めているCharles Hoskinson(チャールズ・ホスキンソン)氏は、カルダノプロジェクトの中で主に運営関係の役割を担っている「Cardano Foundation(カルダノ財団)」の問題点を指摘しています。

「権力の集中化」という問題は、現代社会の多くの場面で問題点として取り上げられており、多くの企業や団体にとって有害な存在であると言われていますが、ホスキンソン氏はこの「権力の集中化」がカルダノ財団で起きていると説明しています。

ホスキンソン氏は、YouTube上で12日に公開した動画の中で、『現在のカルダノ財団が徐々に集中化しつつある』ということを語っており、財団で会長を務めているMichael Parsons(マイケル・パーソンズ)氏が、カルダノプロジェクトの中核人物としての責任を果たしていないと指摘しています。

CARDANOプロジェクトの全体構造

cardano

カルダノエイダコイン(CARDANO/ADA)やそれを取り巻く様々な環境を構築している「CRADANOプロジェクト」には中核となる3つの組織が含まれており、それぞれの組織には以下のような責任が割り当てられています。

カルダノ財団(Cardano Foundation)

カルダノ財団(Cardano Foundation)は、スイスを拠点に「カルダノテクノロジー」の規格化、保護、発展に取り組んでいます。

先述したマイケル・パーソンズ氏が理事長を務めており、商標、規制関連の取り組み、ロビー活動、コミュニティ発展のための取り組みといった、行政的な内容を含む幅広い役割を担っています。

IOHK(Input Output HongKong)

IOHK(Input Output HongKong)は、イギリス・ロンドンを拠点にカルダノエイダコイン(ADA)のウォレットやブロックチェーンのアップデートといった技術開発を担っている組織です。

チャールズ・ホスキンソン氏がCEOを務めている「IOHK」は、カルダノエイダコイン(ADA)に関連する技術開発の中核となっている組織であり、3年前にCARDANOプロジェクトの開発チームとして特定のタスクを処理する契約を"期限付き"で結んでいます。

Emurgo(エマーゴ)

Emurgo(エマーゴ)は、日本を拠点にカルダノのエコシステムの発展に取り組んでいる組織です。

主に広報活動をメインに活動しているという印象が強いものの、実際には投資、ICOコンサルティング、開発者の育成などにも取り組んでおり、最近ではカルダノのライトウォレット「YOROI(ヨロイ)」をリリースしたことでも注目を集めています。代表取締役社長は日本人である児玉健氏が務めています。

カルダノ財団のパフォーマンスの欠如

riot

ホスキンソン氏は、EmurgoとIOHKは取り組むべき業務を果たしているものの、カルダノ財団は仕事の一部を行なっていないと指摘しており、『取締役会は中心としての責任と債務を果たしていない』と述べています。

同氏は、カルダノ財団が"徐々に集中化している"と指摘しており、数年前からそのような問題解決に取り組んできた結果、現在はパーソンズ氏を含む2人の理事会を縮小し、財団の業務を自分たちでこなせるように取り組んでいると説明しています。

IOHKが公開した公式の書面では『カルダノ財団は独立委員会が運営する独立法人であるため、議長を辞任させることはできない』と述べられており、『EmurgoとIOHKは、パーソンズ氏が自発的に辞任することを願っている』と説明されています。

公式書面には「カルダノ財団のパフォーマンスの欠如」と題して、
財団の運営における透明性の欠如
財政的透明性の欠如
完全で多様な財団評議会の欠如
といった「カルダノ財団」に関する数多くの問題点が綴られています。

これらの発表は「CARDANO財団とIOHK分裂」として海外でも大きな話題として取り上げられており、カルダノエイダコイン(ADA)の価格への影響なども不安視されています。今後もカルダノプロジェクトでの開発は継続されると説明されてはいるものの、プロジェクト全体としての不安定な状態に不安を抱く声も出ています。

プロジェクト成功に「CARDANO財団」は必要ない?

cardano

公式発表では『CardanoプロジェクトのためのIOHKとEmurgoの資金は完全に独立して確保されているため、カルダノ財団には関連づけられていない』と記されており、『カルダノの生態系内で権力を分断しようとする本来の目的は、一つの問題がプロジェクト全体を破壊しないようにすること』だと説明されています。

この文章の最後では、『カルダノプロジェクトの本当の強さは、卓越したコミュニティーから生まれている』と説明されており、CARDANOがプロジェクトとして成功するために「Cardano Foundation」は必要ないとされています。

また、カルダノプロジェクトを代表するスタッフは過去3年間で50カ国以上で活動を行なってきたとのことで、そのような国々の人々に「新しい金融オペレーティングシステム」を提供するために、今後もこの活動を続けていくと説明されています。

カルダノエイダコイン(CARDANO/ADA)の価格|2018年10月14日

カルダノエイダコイン(CARDANO/ADA)の価格への影響が懸念されてはいたものの、今のところは大きな影響は見られておらず、2018年10月14日の時点では「1ADA=約8.1円」となっています。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

暗号資産市場、次の「急成長ポイント」は?CARDANO創設者が注目する価格上昇の起爆剤

暗号資産市場、次の「急成長ポイント」は?CARDANO創設者が注目する価格上昇の起爆剤

カルダノエイダコイン(Cardano/ADA)がHuobi(フオビ)に上場

カルダノエイダコイン(Cardano/ADA)がHuobi(フオビ)に上場

Cardano(ADA)決済「対応店舗」一覧【仮想通貨が使えるお店】

Cardano(ADA)決済「対応店舗」一覧【仮想通貨が使えるお店】

カルダノ財団「南アフリカ」への技術導入に意欲|ブロックチェーン同盟SANBAを支持

カルダノ財団「南アフリカ」への技術導入に意欲|ブロックチェーン同盟SANBAを支持

Charles Hoskinson:人工知能(AI)を用いた未来予測プロジェクト「Endor」に参加

Charles Hoskinson:人工知能(AI)を用いた未来予測プロジェクト「Endor」に参加

CARDANO NEWS(カルダノニュース)月間まとめ|2018年9月

CARDANO NEWS(カルダノニュース)月間まとめ|2018年9月

注目度の高い仮想通貨ニュース

CoinBest(コインベスト)「暗号資産現物取引サービス」提供へ|販売所からスタート

CoinBest(コインベスト)「暗号資産現物取引サービス」提供へ|販売所からスタート

イギリスの暗号資産取引所「Exmo」でハッキング被害|BTC・ETH・XRPなどが流出

イギリスの暗号資産取引所「Exmo」でハッキング被害|BTC・ETH・XRPなどが流出

暗号資産取引所FTX:IPO前のCoinbase投資を可能にする「CBSE」提供開始

暗号資産取引所FTX:IPO前のCoinbase投資を可能にする「CBSE」提供開始

【Chiliz】PSG&JUVファントークン「100〜200%価格急騰」3つの主要取引所で取引開始

【Chiliz】PSG&JUVファントークン「100〜200%価格急騰」3つの主要取引所で取引開始

ブロックチェーンで蒸留酒の樽を売買・保有・管理「UniCask」提供へ:レシカ×JIS

ブロックチェーンで蒸留酒の樽を売買・保有・管理「UniCask」提供へ:レシカ×JIS

Ripple社「米SECの訴訟問題」で声明|米国含む世界中での運用・サポートを継続

Ripple社「米SECの訴訟問題」で声明|米国含む世界中での運用・サポートを継続

米大手投資企業Bitwise「全てのXRPポジション」を清算|リップル社訴訟問題受け

米大手投資企業Bitwise「全てのXRPポジション」を清算|リップル社訴訟問題受け

フィスココイン(FSCC)シンガポールの取引所「Finexbox」に上場|価格への影響は?

フィスココイン(FSCC)シンガポールの取引所「Finexbox」に上場|価格への影響は?

ブロックチェーン・AIで「自動車部品の供給」効率化へ:Hyundai Mobis

ブロックチェーン・AIで「自動車部品の供給」効率化へ:Hyundai Mobis

日本暗号資産市場:日本円デジタルコインの流通などに向け「約4,000万円」の資金調達

日本暗号資産市場:日本円デジタルコインの流通などに向け「約4,000万円」の資金調達

Huobi Japan:購入量と同量のBTCがもらえる「Go To ビットコインキャンペーン」開催

Huobi Japan:購入量と同量のBTCがもらえる「Go To ビットコインキャンペーン」開催

ビットコインのサイドチェーンプロジェクト「RSK(RIF)」がバイナンスに上場|数百万ユーザーがビットコインに基づくDeFiエコシステムへアクセス可能に

ビットコインのサイドチェーンプロジェクト「RSK(RIF)」がバイナンスに上場|数百万ユーザーがビットコインに基づくDeFiエコシステムへアクセス可能に

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「ポルカドット(Polkadot/DOT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ポルカドット(Polkadot/DOT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ステラ(Stellar/XLM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ステラ(Stellar/XLM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ステーブルコインとは?「種類・特徴・違い」などを初心者向けにわかりやすく解説

ステーブルコインとは?「種類・特徴・違い」などを初心者向けにわかりやすく解説

日本国内取引所「XRP関連サービス一時停止」に関する発表まとめ【随時更新】

日本国内取引所「XRP関連サービス一時停止」に関する発表まとめ【随時更新】

暗号資産「テザー(Tether/USDT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「テザー(Tether/USDT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「テゾス(Tezos/XTZ)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「テゾス(Tezos/XTZ)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す