Bitcoin SV:CoinMarketCapデビュー|リスト後わずか2時間で「7位」獲得

by BITTIMES   

ビットコインキャッシュ(BCH)のハードフォークによって誕生した「ビットコイン・サトシ・ヴィジョン(BitcoinSV/BSV)」は、仮想通貨の時価総額やランキング、価格推移などの一覧表示する主流サイト「CoinMarketCap」にリストされ、登場後わずか2時間以内に7位の地位を獲得しています。

こちらから読む:ハードフォーク以降も開発が進む「ビットコインキャッシュ」関連ニュース

ビットコイン・サトシ・ヴィジョン(BitcoinSV/BSV)とは

BitcoinSV

ビットコイン・サトシ・ヴィジョン(BitcoinSV/BSV)は、「自称サトシ・ナカモト」として知られるCraig Steven Wright(クレイグ・スティーブン・ライト)氏や彼の会社「nChain」にサポートされている仮想通貨です。

この仮想通貨は、名前の通り「ビットコイン(Bitcoin/BTC)」の開発者であるサトシ・ナカモトの意思を反映した仮想通貨として運営されており、ビットコインの改良が進むにつれて徐々に変更が加えられてきた根本的な思想を本来のものへと回帰させ、サトシ・ナカモトのビジョンを反映する「本物のビットコイン」として機能することなどを主な目的としています。

クレイグ・ライト氏の主な目標の1つは分裂しないことでした。特に彼は自分自身のネットワークに分裂したいとは思っておらず、その代わりにネットワーク上で最もよく使用されるものにしたいと考えていました。ライト氏はハードフォーク以前から対立していた「BitcoinABC」側の人々に対して激しい批判を浴びせていましたが、仮想通貨取引所やウォレットプロバイダーの多くは「BitcoinABC」に従うことを発表しています。

BCH「ハードフォーク問題」解決に糸口

war

ハードフォークに伴う問題点の一つとして、分裂した2つの仮想通貨の取引データを悪用することによって、片方の資産を不正に送金することができてしまう「リプレイアタック」と呼ばれる攻撃に対する対処がなされていないことが挙げられていました。

しかし、先日「リプレイプロテクション(リプレイアタック保護)」と呼ばれる対策が取られることが発表されています。これによって両方のブロックチェーンが共存することが発表され、両方のチェーンのユーザーエクスペリエンスが大幅に向上するとされています。

「BitcoinSV」派の中心人物の一人として知られる、CoinGeek社のCEO:Calvin Ayre(カルバン・アイレ)氏は、先日同社のブログでこのことを発表し、これまで「仮想通貨暴落の要因の一つ」として話題となっていたハッシュ戦争を終了すると語っています。

しかし「リプレイプロテクション」を導入するためには「BitcoinSV」側がビットコインのエコシステムと連携をとる必要がある為、具体的な日程は準備が整い次第発表する予定だとされています。今回の発表はあくまでも"宣言"であるため、これからどのようにこれらの取り組みが進行していくかによって、これらの戦いの結末が左右されることになると考えられます。

しかしながら今回のCoinGeek社からの発表によって、市場全体に不安を与えていたビットコインキャッシュのハードフォークに伴う問題は一歩解決に進んだと言えるでしょう。

時価総額ランキング7位|価格は「17%」上昇中

CoinMarketCapは、本日午前3時頃に「BitcoinSV(BSV)」をリストに追加しており、BSVの価格は過去24時間で「17.70%」ほど上昇しています。さらに時価総額ランキングではテザー(Tether/USDT)ライトコイン(Litecoin/LTC)をすでに抜いており、2018年11月27日時点では7位に位置付けられています。

2018年11月27日 CoinMarketCapの時価総額ランキング(引用:CoinMarketCap)2018年11月27日 CoinMarketCapの時価総額ランキング(引用:CoinMarketCap)

CoinMarketCapではすでに「BitcoinSV(BSV)」の公式サイトや取り扱っている仮想通貨取引所、ウェブサイトヴィジット、履歴データなどの様々な情報が公開されています。

クレイグ・ライト氏はここ最近で「BitcoinABC」だけでなく、イーサリアム(ETH)リップル(Ripple/XRP)も痛烈に批判しています。仮想通貨の種類が膨大な数になり、根本的な思想の面などに関する議論が増加してきている中で、本来の思想の重要性を強調している「BitcoinSV」の存在は、今後も仮想通貨業界を賑わすことになるでしょう。

Bitcoin SV(BSV)の公式サイトは以下のリンクからどうぞ
>Bitcoin SVの公式サイトはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

ビットコインキャッシュ(BCH)ハードフォークで高騰中

ビットコインキャッシュ(BCH)ハードフォークで高騰中

ロンドンの送金会社が仮想通貨取引サービスを新たに追加|TransferGo

ロンドンの送金会社が仮想通貨取引サービスを新たに追加|TransferGo

ビットコインゴールドがもらえる取引所「配布条件について解説」

ビットコインゴールドがもらえる取引所「配布条件について解説」

GMOコイン:暗号資産積立サービスの取扱い銘柄数「国内1位」を獲得

GMOコイン:暗号資産積立サービスの取扱い銘柄数「国内1位」を獲得

ライトコイン(Litecoin/LTC)一時3万円近くまで高騰

ライトコイン(Litecoin/LTC)一時3万円近くまで高騰

DMMビットコイン:XLM・BCH・LTCの「現物取引サービス」提供へ

DMMビットコイン:XLM・BCH・LTCの「現物取引サービス」提供へ

注目度の高い仮想通貨ニュース

BlastUPプレセール、投資ブームが最後の2週間に突入

BlastUPプレセール、投資ブームが最後の2週間に突入

チリーズ関連ファントークンが日本でも取引可能に?SBI × Chiliz「合弁会社」設立へ

チリーズ関連ファントークンが日本でも取引可能に?SBI × Chiliz「合弁会社」設立へ

「仮想通貨支持派ならドナルド・トランプに投票すべき」選挙演説で様々な支持発言

「仮想通貨支持派ならドナルド・トランプに投票すべき」選挙演説で様々な支持発言

バイナンスジャパン:日本円入金における「振込依頼人名の記載ミス」で注意喚起

バイナンスジャパン:日本円入金における「振込依頼人名の記載ミス」で注意喚起

仮想通貨が稼げるクイズ動画SNS「QAQA(カカ)」β版アプリ公開

仮想通貨が稼げるクイズ動画SNS「QAQA(カカ)」β版アプリ公開

ドナルド・トランプ氏は「アメリカ初の仮想通貨大統領」元CFTC委員長

ドナルド・トランプ氏は「アメリカ初の仮想通貨大統領」元CFTC委員長

DEX(分散型取引所)とは?特徴・使い方・注意点などをわかりやすく解説

DEX(分散型取引所)とは?特徴・使い方・注意点などをわかりやすく解説

人工知能×ブロックチェーン「Animechain.ai」のライトペーパー公開|独自トークン・AIRAも発行予定

人工知能×ブロックチェーン「Animechain.ai」のライトペーパー公開|独自トークン・AIRAも発行予定

クラウドマイニングとは?MAR Miningで1日1,000ドルを稼ぐ方法

クラウドマイニングとは?MAR Miningで1日1,000ドルを稼ぐ方法

イーサリアム共同創設者の仮想通貨管理方法「マルチシグ」で自己管理リスクに対処

イーサリアム共同創設者の仮想通貨管理方法「マルチシグ」で自己管理リスクに対処

フレアネットワーク:合計バーン枚数が「10億FLR」の大台に到達

フレアネットワーク:合計バーン枚数が「10億FLR」の大台に到達

今仮想通貨は買いなのか?専門家は「イーサリアムETFが巨大な強気相場を引き起こす準備ができている」と語る

今仮想通貨は買いなのか?専門家は「イーサリアムETFが巨大な強気相場を引き起こす準備ができている」と語る

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

仮想通貨ビットコインの買い方をわかりやすく解説|取引所と販売所の違いなども紹介

仮想通貨ビットコインの買い方をわかりやすく解説|取引所と販売所の違いなども紹介

DEX(分散型取引所)とは?特徴・使い方・注意点などをわかりやすく解説

DEX(分散型取引所)とは?特徴・使い方・注意点などをわかりやすく解説

Flare基盤のDeFi・DEX「BlazeSwap」とは?機能・使い方などを解説

Flare基盤のDeFi・DEX「BlazeSwap」とは?機能・使い方などを解説

ビットコイン「第4回目の半減期」完了|価格への影響や仕組みをわかりやすく解説

ビットコイン「第4回目の半減期」完了|価格への影響や仕組みをわかりやすく解説

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

人気のタグから探す