ビジネスモデルをブロックチェーン向けに再構築することが重要|英銀行Barclays関係者

by BITTIMES

イギリス・ロンドンに本社を構える国際金融グループ「Barclays(バークレイズ)」の社内起業家であるJulian Wilson(ジュリアン・ウィルソン)氏は、ブロックチェーンでビジネスを補強しようとするのではなく、ビジネスモデルを「Blockchain」向けに再構築することが重要であると語っています。

こちらから読む:金融機関で急速に活用が進む「ブロックチェーン」とは

銀行業務「ブロックチェーン移行」の実情

blockchain

世界50か国以上で48億人以上の顧客を有するイギリスの国際金融グループ「Barclays(バークレイズ)」の社内起業家であるJulian Wilson(ジュリアン・ウィルソン)氏は、ブロックチェーンを構築する際には"考え方とアプローチを再構築する必要がある"と語っています。

ウィルソン氏は、ブロックチェーンで既存のビジネスモデルを補強したり追加したりしようとするのではなく、『適切なブロックチェーンを元にして構築されたビジネスモデルを新たに考え直すべき』だと説明しています。

同氏は、バークレイズのように300年以上の歴史を持つ銀行にとって現在の銀行業務をブロックチェーンに移行するのは「そう簡単なものでない」と述べており、それを実現するためにはそれ以前に対処すべきことが多くあるため、ブロックチェーンは別途で注文する必要があると指摘しています。

また、KYC(本人確認)を必要とする場合には、すべてのブロックチェーンがそれらの法律を満たしている訳ではないため、ブロックチェーンを構築するために専門家に依頼する必要があるとも語っており、実際に法律を遵守したブロックチェーンを実装するためには、法律を念頭に置いた上でブロックチェーン構築する必要があると説明しました。

ブロックチェーン技術「自社開発」か

Cooperation

バークレイズは、今年の4月頃から仮想通貨取引プロジェクトを立ち上げていると噂されていましたが、その後8月にはそれらの噂を否定しています。しかし、7月には「ブロックチェーン」や「デジタル通貨」関連の特許を米特許商標庁に申請していることも報じられており、8月にはデリバティブ取引を効率化することを目的としたハッカソンを開催しています。

金融業界ではRipple(リップル)社が提供するソリューションを導入する動きが進んでいますが、バークレイズは自社でブロックチェーンを構築しているとも考えられます。

JPモルガン・チェース(JPMorgan Chase)は、イーサリアム上に構築した「Quorum(クォーラム)」というブロックチェーン・ネットワーク上で「Interbank Information Network(IIN)」というクロスボーダー決済ネットワークを展開しており、2018年9月時点で75以上の金融機関が参加していることを発表しています。

金融機関ではブロックチェーン技術を活用する動きが急速に進んでおり、「RippleNet」の拡大などにも期待が高まっていますが、長い歴史を持つ大手金融機関は今後も自社のネットワーク構築を続けていくことになると予想されます。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

bitFlyer Europe「クレジットカード」などによる仮想通貨購入をサポート

bitFlyer Europe「クレジットカード」などによる仮想通貨購入をサポート

EMURGO:Cardanoステーキング採用促進に向け「Moonstake」と提携

EMURGO:Cardanoステーキング採用促進に向け「Moonstake」と提携

JPMorganのビットコイン適正価格分析「27万円」にマイナーが反論|JPMコインにも飛び火

JPMorganのビットコイン適正価格分析「27万円」にマイナーが反論|JPMコインにも飛び火

世界4大会計事務所KPMG:暗号資産関連企業2社と共同で「新サービス」提供へ

世界4大会計事務所KPMG:暗号資産関連企業2社と共同で「新サービス」提供へ

チェーンリンク(LINK)は今後「暗号資産革命の中心的存在」に:Weiss Ratings

チェーンリンク(LINK)は今後「暗号資産革命の中心的存在」に:Weiss Ratings

【Chiliz&Socios】NBA所属の強豪バスケチーム「Boston Celtics」と提携

【Chiliz&Socios】NBA所属の強豪バスケチーム「Boston Celtics」と提携

注目度の高い仮想通貨ニュース

グレースケール:暗号資産投資信託に「カルダノ(Cardano/ADA)」追加

グレースケール:暗号資産投資信託に「カルダノ(Cardano/ADA)」追加

スマート家電販売の米オンライン小売業者「仮想通貨決済」に対応|BTCなど6銘柄

スマート家電販売の米オンライン小売業者「仮想通貨決済」に対応|BTCなど6銘柄

パラグアイのRejala議員「ビットコイン関連法案」2021年7月14日提出へ

パラグアイのRejala議員「ビットコイン関連法案」2021年7月14日提出へ

【Chiliz&Socios】Levante UDの「$LEVファントークン」本日販売開始

【Chiliz&Socios】Levante UDの「$LEVファントークン」本日販売開始

OKCoinJapan「取引手数料割引キャンペーン」開催へ|マイナス手数料も採用

OKCoinJapan「取引手数料割引キャンペーン」開催へ|マイナス手数料も採用

BINANCE無許可営業の指摘「タイ・ケイマン諸島・シンガポール」でも

BINANCE無許可営業の指摘「タイ・ケイマン諸島・シンガポール」でも

暗号資産取引所FTX:レバレッジ取引の上限を「20倍」に引き下げ

暗号資産取引所FTX:レバレッジ取引の上限を「20倍」に引き下げ

ブラジル証券取引委員会:ラテンアメリカ初のイーサリアムETF「QETH11」を承認

ブラジル証券取引委員会:ラテンアメリカ初のイーサリアムETF「QETH11」を承認

コインチェック「購入申込みで1万円相当のPLTが当たるキャンペーン」開始

コインチェック「購入申込みで1万円相当のPLTが当たるキャンペーン」開始

資産裏付型STOで「SBI証券・野村證券・三菱UFJ信託銀行・ケネディクス」の4社が協業

資産裏付型STOで「SBI証券・野村證券・三菱UFJ信託銀行・ケネディクス」の4社が協業

財務省「デジタル通貨関連の人員体制強化」に向け予算要求へ=ロイター報道

財務省「デジタル通貨関連の人員体制強化」に向け予算要求へ=ロイター報道

コインチェック:パレットトークン(PLT)のIEO「開始6分で調達目標金額を突破」

コインチェック:パレットトークン(PLT)のIEO「開始6分で調達目標金額を突破」

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーケービー(OKB)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーケービー(OKB)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーエムジー(OMG Network/OMG)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーエムジー(OMG Network/OMG)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す