ビジネスモデルをブロックチェーン向けに再構築することが重要|英銀行Barclays関係者

by BITTIMES

イギリス・ロンドンに本社を構える国際金融グループ「Barclays(バークレイズ)」の社内起業家であるJulian Wilson(ジュリアン・ウィルソン)氏は、ブロックチェーンでビジネスを補強しようとするのではなく、ビジネスモデルを「Blockchain」向けに再構築することが重要であると語っています。

こちらから読む:金融機関で急速に活用が進む「ブロックチェーン」とは

銀行業務「ブロックチェーン移行」の実情

blockchain

世界50か国以上で48億人以上の顧客を有するイギリスの国際金融グループ「Barclays(バークレイズ)」の社内起業家であるJulian Wilson(ジュリアン・ウィルソン)氏は、ブロックチェーンを構築する際には"考え方とアプローチを再構築する必要がある"と語っています。

ウィルソン氏は、ブロックチェーンで既存のビジネスモデルを補強したり追加したりしようとするのではなく、『適切なブロックチェーンを元にして構築されたビジネスモデルを新たに考え直すべき』だと説明しています。

同氏は、バークレイズのように300年以上の歴史を持つ銀行にとって現在の銀行業務をブロックチェーンに移行するのは「そう簡単なものでない」と述べており、それを実現するためにはそれ以前に対処すべきことが多くあるため、ブロックチェーンは別途で注文する必要があると指摘しています。

また、KYC(本人確認)を必要とする場合には、すべてのブロックチェーンがそれらの法律を満たしている訳ではないため、ブロックチェーンを構築するために専門家に依頼する必要があるとも語っており、実際に法律を遵守したブロックチェーンを実装するためには、法律を念頭に置いた上でブロックチェーン構築する必要があると説明しました。

ブロックチェーン技術「自社開発」か

Cooperation

バークレイズは、今年の4月頃から仮想通貨取引プロジェクトを立ち上げていると噂されていましたが、その後8月にはそれらの噂を否定しています。しかし、7月には「ブロックチェーン」や「デジタル通貨」関連の特許を米特許商標庁に申請していることも報じられており、8月にはデリバティブ取引を効率化することを目的としたハッカソンを開催しています。

金融業界ではRipple(リップル)社が提供するソリューションを導入する動きが進んでいますが、バークレイズは自社でブロックチェーンを構築しているとも考えられます。

JPモルガン・チェース(JPMorgan Chase)は、イーサリアム上に構築した「Quorum(クォーラム)」というブロックチェーン・ネットワーク上で「Interbank Information Network(IIN)」というクロスボーダー決済ネットワークを展開しており、2018年9月時点で75以上の金融機関が参加していることを発表しています。

金融機関ではブロックチェーン技術を活用する動きが急速に進んでおり、「RippleNet」の拡大などにも期待が高まっていますが、長い歴史を持つ大手金融機関は今後も自社のネットワーク構築を続けていくことになると予想されます。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

BINANCE:トラベルルール遵守体制強化に向け「CipherTraceのTraveler」導入

BINANCE:トラベルルール遵守体制強化に向け「CipherTraceのTraveler」導入

日本初の地方自治体ICO計画が岡山県西粟倉村から始まる

日本初の地方自治体ICO計画が岡山県西粟倉村から始まる

CME:個人投資家向けの「マイクロビットコイン先物」提供へ

CME:個人投資家向けの「マイクロビットコイン先物」提供へ

ビットコイン先物に「複数の課題」Bakktの計画に潜むリスクを指摘=匿名関係者

ビットコイン先物に「複数の課題」Bakktの計画に潜むリスクを指摘=匿名関係者

ビットコイン下落相場は今後も続く「回復するには時期尚早」Willy Woo

ビットコイン下落相場は今後も続く「回復するには時期尚早」Willy Woo

Crossway Global「12月に初のDAO製品を発売し、Defi市場に参入する」と発表

Crossway Global「12月に初のDAO製品を発売し、Defi市場に参入する」と発表

注目度の高い仮想通貨ニュース

オランダのサッカークラブPSV「ビットコインを保有し続けている」と判明

オランダのサッカークラブPSV「ビットコインを保有し続けている」と判明

Grayscale:ビットコイン投資信託を「現物ETF」に転換する申請書提出か=CNBC

Grayscale:ビットコイン投資信託を「現物ETF」に転換する申請書提出か=CNBC

カルダノ(ADA)「Chainlink・Dish Network」と提携【Cardano Summit 2021】

カルダノ(ADA)「Chainlink・Dish Network」と提携【Cardano Summit 2021】

ビットコイン価格が一時「8,200ドル」まで急落|BinanceUSでフラッシュクラッシュ

ビットコイン価格が一時「8,200ドル」まで急落|BinanceUSでフラッシュクラッシュ

米大手銀行USバンク:機関投資家向けの「暗号資産カストディサービス」提供開始

米大手銀行USバンク:機関投資家向けの「暗号資産カストディサービス」提供開始

ビットバンク:販売所で「シンボル(XYM)」と「オーエムジー(OMG)」取扱い開始

ビットバンク:販売所で「シンボル(XYM)」と「オーエムジー(OMG)」取扱い開始

ProSharesのビットコイン先物ETF「10月19日」にローンチ【米国初】

ProSharesのビットコイン先物ETF「10月19日」にローンチ【米国初】

COTI:カルダノ基盤のアルゴリズム型ステーブルコイン「Djed」発行へ

COTI:カルダノ基盤のアルゴリズム型ステーブルコイン「Djed」発行へ

Chiliz&Socios:ブラジルの強豪「サンパウロFC」と提携|$SPFCファントークン発行へ

Chiliz&Socios:ブラジルの強豪「サンパウロFC」と提携|$SPFCファントークン発行へ

米銀行・金融機関で「ビットコインの売買・保有」が可能に|Q2・NYDIGがソリューション提供

米銀行・金融機関で「ビットコインの売買・保有」が可能に|Q2・NYDIGがソリューション提供

コインベース:NFTマーケットプレイス「Coinbase NFT」提供へ|事前登録受付開始

コインベース:NFTマーケットプレイス「Coinbase NFT」提供へ|事前登録受付開始

ビットフライヤー「NEM保有者に対するシンボル(XYM)の付与時期」について続報

ビットフライヤー「NEM保有者に対するシンボル(XYM)の付与時期」について続報

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「リスク(Lisk/LSK)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「リスク(Lisk/LSK)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シンボル(Symbol/XYM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シンボル(Symbol/XYM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産取引所「Bitgate(ビットゲート)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産取引所「Bitgate(ビットゲート)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す