リップル:イスラエル最大の金融サービス会社「GMT」と提携

by BITTIMES   

イスラエル最大の金融サービス会社である「GMT」が、Ripple(リップル)社と提携を結んだことが明らかになりました。GMTは同国内に250もの支店を構えており、外国人労働者や現地の人々に国際送金や医療保険、外国為替などのサービスを提供しています。

こちらから読む:クリプトバレーを目指す中東のシリコンバレー「イスラエル」関連ニュース

Rippleとの提携で「フィンテック業界の最前線」へ

GMT

GMTはイスラエル国内に250もの支店を持つ、同国最大の金融サービス会社であると言われています。2001年に設立された「GMT」は外国人労働者やイスラエルの人々向けに、
・国内外の送金サービス
・観光客や外国人労働者向けの医療保険
・外国為替
・プリペイドカード
などのサービスを提供しています。

同社は長い間慎重に議論を行った後にRipple社との提携を決定したと説明しており、『このパートナーシップを通じて、手頃な価格で透明性の高いグローバルな金融システムを構築することに貢献する』と語っています。

GMTのチームは、Rippleの技術を使用することは同地域の様々なフィンテックの模倣となるインベーションであると語っており、パートナーシップを歓迎する意思を伝えています。

GMTはCIBC、MoneyGram、AKBANK、MoneyGramなどといった既にRipple社のプラットフォームを使用している多くの企業に名を連ねています。このパートナーシップによってGMTはイスラエルのFinTech業界の最前線にその地位を確立します。また、今後は世界有数の企業とも提携を結んでいくことを予定しています。

今のところGMTはRipple社が提供しているどの技術を使用するかについて具体的な説明を行なっていません。しかし今回のパートナーシップはこれまでクロスボーダー送金の分野を率いてきたSWIFTにとっての脅威になるとも言われています。

ここ最近でSWIFTは多くの批判を受けており、一部の金融専門家たちは『SWIFTの技術は時代遅れである』とも語っています。そのような専門家の人々はこれまで使用されてきた技術はRipple社の新しいテクノロジーに置き換わるべきだと主張しています。この1年間で世界中の金融機関と提携を拡大してきたRipple社は、2019年も確実にその影響力を強めていくと予想されます。

リップル(Ripple/XRP)の価格|2018年12月17日

リップル(Ripple/XRP)の価格は、12月8日に「1XRP=33円」近くまで下落して以降、横ばいの状態が続いていましたが昨日から今日にかけて再び大きく下落しており、2018年12月17日に時点では「1XRP=32.70円」で取引されています。

2018年12月3日〜12月17日 XRPのチャート(引用:coingecko.com)2018年12月3日〜12月17日 XRPのチャート(引用:coingecko.com)

リップル(XRP)の購入は取引量で世界一にもなった仮想通貨取引所bitbank(ビットバンク)からどうぞ。

仮想通貨取引所 bitbank の画像 仮想通貨取引所bitbankの登録ページはこちら

bitbankの登録方法はこちらで詳しく解説しています

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

Ripple社CEO「Libraの今後」に悲観的|XRPが証券ではない理由も説明

Ripple社CEO「Libraの今後」に悲観的|XRPが証券ではない理由も説明

米国向け仮想通貨取引サービス「停止」を発表:分散型取引所Bancor

米国向け仮想通貨取引サービス「停止」を発表:分散型取引所Bancor

Flowブロックチェーン開発に向け「Warner Music」などから資金調達:Dapper Labs

Flowブロックチェーン開発に向け「Warner Music」などから資金調達:Dapper Labs

ビットコイン、本当の重要ラインは「108万円」一部専門家は大幅下落を警告

ビットコイン、本当の重要ラインは「108万円」一部専門家は大幅下落を警告

BINANCE:トロン(Tron/TRX)の「ステーキング」に対応

BINANCE:トロン(Tron/TRX)の「ステーキング」に対応

Opel・BMWの正規販売代理店が「ビットコイン決済」導入:ルーマニア

Opel・BMWの正規販売代理店が「ビットコイン決済」導入:ルーマニア

注目度の高い仮想通貨ニュース

CME・Bakktの「ビットコインオプション」をサポート:マネックス子会社TradeStation

CME・Bakktの「ビットコインオプション」をサポート:マネックス子会社TradeStation

任意の仮想通貨・法定通貨を「リアルタイム交換」決済技術で特許取得:Square

任意の仮想通貨・法定通貨を「リアルタイム交換」決済技術で特許取得:Square

Tron CEO「Apple共同設立者」との提携を示唆

Tron CEO「Apple共同設立者」との提携を示唆

ブロックチェーン・仮想通貨ニュース週間まとめ|2020年1月5日〜11日

ブロックチェーン・仮想通貨ニュース週間まとめ|2020年1月5日〜11日

仮想通貨・ブロックチェーン業界団体「2020年の年頭所感」公開

仮想通貨・ブロックチェーン業界団体「2020年の年頭所感」公開

Ripple技術用いた「ステーブルコイン・寄付プラットフォーム」公開:韓国SKグループ

Ripple技術用いた「ステーブルコイン・寄付プラットフォーム」公開:韓国SKグループ

Craig Wright氏の弁護士:ビットコインの秘密鍵「まだ入手していない」と説明

Craig Wright氏の弁護士:ビットコインの秘密鍵「まだ入手していない」と説明

日本STO協会に「SMBC日興証券」と「みずほ証券」が新規加盟

日本STO協会に「SMBC日興証券」と「みずほ証券」が新規加盟

Bakkt:デジタル証券対応の「フィンテックアプリ」2020年公開か

Bakkt:デジタル証券対応の「フィンテックアプリ」2020年公開か

【eスポーツ】League of Legendsトーナメント「新型コロナウイルス」影響で延期に

【eスポーツ】League of Legendsトーナメント「新型コロナウイルス」影響で延期に

日本銀行:中央銀行デジタル通貨の「国際共同研究グループ」を設立

日本銀行:中央銀行デジタル通貨の「国際共同研究グループ」を設立

日本版Libra発行に向け「ステーブルコイン部会」を新設:ブロックチェーン推進協会

日本版Libra発行に向け「ステーブルコイン部会」を新設:ブロックチェーン推進協会

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

国内仮想通貨取引所:消費税増税後の「各種手数料」まとめ

国内仮想通貨取引所:消費税増税後の「各種手数料」まとめ

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

ポルシェ:ブロックチェーンを活用した「次世代スマートカー」計画

ポルシェ:ブロックチェーンを活用した「次世代スマートカー」計画

人気のタグから探す