ブロックチェーンを活用して「ゴールド取引」の合理化へ|JPモルガン・チェース

by BITTIMES   

JPモルガン・チェース(JPMorgan Chase)は、「Ethereum Enterprise Alliance」と協力して開発したブロックチェーンである「Quorum(クォーラム)」を用いて、ゴールドバーをトークン化する実証実験を行います。同銀行が展開しているBlockchainネットワークは急速に拡大してきています。

こちらから読む:預託証券トークン化の特許も出願「JPモルガン・チェース」

ブロックチェーン管理で「取引コスト・リスク」削減

blockchain

アメリカ・ニューヨークに本社を構える大手銀行であるJPモルガン・チェース(JPMorgan Chase)は、「Ethereum Enterprise Alliance」との協力によってイーサリアムブロックチェーン上に構築された「Quorum(クォーラム)」でゴールドバーをトークン化するテストを行うと伝えられています。

クォーラムが採用しているスマートコントラクトは、取引を検証作業や追跡を迅速に行うことができるだけでなく、高いセキュリティとパフォーマンス機能をクライアントに提供します。ゴールドバーをトークン化することによって、取引の関係者は証券取引所やその他の仲介業者を必要とせずに直接取引を行うことができるようになるため、取引コストやリスクを削減し、ゴールドの取引をより安全かつ効率的に行うことができるようになります。

Quorumのブロックチェーンネットワークは、様々な資産をデジタル化することによって、物理的な資産を移動する必要性を軽減することができるだけでなく、参加する企業や金融機関がブロックチェーンを切り離して使用できるように構築されているため、より効率的に様々な資産を管理できるようになることなどで注目を集めています。

JP Morganのブロックチェーン・イニシアチブの責任者であるUmar Farooq(ウマル・ファルーク)氏は『私たちはネットワークの構築からアプリケーションの開発から実際の実装までの手順を提供する唯一の金融機関だ』と語っており、イーサリアムを強く信じていると述べています。

Quorumの「決済ネットワーク」世界的に拡大

JPMorgan

JPモルガンが「Quorum」上で展開している決済ネットワーク「Interbank Information Network(IIN)」には、2018年9月時点でも世界各国から75以上の銀行が加盟していることが報告されており、Ripple社が提供する国際送金ネットワーク「RiipleNet」などと競合する新しい決済ネットワークとしても話題となっています。

JPモルガンのCEOであるジェイミー・ダイモン(Jamie Dimon)氏は、仮想通貨に対しては否定的なコメントが目立つものの、ブロックチェーンに関しては幅広いことに活用していこうと考えていることを以前に語っているため、今後はゴールドなどの資産のトークン化以外の分野でもブロックチェーンの活用が進められることが予想されます。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

Ripple社:IPO(新規公開株式)年内実施の可能性?Garlinghouse CEOが示唆

Ripple社:IPO(新規公開株式)年内実施の可能性?Garlinghouse CEOが示唆

米SEC:仮想通貨KINを「未登録証券として起訴」100億円ICOプロジェクトの行方は

米SEC:仮想通貨KINを「未登録証券として起訴」100億円ICOプロジェクトの行方は

分身するキャラクターアートNFT「Shizuk」公開|先着3,000個の無償配布も実施

分身するキャラクターアートNFT「Shizuk」公開|先着3,000個の無償配布も実施

Chiliz&Socios「Everton FC(エヴァートンFC)」と提携|$EFCファントークン発行へ

Chiliz&Socios「Everton FC(エヴァートンFC)」と提携|$EFCファントークン発行へ

5つ星ホテル・高級車ディーラーが「仮想通貨決済」に対応|キャッシュレス先進国スイス

5つ星ホテル・高級車ディーラーが「仮想通貨決済」に対応|キャッシュレス先進国スイス

MetaMask(メタマスク)に「トークンスワップ機能」追加|最良のレート・手数料を提供

MetaMask(メタマスク)に「トークンスワップ機能」追加|最良のレート・手数料を提供

注目度の高い仮想通貨ニュース

Metacade(MCADE)が公式にプレセールを開始。2023年の人気クリプトトークンに?

Metacade(MCADE)が公式にプレセールを開始。2023年の人気クリプトトークンに?

OKCoinJapan:パレットトークン(PLT)の「ステーキングサービス」提供へ

OKCoinJapan:パレットトークン(PLT)の「ステーキングサービス」提供へ

ロシア下院「国立暗号資産取引所の設立」に向けて議論=報道

ロシア下院「国立暗号資産取引所の設立」に向けて議論=報道

Tezos:ゲーム開発エンジン「Unity」と提携|Web3 SDK提供へ

Tezos:ゲーム開発エンジン「Unity」と提携|Web3 SDK提供へ

カルダノの米ドル連動ステーブルコイン「USDA」を発表:EMURGO

カルダノの米ドル連動ステーブルコイン「USDA」を発表:EMURGO

Trezor Suite「ビットコインのP2P取引」が可能に|Hodl Hodlと連携

Trezor Suite「ビットコインのP2P取引」が可能に|Hodl Hodlと連携

ビットフライヤー:金連動トークン「ジパングコイン(ZPG)」取扱いへ

ビットフライヤー:金連動トークン「ジパングコイン(ZPG)」取扱いへ

暗号資産業界大手「FTXグループ」が破産法適用を申請|FTX Japanは出金対応中

暗号資産業界大手「FTXグループ」が破産法適用を申請|FTX Japanは出金対応中

暗号資産自動両替機BTM:東京タワーフットタウン内「RED゜TOKYO TOWER」に設置

暗号資産自動両替機BTM:東京タワーフットタウン内「RED゜TOKYO TOWER」に設置

仮想通貨ビッグアイズコインとイーサリアムは分散型金融の正常化に貢献できるのか?

仮想通貨ビッグアイズコインとイーサリアムは分散型金融の正常化に貢献できるのか?

ミームコイン投資でミリオネアになれる可能性?シバイヌ・セーフムーン・ビッグアイズコイン

ミームコイン投資でミリオネアになれる可能性?シバイヌ・セーフムーン・ビッグアイズコイン

カルダノ創設者「FTX破綻は分散化・準備金証明の絶対的な必要性を示すもの」

カルダノ創設者「FTX破綻は分散化・準備金証明の絶対的な必要性を示すもの」

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

シバイヌ(Shiba Inu/SHIB)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

シバイヌ(Shiba Inu/SHIB)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

仮想通貨関連の情報収集に役立つ「便利ツール・サイト」まとめ

仮想通貨関連の情報収集に役立つ「便利ツール・サイト」まとめ

ジリカ(Zilliqa/ZIL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ジリカ(Zilliqa/ZIL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

アプトス(Aptos/APT)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

アプトス(Aptos/APT)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ステップアップ(Step App/FITFI)とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

ステップアップ(Step App/FITFI)とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

アスター(Astar/ASTR)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

アスター(Astar/ASTR)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す