資産運用大手Fidelity:仮想通貨の「カストディサービス」3月開始の可能性

by BITTIMES   

世界第2位の資産運用額を誇る米国の投資会社Fidelity Investments(フィデリティ・インベストメンツ)が、2019年3月にカストディ(保管・管理)サービスの開始を予定していることが明らかになりました。同社のサービス開始は機関投資家の参入につながる好材料の一つとして考えられています。

こちらから読む:業界で期待高まる「Fidelity Investments」の仮想通貨関連事業

ビットコイン・イーサリアムから提供開始予定

アメリカ合衆国・マサチューセッツ州ボストンに本社を構える世界5大金融サービスプロバイダーの一つFidelity Investments(フィデリティ・インベストメンツ)は、仮想通貨のカストディサービスを2019年3月に開始することを予定していると伝えられています。

Bloomberg(ブルームバーグ)の報道によると、匿名希望のFidelity関係者3人は、ビットコイン(BTC)の保管サービスが最初に利用可能になり、その後はイーサリアム(ETH)が続くことになると語っています。

同社は先日の発表の中でも、サービス開始に向けた準備を継続して行なっていることを説明しています。

当社は初期に提供するソリューションの構築を継続しており、対象となるクライアント向けにサービスを提供しています。

今後数カ月の間には、ニーズ、管轄権、その他の要因に基づいて、見込み顧客との慎重な連携を図り、優先順位を決定します。

機関投資家の参入に繋がる好材料

Fidelity Investmentsは、昨年10月に仮想通貨の「取引・管理・機関投資家向けのアドバイス」を行う関連会社「Fidelity Digital Assets(フィデリティ・デジタル・アセット)」を立ち上げたことを発表しました。

Fidelityの最高経営責任者(CEO)であるAbigail Johnson(アビゲイル・ジョンソン)氏は、デジタル資産の支持者としても知られており、2015年には彼女の指揮の元で同社でビットコインのマイニング(採掘)プロジェクトが開始されています。

カストディサービスは投資家の資産を安全に保管し、運用資産の受け渡し決済や運用成績の管理などを提供するサービスであり、盗難被害などの報告も多い仮想通貨業界において、機関投資家が市場に参入する際に懸念している"安全性・信頼性"の問題を解決するための重要な要素の一つでもあります。

その中でも約6,900万人の顧客数と約270兆円相当の資産を運用している信頼ある資産運用会社「Fidelity Investments」が提供するカストディサービスは機関投資家の参入を後押しする重要な要因の一つとして考えられています。

そのため、同社の仮想通貨関連のプロジェクトは、Bakkt(バックト)などが提供を予定している「ビットコンの先物取引」や「ビットコインETF」などと同様に仮想通貨業界の発展を支援する重要な要因の一つであるとも言われています。Bakktなどもサービス開始に向けた準備を順調に進めていることが報告されているため、3月以降の仮想通貨市場の動きには期待が高まります。

2019年1月30日|ビットコイン(Bitcoin/BTC)の価格

ビットコイン(Bitcoin/BTC)の価格はやや下落してきており、先日29日には37万円を下回っています。しかしその後はやや回復し、2019年1月30日時点では「1BTC=376,479円」で取引されています。

2018年12月1日〜2019年1月30日 BTCのチャート(引用:coingecko.com)2018年12月1日〜2019年1月30日 BTCのチャート(引用:coingecko.com)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

LINE BITMAX:現金やNFTがもらえる「サービス名変更記念キャンペーン」開始

LINE BITMAX:現金やNFTがもらえる「サービス名変更記念キャンペーン」開始

Hyundai(現代自動車)ブロックチェーン活用に向け「IBM」と提携|金融取引の効率化へ

Hyundai(現代自動車)ブロックチェーン活用に向け「IBM」と提携|金融取引の効率化へ

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2021年1月31日〜2月6日

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2021年1月31日〜2月6日

ビットバンク:暗号資産の「販売所サービス」提供開始|BTC・ETH・XRPなど6銘柄に対応

ビットバンク:暗号資産の「販売所サービス」提供開始|BTC・ETH・XRPなど6銘柄に対応

BINANCE US:上場予定の仮想通貨「30銘柄」を公開|ADA・XRPなども検討

BINANCE US:上場予定の仮想通貨「30銘柄」を公開|ADA・XRPなども検討

ビットコインマイニング協議会(BMC)発足|イーロン・マスク氏は関与せず

ビットコインマイニング協議会(BMC)発足|イーロン・マスク氏は関与せず

注目度の高い仮想通貨ニュース

韓国金融当局:外国暗号資産事業者27社に「9月24日までの登録」求める|処罰の可能性も

韓国金融当局:外国暗号資産事業者27社に「9月24日までの登録」求める|処罰の可能性も

Kraken:暗号資産の売買手数料が無料になる「Fee Holiday」キャンペーンを延長

Kraken:暗号資産の売買手数料が無料になる「Fee Holiday」キャンペーンを延長

YELLtum:スポーツチームが発行主体の「ファントークン」販売開始|新機能も追加予定

YELLtum:スポーツチームが発行主体の「ファントークン」販売開始|新機能も追加予定

Socios.com:Valencia CFの「$VCFファントークン」本日20時販売開始

Socios.com:Valencia CFの「$VCFファントークン」本日20時販売開始

GMOコイン「暗号資産の預入れで最大10万円が当たるキャンペーン」開始|13銘柄に対応

GMOコイン「暗号資産の預入れで最大10万円が当たるキャンペーン」開始|13銘柄に対応

国税庁:暗号資産の税金に関するFAQに「貸付・貸出・レンディング関連の内容」を追記

国税庁:暗号資産の税金に関するFAQに「貸付・貸出・レンディング関連の内容」を追記

Chiliz Exchange:eスポーツチーム「Team Vitality」の$VITファントークン本日取扱い開始

Chiliz Exchange:eスポーツチーム「Team Vitality」の$VITファントークン本日取扱い開始

【Chiliz&Socios】Levante UDの「$LEVファントークン」本日販売開始

【Chiliz&Socios】Levante UDの「$LEVファントークン」本日販売開始

資産裏付型STOで「SBI証券・野村證券・三菱UFJ信託銀行・ケネディクス」の4社が協業

資産裏付型STOで「SBI証券・野村證券・三菱UFJ信託銀行・ケネディクス」の4社が協業

韓国の国立大学:糞便・排泄物を仮想通貨+電力に変える「BeeViトイレ」導入

韓国の国立大学:糞便・排泄物を仮想通貨+電力に変える「BeeViトイレ」導入

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2021年7月11日〜17日

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2021年7月11日〜17日

LINE BITMAX Wallet:NFTアイテムを取引できる「NFTマーケットβ」提供開始

LINE BITMAX Wallet:NFTアイテムを取引できる「NFTマーケットβ」提供開始

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーケービー(OKB)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーケービー(OKB)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーエムジー(OMG Network/OMG)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーエムジー(OMG Network/OMG)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す