資産運用大手Fidelity:仮想通貨の「カストディサービス」3月開始の可能性

by BITTIMES

世界第2位の資産運用額を誇る米国の投資会社Fidelity Investments(フィデリティ・インベストメンツ)が、2019年3月にカストディ(保管・管理)サービスの開始を予定していることが明らかになりました。同社のサービス開始は機関投資家の参入につながる好材料の一つとして考えられています。

こちらから読む:業界で期待高まる「Fidelity Investments」の仮想通貨関連事業

ビットコイン・イーサリアムから提供開始予定

アメリカ合衆国・マサチューセッツ州ボストンに本社を構える世界5大金融サービスプロバイダーの一つFidelity Investments(フィデリティ・インベストメンツ)は、仮想通貨のカストディサービスを2019年3月に開始することを予定していると伝えられています。

Bloomberg(ブルームバーグ)の報道によると、匿名希望のFidelity関係者3人は、ビットコイン(BTC)の保管サービスが最初に利用可能になり、その後はイーサリアム(ETH)が続くことになると語っています。

同社は先日の発表の中でも、サービス開始に向けた準備を継続して行なっていることを説明しています。

当社は初期に提供するソリューションの構築を継続しており、対象となるクライアント向けにサービスを提供しています。

今後数カ月の間には、ニーズ、管轄権、その他の要因に基づいて、見込み顧客との慎重な連携を図り、優先順位を決定します。

機関投資家の参入に繋がる好材料

Fidelity Investmentsは、昨年10月に仮想通貨の「取引・管理・機関投資家向けのアドバイス」を行う関連会社「Fidelity Digital Assets(フィデリティ・デジタル・アセット)」を立ち上げたことを発表しました。

Fidelityの最高経営責任者(CEO)であるAbigail Johnson(アビゲイル・ジョンソン)氏は、デジタル資産の支持者としても知られており、2015年には彼女の指揮の元で同社でビットコインのマイニング(採掘)プロジェクトが開始されています。

カストディサービスは投資家の資産を安全に保管し、運用資産の受け渡し決済や運用成績の管理などを提供するサービスであり、盗難被害などの報告も多い仮想通貨業界において、機関投資家が市場に参入する際に懸念している"安全性・信頼性"の問題を解決するための重要な要素の一つでもあります。

その中でも約6,900万人の顧客数と約270兆円相当の資産を運用している信頼ある資産運用会社「Fidelity Investments」が提供するカストディサービスは機関投資家の参入を後押しする重要な要因の一つとして考えられています。

そのため、同社の仮想通貨関連のプロジェクトは、Bakkt(バックト)などが提供を予定している「ビットコンの先物取引」や「ビットコインETF」などと同様に仮想通貨業界の発展を支援する重要な要因の一つであるとも言われています。Bakktなどもサービス開始に向けた準備を順調に進めていることが報告されているため、3月以降の仮想通貨市場の動きには期待が高まります。

2019年1月30日|ビットコイン(Bitcoin/BTC)の価格

ビットコイン(Bitcoin/BTC)の価格はやや下落してきており、先日29日には37万円を下回っています。しかしその後はやや回復し、2019年1月30日時点では「1BTC=376,479円」で取引されています。

2018年12月1日〜2019年1月30日 BTCのチャート(引用:coingecko.com)2018年12月1日〜2019年1月30日 BTCのチャート(引用:coingecko.com)

ビットコイン(BTC)の購入は仮想通貨決済サービスも提供している仮想通貨取引所BITPointからどうぞ。

仮想通貨取引所BITPointの登録はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

東京オリンピックに「仮想通貨決済」導入を ー 海外の署名運動で賛同者が数千人に

東京オリンピックに「仮想通貨決済」導入を ー 海外の署名運動で賛同者が数千人に

ビットコイン(BTC)価格上昇「40万円」を突破|海外アナリストは下落の可能性を指摘

ビットコイン(BTC)価格上昇「40万円」を突破|海外アナリストは下落の可能性を指摘

安定仮想通貨「LBXPeg」発行へ|初の英ポンド連動ステーブルコイン ー London Block Exchange

安定仮想通貨「LBXPeg」発行へ|初の英ポンド連動ステーブルコイン ー London Block Exchange

BINANCE公式、仮想通貨ウォレット「Trust Wallet」のMac OS版リリース

BINANCE公式、仮想通貨ウォレット「Trust Wallet」のMac OS版リリース

仮想通貨「担保型ローン」提供を計画:米シルバーゲート銀行

仮想通貨「担保型ローン」提供を計画:米シルバーゲート銀行

スペインの港湾局:IBMとMaerskのブロックチェーン・プラットフォームに参加

スペインの港湾局:IBMとMaerskのブロックチェーン・プラットフォームに参加

注目度の高い仮想通貨ニュース

Ripple社CEO「Libraの今後」に悲観的|XRPが証券ではない理由も説明

Ripple社CEO「Libraの今後」に悲観的|XRPが証券ではない理由も説明

TRON(TRX)新たな「Proof of Stake/PoS」メカニズムの計画を発表

TRON(TRX)新たな「Proof of Stake/PoS」メカニズムの計画を発表

神奈川県警:ビットコイン「1,000万円詐取」の容疑で男性3人を逮捕【全国初】

神奈川県警:ビットコイン「1,000万円詐取」の容疑で男性3人を逮捕【全国初】

クレジット・デビットカードで仮想通貨「5銘柄」が購入可能に|BINANCEがKoinalと提携

クレジット・デビットカードで仮想通貨「5銘柄」が購入可能に|BINANCEがKoinalと提携

BINANCE:トロン(Tron/TRX)の「ステーキング」に対応

BINANCE:トロン(Tron/TRX)の「ステーキング」に対応

ビットコイン:過去50年間で最も影響力のあるプロジェクト「TOP50」にランクイン

ビットコイン:過去50年間で最も影響力のあるプロジェクト「TOP50」にランクイン

Telegram:米SECの見解に「失望」18ヶ月間、協議求めたにも関わらず

Telegram:米SECの見解に「失望」18ヶ月間、協議求めたにも関わらず

サンディエゴ国際映画祭と「ライトコイン財団」が提携|仮想通貨LTCで賞金を授与

サンディエゴ国際映画祭と「ライトコイン財団」が提携|仮想通貨LTCで賞金を授与

築150年の「教会」ビットコイン(BTC)でも購入可能に:英不動産会社

築150年の「教会」ビットコイン(BTC)でも購入可能に:英不動産会社

BINANCE:DOGE・NPXSなどを含む「合計30種類」の通貨ペア廃止へ|30日午後5時から

BINANCE:DOGE・NPXSなどを含む「合計30種類」の通貨ペア廃止へ|30日午後5時から

ビットコイン先物「個人投資家」向けのサービス提供も視野|Bakkt COOが発言

ビットコイン先物「個人投資家」向けのサービス提供も視野|Bakkt COOが発言

アルトコイン要求する「性的脅迫メール」が増加傾向=Cofense報告

アルトコイン要求する「性的脅迫メール」が増加傾向=Cofense報告

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

国内仮想通貨取引所:消費税増税後の「各種手数料」まとめ

国内仮想通貨取引所:消費税増税後の「各種手数料」まとめ

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

ポルシェ:ブロックチェーンを活用した「次世代スマートカー」計画

ポルシェ:ブロックチェーンを活用した「次世代スマートカー」計画

人気のタグから探す