Bakkt(バックト)ビットコイン先物商品の「詳細情報」を公開

by BITTIMES   

仮想通貨取引プラットフォームBakkt(バックト)は2019年1月24日、待ち望まれていたビットコイン先物製品に関する詳細情報を公開しました。同社は先日、米国や日本での求人募集も発表しており、サービス開始に向けた準備を着々と進めています。

こちらから読む:先物取引業者の資産買収を発表「Bakkt」関連ニュース

「Bakkt BTC(USD)Daily Future」の詳細を公開

仮想通貨取引プラットフォーム「Bakkt(バックト)」を立ち上げたニューヨーク証券取引所(NYSE)の親会社インターコンチネンタル取引所(ICE)は2019年1月24日、Bakktで提供を予定しているビットコイン先物商品の詳細情報を公開しました。

公開された情報によると、製品名は「Bakkt BTC(USD)Daily Future」となっており、契約は「BTC/USD」で取引されます。取引にはスピードと信頼性を備えているICEの取引プラットフォームが使用されます。また、市場参加者はBakktのプラットフォームを使用する他の投資家と取引することができるとされています。

Bakktが提供するプラットフォームの取引時間は20:00〜18:00の間となっており、プレオープンは19:55とされています。これらすべての時間は東部標準時(EST)です。Bakktはこれらの先物契約の提供を監視するために「Bakkt Warehouse」とよばれる規制された保管ソリューションが使用しています。公開された全ての情報は記事の最後に記載している「公式サイト」で確認することができます。

今回発表された内容は、以前に公開されていた情報と比べると劇的な変化は見られていませんが、Bakktのプラットフォームでの取引を望んでいる人にとって重要なものであると言えます。

米国・東京での「求人募集」も

「Bakkt」は先日、求人募集も発表しています。この募集のほとんどの勤務先はニューヨークなど米国の都市となっていますが、法人向けの営業に関しては東京でも募集が行われています。

ビットコイン先物商品の詳細は公開されたものの「Bakkt」は依然として規制当局の承認が得られるのを待っています。先日米証券取引委員会(SEC)は、Cboe BZX Exchange(シカゴオプション取引所)が提出していたビットコインETF「SolidX Bitcoin Shares」上場の規則改正案の提案が2019年1月22日に撤回されたことを発表しています。

米国では現在、政府機関の一部が閉鎖状態となっているため、ビットコインETFや先物取引の承認にも影響が出る可能性があると言われています。実際に「Bakkt」の先物取引が承認を得れるかどうかに関しては今のところはっきりしていないものの、サービス開始のための準備は確実に整ってきていると言えるでしょう。

「Bakkt」が公開した先物取引の詳細情報や求人の内容は以下のリンクから確認することができます。
>「Bakkt BTC(USD)Daily Future」の詳細情報はこちら
>「Bakkt」の求人情報はこちら

2019年1月25日|ビットコイン(Bitcoin/BTC)の価格

ビットコイン(Bitcoin/BTC)の価格には、今のところ大きな変化は見られていませんが、2019年1月24日以降はわずかに上昇しており、記事執筆時点では「1BTC=396,505円」で取引されています。

2019年1月11日〜2019年1月25日 BTCのチャート(引用:coingecko.com)2019年1月11日〜2019年1月25日 BTCのチャート(引用:coingecko.com)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

ビットコイン決済をAirbnb利用者がチェスキーCEOに直訴

ビットコイン決済をAirbnb利用者がチェスキーCEOに直訴

ビットコイン分裂の危機、8月1日に何が起きるのか?

ビットコイン分裂の危機、8月1日に何が起きるのか?

XRP価格=1万円到達は可能か?「72.4%」がYESと回答【世論調査結果報告】

XRP価格=1万円到達は可能か?「72.4%」がYESと回答【世論調査結果報告】

Nike商品購入で「仮想通貨還元」英フィンテック企業がキャッシュバックサービス開始

Nike商品購入で「仮想通貨還元」英フィンテック企業がキャッシュバックサービス開始

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2020年11月22日〜28日

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2020年11月22日〜28日

ビットコイン、抵抗線突破なるか|FRB発表後「75万円」まで回復

ビットコイン、抵抗線突破なるか|FRB発表後「75万円」まで回復

注目度の高い仮想通貨ニュース

金融庁:暗号資産デリバティブ取引所「Bybit(バイビット)」に警告

金融庁:暗号資産デリバティブ取引所「Bybit(バイビット)」に警告

Cardano×Nervos:相互運用性のための「クロスチェーンブリッジ」構築へ

Cardano×Nervos:相互運用性のための「クロスチェーンブリッジ」構築へ

GTA6に仮想通貨ビットコイン登場か「BTCで報酬が支払われる」との噂が話題に

GTA6に仮想通貨ビットコイン登場か「BTCで報酬が支払われる」との噂が話題に

Coinbase Pro「ドージコイン(DOGE)」取り扱いへ|発表受け価格高騰

Coinbase Pro「ドージコイン(DOGE)」取り扱いへ|発表受け価格高騰

Anchorage Digital「イーサリアム担保型の米ドル融資サービス」提供へ

Anchorage Digital「イーサリアム担保型の米ドル融資サービス」提供へ

【JBA×BCA×BCCC】ブロックチェーン関連3団体が「NFT分科会」設立|勉強会も開催

【JBA×BCA×BCCC】ブロックチェーン関連3団体が「NFT分科会」設立|勉強会も開催

ロバート・キヨサキ氏:ビットコイン暴落について「買いのチャンス」だと強調

ロバート・キヨサキ氏:ビットコイン暴落について「買いのチャンス」だと強調

バイナンス「Binance NFTの公開日」を発表|一部参加アーティストなども明らかに

バイナンス「Binance NFTの公開日」を発表|一部参加アーティストなども明らかに

ビットポイント「TRX・XRPのレバレッジ取引サービス」提供へ

ビットポイント「TRX・XRPのレバレッジ取引サービス」提供へ

BINANCE(バイナンス)の「入金・出金方法」注意点もまとめて画像付きで解説

BINANCE(バイナンス)の「入金・出金方法」注意点もまとめて画像付きで解説

bitFlyer×Brave:仮想通貨BATがもらえる「タイアップキャンペーン第2弾」開始

bitFlyer×Brave:仮想通貨BATがもらえる「タイアップキャンペーン第2弾」開始

MicroStrategy「ビットコイン10億円相当」を追加購入|下落後も強気姿勢を維持

MicroStrategy「ビットコイン10億円相当」を追加購入|下落後も強気姿勢を維持

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーエムジー(OMG Network/OMG)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーエムジー(OMG Network/OMG)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ベーシック・アテンション・トークン(BAT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ベーシック・アテンション・トークン(BAT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シータ(Theta Network/THETA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シータ(Theta Network/THETA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「トロン(Tron/TRX)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「トロン(Tron/TRX)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産取引所「CoinTrade(コイントレード)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産取引所「CoinTrade(コイントレード)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

人気のタグから探す