Bakkt(バックト)ビットコイン先物商品の「詳細情報」を公開

by BITTIMES   

仮想通貨取引プラットフォームBakkt(バックト)は2019年1月24日、待ち望まれていたビットコイン先物製品に関する詳細情報を公開しました。同社は先日、米国や日本での求人募集も発表しており、サービス開始に向けた準備を着々と進めています。

こちらから読む:先物取引業者の資産買収を発表「Bakkt」関連ニュース

「Bakkt BTC(USD)Daily Future」の詳細を公開

仮想通貨取引プラットフォーム「Bakkt(バックト)」を立ち上げたニューヨーク証券取引所(NYSE)の親会社インターコンチネンタル取引所(ICE)は2019年1月24日、Bakktで提供を予定しているビットコイン先物商品の詳細情報を公開しました。

公開された情報によると、製品名は「Bakkt BTC(USD)Daily Future」となっており、契約は「BTC/USD」で取引されます。取引にはスピードと信頼性を備えているICEの取引プラットフォームが使用されます。また、市場参加者はBakktのプラットフォームを使用する他の投資家と取引することができるとされています。

Bakktが提供するプラットフォームの取引時間は20:00〜18:00の間となっており、プレオープンは19:55とされています。これらすべての時間は東部標準時(EST)です。Bakktはこれらの先物契約の提供を監視するために「Bakkt Warehouse」とよばれる規制された保管ソリューションが使用しています。公開された全ての情報は記事の最後に記載している「公式サイト」で確認することができます。

今回発表された内容は、以前に公開されていた情報と比べると劇的な変化は見られていませんが、Bakktのプラットフォームでの取引を望んでいる人にとって重要なものであると言えます。

米国・東京での「求人募集」も

「Bakkt」は先日、求人募集も発表しています。この募集のほとんどの勤務先はニューヨークなど米国の都市となっていますが、法人向けの営業に関しては東京でも募集が行われています。

ビットコイン先物商品の詳細は公開されたものの「Bakkt」は依然として規制当局の承認が得られるのを待っています。先日米証券取引委員会(SEC)は、Cboe BZX Exchange(シカゴオプション取引所)が提出していたビットコインETF「SolidX Bitcoin Shares」上場の規則改正案の提案が2019年1月22日に撤回されたことを発表しています。

米国では現在、政府機関の一部が閉鎖状態となっているため、ビットコインETFや先物取引の承認にも影響が出る可能性があると言われています。実際に「Bakkt」の先物取引が承認を得れるかどうかに関しては今のところはっきりしていないものの、サービス開始のための準備は確実に整ってきていると言えるでしょう。

「Bakkt」が公開した先物取引の詳細情報や求人の内容は以下のリンクから確認することができます。
>「Bakkt BTC(USD)Daily Future」の詳細情報はこちら
>「Bakkt」の求人情報はこちら

2019年1月25日|ビットコイン(Bitcoin/BTC)の価格

ビットコイン(Bitcoin/BTC)の価格には、今のところ大きな変化は見られていませんが、2019年1月24日以降はわずかに上昇しており、記事執筆時点では「1BTC=396,505円」で取引されています。

2019年1月11日〜2019年1月25日 BTCのチャート(引用:coingecko.com)2019年1月11日〜2019年1月25日 BTCのチャート(引用:coingecko.com)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

5年後、世界中で「現金使用禁止」に?仮想通貨の需要増加は中国・インドから:Arthur Hayes

5年後、世界中で「現金使用禁止」に?仮想通貨の需要増加は中国・インドから:Arthur Hayes

BITPoint「ビットコインがもらえるキャンペーン」開催!プレゼント企画も継続中

BITPoint「ビットコインがもらえるキャンペーン」開催!プレゼント企画も継続中

ビットコイン価格:再び「6,000ドル台」まで下落か|複数の著名アナリストが予想

ビットコイン価格:再び「6,000ドル台」まで下落か|複数の著名アナリストが予想

Google:米国で「仮想通貨取引・ウォレットの広告配信」を許可

Google:米国で「仮想通貨取引・ウォレットの広告配信」を許可

女子テニスの女王「Serena Williams」仮想通貨取引所コインベースへの投資が明らかに

女子テニスの女王「Serena Williams」仮想通貨取引所コインベースへの投資が明らかに

チリーズ(Chiliz/CHZ)「Coinbase Custody」とカストディ契約を締結

チリーズ(Chiliz/CHZ)「Coinbase Custody」とカストディ契約を締結

注目度の高い仮想通貨ニュース

コインベース「日本向けサービス」開始|5銘柄対応でiOS・Androidアプリも提供

コインベース「日本向けサービス」開始|5銘柄対応でiOS・Androidアプリも提供

Microsoft「台帳に依存しないトークン発行・管理技術」の特許取得

Microsoft「台帳に依存しないトークン発行・管理技術」の特許取得

ディーカレット「手数料業界No.1&スプレッド最狭水準キャンペーン」開始

ディーカレット「手数料業界No.1&スプレッド最狭水準キャンペーン」開始

インテル・ミラノ:仮想通貨DigitalBits(XDB)開発企業「Zytara Labs」と提携

インテル・ミラノ:仮想通貨DigitalBits(XDB)開発企業「Zytara Labs」と提携

米格付け大手ムーディーズ「暗号資産アナリスト」の求人募集

米格付け大手ムーディーズ「暗号資産アナリスト」の求人募集

SBI VCトレード:2021年9月16日に「新規2銘柄」取扱いへ

SBI VCトレード:2021年9月16日に「新規2銘柄」取扱いへ

ソーシャル検索プラットフォーム「ソクシル」公開|ブロックチェーン用いた還元機能も検討

ソーシャル検索プラットフォーム「ソクシル」公開|ブロックチェーン用いた還元機能も検討

MicroStrategy:ビットコイン「267億円相当」を追加購入

MicroStrategy:ビットコイン「267億円相当」を追加購入

コインチェック:NFT事業でファッションブランド「TOMO KOIZUMI」と連携

コインチェック:NFT事業でファッションブランド「TOMO KOIZUMI」と連携

ビットポイント「Cardano(ADA)の入金・出金サービス」提供開始日時を発表

ビットポイント「Cardano(ADA)の入金・出金サービス」提供開始日時を発表

ビットコイン価格、過去最高値突破すれば「放物線状の動き」で10万ドルになる可能性:PrimeXBTアナリスト Kim Chua氏

ビットコイン価格、過去最高値突破すれば「放物線状の動き」で10万ドルになる可能性:PrimeXBTアナリスト Kim Chua氏

チリーズ(Chiliz)2021年第2四半期に「合計8,888,888CHZ」をバーン

チリーズ(Chiliz)2021年第2四半期に「合計8,888,888CHZ」をバーン

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産取引所「Bitgate(ビットゲート)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産取引所「Bitgate(ビットゲート)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーケービー(OKB)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーケービー(OKB)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す