イーサリアムブロックチェーン用いたスニーカー「Satoshi_one」発売:フランス・パリ

by BITTIMES

イーサリアム(Ethereum/ETH)のブロックチェーンを活用したスニーカーがフランス・パリのブランド「satoshi_studio」のよって発売されました。材料にもこだわって作成されているこの靴の情報は、ブロックチェーンに記録されているため、購入者はアプリで情報を確認したり、自分の所有権を記録したりすることができるようになっています。

こちらから読む:スニーカーの情報を安全に記録できる「ブロックチェーン」の仕組み

超高品質スニーカー「Satoshi_one」発売

フランス・パリのブランドである「satoshi_studio」は、イーサリアム(Ethereum/ETH)のブロックチェーン技術を用いたスニーカー「Satoshi_one」を発売することを発表しました。

「Satoshi_one」は、パリのスタジオでデザインされた後に、ポルトガルのフェルゲイラスにある世界最高の職人の手で仕上げられています。スニーカーには"超高品質なイタリアンレザー"が使用されており、単色で仕上げられたスマートな靴の側面には、ビットコインの発案者であるサトシ・ナカモト(Satoshi Nakamoto)に対する"敬意の証"として、ビットコインの最小単位である「0.00000001」の文字が刻まれています。

3㎝のカップソールは100%ゴムで作られており、単に接着されているだけでなく縫い付けられてもいるため、毎日集中的に使用しても長期に履き続けることができるような強度を誇っていると説明されています。

イーサリアムブロックチェーンに「所有権」を記録

(画像:satoshi-studio.com)(画像:satoshi-studio.com)

「Satoshi_one」が生産された日付や使用された材料などは全てイーサリアムのブロックチェーンに記録されます。「satoshi_studio」はスニーカーの情報が記録されたERC-20トークンを生成します。

スニーカーに付属しているラベルホルダーには無線によるタッチ通信が可能な「NFCタグ」がついているため、購入者はアプリを介してタグをスキャンするか、コードを入力することで自分が靴の所有者であることを記録することができます。他の誰かがコードを複製・スキャンした場合には、証明書と所有者の情報のみが表示されるようになっており、所有権を取得することはできないようになっていると説明されています。所有権を譲渡できるのは、自分のウォレットと秘密鍵を持っている所有者のみとされています。

「Satoshi_one」は2019年6月18日から発売されており、109ドル〜139ドル(約11,700〜14,980円)で販売されています。支払い方法としては、
ビットコイン(Bitcoin/BTC)
イーサリアム(Ethereum/ETH)
ライトコイン(Litecoin/LTC)
・法定通貨
が使用できるようになっています。

スニーカーのカラーは「黒・白・灰色・ダークブルー」の4色となっており、配達時期は10月頃とされています。ユニークなスニーカーをお探しの方は購入を検討されてみてはいかがでしょうか?

>>「satoshi_studio」の公式サイトはこちら

イーサリアム(ETH)などの購入は豊富な仮想通貨を取り扱っている仮想通貨取引所Coincheckからどうぞ。

仮想通貨取引所Coincheckの画像 仮想通貨取引所Coincheckの登録ページはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

仮想通貨×野球まとめ|ブロックチェーンでさらに躍進する球団と選手たち

仮想通貨×野球まとめ|ブロックチェーンでさらに躍進する球団と選手たち

Hyundai:ブロックチェーン活用した電気自動車(EV)の「性能コントロール技術」を開発

Hyundai:ブロックチェーン活用した電気自動車(EV)の「性能コントロール技術」を開発

インドが仮想通貨ペトロの取引を停止

インドが仮想通貨ペトロの取引を停止

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

DAG(有向非巡回グラフ)とは?

DAG(有向非巡回グラフ)とは?

「1BTC or 1ドル」貰うならどっち?米大学生アンケート、圧倒的な結果に

「1BTC or 1ドル」貰うならどっち?米大学生アンケート、圧倒的な結果に

注目度の高い仮想通貨ニュース

【重要】Tron詐欺の「フェイクニュース」に要注意|TRX持ち逃げ事件の真相は?

【重要】Tron詐欺の「フェイクニュース」に要注意|TRX持ち逃げ事件の真相は?

Cardano(ADA)待望の「Shelleyテストネット」公開|ステーキング報酬システムにも期待

Cardano(ADA)待望の「Shelleyテストネット」公開|ステーキング報酬システムにも期待

Amazonなどで使えるビットコイン決済アプリ「FOLD」Lightning Networkに対応

Amazonなどで使えるビットコイン決済アプリ「FOLD」Lightning Networkに対応

DMM Bitcoin:仮想通貨リップル(XRP)の「現物取引」提供へ|本日18時から

DMM Bitcoin:仮想通貨リップル(XRP)の「現物取引」提供へ|本日18時から

カルダノ財団:仮想通貨業界の規制ガイドライン策定団体「GDF」に参加

カルダノ財団:仮想通貨業界の規制ガイドライン策定団体「GDF」に参加

ビットコインの上昇トレンド「900日間」続く見込み|人気トレーダーが強気予想

ビットコインの上昇トレンド「900日間」続く見込み|人気トレーダーが強気予想

バフェットランチは「歴史ある3つ星レストラン」で|Tron記者会見も開催予定

バフェットランチは「歴史ある3つ星レストラン」で|Tron記者会見も開催予定

Tron CEO落札の「バフェットランチ」にライトコイン創業者「Charlie Lee」が参加

Tron CEO落札の「バフェットランチ」にライトコイン創業者「Charlie Lee」が参加

ネム(NEM)ブロックチェーンで「歯髄細胞」の流通管理|岐阜県が研究助成金を提供

ネム(NEM)ブロックチェーンで「歯髄細胞」の流通管理|岐阜県が研究助成金を提供

日本政府:新たな暗号技術を模索「耐量子コンピューター」を重要視|2023年導入目指す

日本政府:新たな暗号技術を模索「耐量子コンピューター」を重要視|2023年導入目指す

仮想通貨取引所などに「顧客情報の共有」求める|FATFが「ガイダンス」を公開

仮想通貨取引所などに「顧客情報の共有」求める|FATFが「ガイダンス」を公開

規制準拠した「仮想通貨デリバティブ取引所」設立を計画|米フィンテック企業trueDigital

規制準拠した「仮想通貨デリバティブ取引所」設立を計画|米フィンテック企業trueDigital

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

ポルシェ:ブロックチェーンを活用した「次世代スマートカー」計画

ポルシェ:ブロックチェーンを活用した「次世代スマートカー」計画

トヨタ(TOYOTA):ブロックチェーンや最新技術で「モビリティ社会」の新時代へ

トヨタ(TOYOTA):ブロックチェーンや最新技術で「モビリティ社会」の新時代へ

人気のタグから探す