イーサリアムブロックチェーン用いたスニーカー「Satoshi_one」発売:フランス・パリ

by BITTIMES

イーサリアム(Ethereum/ETH)のブロックチェーンを活用したスニーカーがフランス・パリのブランド「satoshi_studio」のよって発売されました。材料にもこだわって作成されているこの靴の情報は、ブロックチェーンに記録されているため、購入者はアプリで情報を確認したり、自分の所有権を記録したりすることができるようになっています。

こちらから読む:スニーカーの情報を安全に記録できる「ブロックチェーン」の仕組み

超高品質スニーカー「Satoshi_one」発売

フランス・パリのブランドである「satoshi_studio」は、イーサリアム(Ethereum/ETH)のブロックチェーン技術を用いたスニーカー「Satoshi_one」を発売することを発表しました。

「Satoshi_one」は、パリのスタジオでデザインされた後に、ポルトガルのフェルゲイラスにある世界最高の職人の手で仕上げられています。スニーカーには"超高品質なイタリアンレザー"が使用されており、単色で仕上げられたスマートな靴の側面には、ビットコインの発案者であるサトシ・ナカモト(Satoshi Nakamoto)に対する"敬意の証"として、ビットコインの最小単位である「0.00000001」の文字が刻まれています。

3㎝のカップソールは100%ゴムで作られており、単に接着されているだけでなく縫い付けられてもいるため、毎日集中的に使用しても長期に履き続けることができるような強度を誇っていると説明されています。

イーサリアムブロックチェーンに「所有権」を記録

(画像:satoshi-studio.com)(画像:satoshi-studio.com)

「Satoshi_one」が生産された日付や使用された材料などは全てイーサリアムのブロックチェーンに記録されます。「satoshi_studio」はスニーカーの情報が記録されたERC-20トークンを生成します。

スニーカーに付属しているラベルホルダーには無線によるタッチ通信が可能な「NFCタグ」がついているため、購入者はアプリを介してタグをスキャンするか、コードを入力することで自分が靴の所有者であることを記録することができます。他の誰かがコードを複製・スキャンした場合には、証明書と所有者の情報のみが表示されるようになっており、所有権を取得することはできないようになっていると説明されています。所有権を譲渡できるのは、自分のウォレットと秘密鍵を持っている所有者のみとされています。

「Satoshi_one」は2019年6月18日から発売されており、109ドル〜139ドル(約11,700〜14,980円)で販売されています。支払い方法としては、
ビットコイン(Bitcoin/BTC)
イーサリアム(Ethereum/ETH)
ライトコイン(Litecoin/LTC)
・法定通貨
が使用できるようになっています。

スニーカーのカラーは「黒・白・灰色・ダークブルー」の4色となっており、配達時期は10月頃とされています。ユニークなスニーカーをお探しの方は購入を検討されてみてはいかがでしょうか?

>>「satoshi_studio」の公式サイトはこちら

イーサリアム(ETH)などの購入は豊富な仮想通貨を取り扱っている仮想通貨取引所Coincheckからどうぞ。

仮想通貨取引所Coincheckの画像 仮想通貨取引所Coincheckの登録ページはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

シンガポール中央銀行「ブロックチェーン決済ネットワーク」商業展開の準備完了

シンガポール中央銀行「ブロックチェーン決済ネットワーク」商業展開の準備完了

フライト遅延時に「ビットコイン」で補償金支払いへ:Colibra

フライト遅延時に「ビットコイン」で補償金支払いへ:Colibra

Hyperledgerのブロックチェーンプロジェクトに「Alibaba Cloud」など12社が参加

Hyperledgerのブロックチェーンプロジェクトに「Alibaba Cloud」など12社が参加

バミューダ証券取引所:NASDAQ×Hashdexの「仮想通貨ETF」を承認

バミューダ証券取引所:NASDAQ×Hashdexの「仮想通貨ETF」を承認

WikiLeaks Shop:ビットコインの「ライトニングネットワーク決済」に対応

WikiLeaks Shop:ビットコインの「ライトニングネットワーク決済」に対応

Poloniex:TRON基盤のIEOプラットフォーム「LaunchBase」公開へ

Poloniex:TRON基盤のIEOプラットフォーム「LaunchBase」公開へ

注目度の高い仮想通貨ニュース

仮想通貨を「ギャンブル用口座」に送金する技術で特許取得:カジノ機器製造大手IGT

仮想通貨を「ギャンブル用口座」に送金する技術で特許取得:カジノ機器製造大手IGT

カルダノ創設者「リップル訴訟問題」に言及|XRP=証券ではないが配布方法に問題あり?

カルダノ創設者「リップル訴訟問題」に言及|XRP=証券ではないが配布方法に問題あり?

闇サイト「White House Market」ビットコイン決済のサポートを終了

闇サイト「White House Market」ビットコイン決済のサポートを終了

Braveブラウザ:分散型システム「IPFS」をサポート|Protocol Labsと協力

Braveブラウザ:分散型システム「IPFS」をサポート|Protocol Labsと協力

暗号資産取引所「CoinBest(コインベスト)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産取引所「CoinBest(コインベスト)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

ディーカレット「XRP売買サービス」再開へ|1日あたりの最大注文数量は変更に

ディーカレット「XRP売買サービス」再開へ|1日あたりの最大注文数量は変更に

ロシア最大手銀行:独自ステーブルコイン「2021年春に発行」の可能性

ロシア最大手銀行:独自ステーブルコイン「2021年春に発行」の可能性

XRP投資家:米地裁に「リップル訴訟の内容修正」求める|今のXRPは証券ではないと主張

XRP投資家:米地裁に「リップル訴訟の内容修正」求める|今のXRPは証券ではないと主張

ブロックチェーンで「運送業者に対する配送前の融資提供」実現へ:日立・みずほなど5社

ブロックチェーンで「運送業者に対する配送前の融資提供」実現へ:日立・みずほなど5社

暗号資産「エンジンコイン(Enjin Coin/ENJ)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「エンジンコイン(Enjin Coin/ENJ)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

資産運用大手Grayscale:XRPを売却し「BTC・ETH・LTC」などに再投資

資産運用大手Grayscale:XRPを売却し「BTC・ETH・LTC」などに再投資

ビットコイン価格「400万円台」に到達|今後は下落・修正に要注意?

ビットコイン価格「400万円台」に到達|今後は下落・修正に要注意?

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「エンジンコイン(Enjin Coin/ENJ)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「エンジンコイン(Enjin Coin/ENJ)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ポルカドット(Polkadot/DOT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ポルカドット(Polkadot/DOT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ステラ(Stellar/XLM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ステラ(Stellar/XLM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ステーブルコインとは?「種類・特徴・違い」などを初心者向けにわかりやすく解説

ステーブルコインとは?「種類・特徴・違い」などを初心者向けにわかりやすく解説

日本国内取引所「XRP関連サービス一時停止」に関する発表まとめ【随時更新】

日本国内取引所「XRP関連サービス一時停止」に関する発表まとめ【随時更新】

暗号資産「テザー(Tether/USDT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「テザー(Tether/USDT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す