イーサリアムが「Amazon」で使えるブラウザ拡張機能開発へ|仮想通貨決済企業CLIC

by BITTIMES

イーサリアム2.0の実装予定日が明らかになり、注目を集めている「Ethereum(ETH)」が、近い将来Amazon(アマゾン)での買い物にも使用できるようになるかもしれません。仮想通貨決済企業である「CLIC社」は、2019年6月14日に「AmazonでETH決済ができるブラウザ拡張機能」を開発していることを発表しました。

こちらから読む:2020年、ETHは"2.0"へ「イーサリアム」関連ニュース

「アマゾンでETH決済」を現実に|CLIC×Opporty

仮想通貨決済サービスを手がけている「CLIC社」は、2019年6月14日にブロックチェーンのB2Bプラットフォームを提供する「Opporty(オポーティ)社」と協力してAmazonでイーサリアム決済ができるブラウザ拡張機能を開発していることを発表しました。

イーサリアム(ETH)が1秒間に処理することができるトランザクション(取引)数はおよそ20件となっていますが、一般的な既存の金融システムで処理されている取引量に比べると"ETHの処理数は非常に少ない"ということが問題となっていました。具体的な例としては「Amazonは1秒間に300件の取引を処理している」と報告されています。

新しいブラウザ拡張機能の開発に取り組んでいる両社は、2018年3月にイーサリアムの共同設立者であるVitalik Buterin(ヴィタリック・ブテリン)氏が発表した「Plasma Cash(プラズマ・キャッシュ)」と呼ばれる新技術を活用することによって、イーサリアムのトランザクション速度をVisa(ビザ)Mastercard(マスターカード)を超えるほどにまで加速させることができると説明しています。

またこの他にも「ERC-20トークン」や「ERC-721トークン」などといったイーサリアムの規格に基づいた仮想通貨にも対応していく予定だと伝えられています。

「CLIC」のCEOであるRoman Bond(ローマン・ボンド)氏は、公式発表の中で『eコマース市場への仮想通貨導入は、2つの次世代産業の融合である』と語っています。

オンラインショップで使える「便利な拡張機能」

ここ最近では、Amazonのようなオンラインショップで仮想通貨を気軽に利用できるようにするための拡張機能が続々と開発されてきています。

今年4月には仮想通貨決済企業である「MOON(ムーン)」がLightning Network(ライトニングネットワーク)を介したビットコイン決済を複数のオンラインショップで可能にする拡張機能を発表しており、5月にはオンラインショップで表示されている商品の価格を自動的に「リアルタイムのBTC価格」に換算して表示させることができる「Get Used to Bitcoin」などもリリースされています。

このようなサービスの開発が進み、実際に利用者が増えていくことになれば、Amazon自体が仮想通貨決済を正式に受け入れる日が訪れる可能性もあると言えるでしょう。

2019年6月17日|イーサリアム(Ethereum/ETH)の価格

イーサリアム(Ethereum/ETH)の価格は先日16日に30,000円近くまで上昇したものの、今のところ2万円台での推移を続けており、2019年6月17日時点では「1ETH=29,430円」で取引されています。

2018年6月10日〜2019年6月17日 ETHのチャート(引用:coingecko.com)2018年6月10日〜2019年6月17日 ETHのチャート(引用:coingecko.com)

イーサリアム(ETH)などの購入は豊富な仮想通貨を取り扱っている仮想通貨取引所Coincheckからどうぞ。

仮想通貨取引所Coincheckの画像 仮想通貨取引所Coincheckの登録ページはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

ランボルギーニを売却して「ビットコイン(BTC)投資」へ:モルガン・クリーク創設者

ランボルギーニを売却して「ビットコイン(BTC)投資」へ:モルガン・クリーク創設者

中央銀行による「デジタル通貨発行」現実的に:国際通貨基金(IMF)調査報告

中央銀行による「デジタル通貨発行」現実的に:国際通貨基金(IMF)調査報告

仮想通貨マイニングに「オーディオファイル」を悪用|埋め込み型マルウェアに要注意

仮想通貨マイニングに「オーディオファイル」を悪用|埋め込み型マルウェアに要注意

仮想通貨DASHが「ケンタッキーフライドチキン(KFC)」で利用可能に:ベネズエラ

仮想通貨DASHが「ケンタッキーフライドチキン(KFC)」で利用可能に:ベネズエラ

米TIMEマガジン「暗号資産の説明動画制作」でGrayscaleと提携|BTC保有の報告も

米TIMEマガジン「暗号資産の説明動画制作」でGrayscaleと提携|BTC保有の報告も

Ripple社:2020年初頭から「ブラジル金融機関」との提携拡大へ

Ripple社:2020年初頭から「ブラジル金融機関」との提携拡大へ

注目度の高い仮想通貨ニュース

ビットポイント:トロン(Tron/TRX)がもらえる「口座開設キャンペーン」開始

ビットポイント:トロン(Tron/TRX)がもらえる「口座開設キャンペーン」開始

【FiNANCiE】渋谷生まれのフットボールクラブ「SHIBUYA CITY FC」のトークン販売開始

【FiNANCiE】渋谷生まれのフットボールクラブ「SHIBUYA CITY FC」のトークン販売開始

GMOインターネット「NFT市場」参入へ|アート・音楽作品の流通プラットフォームを構築

GMOインターネット「NFT市場」参入へ|アート・音楽作品の流通プラットフォームを構築

【Chiliz&Socios】総合格闘技団体「PFL」の公式ファントークン発売へ|米国初の発行

【Chiliz&Socios】総合格闘技団体「PFL」の公式ファントークン発売へ|米国初の発行

イラスト作品のNFTを発行できる「NFT Studio」3月22日公開へ|クレカ決済にも対応

イラスト作品のNFTを発行できる「NFT Studio」3月22日公開へ|クレカ決済にも対応

OKCoinJapan「ビットコイン建て現物取引サービス」提供へ|新たに4通貨ペアを追加

OKCoinJapan「ビットコイン建て現物取引サービス」提供へ|新たに4通貨ペアを追加

ビットコインで不動産購入「イエリーチBTC決済」公開へ:ネクサスエージェント

ビットコインで不動産購入「イエリーチBTC決済」公開へ:ネクサスエージェント

Coincheck NFT(β版)サービス開始記念「ETHプレゼントキャンペーン」開催

Coincheck NFT(β版)サービス開始記念「ETHプレゼントキャンペーン」開催

メルカリ:暗号資産関連子会社「メルコイン」設立へ|BTC・NFTの活用も計画

メルカリ:暗号資産関連子会社「メルコイン」設立へ|BTC・NFTの活用も計画

米SEC:暗号資産の証券登録に「3年間の猶予期間」与える提案の最新版を公開

米SEC:暗号資産の証券登録に「3年間の猶予期間」与える提案の最新版を公開

Facebook利用者5億人分の個人情報が「ネット上で無料公開」仮想通貨保有者も要注意

Facebook利用者5億人分の個人情報が「ネット上で無料公開」仮想通貨保有者も要注意

【Coincheck NFT】The Sandboxの仮想土地「LAND」発売へ|合計33個を販売予定

【Coincheck NFT】The Sandboxの仮想土地「LAND」発売へ|合計33個を販売予定

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説NEW

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーエムジー(OMG Network/OMG)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーエムジー(OMG Network/OMG)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ベーシック・アテンション・トークン(BAT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ベーシック・アテンション・トークン(BAT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シータ(Theta Network/THETA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シータ(Theta Network/THETA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「トロン(Tron/TRX)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「トロン(Tron/TRX)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産取引所「CoinTrade(コイントレード)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産取引所「CoinTrade(コイントレード)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

人気のタグから探す