イーサリアムが「Amazon」で使えるブラウザ拡張機能開発へ|仮想通貨決済企業CLIC

by BITTIMES

イーサリアム2.0の実装予定日が明らかになり、注目を集めている「Ethereum(ETH)」が、近い将来Amazon(アマゾン)での買い物にも使用できるようになるかもしれません。仮想通貨決済企業である「CLIC社」は、2019年6月14日に「AmazonでETH決済ができるブラウザ拡張機能」を開発していることを発表しました。

こちらから読む:2020年、ETHは"2.0"へ「イーサリアム」関連ニュース

「アマゾンでETH決済」を現実に|CLIC×Opporty

仮想通貨決済サービスを手がけている「CLIC社」は、2019年6月14日にブロックチェーンのB2Bプラットフォームを提供する「Opporty(オポーティ)社」と協力してAmazonでイーサリアム決済ができるブラウザ拡張機能を開発していることを発表しました。

イーサリアム(ETH)が1秒間に処理することができるトランザクション(取引)数はおよそ20件となっていますが、一般的な既存の金融システムで処理されている取引量に比べると"ETHの処理数は非常に少ない"ということが問題となっていました。具体的な例としては「Amazonは1秒間に300件の取引を処理している」と報告されています。

新しいブラウザ拡張機能の開発に取り組んでいる両社は、2018年3月にイーサリアムの共同設立者であるVitalik Buterin(ヴィタリック・ブテリン)氏が発表した「Plasma Cash(プラズマ・キャッシュ)」と呼ばれる新技術を活用することによって、イーサリアムのトランザクション速度をVisa(ビザ)Mastercard(マスターカード)を超えるほどにまで加速させることができると説明しています。

またこの他にも「ERC-20トークン」や「ERC-721トークン」などといったイーサリアムの規格に基づいた仮想通貨にも対応していく予定だと伝えられています。

「CLIC」のCEOであるRoman Bond(ローマン・ボンド)氏は、公式発表の中で『eコマース市場への仮想通貨導入は、2つの次世代産業の融合である』と語っています。

オンラインショップで使える「便利な拡張機能」

ここ最近では、Amazonのようなオンラインショップで仮想通貨を気軽に利用できるようにするための拡張機能が続々と開発されてきています。

今年4月には仮想通貨決済企業である「MOON(ムーン)」がLightning Network(ライトニングネットワーク)を介したビットコイン決済を複数のオンラインショップで可能にする拡張機能を発表しており、5月にはオンラインショップで表示されている商品の価格を自動的に「リアルタイムのBTC価格」に換算して表示させることができる「Get Used to Bitcoin」などもリリースされています。

このようなサービスの開発が進み、実際に利用者が増えていくことになれば、Amazon自体が仮想通貨決済を正式に受け入れる日が訪れる可能性もあると言えるでしょう。

2019年6月17日|イーサリアム(Ethereum/ETH)の価格

イーサリアム(Ethereum/ETH)の価格は先日16日に30,000円近くまで上昇したものの、今のところ2万円台での推移を続けており、2019年6月17日時点では「1ETH=29,430円」で取引されています。

2018年6月10日〜2019年6月17日 ETHのチャート(引用:coingecko.com)2018年6月10日〜2019年6月17日 ETHのチャート(引用:coingecko.com)

イーサリアム(ETH)などの購入は豊富な仮想通貨を取り扱っている仮想通貨取引所Coincheckからどうぞ。

仮想通貨取引所Coincheckの画像 仮想通貨取引所Coincheckの登録ページはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

Bithumbがハッキング被害に!仮想通貨約33億円相当が流出

Bithumbがハッキング被害に!仮想通貨約33億円相当が流出

イーサリアム(ETH)がもはや「アルトコインではない」7つの理由

イーサリアム(ETH)がもはや「アルトコインではない」7つの理由

モバイルゲーム業界で「Cardano/ADA」導入促進|EMURGOが韓国政府公認団体とMOU締結

モバイルゲーム業界で「Cardano/ADA」導入促進|EMURGOが韓国政府公認団体とMOU締結

Ripple社のライバル「SWIFT」がR3と提携|分散型台帳技術の統合を発表

Ripple社のライバル「SWIFT」がR3と提携|分散型台帳技術の統合を発表

ニューヨーク州が仮想通貨のタスクフォースを立ち上げか

ニューヨーク州が仮想通貨のタスクフォースを立ち上げか

ジョン・マカフィー:一部アルトコイン価格「10倍増」宣言|BTC強気予想も維持

ジョン・マカフィー:一部アルトコイン価格「10倍増」宣言|BTC強気予想も維持

注目度の高い仮想通貨ニュース

公共・行政サービスへの「ブロックチェーン活用」を計画:トルコ政府2023年戦略

公共・行政サービスへの「ブロックチェーン活用」を計画:トルコ政府2023年戦略

ほぼ全てのアルトコイン「最終的には無価値」に:アンソニー・ポンプリアーノ

ほぼ全てのアルトコイン「最終的には無価値」に:アンソニー・ポンプリアーノ

JVCEA:国内仮想通貨取引所の「統計情報(最新版)」を公開|口座数は300万を突破

JVCEA:国内仮想通貨取引所の「統計情報(最新版)」を公開|口座数は300万を突破

Binance US:新規口座登録と仮想通貨入金「来週から」受付開始|最初は6銘柄に対応

Binance US:新規口座登録と仮想通貨入金「来週から」受付開始|最初は6銘柄に対応

イオンアジア:ブロックチェーンを「医薬品のトレーサビリティ」に活用|信頼性向上へ

イオンアジア:ブロックチェーンを「医薬品のトレーサビリティ」に活用|信頼性向上へ

ツバイスペース:ブロックチェーン活用した「不動産売買サイト」公開|最大80%割引も

ツバイスペース:ブロックチェーン活用した「不動産売買サイト」公開|最大80%割引も

中国ベンツ:ブロックチェーン基盤の「中古車価格自動計算プラットフォーム」活用へ

中国ベンツ:ブロックチェーン基盤の「中古車価格自動計算プラットフォーム」活用へ

Binance US:ADA・BATなど「仮想通貨5銘柄」の入金受付を開始

Binance US:ADA・BATなど「仮想通貨5銘柄」の入金受付を開始

ブロックチェーン・仮想通貨ニュース週間まとめ|2019年9月1日〜7日

ブロックチェーン・仮想通貨ニュース週間まとめ|2019年9月1日〜7日

Manchester City FCがブロックチェーン企業と提携|韓国・日本などで公式ゲーム提供へ

Manchester City FCがブロックチェーン企業と提携|韓国・日本などで公式ゲーム提供へ

アメリカ空軍(USAF)ブロックチェーン企業「Constellation Network」と提携

アメリカ空軍(USAF)ブロックチェーン企業「Constellation Network」と提携

イーサリアムのハードフォーク「Istanbul」テストネット立ち上げは延期に

イーサリアムのハードフォーク「Istanbul」テストネット立ち上げは延期に

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

国内仮想通貨取引所:消費税増税後の「各種手数料」まとめ

国内仮想通貨取引所:消費税増税後の「各種手数料」まとめ

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

ポルシェ:ブロックチェーンを活用した「次世代スマートカー」計画

ポルシェ:ブロックチェーンを活用した「次世代スマートカー」計画

人気のタグから探す