イーサリアム2.0「セレニティ・フェーズ0」実装予定日が判明|新たな時代の幕開け

by BITTIMES

イーサリアム財団は先日開催された電話会議の中で、イーサリアム(Ethereum/ETH)の次のアップデート「Ethereum 2.0(Serenity/セレニティ)」の初期段階である「フェーズ0」の実装予定日として"2020年1月3日"を提案しました。プルーフ・オブ・ステーク(Proof-of-Stake/PoS)に移行するための重要なステップでもある「ETH2.0」ローンチの具体的な日程が発表されたことによって、仮想通貨業界からの注目が集まっています。

こちらから読む:有名サッカークラブが"ETH決済"に対応「イーサリアム」関連ニュース

イーサリアム2.0「2020年1月3日」実装へ

イーサリアム財団は2019年6月13日に行われた「Ethereum 2.0の実装会議」で、「Ethereum 2.0(Serenity/セレニティ)」の初期段階となる「フェイズ0」の実装予定日として"2020年1月3日"を提案しました。この日付は、ビットコインがローンチされてから11年目の"記念日"であるとされています。

「Ethereum 2.0」では複数の手順を追って様々な機能が実装されることになりますが、初期段階である「フェーズ0」では、プルーフ・オブ・ステーク(Proof-of-Stake/PoS) に移行するための第一段階となる「Beacon Chain(ビーコンチェーン)」が実装されます。

プルーフ・オブ・ステーク(PoS)とは、ビットコインなどで採用されているプルーフ・オブ・ワーク(Proof-of-Work/PoW)に替わるものであり、仮想通貨を保有している割合(Stake/ステーク)によってブロック承認の割合を決定するものとなっています。

PoSを採用すれば、マイニングなどで必要となる電気代を大幅に削減することができる他、大手企業などの"資金力のあるものしかマイニングで利益を上げることができない"という問題を解決することなどができるようになり、マイニングにおける中央集権化を避けることができると期待されています。

イーサリアムはこのPoSに完全移行するために「PoWとPoSのハイブリッド」を経由する手順を採用しているため、フェーズ0で完全にPoSに移行するということではありませんが、これまで長い間待ち望まれていた「Ethereum 2.0」への具体的な日程の発表は仮想通貨業界の重要なニュースであると言えます。

「Ethereum 2.0」のロードマップ

「Ethereum 2.0」では、PoSコンセンサスメカニズムだけでなく、ブロックチェーンの取引処理を分割してスケーラビリティ問題を解決する「Sharding(シャーディング)」と呼ばれる技術や、イーサリアムを基盤として様々なアプリケーションを構築することができる「イーサリアム・バーチャル・マシン(EVM)」のバージョン2.0などが実装されます。

「Ethereum 2.0」の段階は全部で6段階に分かれており、具体的には以下のような内容とされています。
フェイズ0:PoS Beacon Chain実装
フェイズ1:Sharding実装
フェイズ2:Shard ChainにEVM実装
フェイズ3:ライトクライアントステートプロトコル
フェイズ4:Cross Shardトランザクション
フェイズ5:PoWメインチェーンとの密接な結合
フェイズ6:超二次関数的Shard

各フェーズの具体的な内容は、以下の「GitHub」ページに記載してありますので、そちらをご覧ください。
>>「Ethereum 2.0のロードマップ」はこちら

2019年6月16日|イーサリアム(Ethereum/ETH)の価格

イーサリアム(Ethereum/ETH)の価格は今月10日に「24,000円台」まで下落しましたが、その後は上昇が続いており、2019年6月16日時点では「1ETH=29,845円」で取引されています。

2018年6月2日〜2019年6月16日 ETHのチャート(引用:coingecko.com)2018年6月2日〜2019年6月16日 ETHのチャート(引用:coingecko.com)

イーサリアム(ETH)などの購入は豊富な仮想通貨を取り扱っている仮想通貨取引所Coincheckからどうぞ。

仮想通貨取引所Coincheckの画像 仮想通貨取引所Coincheckの登録ページはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

機関投資家向けビットコイン取引「今後数週間」で開始か:米金融大手Fidelity

機関投資家向けビットコイン取引「今後数週間」で開始か:米金融大手Fidelity

「仮想通貨取引は違法」サウジアラビア規制当局が不認可の判断を明確に

「仮想通貨取引は違法」サウジアラビア規制当局が不認可の判断を明確に

「市場の判断に委ねる」マレーシア中央銀行、規制進める各国とは対照的な意向

「市場の判断に委ねる」マレーシア中央銀行、規制進める各国とは対照的な意向

アパレル大手が「ブロックチェーン商品追跡システム」を試験導入|Vechain×ARKET

アパレル大手が「ブロックチェーン商品追跡システム」を試験導入|Vechain×ARKET

フランス代表FW「Mbappe(ムバッペ)」選手がビットコインを要求|意味深ツイートの真相とは

フランス代表FW「Mbappe(ムバッペ)」選手がビットコインを要求|意味深ツイートの真相とは

国際問題解決に向けブロックチェーン企業6社に「10万ドル」を投資|UNICEF

国際問題解決に向けブロックチェーン企業6社に「10万ドル」を投資|UNICEF

注目度の高い仮想通貨ニュース

Ripple社CEO:将来生き残る仮想通貨は「わずか1%」今後は実用性が重要に

Ripple社CEO:将来生き残る仮想通貨は「わずか1%」今後は実用性が重要に

ゲーム動画配信者に「仮想通貨報酬」提供へ|DLiveとRefereumが提携

ゲーム動画配信者に「仮想通貨報酬」提供へ|DLiveとRefereumが提携

共通仮想通貨で「米ドル依存」に対処|BRICS、新たな決済システムについて協議

共通仮想通貨で「米ドル依存」に対処|BRICS、新たな決済システムについて協議

Bakkt:仮想通貨カストディサービス「全ての機関向け」に提供開始

Bakkt:仮想通貨カストディサービス「全ての機関向け」に提供開始

【レジ係不要】カルダノ(ADA)用いた「セルフ決済システム」を開発:Quanterall

【レジ係不要】カルダノ(ADA)用いた「セルフ決済システム」を開発:Quanterall

【解説動画】カルダノ(ADA)ステーキングのテストネット参加方法(日本語対応)

【解説動画】カルダノ(ADA)ステーキングのテストネット参加方法(日本語対応)

ブロックチェーンで「マンガの売上をファンに還元」権利売買サービスを実証実験:TART

ブロックチェーンで「マンガの売上をファンに還元」権利売買サービスを実証実験:TART

ジョン・マカフィー:仮想通貨「WHACKD」のエアドロップ実施へ|McAfeeDexにも追加予定

ジョン・マカフィー:仮想通貨「WHACKD」のエアドロップ実施へ|McAfeeDexにも追加予定

ビットコイン報酬アプリ「Lolli」Alibabaの提携否定発表に反論

ビットコイン報酬アプリ「Lolli」Alibabaの提携否定発表に反論

大麻業界の「調査コミュニティ構築」にブロックチェーン活用|Broccoli×Measure Protocol

大麻業界の「調査コミュニティ構築」にブロックチェーン活用|Broccoli×Measure Protocol

イーサリアム下落は「買いの機会」著名アナリスト、大型アップデートを前に強気姿勢

イーサリアム下落は「買いの機会」著名アナリスト、大型アップデートを前に強気姿勢

SAMSUNGとの噂も?TRON「1,000億ドル規模の大企業」と来週提携か

SAMSUNGとの噂も?TRON「1,000億ドル規模の大企業」と来週提携か

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

国内仮想通貨取引所:消費税増税後の「各種手数料」まとめ

国内仮想通貨取引所:消費税増税後の「各種手数料」まとめ

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

ポルシェ:ブロックチェーンを活用した「次世代スマートカー」計画

ポルシェ:ブロックチェーンを活用した「次世代スマートカー」計画

人気のタグから探す