Libra(リブラ)は「暗号資産に該当しない」可能性|金融庁の見解傾く

by BITTIMES

金融庁は、Facebook(フェイスブック)が発表した仮想通貨Libra(リブラ)は「暗号資産に当てはまらない可能性が高い」という見解に傾きつつあると報じられています。日本の法律上で"暗号資産に該当しない"との判断が下された場合には、仮想通貨交換業などとは別の登録が必要になる可能性があります。

こちらから読む:早速登場した"詐欺サイト"に要注意「Libra」関連ニュース

「銀行業・資金移動業」の登録が必要に?

Facebook(フェイスブック)が今月発表した仮想通貨「Libra(リブラ)」に対する対応については世界各国で議論が進められており、「Libraの使用を認めるか?」や「認めるのであればどのような規制を適用するか?」などで意見が分かれています。日本経済新聞の報道によると、金融庁は「Libraは暗号資産(仮想通貨)には当てはまらない可能性が高い」との見解に傾いてきていると伝えられています。

資金決済法において、仮想通貨は「法定通貨または法定通貨建ての資産ではない」と位置付けられていますが、Libraは米ドル・ユーロなどといった複数の法定通貨などを組み合わせることによって価格を安定させた「通貨バスケット」に連動したものであり、それらの法定通貨によって価値が裏付けられているため、法的には"一般的な資金取引や送金"とみなされる可能性が高いとされています。

仮想通貨に該当しないとの判断が下された場合、Libraを取り扱うためには「参入要件が厳しい"銀行業"」や「一度に100万円まで送金することが認められている"資金移動業"」をとる必要があると説明されています。キャッシュレス化の動きで普及してきている「LINEPay」や「メルペイ」などはこの"資金移動業"に登録しているとのことです。

マネロン・個人情報保護の懸念も

Libraは、価値も安定していて、送金なども容易であり、Facebookが展開するサービスのユーザー数も非常に多いことなどから「新しい送金手段」として広く普及する可能性があると言われています。

しかしその一方では、国際的に非常に重要な問題とされているマネーロンダリング(資金洗浄)に対する対応や、個人情報の取り扱いなどに対する懸念も高まっています。

マネロン対策を取るためには、Libra利用者の個人情報を収集して適切に管理することが重要となりますが、Facebookは以前に個人情報の流出問題なども起こしているため、適切にデータを保護することができるか?といった問題も残されています。

このような幅広い問題に対処するためには「国際的な協力が必要不可欠である」と言われているため、各国の規制当局がどのような見解を示すかにも注目です。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

Socios:公式SNSで使用する「ハロウィン限定プロフィール画像」のデザイン募集開始

Socios:公式SNSで使用する「ハロウィン限定プロフィール画像」のデザイン募集開始

JCB:ブロックチェーン企業「keychain」とパートナーシップ締結|決済分野で技術活用

JCB:ブロックチェーン企業「keychain」とパートナーシップ締結|決済分野で技術活用

日銀・黒田総裁:記者会見で仮想通貨「Libra(リブラ)」に言及

日銀・黒田総裁:記者会見で仮想通貨「Libra(リブラ)」に言及

BITMAX:最大7万円相当のLINKがもらえる「開業1周年記念キャンペーン」開催

BITMAX:最大7万円相当のLINKがもらえる「開業1周年記念キャンペーン」開催

【HBAR価格高騰】Google:Hedera Hashgraphの「評議会メンバー」に参加

【HBAR価格高騰】Google:Hedera Hashgraphの「評議会メンバー」に参加

二次元特化のNFTマーケットプレイス「PolkaFantasy」公認クリエイター20名を募集

二次元特化のNFTマーケットプレイス「PolkaFantasy」公認クリエイター20名を募集

注目度の高い仮想通貨ニュース

OKCoinJapan:QUOREAとのAPI連携で「ビットコインの自動売買」が可能に

OKCoinJapan:QUOREAとのAPI連携で「ビットコインの自動売買」が可能に

ウクライナ:暗号資産の取引・保有・交換などを「合法化」議会で法案可決

ウクライナ:暗号資産の取引・保有・交換などを「合法化」議会で法案可決

製薬大手Rocheも参加する「dHealth Network」Occamを通じてカルダノエコシステムに参加

製薬大手Rocheも参加する「dHealth Network」Occamを通じてカルダノエコシステムに参加

コインチェック「SorareのNFTレアカード販売日時」が決定|ネイマール選手など49種類

コインチェック「SorareのNFTレアカード販売日時」が決定|ネイマール選手など49種類

チリーズ(Chiliz)2021年第2四半期に「合計8,888,888CHZ」をバーン

チリーズ(Chiliz)2021年第2四半期に「合計8,888,888CHZ」をバーン

Huobi Japan:新たに「QTUM・TRX」取扱いへ|3つの上場記念キャンペーンも開催

Huobi Japan:新たに「QTUM・TRX」取扱いへ|3つの上場記念キャンペーンも開催

PayPal(ペイパル)暗号資産の売買・保有サービス「イギリス」でも提供開始

PayPal(ペイパル)暗号資産の売買・保有サービス「イギリス」でも提供開始

Microsoft「台帳に依存しないトークン発行・管理技術」の特許取得

Microsoft「台帳に依存しないトークン発行・管理技術」の特許取得

OKCoinJapan:500 IOSTが50名様に当たる「フォロー&RTキャンペーン」開始

OKCoinJapan:500 IOSTが50名様に当たる「フォロー&RTキャンペーン」開始

Mastercard:仮想通貨・ブロックチェーン分析企業「CipherTrace」買収へ

Mastercard:仮想通貨・ブロックチェーン分析企業「CipherTrace」買収へ

仮想通貨ステーキングの始め方まとめ「おすすめの方法・取引所」も紹介

仮想通貨ステーキングの始め方まとめ「おすすめの方法・取引所」も紹介

ビットコイン価格、過去最高値突破すれば「放物線状の動き」で10万ドルになる可能性:PrimeXBTアナリスト Kim Chua氏

ビットコイン価格、過去最高値突破すれば「放物線状の動き」で10万ドルになる可能性:PrimeXBTアナリスト Kim Chua氏

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産取引所「Bitgate(ビットゲート)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産取引所「Bitgate(ビットゲート)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーケービー(OKB)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーケービー(OKB)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す