Libra(リブラ)への規制強化で「ビットコイン需要」さらに増加へ:eToro CEO

by BITTIMES   

仮想通貨「Libra(リブラ)」が発表されたことや、ビットコイン(Bitcoin/BTC)の価格が100万円を突破したことなどによって、仮想通貨への関心は再び高まってきており、それと同時に規制を明確化しようとする動きも進んできています。ここ最近では特に「Libraへの対応」について様々な意見が出ていますが、eToro(イートロ)のCEOであるYoni Assia(ヨニ・アシア)氏は「リブラへの規制はビットコインの需要増加につながる」と語っています。

こちらから読む:価格上昇が止まらない「ビットコイン」関連ニュース

規制すればするほど高まる「ビットコイン需要」

Facebook(フェイスブック)などが開発を進めている仮想通貨「Libra(リブラ)」が正式に発表されたことによって、一部では「ビットコインなどの仮想通貨は不要になる」とも言われていましたが、ここ最近ではLibraの共同制作者自身も『リブラとビットコインはカテゴリーが異なる』と発言しているため、Libraの影響でビットコイン需要が下がる可能性は低いと考えられています。

Libraに対する意見に関しては現在も世界中で議論が行われており「一部の国では禁止される可能性もある」とも言われていますが、、世界最大級のソーシャルトレーディングプラットフォーム「eToro(イートロ)」のCEOであるYoni Assia(ヨニ・アシア)氏は『リブラを規制しようとすればするほど、ビットコインの需要は高まることになる』と語っています。

規制当局は、Libraの規制にトライすることができますが、規制を強化すればするほど、規制できないビットコインの採用が進むことになるでしょう。

Facebookのユーザー数は2019年時点で約24億人にものぼっていると報告されているため、Libraが発行されることによって膨大な数の新規ユーザーが仮想通貨市場に参加することになると言われています。これによって仮想通貨市場全体はさらに拡大していくことになると期待されていますが、Libraに対する規制が強化された場合には、一定のユーザーがビットコインのような主流の仮想通貨に流れる可能性があります。

現時点でもビットコインの市場は成長を続けているため、実際にそのような流れになった場合にはこれまでとは比べものにならないほどの成長がビットコイン市場で見られることになるでしょう。

Libra規制に注目する世界各国

仮想通貨に関する規制を国際的に明確化しようとする動きは現在急速に進められていますが、ここ最近のニュースを見ると現在は特に「Libraに対してどのような判断を下すか」に注目が集まっているように感じられます。

これまでの報道では、ロシアやアメリカなどの議員がLibraの取り扱いに反対する意見を語っており、国としてはインド中国イラン・北朝鮮などの国ではLibraのウォレットである「Calibra(カリブラ)」が利用できない可能性があると言われています。

これらの国々は以前からビットコインの普及が進む国としても挙げられていたため、そのような点も含めて今後の対応に注目が集まります。

2019年6月22日|ビットコイン(Bitcoin/BTC)の価格

ビットコイン(Bitcoin/BTC)の価格は、本日22日の12時頃に116万円まで上昇した後に停滞していましたが、その後は再び上昇し始めており、2019年6月22日19時時点では「1BTC=1,172,188円」まで上昇しています。

2019年6月21日〜2019年6月22日 BTCのチャート(引用:coingecko.com)2019年6月21日〜2019年6月22日 BTCのチャート(引用:coingecko.com)

ビットコイン(BTC)などの購入は豊富な仮想通貨を取り扱っている仮想通貨取引所Coincheckからどうぞ。

仮想通貨取引所Coincheckの画像 仮想通貨取引所Coincheckの登録ページはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

オハイオ州:ビットコインによる税金支払いサービスの「一時停止」を発表

オハイオ州:ビットコインによる税金支払いサービスの「一時停止」を発表

リップル社:地域別オンラインイベント「Ripple Swell Regionals」本日から開催へ

リップル社:地域別オンラインイベント「Ripple Swell Regionals」本日から開催へ

HONDA×GM:ブロックチェーン活用した「電気自動車・スマートグリッド」を共同研究

HONDA×GM:ブロックチェーン活用した「電気自動車・スマートグリッド」を共同研究

Huobi子会社:ネバダ州で「信託会社ライセンス」取得|米国での事業再開を計画

Huobi子会社:ネバダ州で「信託会社ライセンス」取得|米国での事業再開を計画

IOTAベースの廃棄物管理センサー「Lidbot」わずか4日で完売

IOTAベースの廃棄物管理センサー「Lidbot」わずか4日で完売

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2020年12月27日〜2021年1月2日

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2020年12月27日〜2021年1月2日

注目度の高い仮想通貨ニュース

XRP擁護派、米国政府に「リップル訴訟の停止」求める|一般国民の署名活動実施中

XRP擁護派、米国政府に「リップル訴訟の停止」求める|一般国民の署名活動実施中

イギリスの暗号資産取引所「Exmo」でハッキング被害|BTC・ETH・XRPなどが流出

イギリスの暗号資産取引所「Exmo」でハッキング被害|BTC・ETH・XRPなどが流出

【Cardano/ADA】資金提供を受ける「11のプロジェクト」が決定|日本関連の提案も多数

【Cardano/ADA】資金提供を受ける「11のプロジェクト」が決定|日本関連の提案も多数

暗号資産取引所FTX:IPO前のCoinbase投資を可能にする「CBSE」提供開始

暗号資産取引所FTX:IPO前のCoinbase投資を可能にする「CBSE」提供開始

コインチェック:3年ぶりに「テレビCM」放映へ|東京・大阪・福岡など26都府県で

コインチェック:3年ぶりに「テレビCM」放映へ|東京・大阪・福岡など26都府県で

セルビア共和国「暗号資産の取引・発行・マイニング」を合法化|デジタル資産法を発効

セルビア共和国「暗号資産の取引・発行・マイニング」を合法化|デジタル資産法を発効

ブロックチェーン・AIで「自動車部品の供給」効率化へ:Hyundai Mobis

ブロックチェーン・AIで「自動車部品の供給」効率化へ:Hyundai Mobis

フィスココイン(FSCC)シンガポールの取引所「Finexbox」に上場|価格への影響は?

フィスココイン(FSCC)シンガポールの取引所「Finexbox」に上場|価格への影響は?

Huobi Japan:合計100名に10HTが当たる「フォロー&リツイートキャンペーン」開催

Huobi Japan:合計100名に10HTが当たる「フォロー&リツイートキャンペーン」開催

闇サイト「White House Market」ビットコイン決済のサポートを終了

闇サイト「White House Market」ビットコイン決済のサポートを終了

Braveブラウザ:分散型システム「IPFS」をサポート|Protocol Labsと協力

Braveブラウザ:分散型システム「IPFS」をサポート|Protocol Labsと協力

ビットバンク:取扱う全てのアルトコインで「出来高日本一」を記録|MONA・XRP・XLMなど

ビットバンク:取扱う全てのアルトコインで「出来高日本一」を記録|MONA・XRP・XLMなど

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「ポルカドット(Polkadot/DOT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ポルカドット(Polkadot/DOT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ステラ(Stellar/XLM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ステラ(Stellar/XLM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ステーブルコインとは?「種類・特徴・違い」などを初心者向けにわかりやすく解説

ステーブルコインとは?「種類・特徴・違い」などを初心者向けにわかりやすく解説

日本国内取引所「XRP関連サービス一時停止」に関する発表まとめ【随時更新】

日本国内取引所「XRP関連サービス一時停止」に関する発表まとめ【随時更新】

暗号資産「テザー(Tether/USDT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「テザー(Tether/USDT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「テゾス(Tezos/XTZ)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「テゾス(Tezos/XTZ)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す