Libra(リブラ)への規制強化で「ビットコイン需要」さらに増加へ:eToro CEO

by BITTIMES   

仮想通貨「Libra(リブラ)」が発表されたことや、ビットコイン(Bitcoin/BTC)の価格が100万円を突破したことなどによって、仮想通貨への関心は再び高まってきており、それと同時に規制を明確化しようとする動きも進んできています。ここ最近では特に「Libraへの対応」について様々な意見が出ていますが、eToro(イートロ)のCEOであるYoni Assia(ヨニ・アシア)氏は「リブラへの規制はビットコインの需要増加につながる」と語っています。

こちらから読む:価格上昇が止まらない「ビットコイン」関連ニュース

規制すればするほど高まる「ビットコイン需要」

Facebook(フェイスブック)などが開発を進めている仮想通貨「Libra(リブラ)」が正式に発表されたことによって、一部では「ビットコインなどの仮想通貨は不要になる」とも言われていましたが、ここ最近ではLibraの共同制作者自身も『リブラとビットコインはカテゴリーが異なる』と発言しているため、Libraの影響でビットコイン需要が下がる可能性は低いと考えられています。

Libraに対する意見に関しては現在も世界中で議論が行われており「一部の国では禁止される可能性もある」とも言われていますが、、世界最大級のソーシャルトレーディングプラットフォーム「eToro(イートロ)」のCEOであるYoni Assia(ヨニ・アシア)氏は『リブラを規制しようとすればするほど、ビットコインの需要は高まることになる』と語っています。

規制当局は、Libraの規制にトライすることができますが、規制を強化すればするほど、規制できないビットコインの採用が進むことになるでしょう。

Facebookのユーザー数は2019年時点で約24億人にものぼっていると報告されているため、Libraが発行されることによって膨大な数の新規ユーザーが仮想通貨市場に参加することになると言われています。これによって仮想通貨市場全体はさらに拡大していくことになると期待されていますが、Libraに対する規制が強化された場合には、一定のユーザーがビットコインのような主流の仮想通貨に流れる可能性があります。

現時点でもビットコインの市場は成長を続けているため、実際にそのような流れになった場合にはこれまでとは比べものにならないほどの成長がビットコイン市場で見られることになるでしょう。

Libra規制に注目する世界各国

仮想通貨に関する規制を国際的に明確化しようとする動きは現在急速に進められていますが、ここ最近のニュースを見ると現在は特に「Libraに対してどのような判断を下すか」に注目が集まっているように感じられます。

これまでの報道では、ロシアやアメリカなどの議員がLibraの取り扱いに反対する意見を語っており、国としてはインド中国イラン・北朝鮮などの国ではLibraのウォレットである「Calibra(カリブラ)」が利用できない可能性があると言われています。

これらの国々は以前からビットコインの普及が進む国としても挙げられていたため、そのような点も含めて今後の対応に注目が集まります。

2019年6月22日|ビットコイン(Bitcoin/BTC)の価格

ビットコイン(Bitcoin/BTC)の価格は、本日22日の12時頃に116万円まで上昇した後に停滞していましたが、その後は再び上昇し始めており、2019年6月22日19時時点では「1BTC=1,172,188円」まで上昇しています。

2019年6月21日〜2019年6月22日 BTCのチャート(引用:coingecko.com)2019年6月21日〜2019年6月22日 BTCのチャート(引用:coingecko.com)

ビットコイン(BTC)などの購入は豊富な仮想通貨を取り扱っている仮想通貨取引所Coincheckからどうぞ。

仮想通貨取引所Coincheckの画像 仮想通貨取引所Coincheckの登録ページはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

【速報】BITPoint:仮想通貨「約35億円相当」が流出|ホットウォレットの資産が被害に

【速報】BITPoint:仮想通貨「約35億円相当」が流出|ホットウォレットの資産が被害に

【公式発表】TelegramのTONブロックチェーン「10月後半」公開へ

【公式発表】TelegramのTONブロックチェーン「10月後半」公開へ

BSV価格100%高騰|クレイグ・ライト氏「110万BTCの鍵情報」入手か

BSV価格100%高騰|クレイグ・ライト氏「110万BTCの鍵情報」入手か

ビットコインの歴史を一覧表で簡単解説!価格推移もわかりやすく

ビットコインの歴史を一覧表で簡単解説!価格推移もわかりやすく

gumi Cryptos:仮想通貨「Ontology」とパートナーシップ締結|日本市場進出をサポート

gumi Cryptos:仮想通貨「Ontology」とパートナーシップ締結|日本市場進出をサポート

eToro:プレミアリーグの7チームと提携!契約金はビットコイン払い

eToro:プレミアリーグの7チームと提携!契約金はビットコイン払い

注目度の高い仮想通貨ニュース

GMO:日本円連動型のステーブルコイン「GYEN」5月中に公開へ

GMO:日本円連動型のステーブルコイン「GYEN」5月中に公開へ

ビットコインの「半減期」とは?価格への影響・重要ポイントなどを初心者向けに解説

ビットコインの「半減期」とは?価格への影響・重要ポイントなどを初心者向けに解説

Bittrex Global:2020年6月に「取引所トークン」公開へ

Bittrex Global:2020年6月に「取引所トークン」公開へ

Google検索における「仮想通貨関連の詐欺広告」止まらず|なぜ掲載は続くのか?

Google検索における「仮想通貨関連の詐欺広告」止まらず|なぜ掲載は続くのか?

仮想通貨取引所「GMOコイン」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

仮想通貨取引所「GMOコイン」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

Libra協会に政府系ファンドを含む「投資会社3社」が参加

Libra協会に政府系ファンドを含む「投資会社3社」が参加

仮想通貨取引所Deribit「日本居住者向けサービス」を停止

仮想通貨取引所Deribit「日本居住者向けサービス」を停止

Google:Chrome拡張機能の「仮想通貨関連詐欺アプリ」を一斉削除|新ルールも導入

Google:Chrome拡張機能の「仮想通貨関連詐欺アプリ」を一斉削除|新ルールも導入

暗号資産取引所からの「第一種金融商品取引業者」登録報告続く|法改正に対応

暗号資産取引所からの「第一種金融商品取引業者」登録報告続く|法改正に対応

EOS開発企業「SNS投稿による収益化」を実現する技術で特許取得

EOS開発企業「SNS投稿による収益化」を実現する技術で特許取得

仮想通貨決済で日本商品を世界へ「ゼンマーケット」合計50銘柄に対応

仮想通貨決済で日本商品を世界へ「ゼンマーケット」合計50銘柄に対応

マンガ×ブロックチェーンの「コミカブカード」NFTマーケットプレイスで取引可能に

マンガ×ブロックチェーンの「コミカブカード」NFTマーケットプレイスで取引可能に

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

Cardano(ADA)決済「対応店舗」一覧【仮想通貨が使えるお店】

Cardano(ADA)決済「対応店舗」一覧【仮想通貨が使えるお店】

【2020年】ビットコイン、仮想通貨関連の「注目イベント」一覧

【2020年】ビットコイン、仮想通貨関連の「注目イベント」一覧

仮想通貨に関する「詐欺の種類・手法」まとめ|被害防止のための対策・注意点も

仮想通貨に関する「詐欺の種類・手法」まとめ|被害防止のための対策・注意点も

国内仮想通貨取引所:消費税増税後の「各種手数料」まとめ

国内仮想通貨取引所:消費税増税後の「各種手数料」まとめ

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

人気のタグから探す