ビットコイン、わずか半日で「20%」上昇|価格調整は終了したのか?

by BITTIMES

ビットコイン(Bitcoin/BTC)の価格は先日2日に105万円近くまで下落したものの、その後はわずか半日で20%上昇し、一時的に「125万円」まで回復しました。しかしその後は停滞する動きが続いており、再び下落する傾向も見られていますが、仮想通貨業界で人気のアナリストたちは「ビットコインはすでに底を打っている可能性がある」ということを語っています。

こちらから読む:BTC価格、ジンバブエで一時"800万円"超え「ビットコイン」関連ニュース

BTC価格「急上昇」1万ドルで底打ちか?

ビットコイン(BTC)の価格は先日2日の午後8時頃に105万円近くまで下落しましたが、その後は短期間で20%近く上昇し、本日3日の午後2時頃には125万円近くにまで回復しました。

このような動きを見た一部の専門家は「ビットコインは10,000ドル(約108万円)で底を打った可能性がある」とも語っており、今後の動きには注目が集まっています。

記事執筆時点では125万円のラインで反発した後にやや下落傾向が見られているため、現在は「125万円のラインを超えることができるか?」に注目が集まっていますが、長期的に見るとビットコイン価格は放物線を描いて上昇を続けているため、人気のアナリスト達は依然として強気な姿勢を維持しています。

2019年6月18日〜2019年7月3日 BTC/JPYの1時間足チャート(画像:bitbank)2019年6月18日〜2019年7月3日 BTC/JPYの1時間足チャート(画像:bitbank)

30%の引き戻しで「トレンド転換」の可能性

Twitterで人気のベテラントレーダーであるPeter Brandt(ピーター・ブラント)氏は、最近ビットコイン市場で見られた「30.5%」の調整は、2015年〜2017年に見られた調整と比較すると、穏やかであると指摘しています。

最近BTCで見られた30.5%の調整は、2015年〜2017年の上昇時に見られた多くの調整と比べると穏やかです。

また、Twitterで人気の仮想通貨トレーダーであるJosh Rager(ジョシュ・ラガー)氏は「これまでの歴史から見るとビットコインは30%ほどの調整が見られた後に「平均153%の上昇」が見られている」ということを語っています。

BTCで30%の引き戻しが見られました。次はどうなるでしょうか?
歴史から見ると、価格は統合され、次の大幅な引き戻しの前に平均153%の増加が続いています。
強気相場の引き戻し時に購入すると大きな見返りがあります。

ビットコイン価格は本日昼頃から「125万円」手前での推移を続けているためまだ下落する可能性はあると考えられますが、現在は大幅な下落を予想する意見はあまり見られておらず「買いのタイミング」を探っている意見が多く見られています。

先日の価格急落時には「1万ドルのサポートラインを維持できるか?」に注目が集まっていましたが、現在の動きを見るとこの価格帯を大きく下回る可能性は低いと予想されます。

ビットコイン(BTC)などの購入は豊富な仮想通貨を取り扱っている仮想通貨取引所Coincheckからどうぞ。

仮想通貨取引所Coincheckの画像 仮想通貨取引所Coincheckの登録ページはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

GMOコイン:暗号資産BATの「貸出受付」を開始

GMOコイン:暗号資産BATの「貸出受付」を開始

c0ban取引所:1万円以上の入金で「2,000円相当のRYO」がもらえるキャンペーン開始

c0ban取引所:1万円以上の入金で「2,000円相当のRYO」がもらえるキャンペーン開始

決済アプリへの「Lightning Network」統合近い|Twitter CEOビットコインの魅力を語る

決済アプリへの「Lightning Network」統合近い|Twitter CEOビットコインの魅力を語る

【Dali】ブランド品と交換可能なNFTが当たる「サービス公開記念キャンペーン」開始

【Dali】ブランド品と交換可能なNFTが当たる「サービス公開記念キャンペーン」開始

BITMAX:暗号資産購入でETHがもらえる「2021年新春プレゼントキャンペーン」開催

BITMAX:暗号資産購入でETHがもらえる「2021年新春プレゼントキャンペーン」開催

ドイツ政府機関:IOTA活用した「スマート水道メーター」を開発・テスト

ドイツ政府機関:IOTA活用した「スマート水道メーター」を開発・テスト

注目度の高い仮想通貨ニュース

暗号資産取次所SEBC「シンボル(Symbol/XYM)の取扱い開始日時」を発表

暗号資産取次所SEBC「シンボル(Symbol/XYM)の取扱い開始日時」を発表

東京ハッシュ「暗号資産現物取引サービス+新規口座開設申込受付」を開始

東京ハッシュ「暗号資産現物取引サービス+新規口座開設申込受付」を開始

カルダノ(Cardano/ADA)「300円台」に突入|過去最高値突破後も価格上昇続く

カルダノ(Cardano/ADA)「300円台」に突入|過去最高値突破後も価格上昇続く

カルダノ財団:セキュリティ強化に向けブロックチェーン分析企業「Coinfirm」と提携

カルダノ財団:セキュリティ強化に向けブロックチェーン分析企業「Coinfirm」と提携

エルサルバドル:ビットコインウォレット「Chivo」のメンテナンスを完了

エルサルバドル:ビットコインウォレット「Chivo」のメンテナンスを完了

カルダノ・エイダ(Cardano/ADA)「ビットポイントへの上場予定日」が判明

カルダノ・エイダ(Cardano/ADA)「ビットポイントへの上場予定日」が判明

分散型音楽配信のAudius「TikTok」と提携|AUDIO価格は100%以上高騰

分散型音楽配信のAudius「TikTok」と提携|AUDIO価格は100%以上高騰

カルダノ(ADA)スマートコントラクト機能の「メインネット実装日」が確定

カルダノ(ADA)スマートコントラクト機能の「メインネット実装日」が確定

TAOTAO「XRPの現物取引サービス」提供へ|レバレッジ取引の証拠金としても利用可能

TAOTAO「XRPの現物取引サービス」提供へ|レバレッジ取引の証拠金としても利用可能

Socios.com:NBAチーム「Detroit Pistons(デトロイト・ピストンズ)」と提携

Socios.com:NBAチーム「Detroit Pistons(デトロイト・ピストンズ)」と提携

Socios.com:NBAチーム「ゴールデンステート・ウォリアーズ」と提携

Socios.com:NBAチーム「ゴールデンステート・ウォリアーズ」と提携

パルマ・カルチョ1913:NFTマーケットプレイス運営の「Gravity Sport」と提携

パルマ・カルチョ1913:NFTマーケットプレイス運営の「Gravity Sport」と提携

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産取引所「Bitgate(ビットゲート)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産取引所「Bitgate(ビットゲート)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーケービー(OKB)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーケービー(OKB)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す