ビットコイン、わずか半日で「20%」上昇|価格調整は終了したのか?

by BITTIMES

ビットコイン(Bitcoin/BTC)の価格は先日2日に105万円近くまで下落したものの、その後はわずか半日で20%上昇し、一時的に「125万円」まで回復しました。しかしその後は停滞する動きが続いており、再び下落する傾向も見られていますが、仮想通貨業界で人気のアナリストたちは「ビットコインはすでに底を打っている可能性がある」ということを語っています。

こちらから読む:BTC価格、ジンバブエで一時"800万円"超え「ビットコイン」関連ニュース

BTC価格「急上昇」1万ドルで底打ちか?

ビットコイン(BTC)の価格は先日2日の午後8時頃に105万円近くまで下落しましたが、その後は短期間で20%近く上昇し、本日3日の午後2時頃には125万円近くにまで回復しました。

このような動きを見た一部の専門家は「ビットコインは10,000ドル(約108万円)で底を打った可能性がある」とも語っており、今後の動きには注目が集まっています。

記事執筆時点では125万円のラインで反発した後にやや下落傾向が見られているため、現在は「125万円のラインを超えることができるか?」に注目が集まっていますが、長期的に見るとビットコイン価格は放物線を描いて上昇を続けているため、人気のアナリスト達は依然として強気な姿勢を維持しています。

2019年6月18日〜2019年7月3日 BTC/JPYの1時間足チャート(画像:bitbank)2019年6月18日〜2019年7月3日 BTC/JPYの1時間足チャート(画像:bitbank)

30%の引き戻しで「トレンド転換」の可能性

Twitterで人気のベテラントレーダーであるPeter Brandt(ピーター・ブラント)氏は、最近ビットコイン市場で見られた「30.5%」の調整は、2015年〜2017年に見られた調整と比較すると、穏やかであると指摘しています。

最近BTCで見られた30.5%の調整は、2015年〜2017年の上昇時に見られた多くの調整と比べると穏やかです。

また、Twitterで人気の仮想通貨トレーダーであるJosh Rager(ジョシュ・ラガー)氏は「これまでの歴史から見るとビットコインは30%ほどの調整が見られた後に「平均153%の上昇」が見られている」ということを語っています。

BTCで30%の引き戻しが見られました。次はどうなるでしょうか?
歴史から見ると、価格は統合され、次の大幅な引き戻しの前に平均153%の増加が続いています。
強気相場の引き戻し時に購入すると大きな見返りがあります。

ビットコイン価格は本日昼頃から「125万円」手前での推移を続けているためまだ下落する可能性はあると考えられますが、現在は大幅な下落を予想する意見はあまり見られておらず「買いのタイミング」を探っている意見が多く見られています。

先日の価格急落時には「1万ドルのサポートラインを維持できるか?」に注目が集まっていましたが、現在の動きを見るとこの価格帯を大きく下回る可能性は低いと予想されます。

ビットコイン(BTC)などの購入は豊富な仮想通貨を取り扱っている仮想通貨取引所Coincheckからどうぞ。

仮想通貨取引所Coincheckの画像 仮想通貨取引所Coincheckの登録ページはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

ライトコイン活用したRPGゲーム「LiteBringer(ライトブリンガー)」公開

ライトコイン活用したRPGゲーム「LiteBringer(ライトブリンガー)」公開

コインチェック:GameFi関連NFTプロジェクトの「IEO・INO案件」募集開始

コインチェック:GameFi関連NFTプロジェクトの「IEO・INO案件」募集開始

ジャスミー株式会社「AVITA Technologies」との共同事業を開始

ジャスミー株式会社「AVITA Technologies」との共同事業を開始

Socios.com:スイスのサッカークラブ「BSC Young Boys」の公式ファントークン発行へ

Socios.com:スイスのサッカークラブ「BSC Young Boys」の公式ファントークン発行へ

SAMSUNG:ブロックチェーンスマホ「KlaytnPhone」発売へ|カカオの独自仮想通貨に対応

SAMSUNG:ブロックチェーンスマホ「KlaytnPhone」発売へ|カカオの独自仮想通貨に対応

USDC発行のCircle社「ConcordとのSPAC合併による上場計画」を断念

USDC発行のCircle社「ConcordとのSPAC合併による上場計画」を断念

注目度の高い仮想通貨ニュース

新記録更新、ミームネーターがプレセールで450万ドルを上回る

新記録更新、ミームネーターがプレセールで450万ドルを上回る

Telegram:仮想通貨TONで「50%の広告収益分配」100カ国で導入へ|TON価格急騰

Telegram:仮想通貨TONで「50%の広告収益分配」100カ国で導入へ|TON価格急騰

次のShiba Inuと期待されるScotty the AI、戦略的な投資家がSCOTTYを積極的に保有する理由とは?

次のShiba Inuと期待されるScotty the AI、戦略的な投資家がSCOTTYを積極的に保有する理由とは?

Reddit:余剰資金の一部を「ビットコイン・イーサリアム」に投資

Reddit:余剰資金の一部を「ビットコイン・イーサリアム」に投資

スイス大手銀行PostFinance「仮想通貨11銘柄の売買・保管サービス」提供開始

スイス大手銀行PostFinance「仮想通貨11銘柄の売買・保管サービス」提供開始

マイクロストラテジー「公式X乗っ取り」の被害に|仮想通貨の盗難報告も

マイクロストラテジー「公式X乗っ取り」の被害に|仮想通貨の盗難報告も

シバイヌ(SHIB)提携のK9 Finance「DAO憲章」を発表|内容の日本語訳も

シバイヌ(SHIB)提携のK9 Finance「DAO憲章」を発表|内容の日本語訳も

SHIBで話題の新NFT「Sheboshis」正式ローンチ|総供給量変更の報告も

SHIBで話題の新NFT「Sheboshis」正式ローンチ|総供給量変更の報告も

BitcoinやEthereum、その他主要アルトコインの代わりとして注目されている3つの魅力的な仮想通貨とは?

BitcoinやEthereum、その他主要アルトコインの代わりとして注目されている3つの魅力的な仮想通貨とは?

カード型ウォレット提供するTangem、柴犬レイヤー2「Shibarium」に対応

カード型ウォレット提供するTangem、柴犬レイヤー2「Shibarium」に対応

1.5兆ドル運用の米資産運用会社「現物イーサリアムETF」を申請|申請企業は8社に

1.5兆ドル運用の米資産運用会社「現物イーサリアムETF」を申請|申請企業は8社に

ソラナ関連銘柄が多数上場|仮想通貨取引所「Backpack Exchange」ベータ版公開

ソラナ関連銘柄が多数上場|仮想通貨取引所「Backpack Exchange」ベータ版公開

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

仮想通貨の確定申告で必要な「年間取引報告書」のダウンロード方法【取引所別まとめ】

仮想通貨の確定申告で必要な「年間取引報告書」のダウンロード方法【取引所別まとめ】

ソラナ基盤のDEX「Jupiter Exchange」とは?仮想通貨JUPの概要などもあわせて紹介

ソラナ基盤のDEX「Jupiter Exchange」とは?仮想通貨JUPの概要などもあわせて紹介

Shiba Inuのメタバース「Shib:The Metaverse」とは?最新情報・LAND購入方法など

Shiba Inuのメタバース「Shib:The Metaverse」とは?最新情報・LAND購入方法など

人気のタグから探す