ウォレットではない?XRP銀行口座アプリ「Xumm」開発:XRPL Labs

by BITTIMES

仮想通貨エックスアールピー(XRP)が使える便利なアプリケーションを複数リリースしているWietse Wind氏は、同氏が現在開発を進めている新しいXRPバンキングアプリ「Xumm」の画像を公開しました。このアプリは単なる"仮想通貨ウォレット"ではなく、誰もが気軽に使用できる「銀行アプリ」だと説明されています。

こちらから読む:リップル製品の契約数が"史上最多"に「Ripple/XRP」関連ニュース

XRPバンキングアプリ「Xumm」の画像公開

Ripple(リップル)社が出資しているスタートアップ企業「XRPL Labs」の創設者であるWietse Wind氏は、2019年7月5日に同社が現在開発を進めているXRPバンキングアプリ「Xumm」の画像を公開しました。

(画像:Wietse Wind氏Twitter)(画像:Wietse Wind氏Twitter

Wietse Wind氏は、XRPコミュニティでも特に注目されている人物の一人であり、同氏らが過去に開発したアプリケーションは世界中で愛用されています。

Weitse Wind氏は、2019年4月に"銀行ライセンス"を取得するための取り組みを行なっていることを明らかにしていました。現在開発が進められている「Xumm」は"銀行口座"としての役割を果たすアプリケーションだと伝えられており、金融機関を必要とせずに、
・米ドル(USD)
・ユーロ(EUR)
・エックスアールピー(XRP)
・その他の通貨
を保有することができることが大きな特徴の一つとされています。

お母さんでも簡単に使える「銀行アプリ」を

公開された画像では、アプリケーション上で「資産の送受信・取引履歴確認・連絡先の管理」などができることが示されています。同氏は、最近オランダ・アムステルダムで開催されたイベントの中で同社のアプリケーションについて次のように説明しています。

Xummは、オンラインバンキングとして知られるユーザー体験を提供します。仮想通貨だけではありません。XRP元帳は元帳で発行された任意の通貨を処理することができるため、残高を確認して資金を任意の通貨で送信することができます。

私たちは"仮想通貨ウォレット"ではなく"銀行アプリ"を作成しています。これは「銀行を必要としない、XRP元帳とILP(Interledger Protocol)をベースにしたバンキングアプリ」です。

またWeitse Wind氏は、このアプリケーションは「誰もが簡単に使用できるように、自分たちのお母さんでも使いたくなるように」設計されているとも語っています。

このアプリは技術オタクのためのものではありません。2017年末に強気相場が訪れた時は、突如人口の10%が仮想通貨ウォレットを持っていましたが、それでもまだ人口の数%であり、そのような人々のほとんどは技術オタクでした。

私たちは「自分の母親でも使うことができる、そして使いたいと思うようなもの」を構築しています。私たちはユーザーが本当に安全で、ユーザーフレンドリーなセットアップガイドをアプリ内に搭載する予定です。

Weitse Wind氏がこれまでに発表したアプリはどれも簡単に使用できるものばかりであり、XRPの少額送金アプリである「XRP Tip Bot」はGmailでもXRPを送金できる環境を実現しました。また今年4月には、実店舗で簡単に「XRP決済サービス」を導入することができる「XRPayments」と呼ばれるアプリもリリースされており、実際に複数の店舗で導入されています。

利便性の高いアプリケーションを続々と開発している「Weitse Wind氏」や「XRPL Labs」の取り組みには今後もさらに期待が高まります。

エックスアールピー(XRP)などの購入は豊富な仮想通貨を取り扱っている仮想通貨取引所Coincheckからどうぞ。

仮想通貨取引所Coincheckの画像 仮想通貨取引所Coincheckの登録ページはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

仮想通貨取引所BINANCE:米国ユーザー向けの「サービス停止」を発表|9月12日から

仮想通貨取引所BINANCE:米国ユーザー向けの「サービス停止」を発表|9月12日から

Cardano(ADA)スマートコントラクト実装に向け「Alonzoアップデート」のテスト開始

Cardano(ADA)スマートコントラクト実装に向け「Alonzoアップデート」のテスト開始

主流の仮想通貨を盗むマルウェア「Masad Clipper and Stealer」に要注意

主流の仮想通貨を盗むマルウェア「Masad Clipper and Stealer」に要注意

BITMAX(ビットマックス)「固定期間型の暗号資産貸出サービス」提供へ

BITMAX(ビットマックス)「固定期間型の暗号資産貸出サービス」提供へ

SBI子会社マネータップに「Ripple社」が出資|サービスの利便性向上へ

SBI子会社マネータップに「Ripple社」が出資|サービスの利便性向上へ

エルサルバドル政府「150BTCを追加購入」保有するビットコインは合計700BTCに

エルサルバドル政府「150BTCを追加購入」保有するビットコインは合計700BTCに

注目度の高い仮想通貨ニュース

BINANCE:タイでのデジタル資産取引所開設に向け「Gulf Innova Company」とMoU締結

BINANCE:タイでのデジタル資産取引所開設に向け「Gulf Innova Company」とMoU締結

ビットポイント「新庄剛志氏出演のテレビCM」2022年正月三が日に全国放送へ

ビットポイント「新庄剛志氏出演のテレビCM」2022年正月三が日に全国放送へ

Bitget:Bitkeep社と初めての「Launchpad」を開催

Bitget:Bitkeep社と初めての「Launchpad」を開催

暗号資産取引所「CoinEx(コインエックス)」とは?特徴・メリット・デメリットを解説

暗号資産取引所「CoinEx(コインエックス)」とは?特徴・メリット・デメリットを解説

米MicroStrategy「約108億円相当のビットコイン(BTC)」を追加購入

米MicroStrategy「約108億円相当のビットコイン(BTC)」を追加購入

【重要】日本円ステーブルコイン「ICHIBA」取扱終了へ|ICB→JPYCの交換受付開始

【重要】日本円ステーブルコイン「ICHIBA」取扱終了へ|ICB→JPYCの交換受付開始

二次元アート特化のNFTマーケット「ANIFTY」二次流通・IPFS対応へ

二次元アート特化のNFTマーケット「ANIFTY」二次流通・IPFS対応へ

カルダノ基盤トークンを売買できる分散型取引所「SundaeSwap」ベータ版公開

カルダノ基盤トークンを売買できる分散型取引所「SundaeSwap」ベータ版公開

英広告監視機関「Arsenal FCのファントークン広告」に警告|説明不足だと指摘

英広告監視機関「Arsenal FCのファントークン広告」に警告|説明不足だと指摘

SBI VCトレード(旧TAOTAO)宝くじがもらえる「新春キャンペーン」開始

SBI VCトレード(旧TAOTAO)宝くじがもらえる「新春キャンペーン」開始

Google:暗号資産関連サービス拡大などに向け「PayPal元幹部」を雇用

Google:暗号資産関連サービス拡大などに向け「PayPal元幹部」を雇用

日本暗号資産ビジネス協会「2022年の年頭所感」発表|税制・規制面の問題点にも言及

日本暗号資産ビジネス協会「2022年の年頭所感」発表|税制・規制面の問題点にも言及

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

ブロックトピア(Bloktopia/BLOK)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ブロックトピア(Bloktopia/BLOK)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ディーヘルスネットワーク(dHealth Network/DHP)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ディーヘルスネットワーク(dHealth Network/DHP)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ソロジェニック(Sologenic/SOLO)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ソロジェニック(Sologenic/SOLO)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産取引所「CoinEx(コインエックス)」とは?特徴・メリット・デメリットを解説

暗号資産取引所「CoinEx(コインエックス)」とは?特徴・メリット・デメリットを解説

暗号資産「ザ・サンドボックス(The Sandbox/SAND)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ザ・サンドボックス(The Sandbox/SAND)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ディセントラランド(Decentraland/MANA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ディセントラランド(Decentraland/MANA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す