送金アプリ「XRP TipBot」銀行ライセンス取得へ|さらなるサービス拡大の可能性

by BITTIMES

リップル(Ripple/XRP)を簡単に送金できるアプリとして注目を集めている「XRP TipBot」の銀行ライセンスを取得するための取り組みが進められていることが明らかになりました。この送金ツールは新たなアプリ開発にも活用されており、先日は店舗経営者が簡単にXRP決済を導入することができるアプリである「XRPayments」もリリースされています。

こちらから読む:米国のHuobiで取り扱い開始「Ripple/XRP」関連ニュース

XRP TipBotの「銀行ライセンス」取得中

リップル(Ripple/XRP)を用いた少額決済を気軽に行うことができる送金アプリ「XRP Tip Bot」などの開発を行っている「XRPL Labs」のWeitse Wind氏は、2019年4月20日にオランダで開催された「XRP Community Meetup」の中で、XRP TipBotのための「銀行ライセンス」取得に向けて取り組んでいることを明かしました。

このニュースは、今回のミートアップに参加したXRP愛好家として知られるTiffany Hayden(ティファニー・ヘイデン)氏によって共有されました。

昨日の「XRP Meetup」におけるビッグニュースは、WietseWind氏が「XRP TipBot」の銀行ライセンスを取得中であるということです!XRPLLabsはレガシーネットワークを橋渡しすることになるでしょう!
古いものと戦って新しいものを構築しないでください。

銀行ライセンスを取得することができれば、提供できるサービスの幅が広がり、規制当局とのやりとりもスムーズに進めることができるようになります。「XRP TipBot」はすでに有名なサービスに統合され始めていますが、ライセンスを取得すればより多くの企業や機関でも受け入れられるようになると予想されます。

送金アプリでの活用が続く「XRP TipBot」

「XRP送金機能」をアプリケーションに実装するためにも使用されている「XRP TipBot」は、すでに複数のサービスで活用されており、現在は「Twitter」や「Gmail」などでもXRPを送金できるようになっています。

先日は、実店舗で簡単に「XRP決済サービス」を導入することができるアプリである「XRPayments」が、iOS、Android端末向けにリリースされています。

このアプリは、端末にダウンロードして「自分のXRP元帳アカウント(取引所を除く)」または「XRP TipBotのアカウント」を登録し、手数料・割引レートなどの簡単な設定行うだけで即座に利用し始めることができるようになっているため、小規模な小売店などでも簡単に導入することができます。

また、このアプリには「様々な国の法定通貨価格をリアルタイムなレートでXRPに換算する機能」も搭載されているため、世界中の人々が利用できるものとなっています。銀行ライセンスを取得することができれば、「XRP TipBot」はさらに多くの場面で活用されていくことになるでしょう。

リップル(XRP)を購入する場合はBTC、ETH、XRPの大口OTC取引サービスも提供している仮想通貨取引所Coincheckからどうぞ。

仮想通貨取引所Coincheckの画像 仮想通貨取引所Coincheckの登録ページはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

Twitterアカウントで「送金相手の事前確認」が可能に:Unstoppable Domains×Chainlink

Twitterアカウントで「送金相手の事前確認」が可能に:Unstoppable Domains×Chainlink

ブロックチェーンで「音声通信」のデータ保護|英クラウドサービス会社が特許を取得

ブロックチェーンで「音声通信」のデータ保護|英クラウドサービス会社が特許を取得

ブロックチェーンで「フェラーリ」などをトークン化|高級車への少額投資が可能に

ブロックチェーンで「フェラーリ」などをトークン化|高級車への少額投資が可能に

【速報】BINANCE:仮想通貨「証拠金取引サービス」を開始

【速報】BINANCE:仮想通貨「証拠金取引サービス」を開始

Nike:ビットコイン報酬アプリ「Lolli」と提携|商品購入者にBTC還元

Nike:ビットコイン報酬アプリ「Lolli」と提携|商品購入者にBTC還元

航空機の燃料供給にブロックチェーン技術を活用|ロシア「S7 Airline」

航空機の燃料供給にブロックチェーン技術を活用|ロシア「S7 Airline」

注目度の高い仮想通貨ニュース

米郵便公社(USPS)「NFT形式の郵便切手」発行へ|CaseMail社の技術を活用

米郵便公社(USPS)「NFT形式の郵便切手」発行へ|CaseMail社の技術を活用

スイスの暗号資産取引所Lykke「XRP取引サービスの再開」を決定

スイスの暗号資産取引所Lykke「XRP取引サービスの再開」を決定

Coincheck NFT:The Sandboxの仮想土地「LAND」追加販売へ|合計310箇所を順次販売

Coincheck NFT:The Sandboxの仮想土地「LAND」追加販売へ|合計310箇所を順次販売

ビットコイン先物市場、世界最大の資産運用会社「ブラックロック」も参入

ビットコイン先物市場、世界最大の資産運用会社「ブラックロック」も参入

BINANCE:新通貨PUNDIX対応に向け「NPXSの取引サービス」を停止

BINANCE:新通貨PUNDIX対応に向け「NPXSの取引サービス」を停止

【Cardano/ADA】スマートコントラクト機能「7月頃」に実装予定|NFT関連でも期待高まる

【Cardano/ADA】スマートコントラクト機能「7月頃」に実装予定|NFT関連でも期待高まる

Coincheck NFT(β版)サービス開始記念「ETHプレゼントキャンペーン」開催

Coincheck NFT(β版)サービス開始記念「ETHプレゼントキャンペーン」開催

米金融大手State Street:暗号資産取引プラットフォーム「Pure Digital」に技術提供

米金融大手State Street:暗号資産取引プラットフォーム「Pure Digital」に技術提供

BINANCE「約650億円相当のBNB」をバーン|価格高騰で過去最高の焼却金額に

BINANCE「約650億円相当のBNB」をバーン|価格高騰で過去最高の焼却金額に

金融庁:暗号資産取引業協会に「トラベルルール早期導入のための体制整備」を要請

金融庁:暗号資産取引業協会に「トラベルルール早期導入のための体制整備」を要請

マイアミのナイトクラブ「E11EVEN」仮想通貨決済に対応|BTC・XRPなど4銘柄

マイアミのナイトクラブ「E11EVEN」仮想通貨決済に対応|BTC・XRPなど4銘柄

BINANCE「シンボル(Symbol/XYM)の配布」を完了|出金・取引開始日時は?

BINANCE「シンボル(Symbol/XYM)の配布」を完了|出金・取引開始日時は?

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーエムジー(OMG Network/OMG)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーエムジー(OMG Network/OMG)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ベーシック・アテンション・トークン(BAT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ベーシック・アテンション・トークン(BAT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シータ(Theta Network/THETA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シータ(Theta Network/THETA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「トロン(Tron/TRX)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「トロン(Tron/TRX)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産取引所「CoinTrade(コイントレード)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産取引所「CoinTrade(コイントレード)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

人気のタグから探す