Tron CEO「違法資金調達・ポルノビジネス関与」など、中国メディアの報道に反論

by BITTIMES

中国の経済メディアである「21世紀経済報道社」は先日、トロン(Tron/TRX)のCEOであるJustin Sun(ジャスティン・サン)氏が「ギャンブルやポルノビジネスなどといった違法行為に関与している疑いがあることによって、中国警察から出国を停止させられている」といった内容の報道を行いました。この報道の後にTRXの価格は15%ほど下落しましたが、サン氏はこれらの内容が間違いであることを報告しています。

こちらから読む:バフェットランチの参加者が4名まで決定「Tron/TRX」関連ニュース

中国メディアが「Tronの違法性」を非難

中国の経済メディアである「21世紀経済報道社」は2019年7月23日に、トロン(Tron/TRX)やJustin Sun(ジャスティン・サン)氏が複数の違法行為を行なっていると非難する記事を公開しました。

「21世紀経済報道社」は、具体的に以下のような内容を挙げてサン氏やTronプロジェクトを批判しており、"ジャスティン・サン氏が中国にいる"という情報を複数の情報源から入手しているため、サン氏は出国する前にこれらの疑惑を解決する必要があると報じていました。

  • ジャスティン・サン氏は2017年に"違法な資金調達"を行なった
  • ジャスティン・サン氏が以前立ち上げたソーシャルネットワークアプリ「Peiwo」は、違法なポルノビジネスと関与している
  • Tronは違法ギャンブルアプリを中国国内で提供している
  • Tronはマネーロンダリング(資金洗浄)に関与している

ジャスティン・サン氏は違法行為との関与を否定

「21世紀経済報道社」の報道を受けたジャスティン・サン氏は、23日にソーシャルメディア「Weibo」でこれら複数の疑惑を否定するコメントを投稿しました。同氏の投稿には以下のようなことが書かれています。

インターネットでの「違法な資金調達」に関する批判は間違っています。2017年9月4日に中央銀行やその他の7省庁が規制要件を発表した後、TRONは規制当局と積極的に協力して9月20日には作業を完了しており、規制当局からも高い評価を受けています。

マネーロンダリングの報道は真実ではありません。Tron財団はシンガポールに拠点を置いており、現地の法律や規制に準拠しています。Tronのスマートコントラクトは分散型ブロックチェーン上の契約であり、キャッシュフローのための仮想通貨の引き出しチャネルはありません。

Peiwoは若者が使用する「ボイス・ソーシャルアプリ」であり、ユーザーによって作成されたネガティブなコンテンツの一部については、規制当局と協力して断固として対処します。ポジティブなネットワークオーディオコンテンツをサポートし、今後も奨励します。

Tronのプラットフォームは分散型インターネットプロトコルであり、誰もがどの国でも協定の策定に参加し、契約に基づいてアプリケーションを開発することができます。Tron財団は違法行為のためにそれらを使用することに断固として反対します。それと同時にアプリケーション開発者が様々な国の法律と規制を遵守することを求めます。

私たちは、ブロックチェーン技術の開発に対する社会のあらゆる分野の懸念を理解しており、中国におけるブロックチェーン技術の開発を共同で促進するために、心を開いてコミュニケーションを図りたいと考えています。

また「21世紀経済報道社」は『サン氏は警察による捜査のために中国を離れることができない』と報告していましたが、ジャスティン・サン氏はその後にサンフランシスコのベイブリッジを背景にした写真を投稿することによってこの報告に反論しています。

ここ最近ではTronに関する誤った報道が相次いでいるため、情報収集する際には注意が必要です。幸いにもジャスティン・サン氏は誤った報道が行われた後は、いち早く自身のSNSを通じてフォロワーにそのことを伝えているため、真偽が不明である場合は同氏のツイートを確認すると良いでしょう。

>>「21世紀経済報道社」の報道はこちら

2019年7月24日|トロン(TRON/TRX)の価格

トロン(TRON/TRX)の価格は、今回の報道によって一時的に15%以上急落していたものの、現在はやや回復してきており、2019年7月24日時点では「1TRX=2.55円」で取引されています。

TRXを購入することができる仮想通貨取引所BINANCE(バイナンス)の登録方法はこちら

2019年7月17日〜2019年7月24日 TRXのチャート(引用:coingecko.com)2019年7月17日〜2019年7月24日 TRXのチャート(引用:coingecko.com)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

カリフォルニア大学ロサンゼルス校「ブロックチェーンエンジニア育成コース」を設立

カリフォルニア大学ロサンゼルス校「ブロックチェーンエンジニア育成コース」を設立

ブロックチェーンベースの「医療情報共有プラットフォーム」開発へ|韓国・明知病院

ブロックチェーンベースの「医療情報共有プラットフォーム」開発へ|韓国・明知病院

Bianace Jersey:公式Twitterハッキングされる→ハッカーに「報奨金」を授与

Bianace Jersey:公式Twitterハッキングされる→ハッカーに「報奨金」を授与

仮想通貨の極端なボラティリティが安全な取引を妨げる|マーク・カーニー氏

仮想通貨の極端なボラティリティが安全な取引を妨げる|マーク・カーニー氏

Google:イーサリアムを広告キーワードの「ブラックリスト」に登録|疑問視する声も

Google:イーサリアムを広告キーワードの「ブラックリスト」に登録|疑問視する声も

コインベース:仮想通貨取引の利用可能地域「53カ国」に|中南米・東南アジアに拡大

コインベース:仮想通貨取引の利用可能地域「53カ国」に|中南米・東南アジアに拡大

注目度の高い仮想通貨ニュース

ブロックチェーン用いた「遺言スマートコントラクト」作成システムを開発:ZWEISPACE

ブロックチェーン用いた「遺言スマートコントラクト」作成システムを開発:ZWEISPACE

イーサリアム、今後数日で「大きく値動き」か?複数トレーダー・アナリストが予想

イーサリアム、今後数日で「大きく値動き」か?複数トレーダー・アナリストが予想

TelegramのTON公式チャンネル「一時休止」を発表|米SECの声明後、全ての投稿を削除

TelegramのTON公式チャンネル「一時休止」を発表|米SECの声明後、全ての投稿を削除

Binance US:ADA・BATなど「仮想通貨5銘柄」の入金受付を開始

Binance US:ADA・BATなど「仮想通貨5銘柄」の入金受付を開始

TelegramのGramに関する裁判「2020年」まで延期に

TelegramのGramに関する裁判「2020年」まで延期に

総務省:仮想通貨用いた政治家個人への献金「違法ではない」と判断

総務省:仮想通貨用いた政治家個人への献金「違法ではない」と判断

ヘルスケア分野に「ブロックチェーン情報共有システム」を導入:UAE保健・予防省

ヘルスケア分野に「ブロックチェーン情報共有システム」を導入:UAE保健・予防省

NBAサクラメント・キングス「限定版の仮想通貨グッズ」提供へ|CryptoKaijuと提携

NBAサクラメント・キングス「限定版の仮想通貨グッズ」提供へ|CryptoKaijuと提携

ブロックチェーン・仮想通貨ニュース週間まとめ|2019年9月22日〜28日

ブロックチェーン・仮想通貨ニュース週間まとめ|2019年9月22日〜28日

IBM幹部:Libraに関するFacebookとの協力に前向き「資産のトークン化」として注目

IBM幹部:Libraに関するFacebookとの協力に前向き「資産のトークン化」として注目

ブロックチェーン・仮想通貨ニュース週間まとめ|2019年10月6日〜12日

ブロックチェーン・仮想通貨ニュース週間まとめ|2019年10月6日〜12日

ビットコイン価格、半減期到来で「1,000万円」に達すると予想:独バイエルン州立銀行

ビットコイン価格、半減期到来で「1,000万円」に達すると予想:独バイエルン州立銀行

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

国内仮想通貨取引所:消費税増税後の「各種手数料」まとめ

国内仮想通貨取引所:消費税増税後の「各種手数料」まとめ

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

ポルシェ:ブロックチェーンを活用した「次世代スマートカー」計画

ポルシェ:ブロックチェーンを活用した「次世代スマートカー」計画

人気のタグから探す