【重要】Tron詐欺の「フェイクニュース」に要注意|TRX持ち逃げ事件の真相は?

by BITTIMES

トロン(Tron/TRX)の名前を悪用して詐欺行為を行なっていた「Wave Field Super Community(波场超级社区)」というウェブサイトが突如閉鎖し、3,000万ドル(約32億円)を超えるほどのTRXを持ち逃げしたことが、2019年7月8日に判明しました。この詐欺事件が発覚したことによって、ネット上では多くの"誤報・フェイクニュース"が拡散されているため注意が必要です。

こちらから読む:バフェット氏とのランチ開催まで残りわずか「Tron/TRX」関連ニュース

詐欺団体が「32億円以上のTRX」を持ち逃げ

Tron(トロン)のネットワークを支える重要な役割を担っている27の主要ノード「Super Representativeノード」になることによって"高額の配当金を提供する"と宣伝を行っていた「Wave Field Super Community(波场超级社区)」というサイトが突如閉鎖し、3,000万ドル(約32億円)を超えるほどのTRXを持ち逃げしたことが、2019年7月8日に判明しました。

Tronは中国では「Wave Field(波场)」という名前で知られているため、この名前を悪用していた「Wave Field Super Community(波场超级社区)」には何千人もの投資家が参加していたと報告されています。

今回の詐欺事件で被害を受けた一部の投資家は、
『Tron側は詐欺に適切に対処しなかった』
『TRXプロジェクトに関連していないことを投資家に警告しなかった』
などと主張しており、怒りの矛先を「Tron」に向けた投資家たちの行動が事態をさらに深刻化させています。

女性が自殺?警察が出動する事態に発展

一部報道では「Wechat上に遺書を残してシングルマザーの女性一人が自殺した」とも報じられており、ネット上では「Tronが今回の事件に関与している」といった噂まで出ていたため、怒った投資家が北京の「Tronオフィス」に襲撃し、警察が出動する事態にまで発展しました。

北京のトロンオフィスに警察が急襲?
さらに「Tronは詐欺だ」などと主張している多くの怒った人々がそこに集まっています。

Tron側は詐欺事件との関与を否定

今回の騒動によって、ネット上には様々な噂が出ていますが、これらの噂はTron側から正式に否定されているため注意が必要です。

TronのCEOであるJustin Sun(ジャスティン・サン)氏も、事件後に正式にTwitter上に以下のようなコメントを投稿し、フェイクニュースや写真を広めないようにと注意を促しています。

「Tron財団」と「BitTorrent」は問題ありません。全て順調です。
私たちは本日の「BitTorrentSpeed」ローンチに向けて準備を進めています。
偽のニュースや写真を拡散するのをやめてください。

また、ネット上に出回っている「Tronオフィスとみられる場所で警察と市民が争っている動画」に関しても、Tronの公式発表で『事務所を守ろうとする警察の対応を撮影したものだ』と説明されています。

「偽のニュース・情報」に要注意

Tron側は以前から「ブロックチェーン技術に関連した"高額配当"を謳う詐欺行為」について何度も警告を発しており、今回の「Wave Field Super Community(波场超级社区)」に関しても、1月にこの存在を知った時点で「WeChat」などを通じて投資家に警告していると説明しています。

今回の騒動に関しては、多くの誤報がインターネット上で拡散されているため、記事最後にリンクを記載している「Tronの公式発表」を確認するようにしてください。

ネット上には悪質なコメントも多く投稿されているため、それらの偽の情報に惑わされることがないよう注意する必要があります。

なお先日は、今月予定されている「ウォーレン・バフェット氏とジャスティン・サン氏のランチ会がキャンセルされた」との報道も一部で出ていましたが、これに関しても"フェイクニュース"であると報告されています。
>>「Tron財団」からの公式発表はこちら

2019年7月9日|トロン(TRON/TRX)の価格

トロン(TRON/TRX)の価格は、今回の事件発覚後にやや下落しているものの、今の所はそれほど大きな下落は見られておらず、2019年7月9日午前1時時点では「1TRX=3.68円」で取引されています。

TRXを購入することができる仮想通貨取引所BINANCE(バイナンス)の登録方法はこちら

2019年7月2日〜2019年7月9日 TRXのチャート(引用:coingecko.com)2019年7月2日〜2019年7月9日 TRXのチャート(引用:coingecko.com)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

南オーストラリア州政府:ブロックチェーン投票システムを「公式選挙」に採用

南オーストラリア州政府:ブロックチェーン投票システムを「公式選挙」に採用

Bakkt:ビットコイン先物の「オプション取引」提供へ|サービス開始日も発表

Bakkt:ビットコイン先物の「オプション取引」提供へ|サービス開始日も発表

BINANCE公式、仮想通貨ウォレット「Trust Wallet」のMac OS版リリース

BINANCE公式、仮想通貨ウォレット「Trust Wallet」のMac OS版リリース

仮想通貨で資金洗浄した男を暗殺する計画が明らかに|総額4,400億円相当

仮想通貨で資金洗浄した男を暗殺する計画が明らかに|総額4,400億円相当

雑所得から分離課税へ?仮想通貨の税率変更「国民の理解が得られるのか疑問だ」麻生財務相

雑所得から分離課税へ?仮想通貨の税率変更「国民の理解が得られるのか疑問だ」麻生財務相

仮想通貨のP2P取引所「LocalBitcoins」新規登録者は毎月13万人以上に

仮想通貨のP2P取引所「LocalBitcoins」新規登録者は毎月13万人以上に

注目度の高い仮想通貨ニュース

ブロックチェーン基盤のチケットを発行|ドイツ航空会社「Hahn Air」Winding Treeと提携

ブロックチェーン基盤のチケットを発行|ドイツ航空会社「Hahn Air」Winding Treeと提携

不動産の「権利移転記録」にブロックチェーン技術活用へ|LIFULLが実証実験を開始

不動産の「権利移転記録」にブロックチェーン技術活用へ|LIFULLが実証実験を開始

ビットフライヤー「ふるさと納税」でビットコインがもらえるキャンペーン開催

ビットフライヤー「ふるさと納税」でビットコインがもらえるキャンペーン開催

Coincheck:仮想通貨の「自動積立サービス」を開始|手数料無料で提供

Coincheck:仮想通貨の「自動積立サービス」を開始|手数料無料で提供

ブロックチェーン・仮想通貨業界向けの「ライター育成コース」を発表:PoL

ブロックチェーン・仮想通貨業界向けの「ライター育成コース」を発表:PoL

カルダノ財団:詐欺の可能性がある「Cardano Gold」について注意喚起

カルダノ財団:詐欺の可能性がある「Cardano Gold」について注意喚起

NEM:カタパルトのメインネット稼働に向け「今後のスケジュール」を公開

NEM:カタパルトのメインネット稼働に向け「今後のスケジュール」を公開

中国で「ブロックチェーン・ビットコイン」への関心が急増|習近平国家主席の発言受け

中国で「ブロックチェーン・ビットコイン」への関心が急増|習近平国家主席の発言受け

テックビューロ×岐阜大学:ブロックチェーンで「歯髄細胞の流通管理」共同研究を開始

テックビューロ×岐阜大学:ブロックチェーンで「歯髄細胞の流通管理」共同研究を開始

人材マッチングにブロックチェーン活用「職歴BANK」がサービス開始

人材マッチングにブロックチェーン活用「職歴BANK」がサービス開始

SBI北尾社長:XRPの需要拡大に向けた「今後の計画」などについて説明

SBI北尾社長:XRPの需要拡大に向けた「今後の計画」などについて説明

Huobiが「コンビニ・ペイジー入金」に対応|ビットコインプレゼント企画も開催中

Huobiが「コンビニ・ペイジー入金」に対応|ビットコインプレゼント企画も開催中

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

国内仮想通貨取引所:消費税増税後の「各種手数料」まとめ

国内仮想通貨取引所:消費税増税後の「各種手数料」まとめ

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

ポルシェ:ブロックチェーンを活用した「次世代スマートカー」計画

ポルシェ:ブロックチェーンを活用した「次世代スマートカー」計画

人気のタグから探す