ネム(NEM/XEM)活用した次世代SNS「nemgraph」公開|投稿写真の使用権販売機能も

by BITTIMES

ネム(NEM/XEM)のブロックチェーン技術を活用した次世代型SNS「nemgraph(ネムグラフ)」がサービスを開始しました。このSNSでは、投稿した写真や画像の所有権を証明することができる「RiNG公証機能」などが搭載されており、XEMを用いた「投げ銭機能」や「画像の使用権販売機能」などが搭載されています。

こちらから読む:企業や政府機関でも技術活用が進む「NEM/XEM」関連ニュース

nemgraph(ネムグラフ)とは

nemgraph-logo

nemgraph(ネムグラフ)とは、ネム(NEM/XEM)のブロックチェーン技術を活用した次世代型のSNSサービスであり、画像や写真を投稿して他のユーザーとの繋がりを築くことができるソーシャルコミュニケーションサービスとなっています。

画像・動画投稿型のSNSといえば「Instagram(インスタグラム)」が一般的ですが、ネムグラフはNEMのブロックチェーン技術を活用することによって、
・仮想通貨XEMによる「投げ銭機能」
・RiNG公証機能による「投稿写真の所有権証明」
・投稿した写真の「使用権販売機能」
などの魅力的な機能を搭載しています。

仮想通貨XEMを用いた「投げ銭機能」

nemgraphでは、他のユーザーが投稿した写真に対して仮想通貨XEM(ゼム)で投げ銭(チップ)を送ることができるようになっています。従来のSNSで多くの「いいね!」を獲得しているユーザーであれば、ネムグラフを利用することによってXEMを稼ぐことができるかもしれません。

写真の所有権を証明できる「RiNG公証機能」

nemgraphには、自分が投稿した写真の"所有権"を証明することができる「RiNG公証機能」と呼ばれる機能が搭載されています。画像を投稿する場合には、
・無料で使用可
・有料で使用可
・RiNGでブロックチェーンに記録
の3つから好きな方法を選択することができるようになっており、「RiNGでブロックチェーンに記録」を選択した場合には、NEMブロックチェーンに「投稿者のウォレットアドレス・投稿日時・投稿画像の内容」を記録することができます。

ブロックチェーン上に記録されたデータは改ざんすることが困難であるため、それらのデータは永久にブロックチェーン上に残ることになります。なお「RiNG公証機能」を使用する場合は"RiNG手数料5xem"が必要となります。

画像の使用権販売機能

画像投稿時に「有料で使用可」を選択すると、価格を設定して、投稿画像の使用権を販売することができます。画像作成などのスキルを有している方は、ネムグラフを通じて自身の作品を販売してみるのも良いでしょう。なお「有料で使用可」の場合は"登録料5xem及び売り上げの5%の手数料"が必要となります。

登録も簡単|XEMウォレットも数クリックで作成可能

nemgraphは、利用するための登録も非常に簡単にできるようになっています。一般的なSNSのように、
・メールアドレス(ログインID)
・ハンドルネーム
・ログイン用パスワード
を入力し、XEMを送受信するための「NEMウォレットアドレス」を設定することで利用し始めることができます。

NEMのウォレットを持っていないという場合でも、nemgraph内で簡単なステップを踏むことですぐに自分のウォレットを作成できるようになっているため、初めての方でも気軽に利用することができます。

現在は「フォトコンテスト」なども企画されているため、興味のある方は利用してみては如何でしょう?
>>「nemgraph」の公式サイトはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

荒れる仮想通貨市場、USDT裏付け資産「約950億円」不正利用疑惑|Bitfinexは全面否定

荒れる仮想通貨市場、USDT裏付け資産「約950億円」不正利用疑惑|Bitfinexは全面否定

仮想通貨の今後|億万長者たちの様々な立場と評価と意見

仮想通貨の今後|億万長者たちの様々な立場と評価と意見

仮想通貨取引など「ネット収入の課税逃れ」対策に専門チーム発足:国税庁

仮想通貨取引など「ネット収入の課税逃れ」対策に専門チーム発足:国税庁

ロシア選挙監視団体:ブロックチェーンを活用した「電子投票システム」をテスト導入

ロシア選挙監視団体:ブロックチェーンを活用した「電子投票システム」をテスト導入

TRON(TRX)新たな「Proof of Stake/PoS」メカニズムの計画を発表

TRON(TRX)新たな「Proof of Stake/PoS」メカニズムの計画を発表

自動運転車両の「情報共有」にブロックチェーン活用|General Motors(GM)が特許出願

自動運転車両の「情報共有」にブロックチェーン活用|General Motors(GM)が特許出願

注目度の高い仮想通貨ニュース

Starbucks:仮想通貨決済オプション「Bakkt Cash」を追加

Starbucks:仮想通貨決済オプション「Bakkt Cash」を追加

ブロックチェーン・仮想通貨ニュース週間まとめ|2020年3月1日〜7日

ブロックチェーン・仮想通貨ニュース週間まとめ|2020年3月1日〜7日

三井物産:ブロックチェーン活用の資産運用事業で「合同会社」設立へ|LayerXなどと協力

三井物産:ブロックチェーン活用の資産運用事業で「合同会社」設立へ|LayerXなどと協力

独自通貨で「感染予防対策」を推進|アクトコインが新カテゴリー追加

独自通貨で「感染予防対策」を推進|アクトコインが新カテゴリー追加

【2020年4月】ブロックチェーン・仮想通貨業界の「注目イベント」情報

【2020年4月】ブロックチェーン・仮想通貨業界の「注目イベント」情報

SAKE BLOCKCHAINで「日本酒の偽造品」撲滅へ:EY Japan

SAKE BLOCKCHAINで「日本酒の偽造品」撲滅へ:EY Japan

コインベースが「日本仮想通貨交換業協会」に参加|サービス提供に進展か

コインベースが「日本仮想通貨交換業協会」に参加|サービス提供に進展か

楽天ウォレット:仮想通貨「証拠金取引サービス」開始|専用スマホアプリも公開

楽天ウォレット:仮想通貨「証拠金取引サービス」開始|専用スマホアプリも公開

仮想通貨リンク(LINK/LN)とは?基本情報・特徴・対応取引所などを解説

仮想通貨リンク(LINK/LN)とは?基本情報・特徴・対応取引所などを解説

アート作品に「ICタグ付きブロックチェーン証明書」を発行|Startbahnが新サービス

アート作品に「ICタグ付きブロックチェーン証明書」を発行|Startbahnが新サービス

Cardano財団:元研究パートナーとの「訴訟問題」に直面

Cardano財団:元研究パートナーとの「訴訟問題」に直面

日本STO協会に「東海東京証券株式会社」が参加

日本STO協会に「東海東京証券株式会社」が参加

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

Cardano(ADA)決済「対応店舗」一覧【仮想通貨が使えるお店】NEW

Cardano(ADA)決済「対応店舗」一覧【仮想通貨が使えるお店】

【2020年】ビットコイン、仮想通貨関連の「注目イベント」一覧

【2020年】ビットコイン、仮想通貨関連の「注目イベント」一覧

仮想通貨に関する「詐欺の種類・手法」まとめ|被害防止のための対策・注意点も

仮想通貨に関する「詐欺の種類・手法」まとめ|被害防止のための対策・注意点も

国内仮想通貨取引所:消費税増税後の「各種手数料」まとめ

国内仮想通貨取引所:消費税増税後の「各種手数料」まとめ

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

人気のタグから探す