ネム(NEM)ブロックチェーンで「歯髄細胞」の流通管理|岐阜県が研究助成金を提供

by BITTIMES

仮想通貨ネム(XEM/NEM)のブロックチェーンで歯髄(しずい)細胞の流通を管理するシステムがnemlog(ネムログ)にて発表されました。通常、再生治療などに使われる細胞の管理は非常にデリケートなものとなっていますが、改ざんできないブロックチェーンで記録を徹底管理する事により「個人情報保護・外部漏洩の防止・誤使用の防止」が可能になります。

こちらから読む:歯髄細胞の流通管理に活用される「NEM/XEM」とは?

ブロックチェーンで細胞の流通管理に透明性を

仮想通貨ネム(XEM/NEM)のコミュニティユーザーの間で生まれ、IoTベンチャー企業と研究助成金を申請した「nemブロックチェーンを活用する歯髄(しずい)細胞の流通管理システム」が岐阜県に採用され、正式にプロジェクトが発足しました。

これまで再生治療のために幹細胞を採取するに辺り、臍帯血や骨髄からが一般的でしたがここに来て歯髄細胞からの採取が注目されています。歯髄細胞とは歯の神経の事でその中には良質な幹細胞が含まれています。

また細胞の増殖能力も高く、遺伝子も傷つきにくいためiPS細胞を作るにも最適とされており、そのためこれまで捨てていた抜いた乳歯や親不知から歯髄細胞を採取すれば体への負担も軽くメリットが多いと言われていました。

その一方で細胞等の管理は通常の医薬品と違い、取り違えによる誤使用や個人情報の外部漏洩リスクなどがあり、流通管理は非常に厳重なものとなっています。そこでブロックチェーンの技術を使えば改ざんも不可能となり、流通も追跡できるため透明性の向上に繋がります。

今回、採用されたNEMのブロックチェーンには複数アカウントによる承認システム「マルチシグネチャー」や公式の証拠として使えるサービス「アポスティーユ」が実装されているためセキュリティーを最大限にまで高める事もできます。

NEMモザイクで歯髄細胞の流通を記録

細胞が凍結保存されたチューブは「世界で1つのバーコード」と「保存装置で使用するバーコード」の2つを組み合わせた「チューブID」で管理します。このチューブIDの情報をNEMのブロックチェーンに記録できるメッセージ欄に任意の形式として記録します。

このチューブを製造元から企業へ送付する際には、チューブIDの情報をメッセージとして添付されたモザイクを送信する事で細胞がいつ・どのように移動されたかがブロックチェーン上で追跡可能となります。

また細胞を受け取った企業は、細胞を増殖する際にそれぞれ親細胞と子細胞のチューブIDをメッセージに記載したモザイクを自己アドレスに送付する事も出来るため誤使用を防ぐ事ができます。

使用済みの細胞においても製造元にチューブIDをメッセージに添付し送付すれば、二次使用を防ぐ事ができ、またこれら情報の全てはモザイク送付時刻と共にNEMのブロックチェーンに保存されるため流通管理に透明性がもたらされます。

本格的な運用は来年を予定していますが、このプロジェクトが成功すれば細胞だけでなく流通の分野にも広く応用できる可能性があるとされているため今後の動向にも注視したい所です。

ネム(NEM/XEM)などの購入は豊富な仮想通貨を取り扱っている仮想通貨取引所Coincheckからどうぞ。

仮想通貨取引所Coincheckの画像 仮想通貨取引所Coincheckの登録ページはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

Huobi Japan:500円相当の仮想通貨「XRP」が当たるアンケート調査を実施

Huobi Japan:500円相当の仮想通貨「XRP」が当たるアンケート調査を実施

ブロックチェーン・デジタルID用いた「電子投票技術」構築へ:石川県加賀市 × LayerX × xID

ブロックチェーン・デジタルID用いた「電子投票技術」構築へ:石川県加賀市 × LayerX × xID

Zaif:オリジナルグッズ・大根カレーが当たる「プレゼントキャンペーン」開始

Zaif:オリジナルグッズ・大根カレーが当たる「プレゼントキャンペーン」開始

ConsenSys:欧州地域の中央銀行デジタル通貨「デジタルユーロ」の技術開発を支援

ConsenSys:欧州地域の中央銀行デジタル通貨「デジタルユーロ」の技術開発を支援

デジタル通貨「コイン(coin)」2020年度下期に発行へ|三菱UFJ・リクルートが協力

デジタル通貨「コイン(coin)」2020年度下期に発行へ|三菱UFJ・リクルートが協力

CARDANO:企業向けブロックチェーン製品「ATALA」を発表:IOHKとエチオピア政府が協力

CARDANO:企業向けブロックチェーン製品「ATALA」を発表:IOHKとエチオピア政府が協力

注目度の高い仮想通貨ニュース

ビットバンク:Symbol(XYM)取引高で「世界1位」を記録

ビットバンク:Symbol(XYM)取引高で「世界1位」を記録

Valkyrieのビットコイン先物ETF「NASDAQ」で取引開始|米国で2例目

Valkyrieのビットコイン先物ETF「NASDAQ」で取引開始|米国で2例目

ビットメイン「中国本土へのマイニングマシン出荷停止」を発表

ビットメイン「中国本土へのマイニングマシン出荷停止」を発表

Zaif:カイカコイン(CICC)がもらえる「2つのキャンペーン」開催へ

Zaif:カイカコイン(CICC)がもらえる「2つのキャンペーン」開催へ

Chiliz Exchange:アランヤスポルの「$ALAファントークン」10月11日から取引開始

Chiliz Exchange:アランヤスポルの「$ALAファントークン」10月11日から取引開始

Chiliz Exchange:Levante UDの「$LEVファントークン」本日取引開始

Chiliz Exchange:Levante UDの「$LEVファントークン」本日取引開始

Chiliz&Socios:NBA所属のプロバスケチーム「Charlotte Hornets」と提携

Chiliz&Socios:NBA所属のプロバスケチーム「Charlotte Hornets」と提携

ProSharesのビットコイン先物ETF「10月19日」にローンチ【米国初】

ProSharesのビットコイン先物ETF「10月19日」にローンチ【米国初】

ビットバンク:取引所チャートに「指値/逆指値注文の表示機能」追加|キャンセルも簡単に

ビットバンク:取引所チャートに「指値/逆指値注文の表示機能」追加|キャンセルも簡単に

SBI「デジタル資産特化型ベンチャーファンド」設立|投資先企業のSTOも支援

SBI「デジタル資産特化型ベンチャーファンド」設立|投資先企業のSTOも支援

ビットバンク:販売所で「シンボル(XYM)」と「オーエムジー(OMG)」取扱い開始

ビットバンク:販売所で「シンボル(XYM)」と「オーエムジー(OMG)」取扱い開始

Chiliz Exchange:Roush Fenway Racingの「$ROUSHファントークン」本日取引開始

Chiliz Exchange:Roush Fenway Racingの「$ROUSHファントークン」本日取引開始

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「リスク(Lisk/LSK)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「リスク(Lisk/LSK)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シンボル(Symbol/XYM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シンボル(Symbol/XYM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産取引所「Bitgate(ビットゲート)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産取引所「Bitgate(ビットゲート)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す