ジョン・マカフィー:仮想通貨取引所に「シャドートレード機能」を追加

by BITTIMES

ウィルス対策ソフト「McAfee(マカフィー)」の創業者として知られるJohn McAfee(ジョン・マカフィー)氏は2019年8月23日、同氏が最近立ち上げた仮想通貨取引プラットフォーム「McAfee Magic(マカフィーマジック)」に、"プロトレーダーの取引をコピーすることができる機能"である「シャドートレーディング機能」を追加したと発表しました。

こちらから読む:マカフィー氏が立ち上げた取引所「McAfee Magic」とは?

マカフィー氏の取引所「McAfee Magic」に新機能

John McAfee(ジョン・マカフィー)氏は、2019年8月23日のツイートで同氏が立ち上げた仮想通貨取引プラットフォーム「McAfee Magic(マカフィーマジック)」で"シャドートレーディング機能"が利用できるようになったことを発表しました。

「McAfeeMagic.com」でシャドートレーディングができるようになりました。試してみてください。

Shadow Trading(シャドートレーディング)とは

Shadow Trading(シャドートレーディング)とは、仮想通貨取引で利益を上げてきた経験を持つプロトレーダーの取引をコピーして仮想通貨取引を行うことができる機能のことです。

この機能は主に仮想通貨取引の経験を有していない人々向けの機能であり、自分の資産をトレーダーに預けることなくプロトレーダーと同様の取引を行うことができる点などで注目を集めています。

実際に利用する場合は、McAfee Magic公式サイトの上部に記載されている「Shadow Portal」をクリックすることによって、プロトレーダーの選択画面に移動することができます。

「Shadow Portal」のページには、取引をコピーすることができるプロトレーダーのリストが掲載されており、それぞれのトレーダーごとに、
・自己紹介文
・トレーダーの評価(5つ星)
・取引ごとに必要な手数料
・実際の取引履歴
・最大取引量
・ポートフォリオの金額
などが表示されています。

(画像:McAfee Magic)(画像:McAfee Magic)

「McAfee Magic」のシャドートレーディングでは、1度に3人のプロトレーダーをフォローすることができるため、トレードを多様化し、リスクを抑えることもできるようになっていると伝えられています。

このようなトレード方法は日本ではあまり知られていないものの、海外では以前から人気を集めており「ソーシャルトレーディング」として知られています。特に人気のソーシャルトレーディングプラットフォームとしては「eToro(イートロ)」などがあり、このプラットフォームは2018年7月時点で2億5,000万人以上のユーザーが利用していると報告されています。

記事執筆時点では、McAfee Magicのシャドートレーディングでコピーできるトレーダーの数は非常に限られていますが、今後多くのユーザーに利用されるようになれば、より選択肢も広がるため、今後マカフィー氏のプラットフォームがどれほど普及するかにも注目です。

>>「McAfee Magic」の公式サイトはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

ビットフライヤーが「bitFlyer Holdings」を設立|株式移転で完全子会社化

ビットフライヤーが「bitFlyer Holdings」を設立|株式移転で完全子会社化

カカオのブロックチェーン「Klaytn」メインネット公開|協議会メンバーも明らかに

カカオのブロックチェーン「Klaytn」メインネット公開|協議会メンバーも明らかに

ブロックチェーンでサッカーファンとの交流強化|パリ・サンジェルマンFC ー フランス

ブロックチェーンでサッカーファンとの交流強化|パリ・サンジェルマンFC ー フランス

ビットコインを「デジタル商品」と認めるロシアの税金政策

ビットコインを「デジタル商品」と認めるロシアの税金政策

テックビューロ:事業譲渡契約を「正式」に締結 ー 11月22日までに確認を

テックビューロ:事業譲渡契約を「正式」に締結 ー 11月22日までに確認を

gumi Cryptos:仮想通貨「Ontology」とパートナーシップ締結|日本市場進出をサポート

gumi Cryptos:仮想通貨「Ontology」とパートナーシップ締結|日本市場進出をサポート

注目度の高い仮想通貨ニュース

DeCurret:レバレッジ取引の「iOS版アプリ」公開|手数料無料キャンペーンも同時開催

DeCurret:レバレッジ取引の「iOS版アプリ」公開|手数料無料キャンペーンも同時開催

Bakkt:仮想通貨カストディサービス「全ての機関向け」に提供開始

Bakkt:仮想通貨カストディサービス「全ての機関向け」に提供開始

赤十字社:ブロックチェーン基盤の「現地通貨」発行へ|災害支援を促進

赤十字社:ブロックチェーン基盤の「現地通貨」発行へ|災害支援を促進

クリプトゲームズ:ブロックチェーンカードゲームの「開発支援」を開始

クリプトゲームズ:ブロックチェーンカードゲームの「開発支援」を開始

リクルート×三菱UFJ:デジタル通貨関連の「共同出資会社」設立へ=日経報道

リクルート×三菱UFJ:デジタル通貨関連の「共同出資会社」設立へ=日経報道

ビットフライヤー:販売所で「XRP」の取扱い開始|10万円が当たるキャンペーンも

ビットフライヤー:販売所で「XRP」の取扱い開始|10万円が当たるキャンペーンも

カナダ大手銀行RBC:仮想通貨取引に関する「4件の特許」を申請

カナダ大手銀行RBC:仮想通貨取引に関する「4件の特許」を申請

BINANCE「イーサリアム先物取引」のテストを開始

BINANCE「イーサリアム先物取引」のテストを開始

ビットフライヤー:ハードフォークで発行された「ビットコインSV」日本円で付与へ

ビットフライヤー:ハードフォークで発行された「ビットコインSV」日本円で付与へ

Cardano財団:決済ソリューション「ADAPay」公開|店舗・Webサイトでの支払いを処理

Cardano財団:決済ソリューション「ADAPay」公開|店舗・Webサイトでの支払いを処理

ブロックチェーンロック社:スマートロッカー「KEYVOX locker」の販売開始

ブロックチェーンロック社:スマートロッカー「KEYVOX locker」の販売開始

GMOコイン「NEM/XEM」と「Stellar Lumens/XLM」の取り扱いを開始

GMOコイン「NEM/XEM」と「Stellar Lumens/XLM」の取り扱いを開始

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

国内仮想通貨取引所:消費税増税後の「各種手数料」まとめ

国内仮想通貨取引所:消費税増税後の「各種手数料」まとめ

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

ポルシェ:ブロックチェーンを活用した「次世代スマートカー」計画

ポルシェ:ブロックチェーンを活用した「次世代スマートカー」計画

人気のタグから探す