ジョン・マカフィー:仮想通貨取引所に「シャドートレード機能」を追加

by BITTIMES

ウィルス対策ソフト「McAfee(マカフィー)」の創業者として知られるJohn McAfee(ジョン・マカフィー)氏は2019年8月23日、同氏が最近立ち上げた仮想通貨取引プラットフォーム「McAfee Magic(マカフィーマジック)」に、"プロトレーダーの取引をコピーすることができる機能"である「シャドートレーディング機能」を追加したと発表しました。

こちらから読む:マカフィー氏が立ち上げた取引所「McAfee Magic」とは?

マカフィー氏の取引所「McAfee Magic」に新機能

John McAfee(ジョン・マカフィー)氏は、2019年8月23日のツイートで同氏が立ち上げた仮想通貨取引プラットフォーム「McAfee Magic(マカフィーマジック)」で"シャドートレーディング機能"が利用できるようになったことを発表しました。

「McAfeeMagic.com」でシャドートレーディングができるようになりました。試してみてください。

Shadow Trading(シャドートレーディング)とは

Shadow Trading(シャドートレーディング)とは、仮想通貨取引で利益を上げてきた経験を持つプロトレーダーの取引をコピーして仮想通貨取引を行うことができる機能のことです。

この機能は主に仮想通貨取引の経験を有していない人々向けの機能であり、自分の資産をトレーダーに預けることなくプロトレーダーと同様の取引を行うことができる点などで注目を集めています。

実際に利用する場合は、McAfee Magic公式サイトの上部に記載されている「Shadow Portal」をクリックすることによって、プロトレーダーの選択画面に移動することができます。

「Shadow Portal」のページには、取引をコピーすることができるプロトレーダーのリストが掲載されており、それぞれのトレーダーごとに、
・自己紹介文
・トレーダーの評価(5つ星)
・取引ごとに必要な手数料
・実際の取引履歴
・最大取引量
・ポートフォリオの金額
などが表示されています。

(画像:McAfee Magic)(画像:McAfee Magic)

「McAfee Magic」のシャドートレーディングでは、1度に3人のプロトレーダーをフォローすることができるため、トレードを多様化し、リスクを抑えることもできるようになっていると伝えられています。

このようなトレード方法は日本ではあまり知られていないものの、海外では以前から人気を集めており「ソーシャルトレーディング」として知られています。特に人気のソーシャルトレーディングプラットフォームとしては「eToro(イートロ)」などがあり、このプラットフォームは2018年7月時点で2億5,000万人以上のユーザーが利用していると報告されています。

記事執筆時点では、McAfee Magicのシャドートレーディングでコピーできるトレーダーの数は非常に限られていますが、今後多くのユーザーに利用されるようになれば、より選択肢も広がるため、今後マカフィー氏のプラットフォームがどれほど普及するかにも注目です。

>>「McAfee Magic」の公式サイトはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

フェルナンド・アロンソ「KODAK」のブロックチェーンで全データ管理へ

フェルナンド・アロンソ「KODAK」のブロックチェーンで全データ管理へ

ロシア:合法化されたビットコインATM「51台」に|規制明確化で倍増の可能性も

ロシア:合法化されたビットコインATM「51台」に|規制明確化で倍増の可能性も

ブロックチェーンで結婚証明書を管理|2018年の発行件数「950件以上」に:ネバダ州

ブロックチェーンで結婚証明書を管理|2018年の発行件数「950件以上」に:ネバダ州

モバイルゲーム業界で「Cardano/ADA」導入促進|EMURGOが韓国政府公認団体とMOU締結

モバイルゲーム業界で「Cardano/ADA」導入促進|EMURGOが韓国政府公認団体とMOU締結

ビットコインSV:スコットランドのサッカークラブ「Ayr United F.C.」とスポンサー契約

ビットコインSV:スコットランドのサッカークラブ「Ayr United F.C.」とスポンサー契約

音楽イベントでも仮想通貨が使える!PundiXが「ULTRA Coin」を発行

音楽イベントでも仮想通貨が使える!PundiXが「ULTRA Coin」を発行

注目度の高い仮想通貨ニュース

NASA:ブロックチェーン・仮想通貨関連の「データサイエンティスト」を募集

NASA:ブロックチェーン・仮想通貨関連の「データサイエンティスト」を募集

POSデバイスに「ビットコイン決済機能」を導入|ブラジル最大の決済プロバイダーCielo

POSデバイスに「ビットコイン決済機能」を導入|ブラジル最大の決済プロバイダーCielo

Bakkt:ビットコイン保管サービスで「1億2,500万ドルの保険」を準備

Bakkt:ビットコイン保管サービスで「1億2,500万ドルの保険」を準備

ビットコイン先物の「必要証拠金・維持率」など概要を公開:Bakkt

ビットコイン先物の「必要証拠金・維持率」など概要を公開:Bakkt

NASDAQ:仮想通貨データベースに「価格予測・評価」などの情報を追加

NASDAQ:仮想通貨データベースに「価格予測・評価」などの情報を追加

電話番号で仮想通貨を送受信できる「SIMカード」を公開:Telx Technologies

電話番号で仮想通貨を送受信できる「SIMカード」を公開:Telx Technologies

BitPay「イーサリアム(ETH)決済機能」追加へ

BitPay「イーサリアム(ETH)決済機能」追加へ

バフェットランチは中止?延期?TRONマネージャー「今後の予定」について報告

バフェットランチは中止?延期?TRONマネージャー「今後の予定」について報告

Watford FC:ビットコインロゴを「ユニフォーム」にプリント|大手ブックメーカーと提携

Watford FC:ビットコインロゴを「ユニフォーム」にプリント|大手ブックメーカーと提携

ビットコイン下落相場はもう終わり?わずか数十分で「5%急上昇」

ビットコイン下落相場はもう終わり?わずか数十分で「5%急上昇」

金融庁は「ビットコイン・Lightning Network」の支持者|Anthony Pompliano氏が報告

金融庁は「ビットコイン・Lightning Network」の支持者|Anthony Pompliano氏が報告

通信事業者大手「A1テレコム」仮想通貨決済を7店舗で試験導入|BTCなど6銘柄に対応

通信事業者大手「A1テレコム」仮想通貨決済を7店舗で試験導入|BTCなど6銘柄に対応

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

国内仮想通貨取引所:消費税増税後の「各種手数料」まとめ

国内仮想通貨取引所:消費税増税後の「各種手数料」まとめ

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

ポルシェ:ブロックチェーンを活用した「次世代スマートカー」計画

ポルシェ:ブロックチェーンを活用した「次世代スマートカー」計画

人気のタグから探す