ジョン・マカフィー:独自の仮想通貨「McAfee Freedom Coin」発行へ

by BITTIMES

ブロックチェーン・仮想通貨の伝道師とも呼ばれるセキュリティーの専門家John McAfee(ジョン・マカフィー)氏は、2019年秋に新しい仮想通貨である「McAfee Freedom Coin(マカフィー・フリーダムコイン)」を発行することを予定しています。"経済的自由"を目標に掲げているこのコインは、これまでにない全く新しいコンセプトに基づいて設計されています。

こちらから読む:自由を求める仮想通貨の伝道師「ジョン・マカフィー」ニュース一覧

「経済的自由」のための独自仮想通貨

McAfee-Freedom-Coin

McAfee Freedom Coin(マカフィー・フリーダムコイン)は、全く新しい独自の概念に基づいて設計されており、人々が本当の意味での"経済的自由"を手にすることを目標として作成されています。

マカフィー氏が公開した「McAfee Freedom Coin」のシンプルな公式ホームページには、この仮想通貨が「新しい技術」を搭載しているわけではないものの、仮想通貨が追い求めてきた"経済的自由"に焦点を当てて構築されていることが説明されています。

同氏は、この仮想通貨には、
マイニング(採掘)
ICO(イニシャル・コイン・オファリング)
AirDrop(エアドロップ)
などが存在しないだけでなく「投資家を求めているわけでもなく、仮想通貨取引所に上場することもない」ということを説明しています。

法定通貨や仮想通貨などとのアクセスが完全に遮断されているため「マカフィー・フリーダムコイン」の価値は実質的に"ゼロ"ということになります。マカフィー氏はこの仮想通貨の価値について「他の通貨との関係で見ると価値はゼロだが、市場価値は自然と自由に成長する」と説明しています。

「マカフィー・フリーダムコイン」とは何なのか?

「マカフィー・フリーダムコイン」の公式サイトの中で、現代社会に存在する様々な通貨の根本にある問題点について指摘しているマカフィー氏は、「法定通貨や仮想通貨から完全に遮断された、現金的な価値がゼロの、普遍的に受け入れられるコイン」が必要であると説明しています。

現在公開されている公式サイトには多くの情報は記載されていないものの、同氏の発想に基づいて考えると「McAfee Freedom Coin」はその通貨と共にユーザー間で通貨を保管したり交換したりすることができる一連のシンプルなツールが提供されるのではないか?と予想されます。

「マカフィー・フリーダムコイン」を使って商品を購入できるサイトが立ち上げられれば、そのマーケットが自然とこの仮想通貨の価値を決定していくことになるでしょう。世界的な市場では「1マカフィー・フリーダムコイン=0円」であったとしても、特定の場所では「1マカフィー・フリーダムコイン」を使って食べ物を購入できるのであれば、人々は自然とその仮想通貨に新しい価値を感じることになると予想されます。

マカフィー氏は、現在アメリカ国外に逃亡中ではあるものの「仮想通貨の重要性を人々に伝えるために"2020年米国大統領選挙"に出馬する」とも語っているため、「マカフィー・フリーダムコイン」を含めて今後同氏がどのようなことに取り組んでいくのか?には注目です。

>>「McAfee Freedom Coin」の公式サイトはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

公共料金・地方税:仮想通貨でも「納税可能」にすべき|イギリス下院議員

公共料金・地方税:仮想通貨でも「納税可能」にすべき|イギリス下院議員

ブロックチェーン用いた「オンライン映画祭」開催へ:Moviebloc×京畿映画学校連盟

ブロックチェーン用いた「オンライン映画祭」開催へ:Moviebloc×京畿映画学校連盟

Mercari(メルカリ)「暗号資産関連サービス提供」に向け複数の求人募集

Mercari(メルカリ)「暗号資産関連サービス提供」に向け複数の求人募集

世界のビットコインATM設置台数「6,000台」を突破|1日の平均導入数も倍増

世界のビットコインATM設置台数「6,000台」を突破|1日の平均導入数も倍増

ブロックチェーンゲーム開発企業「Animoca Brands」シティ・フットボール・グループと提携

ブロックチェーンゲーム開発企業「Animoca Brands」シティ・フットボール・グループと提携

チリーズ(Chiliz/CHZ)大手暗号資産取引所「Huobi Global」に上場

チリーズ(Chiliz/CHZ)大手暗号資産取引所「Huobi Global」に上場

注目度の高い仮想通貨ニュース

MicroStrategy:ビットコイン「16億円相当」を追加購入|今月3度目の買増し

MicroStrategy:ビットコイン「16億円相当」を追加購入|今月3度目の買増し

Huobi Japan:紹介者・友人両方にBTCプレゼント「お友達紹介キャンペーン」開始

Huobi Japan:紹介者・友人両方にBTCプレゼント「お友達紹介キャンペーン」開始

三井住友信託銀行「国内初のデジタル証券」月内発行の可能性=日経報道

三井住友信託銀行「国内初のデジタル証券」月内発行の可能性=日経報道

【Chiliz&Socios】総合格闘技団体PFL「メインマッチ対戦カード」ファン投票で決定へ

【Chiliz&Socios】総合格闘技団体PFL「メインマッチ対戦カード」ファン投票で決定へ

【Anique】開発不要でNFTコレクションサービスを立ち上げる「Collection」提供開始

【Anique】開発不要でNFTコレクションサービスを立ち上げる「Collection」提供開始

FiNANCiE「NFTのオンチェーン対応+クリエイター支援サービス開始」を発表

FiNANCiE「NFTのオンチェーン対応+クリエイター支援サービス開始」を発表

Coincheck NFT(β版)サービス開始記念「ETHプレゼントキャンペーン」開催

Coincheck NFT(β版)サービス開始記念「ETHプレゼントキャンペーン」開催

米タイヤ・ホイール販売業者「DOGEなどの仮想通貨決済」に対応

米タイヤ・ホイール販売業者「DOGEなどの仮想通貨決済」に対応

著名トレーダー:XRP・TRXに強気姿勢|トレンド転換で「垂直上げ」の可能性も?

著名トレーダー:XRP・TRXに強気姿勢|トレンド転換で「垂直上げ」の可能性も?

ファイルコイン「チェーンリンク(Chainlink/LINK)の統合」を発表

ファイルコイン「チェーンリンク(Chainlink/LINK)の統合」を発表

ビットコインで不動産購入「イエリーチBTC決済」公開へ:ネクサスエージェント

ビットコインで不動産購入「イエリーチBTC決済」公開へ:ネクサスエージェント

double jump.tokyo:NFT事業支援サービス「NFTPLUS」提供へ|企画〜販売まで全面支援

double jump.tokyo:NFT事業支援サービス「NFTPLUS」提供へ|企画〜販売まで全面支援

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「オーエムジー(OMG Network/OMG)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーエムジー(OMG Network/OMG)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ベーシック・アテンション・トークン(BAT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ベーシック・アテンション・トークン(BAT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シータ(Theta Network/THETA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シータ(Theta Network/THETA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「トロン(Tron/TRX)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「トロン(Tron/TRX)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産取引所「CoinTrade(コイントレード)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産取引所「CoinTrade(コイントレード)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産「アイオーエスティー(IOSToken/IOST)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「アイオーエスティー(IOSToken/IOST)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す