ジョン・マカフィー:独自の仮想通貨「McAfee Freedom Coin」発行へ

by BITTIMES

ブロックチェーン・仮想通貨の伝道師とも呼ばれるセキュリティーの専門家John McAfee(ジョン・マカフィー)氏は、2019年秋に新しい仮想通貨である「McAfee Freedom Coin(マカフィー・フリーダムコイン)」を発行することを予定しています。"経済的自由"を目標に掲げているこのコインは、これまでにない全く新しいコンセプトに基づいて設計されています。

こちらから読む:自由を求める仮想通貨の伝道師「ジョン・マカフィー」ニュース一覧

「経済的自由」のための独自仮想通貨

McAfee-Freedom-Coin

McAfee Freedom Coin(マカフィー・フリーダムコイン)は、全く新しい独自の概念に基づいて設計されており、人々が本当の意味での"経済的自由"を手にすることを目標として作成されています。

マカフィー氏が公開した「McAfee Freedom Coin」のシンプルな公式ホームページには、この仮想通貨が「新しい技術」を搭載しているわけではないものの、仮想通貨が追い求めてきた"経済的自由"に焦点を当てて構築されていることが説明されています。

同氏は、この仮想通貨には、
マイニング(採掘)
ICO(イニシャル・コイン・オファリング)
AirDrop(エアドロップ)
などが存在しないだけでなく「投資家を求めているわけでもなく、仮想通貨取引所に上場することもない」ということを説明しています。

法定通貨や仮想通貨などとのアクセスが完全に遮断されているため「マカフィー・フリーダムコイン」の価値は実質的に"ゼロ"ということになります。マカフィー氏はこの仮想通貨の価値について「他の通貨との関係で見ると価値はゼロだが、市場価値は自然と自由に成長する」と説明しています。

「マカフィー・フリーダムコイン」とは何なのか?

「マカフィー・フリーダムコイン」の公式サイトの中で、現代社会に存在する様々な通貨の根本にある問題点について指摘しているマカフィー氏は、「法定通貨や仮想通貨から完全に遮断された、現金的な価値がゼロの、普遍的に受け入れられるコイン」が必要であると説明しています。

現在公開されている公式サイトには多くの情報は記載されていないものの、同氏の発想に基づいて考えると「McAfee Freedom Coin」はその通貨と共にユーザー間で通貨を保管したり交換したりすることができる一連のシンプルなツールが提供されるのではないか?と予想されます。

「マカフィー・フリーダムコイン」を使って商品を購入できるサイトが立ち上げられれば、そのマーケットが自然とこの仮想通貨の価値を決定していくことになるでしょう。世界的な市場では「1マカフィー・フリーダムコイン=0円」であったとしても、特定の場所では「1マカフィー・フリーダムコイン」を使って食べ物を購入できるのであれば、人々は自然とその仮想通貨に新しい価値を感じることになると予想されます。

マカフィー氏は、現在アメリカ国外に逃亡中ではあるものの「仮想通貨の重要性を人々に伝えるために"2020年米国大統領選挙"に出馬する」とも語っているため、「マカフィー・フリーダムコイン」を含めて今後同氏がどのようなことに取り組んでいくのか?には注目です。

>>「McAfee Freedom Coin」の公式サイトはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

ブラウザを選ぶなら「ブロックチェーン基盤のブレイブ」Wikipedia創設者がChromeを批判

ブラウザを選ぶなら「ブロックチェーン基盤のブレイブ」Wikipedia創設者がChromeを批判

Bithumb:分散型取引所(DEX)のサービス開始「手数料無料・エアドロップ」イベントも

Bithumb:分散型取引所(DEX)のサービス開始「手数料無料・エアドロップ」イベントも

ビットコインは今後数年間で「660万円」を超え、時価総額は110兆円に:Bobby Lee

ビットコインは今後数年間で「660万円」を超え、時価総額は110兆円に:Bobby Lee

ブロックチェーンスマートフォン「XPhone」を発表 ー PundiX

ブロックチェーンスマートフォン「XPhone」を発表 ー PundiX

韓国「ブロックチェーン法律協会」を設立|地方分権化社会へと前進

韓国「ブロックチェーン法律協会」を設立|地方分権化社会へと前進

迫る「90万台円」下落続くビットコイン市場、人気アナリストはどう見るのか?

迫る「90万台円」下落続くビットコイン市場、人気アナリストはどう見るのか?

注目度の高い仮想通貨ニュース

バスのチケット購入も「ビットコイン決済」で|ブラジルの公共交通機関が導入を計画

バスのチケット購入も「ビットコイン決済」で|ブラジルの公共交通機関が導入を計画

BINANCE US:上場予定の仮想通貨「30銘柄」を公開|ADA・XRPなども検討

BINANCE US:上場予定の仮想通貨「30銘柄」を公開|ADA・XRPなども検討

Tron CEO「過激なマーケティング」について謝罪|技術開発に注力する意思を表明

Tron CEO「過激なマーケティング」について謝罪|技術開発に注力する意思を表明

ビットコインクジラ、100万円付近での「押し目買い」を確認|恐怖指数は減少傾向

ビットコインクジラ、100万円付近での「押し目買い」を確認|恐怖指数は減少傾向

イーサリアムウォレット「MetaMask」スマホ向けアプリ・ベータ版を公開

イーサリアムウォレット「MetaMask」スマホ向けアプリ・ベータ版を公開

チリーズ(CHZ)イタリアのサッカークラブ「AS Roma」と提携|仮想通貨発行を支援

チリーズ(CHZ)イタリアのサッカークラブ「AS Roma」と提携|仮想通貨発行を支援

金融庁:キャッシュレス業者の「集中検査」実施へ|内部管理体制などを重点的に点検

金融庁:キャッシュレス業者の「集中検査」実施へ|内部管理体制などを重点的に点検

VOLVO(ボルボ)ブロックチェーンで「再利用コバルト」のサプライチェーン管理

VOLVO(ボルボ)ブロックチェーンで「再利用コバルト」のサプライチェーン管理

Tron CEO「違法資金調達・ポルノビジネス関与」など、中国メディアの報道に反論

Tron CEO「違法資金調達・ポルノビジネス関与」など、中国メディアの報道に反論

韓国Kakao:仮想通貨ウォレット「Klip」を発表|カカオトークに搭載予定

韓国Kakao:仮想通貨ウォレット「Klip」を発表|カカオトークに搭載予定

BINANCE CEOが「米国ユーザー除外」を決断した理由とは|仮想通貨規制では日本を賞賛

BINANCE CEOが「米国ユーザー除外」を決断した理由とは|仮想通貨規制では日本を賞賛

アクション映画スター育成にブロックチェーン活用「Fight to Fame」設立:Mike Tyson

アクション映画スター育成にブロックチェーン活用「Fight to Fame」設立:Mike Tyson

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

ポルシェ:ブロックチェーンを活用した「次世代スマートカー」計画

ポルシェ:ブロックチェーンを活用した「次世代スマートカー」計画

トヨタ(TOYOTA):ブロックチェーンや最新技術で「モビリティ社会」の新時代へ

トヨタ(TOYOTA):ブロックチェーンや最新技術で「モビリティ社会」の新時代へ

人気のタグから探す