豪州の新聞販売所でビットコインとイーサリアムが購入可能に

by BITTIMES

3月1日からオーストラリア国内の新聞販売店1,200ヶ所以上で、ビットコイン(Bitcoin/BTC)イーサリアム(Ethereum/ETH)を購入することができるようになりました。

約50豪ドルからの購入が可能で、手数料は5%、取引にかかる時間は20分ほどとのことです。 利用者は仮想通貨のウォレットをダウンロードし、新聞販売所にあるiPadミニでウォレットのQRコードを読み込むことで取引が可能となります。

このサービスは、2016年中頃から店舗内でのBitcoin購買インフラストラクチャを展開している仮想通貨交換所bitcoin.com.auによって提供されています。

Bitcoin.com.auのCEOであるRupert Hackett氏は以下のように語っています。

「物理的な小売店内での仮想通貨の販売を行う主な課題は、消費者の信頼を得ることです。新聞販売所を使用することで、消費者は投資家が仮想通貨を購入するための便利で信頼できる方法を提供することができます。」

「これまでに仮想通貨を購入した人は、伝統的にイーサリアムについて知っていたか、すでにビットコインを購入した人だけでした。
しかし今では仮想通貨がよく知られているため、イーサリアムの安い価格帯がバイヤーにとってより消化価値の高い提案となりました。」

「ビットコインを買うことを躊躇している人にとっては、すべてが複雑すぎるように見えますが、これはデジタル・ファンドへの投資から恐怖要因を取り除くのに最適な方法です」

デジタルウォレットからQRコードをスキャンする人物(デジタルウォレットからQRコードをスキャンする人物:finance.nine.comから)

仮想通貨を購入するためには、購入者は最初に携帯電話上にあるデジタルウォレット、デスクトップ上の少し安全なウェブウォレット、または自宅で設定された最も安全なコールドウォレットをダウンロードする必要があります。

ユーザーがウォレットを受け取ると、新聞販売所でiPad miniを使用してQRコードをスキャンし、そこから取引を完了させます。Hackettによれば、平均して20分以内にほとんどのユーザーが財布に仮想通貨が送金されるとのことです。

ビットコイン取引量高 No.1 の仮想通貨取引所 bitFlyer(ビットフライヤー)の画像ビットコインやイーサリアムが購入できる仮想通貨取引所 bitFlyer はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

新しくビットコインラティーナ(BitcoinLatina/BCL)を発表

新しくビットコインラティーナ(BitcoinLatina/BCL)を発表

仮想通貨に魅了された海外の有名人たち

仮想通貨に魅了された海外の有名人たち

新仮想通貨取引所の誕生か?「アメブロ運営会社サイバーエージェントが業界へ参入」

新仮想通貨取引所の誕生か?「アメブロ運営会社サイバーエージェントが業界へ参入」

プーチン大統領が暗号通貨反対を表明「深刻なリスク」を語る

プーチン大統領が暗号通貨反対を表明「深刻なリスク」を語る

ビットコイン高騰、日本での取引が全市場の46%を超える

ビットコイン高騰、日本での取引が全市場の46%を超える

ビットコイン取引停止「大手取引所の決断と中国政治の影響」

ビットコイン取引停止「大手取引所の決断と中国政治の影響」

注目度の高い仮想通貨ニュース

ADAロケット発射|上昇率20%の仮想通貨5銘柄

ADAロケット発射|上昇率20%の仮想通貨5銘柄

仮想通貨ニュース週間まとめ|3月25日〜31日

仮想通貨ニュース週間まとめ|3月25日〜31日

仮想通貨取引アプリRobinhoodがコロラド州に進出

仮想通貨取引アプリRobinhoodがコロラド州に進出

RippleがHyperledger Projectに参加

RippleがHyperledger Projectに参加

マイニングコストを削減できる特許を出願|Intel(インテル)

マイニングコストを削減できる特許を出願|Intel(インテル)

インターレジャープロトコル(ILP)とは?|リップル(Ripple/XRP)

インターレジャープロトコル(ILP)とは?|リップル(Ripple/XRP)

日本銀行独自の仮想通貨発行の可能性は?|FinTechコンファレンス

日本銀行独自の仮想通貨発行の可能性は?|FinTechコンファレンス

20代男性を対象にした仮想通貨に関するアンケートの結果は?

20代男性を対象にした仮想通貨に関するアンケートの結果は?

コインチェックに新たな損害賠償請求|総額約8200万円

コインチェックに新たな損害賠償請求|総額約8200万円

ドバイが仮想通貨やブロックチェーンの開発を本格始動?

ドバイが仮想通貨やブロックチェーンの開発を本格始動?

マルタブロックチェーンサミット2018とは?

マルタブロックチェーンサミット2018とは?

Huawei(ファーウェイ)がブロックチェーンサービスを発表

Huawei(ファーウェイ)がブロックチェーンサービスを発表

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

人気のタグから探す

人気のタグから探す