仮想通貨取引の「報告義務違反者に罰金刑」ブラジル税務当局が発表

by BITTIMES

ブラジルの税務当局である「ブラジル連邦歳入庁(RFB)」は、2019年12月4日付の官報に新しい規則を掲載し、「仮想通貨取引に関する報告を怠ったり、不正確な情報を提出したり、報告に遅延があった場合に罰金を科す」という方針を示した上で、同日からこの規則を施行することを発表しました。

こちらから読む:独大手証券取引所、BTC取引を一般向けに提供「仮想通貨」関連ニュース

未報告・遅延・不正行為に対し「最大4万円」の罰金

ブラジル連邦歳入庁(RFB)が、官報に掲載した新しい規則では「仮想通貨取引に関する報告を怠ったり、不正確な情報を提出したり、報告に遅延があった場合に罰金を科すこと」記されています。

ブラジルの個人投資家や企業・証券会社などは、今年8月に仮想通貨の売買・寄付・交換・入出金などといったあらゆる取引をRFBに報告することが義務付けられているため、これらの報告義務に違反した場合に500レアル~1500レアル(約13,000円〜39,000円)の罰金が科せられることになります。

地元メディアの報道によると、この決定は「マネーロンダリング(資金洗浄)・テロ資金供与・武器の密売」などの違法行為を防止するための措置であると報告されています。

ブラジルは仮想通貨の人気が特に高い地域としても知られており、仮想通貨決済の導入も進んできていますが、その一方では税制が非常に複雑であることでも知られており、それによって外国企業の参入や経済に悪影響を及ぼしているため、景気回復のための改革が進められています。

(参照:in.gov.br

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

Binance Labs:クロスチェーン分散型取引所「Rango」に投資|DeFiの成長を促進

Binance Labs:クロスチェーン分散型取引所「Rango」に投資|DeFiの成長を促進

ビットコイン投資家のための銀行設立を可能に|エルサルバドル政府が法改正案を提出

ビットコイン投資家のための銀行設立を可能に|エルサルバドル政府が法改正案を提出

東京地検:NEM流出事件関連で「13人・1法人」を起訴|組織販売処罰法違反の疑い

東京地検:NEM流出事件関連で「13人・1法人」を起訴|組織販売処罰法違反の疑い

デジタル人民元「中国・蘇州市」でもテスト実施へ|オフライン決済なども試運用

デジタル人民元「中国・蘇州市」でもテスト実施へ|オフライン決済なども試運用

Huobiが新会社『HBUS』を通じて米国に進出

Huobiが新会社『HBUS』を通じて米国に進出

ブラジル証券取引委員会「2つの暗号資産ETF」を承認【南アメリカ初】

ブラジル証券取引委員会「2つの暗号資産ETF」を承認【南アメリカ初】

注目度の高い仮想通貨ニュース

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

仮想通貨を保有するだけで増える「ステーキング対応のおすすめ取引所」税金に関する注意点も

仮想通貨を保有するだけで増える「ステーキング対応のおすすめ取引所」税金に関する注意点も

【年利最大9%】ソラナ(SOL)をステーキングで増やす方法|画像付きで解説

【年利最大9%】ソラナ(SOL)をステーキングで増やす方法|画像付きで解説

【年利40%以上】フレア(Flare/FLR)をラップ&デリゲートで増やす方法|画像付きで解説

【年利40%以上】フレア(Flare/FLR)をラップ&デリゲートで増やす方法|画像付きで解説

シバイヌDEX「ShibaSwap」の使い方|流動性提供の方法などをまとめた解説動画公開

シバイヌDEX「ShibaSwap」の使い方|流動性提供の方法などをまとめた解説動画公開

各種仮想通貨を「Shibarium基盤BONE」に簡単交換|ガス代補充機能の使い方を解説

各種仮想通貨を「Shibarium基盤BONE」に簡単交換|ガス代補充機能の使い方を解説

‌NFTマーケットプレイス「Magic Eden」とは?機能や使い方などを解説

‌NFTマーケットプレイス「Magic Eden」とは?機能や使い方などを解説