FCバイエルンの「クリスマス限定NFTカード」を販売:ブロックチェーンゲームstryking

by BITTIMES   

ブロックチェーン技術を活用したスポーツ関連のデジタルグッズプラットフォーム「stryking(ストライキング)」は、クリスマス及び年末年始のプレイヤーカードオークションとして、ドイツのサッカークラブチーム「FC Bayern Munich(FCバイエルン・ミュンヘン)」の選手カードを「Non-Fungible Token(NFT)」として販売することを発表しました。

こちらから読む:FCバイエルン、Strykingと提携し"デジタルグッズ"を発行

クリスマス・年末年始限定の「特別カード」を発行

トレーディングカードゲームとファンタジースポーツを組み合わせた新しいタイプのゲームを展開している「stryking(ストライキング)」は、2019年10月10日にドイツのプロサッカーチームである「FC Bayern Munich(FCバイエルン・ミュンヘン)」とパートナーシップを結んだことを発表していましたが、今回の発表では「クリスマスおよび年末年始のプレイヤーカードのオークション」として、バイエルン・ミュンヘンに所属する選手のカードを「Non-Fungible Token(NFT)」として販売することが発表されています。

Non-Fungible Token(NFT)は、それぞれのトークンが固有の価値を有しているトークンであるため、ゲーム内の"価値ある資産"として知られていますが、今回販売されるNFTは休暇シーズンのみで限定生産される"特別版"であるため、特に希少価値が高いと説明されています。

このカードには、2019〜2020年シーズン中にバイエルン・ミュンヘンに所属している24人のプレイヤー全員が含まれており、24枚のプレーヤーカードが2セットのみ作成されるとのことです。オークションの開催期間は「2019年12月20日〜2020年1月6日まで」となっています。

strykingが行なった1回目のオークションで販売されたNFTカードは実際に高額で取引されており、バイエルン・ミュンヘンに所属するRobert Lewandowski(ロベルト・レヴァンドフスキ)選手のカードは3.8ETH(約5万5,000円)という高値がつけられているため、今回のオークションでも高額のNFTカードが誕生する可能性があります。

strykingの親会社にあたる「Animoca Brands(アニモカ・ブランド)」は複数のブロックチェーンゲームをリリースしていますが、それらのゲームも世界中で注目されており、ゲーム内で発行されているNFTトークンも高値で取引されているため、「stryking」の今後の発展にも注目が集まります。

>>「stryking」の公式発表はこちら
>>「stryking」の公式サイトはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

Cardano創設者「Shelleyメインネット」などの進捗を報告|京都でイベントも予定

Cardano創設者「Shelleyメインネット」などの進捗を報告|京都でイベントも予定

オランダのRaboBankが仮想通貨のウォレット導入を検討

オランダのRaboBankが仮想通貨のウォレット導入を検討

ブロックチェーン「フィットネスアプリ」の提供を開始|Lympo×Dallas Mavericks

ブロックチェーン「フィットネスアプリ」の提供を開始|Lympo×Dallas Mavericks

XRP Ledger基盤のバンキングアプリ「XUMM」プライベートβ版公開へ

XRP Ledger基盤のバンキングアプリ「XUMM」プライベートβ版公開へ

BitPay「イーサリアム(ETH)決済機能」追加へ

BitPay「イーサリアム(ETH)決済機能」追加へ

XRPレジャーのアカウント数「150万」を突破|Rippleコミュニティ順調に拡大中

XRPレジャーのアカウント数「150万」を突破|Rippleコミュニティ順調に拡大中

注目度の高い仮想通貨ニュース

Chiliz関連ファントークン「楽天ポイント」と交換可能に|楽天ヨーロッパと提携

Chiliz関連ファントークン「楽天ポイント」と交換可能に|楽天ヨーロッパと提携

【BAR価格急騰】BINANCE「FCバルセロナの公式ファントークン」本日から取扱いへ

【BAR価格急騰】BINANCE「FCバルセロナの公式ファントークン」本日から取扱いへ

プロテニス選手の大阪なおみ氏「NFTアート作品」のオークション販売開始

プロテニス選手の大阪なおみ氏「NFTアート作品」のオークション販売開始

コンセンサス・ベイス「3Dアバター特化型のNFT売買基盤」提供開始|ソフトバンクも協力

コンセンサス・ベイス「3Dアバター特化型のNFT売買基盤」提供開始|ソフトバンクも協力

Huobi Japan:取引所サービスで「イーサリアムクラシック(ETC)」取扱いへ

Huobi Japan:取引所サービスで「イーサリアムクラシック(ETC)」取扱いへ

暗号資産取引所FTX:NBAチーム「Miami Heat」のホームスタジアム命名権を獲得

暗号資産取引所FTX:NBAチーム「Miami Heat」のホームスタジアム命名権を獲得

Tesla(テスラ)「ビットコイン決済」に正式対応|支払われたBTCはそのまま保有

Tesla(テスラ)「ビットコイン決済」に正式対応|支払われたBTCはそのまま保有

トークン交換機能「MetaMask Swaps」Android・iOS最新版アプリで利用可能に

トークン交換機能「MetaMask Swaps」Android・iOS最新版アプリで利用可能に

Microsoft:ビットコイン基盤の分散型IDネットワーク「ION」を正式稼働

Microsoft:ビットコイン基盤の分散型IDネットワーク「ION」を正式稼働

【Coincheck NFT】The Sandboxの仮想土地「LAND」発売へ|合計33個を販売予定

【Coincheck NFT】The Sandboxの仮想土地「LAND」発売へ|合計33個を販売予定

米TIMEマガジン「暗号資産の説明動画制作」でGrayscaleと提携|BTC保有の報告も

米TIMEマガジン「暗号資産の説明動画制作」でGrayscaleと提携|BTC保有の報告も

インドネシア商業省:今後数ヶ月以内に「暗号資産取引所」開設へ=現地報道

インドネシア商業省:今後数ヶ月以内に「暗号資産取引所」開設へ=現地報道

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーエムジー(OMG Network/OMG)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーエムジー(OMG Network/OMG)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ベーシック・アテンション・トークン(BAT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ベーシック・アテンション・トークン(BAT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シータ(Theta Network/THETA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シータ(Theta Network/THETA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「トロン(Tron/TRX)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「トロン(Tron/TRX)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産取引所「CoinTrade(コイントレード)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産取引所「CoinTrade(コイントレード)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

人気のタグから探す