Cryptopiaで流出した「4,500ETH」資金洗浄続く

by BITTIMES   

ニュージーランドの仮想通貨取引所「Cryptopia(クリプトピア)」で盗まれた4,500ETHを超えるイーサリアム(Ethereum/ETH)がわずか6時間ほどで資金洗浄されたことが、北京に本拠を置くブロックチェーンセキュリティ会社「Chainsguard」のデータで明らかになりました。

約6時間ほどで「4,500ETH」を資金洗浄

ニュージーランドの仮想通貨取引所「Cryptopia(クリプトピア)」は、昨年1月に発生したハッキング事件で約1,600万ドル(約17億4,000万円)相当の仮想通貨が流出する被害を受けました。同取引所はその後5月に清算手続きを開始し、破産申告を行いましたが、盗まれた仮想通貨の資金洗浄は現在も続けられているようです。

北京を本拠地とするブロックチェーンセキュリティ会社「Chainsguard」のデータによると、Cryptopiaで盗まれた資産の一部は「0x341a」で始まるアドレスを介して大規模なマネーロンダリングが行われていると報告されています。

報道によると、ハッカーは約6時間ほどで4,500ETH(約8,700万円相当)以上を資金洗浄しており、1月18日午前2時頃(UTC)に2回の大規模なETH送金が行われたことが確認されたと報告されています。これらの資産は3つの異なる仮想通貨取引所に移動されたとのことです。

ハッカーは最初の資金を移動した後も資金移動を繰り返しているため、今後も資金洗浄行為は続行される可能性が高いと報告されています。仮想通貨の技術採用は世界中で進められており、一般的になってきているものの、これまでに発生したハッキング事件の多くは未解決となっているため、セキュリティや資産管理などの問題は今後もさらに重要視されていくことになると予想されます。

(参照元:NewsLogical.com

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

ジョン・マカフィー「2020年アメリカ大統領選挙キャンペーン」正式に開始

ジョン・マカフィー「2020年アメリカ大統領選挙キャンペーン」正式に開始

ブロックチェーンで輸入品の検証作業を効率化|米国税関・国境警備局(CBP)

ブロックチェーンで輸入品の検証作業を効率化|米国税関・国境警備局(CBP)

仮想通貨ATMの設置台数「24,000台」を突破|1年足らずで2倍以上に増加

仮想通貨ATMの設置台数「24,000台」を突破|1年足らずで2倍以上に増加

英警察:大麻栽培容疑の捜査で「違法マイニング施設」を発見|採掘機器100台を押収

英警察:大麻栽培容疑の捜査で「違法マイニング施設」を発見|採掘機器100台を押収

東京オリンピックに「仮想通貨決済」導入を ー 海外の署名運動で賛同者が数千人に

東京オリンピックに「仮想通貨決済」導入を ー 海外の署名運動で賛同者が数千人に

Ripple社:アラブ首長国連邦「ドバイ国際金融センター(DIFC)」に新オフィス開設

Ripple社:アラブ首長国連邦「ドバイ国際金融センター(DIFC)」に新オフィス開設

注目度の高い仮想通貨ニュース

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

仮想通貨を保有するだけで増える「ステーキング対応のおすすめ取引所」税金に関する注意点も

仮想通貨を保有するだけで増える「ステーキング対応のおすすめ取引所」税金に関する注意点も

【年利最大9%】ソラナ(SOL)をステーキングで増やす方法|画像付きで解説

【年利最大9%】ソラナ(SOL)をステーキングで増やす方法|画像付きで解説

【年利40%以上】フレア(Flare/FLR)をラップ&デリゲートで増やす方法|画像付きで解説

【年利40%以上】フレア(Flare/FLR)をラップ&デリゲートで増やす方法|画像付きで解説

シバイヌDEX「ShibaSwap」の使い方|流動性提供の方法などをまとめた解説動画公開

シバイヌDEX「ShibaSwap」の使い方|流動性提供の方法などをまとめた解説動画公開

各種仮想通貨を「Shibarium基盤BONE」に簡単交換|ガス代補充機能の使い方を解説

各種仮想通貨を「Shibarium基盤BONE」に簡単交換|ガス代補充機能の使い方を解説

‌NFTマーケットプレイス「Magic Eden」とは?機能や使い方などを解説

‌NFTマーケットプレイス「Magic Eden」とは?機能や使い方などを解説