【XRP価格予想】10円付近まで下落の可能性も|著名トレーダー・アナリストが警告

by BITTIMES   

仮想通貨XRP(エックスアールピー)の価格は2020年3月に13円付近まで下落した後に2倍近くまで回復したものの、最近では再び複数の著名トレーダーやアナリストから"価格急落"を予想する意見が出ています。2018年のビットコイン暴落を予想したことでも知られるPeter Brandt(ピーター・ブラント)氏は『XRP価格は"0"に向かっている』とも語っています。

こちらから読む:Ripple社、ISOの標準化団体メンバーに参加「Ripple/XRP」関連ニュース

「XRP価格は"ゼロ"に向かっている」Peter Brandt

エックスアールピー(XRP)の価格は2020年3月13日に13円付近まで下落して以降は徐々に回復してきていたものの、先月末に25円まで回復して以降は下落傾向が続いており、記事執筆時点では「1XRP=23円前後」で推移しています。

ビットコイン(BTC)は2020年5月12日頃に半減期を控えているため、今後の価格上昇を期待する意見が数多く出ていますが、XRPに関してはさらなる下落を予想する意見が出ています。

「2018年のビットコイン価格暴落」を予想したことなどで知られるベテラントレーダーのPeter Brandt(ピーター・ブラント)氏は、2020年5月7日のツイートでXRPのチャートを分析した上で『XRP保有者は0.000023BTC〜0.000024BTC(約22.7円〜23.7円)付近で最後の抵抗をしているように見える』と語り、場合によっては0.000011BTC(約10.9円)付近まで下落する可能性があると警告しています。

私は単純にチャートのファンです。このチャートはバッグホルダー(400億XRPを投げ売りする必要がある人)が最後の抵抗として「0.000023〜0.000024BTC」の範囲でXRP/BTCをサポートしていることを示しています。2019年10月以降、売り手は積極的になっています。

もしもバッグホルダーが手を引いた場合は「0.000011BTC」まで下落することになるでしょう。

さらに同氏はこのツイートのコメント欄で『XRPは"0"に向かっている』とも語っており、チャート分析の観点から見るとXRPは弱気であるという考えを語っています。

「価格急落」を警告する意見も

XRP価格に関してはその他のアナリストからも悲観的な意見が出ており、Twitterで12万人ほどのフォロワーを持つ仮想通貨アナリストJosh Olszewicz(ジョシュ・オルスウィッツ)氏は、2020年5月6日のツイートで"現在のXRPが流動性の低い価格帯に突入していること"を理由に「XRP価格が急落する可能性があること」を指摘しています。

(画像:Josh Olszewicz氏Twitter)(画像:Josh Olszewicz氏Twitter

同氏は2020年5月5日にYouTubeで公開した動画の中でもXRPの現状を問題視しており、Ripple社が様々な金融機関や企業と提携を結んでいるにもかかわらず、2018年頃から「XRPの平均取引量」や「アクティブアドレス数」が減少していることを指摘しています。

ただし、Josh Olszewicz氏が掲載している画像をもとに考えると、XRPが実際に急落した場合には「0.000010〜0.000015BTC(約10〜15円)」付近が再びサポートラインになる可能性があるとも考えられます。

XRP価格に関しては今年3月時点でも『1桁台まで下落する』と予想する意見が多数出ていましたが、そのように予想した人々の多くは『XRPは3〜7円付近までの急落後に上昇する』と語っていました。

2020年3月21日|エックスアールピー(XRP)の価格

エックスアールピー(XRP)の価格は先月30日に25円まで回復したものの、その後は横ばいの状態が続いており、2020年5月7日時点では「1XRP=22.95円」で取引されています。

2020年4月23日〜2020年5月7日 XRPのチャート(引用:coingecko.com)2020年4月23日〜2020年5月7日 XRPのチャート(引用:coingecko.com)

エックスアールピー(XRP)などの購入は豊富な仮想通貨を取り扱っている仮想通貨取引所Coincheckからどうぞ。

仮想通貨取引所Coincheckの画像 仮想通貨取引所Coincheckの登録ページはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

新庄剛志氏「ビットポイントのアンバサダー」に就任|契約金の一部はJMYで支払い

新庄剛志氏「ビットポイントのアンバサダー」に就任|契約金の一部はJMYで支払い

支払い時に仮想通貨SHIBをバーン「SHIB Burn Visa Card」登場

支払い時に仮想通貨SHIBをバーン「SHIB Burn Visa Card」登場

新たなミームコイン「ビッグアイズ」はシバイヌとドージコインを冗長化させるか?

新たなミームコイン「ビッグアイズ」はシバイヌとドージコインを冗長化させるか?

「金・銀・ビットコインを購入すべき」ロバート・キヨサキ氏、FRB・中央銀行を批判

「金・銀・ビットコインを購入すべき」ロバート・キヨサキ氏、FRB・中央銀行を批判

Twitter:ビットコイン(#BTC)ハッシュタグ投稿で「ロゴマーク」を自動表示

Twitter:ビットコイン(#BTC)ハッシュタグ投稿で「ロゴマーク」を自動表示

暗号資産自動損益計算のクリプタクト「Bitget」に新規対応|BybitとのAPI接続も可能に

暗号資産自動損益計算のクリプタクト「Bitget」に新規対応|BybitとのAPI接続も可能に

注目度の高い仮想通貨ニュース

資金洗浄対策に関する6つの改正法が成立|暗号資産送金の監視体制も強化

資金洗浄対策に関する6つの改正法が成立|暗号資産送金の監視体制も強化

ビットフライヤー:金連動トークン「ジパングコイン(ZPG)」取扱いへ

ビットフライヤー:金連動トークン「ジパングコイン(ZPG)」取扱いへ

国内初のスキーNFT「ニセコパウダートークン」の実証実験開始:HashPalette×東急不動産

国内初のスキーNFT「ニセコパウダートークン」の実証実験開始:HashPalette×東急不動産

人気ロックバンド「THE BACK HORN」初のNFT作品販売へ:Fanpla Owner

人気ロックバンド「THE BACK HORN」初のNFT作品販売へ:Fanpla Owner

Phemex3周年を迎え、ユーザーの資産を専門的に保護するデリバティブ取引所

Phemex3周年を迎え、ユーザーの資産を専門的に保護するデリバティブ取引所

Kraken Japan:販売所・取引所でメイカー(Maker/MKR)取扱開始

Kraken Japan:販売所・取引所でメイカー(Maker/MKR)取扱開始

Bitgetワールドカップ・コピートレードPK大会|50,000USDT・ファントークン獲得のチャンス

Bitgetワールドカップ・コピートレードPK大会|50,000USDT・ファントークン獲得のチャンス

イーロン・マスク氏とジャック・ドーシー氏「Twitterの匿名性」についてコメント

イーロン・マスク氏とジャック・ドーシー氏「Twitterの匿名性」についてコメント

XANA:DAOコミュニティ「CryptoNinja」とのコラボNFTを発表

XANA:DAOコミュニティ「CryptoNinja」とのコラボNFTを発表

The Sandbox「LAND SALE」11月25日から開始|主要ブランドの近隣土地を販売

The Sandbox「LAND SALE」11月25日から開始|主要ブランドの近隣土地を販売

コインチェック:人気NFTコレクション「MAYC」取扱いへ

コインチェック:人気NFTコレクション「MAYC」取扱いへ

イーサリアムの時価総額は中国銀行より310億ドル多い。今こそイーサリアム・ビッグアイズコイン大規模採用の時代?

イーサリアムの時価総額は中国銀行より310億ドル多い。今こそイーサリアム・ビッグアイズコイン大規模採用の時代?

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

シバイヌ(Shiba Inu/SHIB)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

シバイヌ(Shiba Inu/SHIB)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

仮想通貨関連の情報収集に役立つ「便利ツール・サイト」まとめ

仮想通貨関連の情報収集に役立つ「便利ツール・サイト」まとめ

ジリカ(Zilliqa/ZIL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ジリカ(Zilliqa/ZIL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

アプトス(Aptos/APT)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

アプトス(Aptos/APT)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ステップアップ(Step App/FITFI)とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

ステップアップ(Step App/FITFI)とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

アスター(Astar/ASTR)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

アスター(Astar/ASTR)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す