大手ファンドMorgan Creekが「XRP・XLM」を除外する理由|Mark YuskoCEOが説明

by BITTIMES   

米国の大手仮想通貨ファンド「Morgan Creek Capital Management(モルガンクリークキャピタルマネジメント)」のCEOであるMark Yusko(マーク・ユスコ)氏は仮想通貨メディア「Thinking Crypto」のインタビューに答えた際に、同社がファンドにエックスアールピー(XRP)やステラ(Steller/XLM)を組み込んでいないことを語り、その理由について説明を行いました。

こちらから読む:投資会社CEO、BTC価格の"爆発的上昇"を予想「仮想通貨」関連ニュース

XRP・XLMの「中央集権化」を懸念

米国の大手仮想通貨ファンド「Morgan Creek Capital Management(モルガンクリークキャピタルマネジメント)」のCEOであるMark Yusko(マーク・ユスコ)氏は仮想通貨メディア「Thinking Crypto」のインタビューに答えた際に、エックスアールピー(XRP)ステラ(XLM)が中央集権化しすぎていることを指摘し、同社のファンドにそれらの仮想通貨を組み込む予定がないことを語りました。

同氏はXRPやXLMを保有しない理由として「関連企業や財団があまりにも多くの割合を保有していること」を挙げており、仮想通貨を特定の企業が大量に保有することによって、供給量が中央集権的に管理されることに対する懸念を示しています。

モルガンクリークの仮想通貨インデックス商品は、ニューヨーク証券取引所・NASDAQに上場している銘柄から選ばれた代表的な500銘柄で構成されている「S&P500」の"仮想通貨版"となるように設計されているとのことで、Mark Yusko氏は大手自動車メーカーであるTesla(テスラ)が「S&P500」に含まれていないのも、株式の保有率が一部の株主に集中しているからだと説明しています。

ただしユスコ氏は『もしもXRPが十分に分配された場合にはインデックスに適格になる可能性がある』とも語っています。

アルトコインの99%は「0円」になると予想

マーク・ユスコ氏はこの他にも「時価総額ランキングで16位付近に位置付けられている仮想通貨を除いた99%のアルトコインは、将来的に価値が"ゼロ"になる」との考えも語っています。

同氏はこれらの仮想通貨について『通貨に問題があるわけではない』と語っているものの、これらの仮想通貨は「当たる可能性が低い準備段階のベンチャーキャピタル」のようなものであると説明しています。

このように語るユスコ氏の仮想通貨ファンド「Morgan Creek Capital」は、ビットコイン(約80%)イーサリアム(約10%)をファンドの中心銘柄としており、その他の仮想通貨としては以下の8銘柄を組み込んでいると伝えられています。
ビットコインキャッシュ(BitcoinCash/BCH)
ライトコイン(Litecoin/LTC)
イオス(Eos/EOS)
テゾス(Tezos/XTZ)
ダッシュ(Dash/DASH)
カルダノエイダコイン(Cardano/ADA)
イーサリアムクラシック(EthereumClassic/ETC)
ジーキャッシュ(Zcash/ZEC)

(参照:Thinking Crypto

ビットコイン(BTC)などの購入は豊富な仮想通貨を取り扱っている仮想通貨取引所Coincheckからどうぞ。

仮想通貨取引所Coincheckの画像 仮想通貨取引所Coincheckの登録ページはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

ビットコインはグローバル通貨にならない|リップルCEO

ビットコインはグローバル通貨にならない|リップルCEO

リップル(XRP)が法定通貨でも購入可能に ー 仮想通貨両替サービス「Changelly」

リップル(XRP)が法定通貨でも購入可能に ー 仮想通貨両替サービス「Changelly」

Chiliz Exchange「$MENGO・$AVLファントークン」本日午後から取引開始

Chiliz Exchange「$MENGO・$AVLファントークン」本日午後から取引開始

Chiliz&Socios:NBAチーム「Orlando Magic(オーランド・マジック)」と提携

Chiliz&Socios:NBAチーム「Orlando Magic(オーランド・マジック)」と提携

米仮想通貨ATM大手「CoinFlip」ステラルーメン(XLM)の取扱い開始

米仮想通貨ATM大手「CoinFlip」ステラルーメン(XLM)の取扱い開始

エルサルバドル政府「150BTCを追加購入」保有するビットコインは合計700BTCに

エルサルバドル政府「150BTCを追加購入」保有するビットコインは合計700BTCに

注目度の高い仮想通貨ニュース

ニューヨーク新市長:初任給は「ビットコイン・イーサリアム」で受け取り

ニューヨーク新市長:初任給は「ビットコイン・イーサリアム」で受け取り

adidas×PRADA:世界初の「オープンメタバース&ユーザー参加型NFTプロジェクト」始動

adidas×PRADA:世界初の「オープンメタバース&ユーザー参加型NFTプロジェクト」始動

元祖メタバース「Second Life」の創設者、Linden Labに戦略顧問として復帰

元祖メタバース「Second Life」の創設者、Linden Labに戦略顧問として復帰

YouTube「NFT関連サービス」提供へ|クリエイターの技術活用を支援

YouTube「NFT関連サービス」提供へ|クリエイターの技術活用を支援

NFT会員証用いたプライベートダイニングレストラン「Flyfish Club」公開へ

NFT会員証用いたプライベートダイニングレストラン「Flyfish Club」公開へ

金持ち父さん著者「ビットコイン暴落は良いニュース」買い増し予定価格も提示

金持ち父さん著者「ビットコイン暴落は良いニュース」買い増し予定価格も提示

Ariva Wonderlandがメタバース・仮想通貨・VRを武器に観光業界に革命を起こす

Ariva Wonderlandがメタバース・仮想通貨・VRを武器に観光業界に革命を起こす

GMOコイン:取扱銘柄数No.1記念「暗号資産の預入で現金1万円が当たる」キャンペーン開始

GMOコイン:取扱銘柄数No.1記念「暗号資産の預入で現金1万円が当たる」キャンペーン開始

Chiliz&Socios:ASモナコのFTO「1月18日」から開催|$ASMファントークンを限定販売

Chiliz&Socios:ASモナコのFTO「1月18日」から開催|$ASMファントークンを限定販売

Bitget:2021年の暗号資産業界を振り返って

Bitget:2021年の暗号資産業界を振り返って

Binance Saving「ジャスミーコイン(JasmyCoin/JASMY)」をサポート

Binance Saving「ジャスミーコイン(JasmyCoin/JASMY)」をサポート

エストニア:暗号資産関連の規制法案「仮想通貨取引を禁止するものではない」と説明

エストニア:暗号資産関連の規制法案「仮想通貨取引を禁止するものではない」と説明

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「ディープコイン(DEAPcoin/DEP)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ディープコイン(DEAPcoin/DEP)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ブロックトピア(Bloktopia/BLOK)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ブロックトピア(Bloktopia/BLOK)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ディーヘルスネットワーク(dHealth Network/DHP)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ディーヘルスネットワーク(dHealth Network/DHP)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ソロジェニック(Sologenic/SOLO)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ソロジェニック(Sologenic/SOLO)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産取引所「CoinEx(コインエックス)」とは?特徴・メリット・デメリットを解説

暗号資産取引所「CoinEx(コインエックス)」とは?特徴・メリット・デメリットを解説

暗号資産「ザ・サンドボックス(The Sandbox/SAND)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ザ・サンドボックス(The Sandbox/SAND)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す