コインチェック「パレットトークン(PLT)のIEO実施」に向け共同プロジェクト発足

by BITTIMES

暗号資産取引所「Coincheck(コインチェック)」は2020年8月25日に、日本国内初となる「イニシャル・エクスチェンジ・オファリング(Initial Exchange Offering/IEO)」の実現に向けた共同プロジェクトを「株式会社Link-U」と「株式会社HashPort」の合弁会社である「株式会社Hashpalette」と共に発足したことを発表しました。

こちらから読む:RICOH、ブロックチェーンで"再生可能エネルギー"を管理「国内ニュース」

コインチェック「IEO実施に向けた共同プロジェクト」発足

Coincheck(コインチェック)は2020年8月25日に、企業などが暗号資産取引所を通じて新しい暗号資産(仮想通貨)を発行・販売して資金調達を行う方法である「イニシャル・エクスチェンジ・オファリング(Initial Exchange Offering/IEO)」を日本国内で実施するために「株式会社Link-U」と「株式会社HashPort」の合弁会社である「株式会社Hashpalette」と協力して共同プロジェクトを発足したことを発表しました。

イニシャル・エクスチェンジ・オファリング(Initial Exchange Offering/IEO)は、暗号資産取引所の支援を受けながらトークン発行によるコミュニティの形成・強化や資金調達を行う方法のことであり、企業やプロジェクトなどの通貨発行体がユーティリティ・トークンを電子的に発行することで資金調達を行う仕組みである「イニシャル・コインオファリング(Initial Coin Offering/ICO)」の中でも、暗号資産取引所が主体となって発行体のトークンの販売を行うモデルを指します。

ICOは仮想通貨業界全体で非常に大きな注目を集めたものの、トークン発行・販売を行う際のルールなどが明確化されておらず、発行体やプロジェクトの審査なども行われていなかったため、『詐欺プロジェクトや詐欺コインの可能性がある・トークンが取引所に上場しない場合がある』などの様々な問題が潜んでいました。

しかしIEOは暗号資産取引所がプロジェクトの審査を行なった上で資金調達を支援するため、プロジェクト・トークンの信頼性が比較的高く、トークン販売終了後にも支援を行なった取引所にトークンが上場するという利点があります。

パレットトークン(PaletteToken/PLT)を発行・販売

「コインチェック」と「Hashpalette」の共同プロジェクトでは、マンガ・アニメ・スポーツ音楽をはじめとする日本の文化コンテンツの更なる発展を目指して2020年3月に設立された「Hashpalette」において、ユーティリティ性を有するトークンである「パレットトークン(PaletteToken/PLT)」の発行を行い、コインチェックでトークン販売を行う予定だとされています。

発行・販売されたトークンは、マンガ・アニメ・スポーツ・音楽をはじめとするコンテンツのためのブロックチェーンプラットフォームである「パレット(Palette)」で利用できるようになるとのことです。

(画像:コインチェック)(画像:コインチェック)

「パレット(Palette)」について

パレット(Palette)は、ファンコミュニティにおいてコンテンツを活用したデジタルアイテムを発行・管理・流通させるためのブロックチェーンプラットフォームです。このデジタルアイテムは「代替不可能なトークン(Non-Fungible Token/NFT)」としてブロックチェーン上で発行されます。

「パレット」の基盤となるコンソーシアム型のブロックチェーン「パレットチェーン(Palette Chain)」は、一定の条件を満たす複数のコンテンツ企業がコンセンサスノードとしてコンソーシアムを運営していきます。コンソーシアム参加企業については、現在複数社と協議中とのことで、今後順次発表される予定となっています。

「パレットトークン(Palette Token/PLT)」について

パレットトークン(Palette Token/PLT)は、イーサリアム(ETH)のブロックチェーン上で発行されるトークンであり、「パレットチェーン」におけるコンセンサスノード運営報酬の支払い、スマートコントラクトの発行手数料(GAS)、NFT売買の決済などの用途で使用されます。

NFTの決済に「パレットトークン」を用いることによって、NFTの送付と金銭の受け渡しを同時に実施することが可能となり、エスクローサービスを活用することなく安全な2次流通市場を構築できます。また「パレットトークン」は「パレットチェーン」の維持・運営におけるインセンティブ設計においても重要な役割を占めると説明されています。

なお「パレットトークン」は、異なるブロックチェーン・暗号資産を繋ぐ"クロスチェーン技術"によって「パレットチェーン」とイーサリアムブロックチェーンを自由に行き来することができるとされています。

エコシステムの成長を暗号資産で促進

コインチェックは2019年8月時点で「IEOの事業化」に関する検討を開始していましたが、今回の発表ではこのIEO事業第1弾として「パレットトークン(Palette Token/PLT)」の発行・販売を行う計画が明らかにされています。

コインチェックは今回の発表の中で『パレットでは、日本が世界に誇る様々なコンテンツが、ブロックチェーン上で流通するNFTとしてデジタル化され、誰もが簡単に所有や売却することが可能となると考えている』と述べており、『将来的には「マンガの限定読切閲覧権」や「限定コンサート参加権」のような従来では実現しにくかったデジタルコンテンツならではの新たな体験をクリエイターやアーティストが顧客に提供できるエコシステムを構築することが可能になる』と説明しています。

パレットトークン(PLT)はそのようなエコシステムで決済・投票・運営ノードに対するインセンティブとして提供されるトークンとなっているため、コインチェックは『パレットトークンの販売や流通を支援することによって、"エコシステムの成長を暗号資産により加速させていく"という新しい試みに挑戦する』と語っています。

「パレット」のプラットフォーム上には、Hashpaletteが今年5月に実証実験を行なった"限定イラスト付マンガファンクラブ会員権"の「コミカブ」などといったこれまで実現が難しかったサービスが構築されていく予定だと報告されています。

>>「コインチェック」の公式発表はこちら

IEOの実施を予定している暗号資産取引所Coincheckの新規登録はこちらからどうぞ。

暗号資産取引所Coincheckの画像 暗号資産取引所Coincheckの登録ページはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

大手ファンドMorgan Creekが「XRP・XLM」を除外する理由|Mark YuskoCEOが説明

大手ファンドMorgan Creekが「XRP・XLM」を除外する理由|Mark YuskoCEOが説明

Coinbase:Visaカード発行の「主要メンバー」として正式認定【仮想通貨企業初】

Coinbase:Visaカード発行の「主要メンバー」として正式認定【仮想通貨企業初】

仮想通貨取引のGMOコイン「千葉ロッテマリーンズ」のオフィシャルスポンサーに就任

仮想通貨取引のGMOコイン「千葉ロッテマリーンズ」のオフィシャルスポンサーに就任

BINANCE:トロン(Tron/TRX)の「先物取引」提供開始

BINANCE:トロン(Tron/TRX)の「先物取引」提供開始

リップル(ripple)今後の行方「詐欺で業者代表逮捕」

リップル(ripple)今後の行方「詐欺で業者代表逮捕」

日銀・黒田総裁の「暗号資産」に対する見解はいかに?|藤巻議員の質疑に応答

日銀・黒田総裁の「暗号資産」に対する見解はいかに?|藤巻議員の質疑に応答

注目度の高い仮想通貨ニュース

コイネージ「2,000円もらえる!ビットコイン取引おためしキャンペーン」開催

コイネージ「2,000円もらえる!ビットコイン取引おためしキャンペーン」開催

ビットコイン価格:対ロシアルーブル(RUB)で「過去最高値」を更新

ビットコイン価格:対ロシアルーブル(RUB)で「過去最高値」を更新

Cardano(ADA)の投票アプリ「Catalyst Voting」Google Playストアに登場

Cardano(ADA)の投票アプリ「Catalyst Voting」Google Playストアに登場

サムスンの家電・電化製品購入者に「最大1.5%のビットコイン還元」Lolli(ロリー)

サムスンの家電・電化製品購入者に「最大1.5%のビットコイン還元」Lolli(ロリー)

シンガポール大手銀行:STO対応の暗号資産取引所「DBSデジタル取引所」開設か

シンガポール大手銀行:STO対応の暗号資産取引所「DBSデジタル取引所」開設か

【Socios&Chiliz】世界最大級のeスポーツ団体「Natus Vincere(NAVI)」と提携

【Socios&Chiliz】世界最大級のeスポーツ団体「Natus Vincere(NAVI)」と提携

Chainalysis:政府が押収した暗号資産の「換金・保管・監視」支援サービス提供開始

Chainalysis:政府が押収した暗号資産の「換金・保管・監視」支援サービス提供開始

LayerX「つくばスマートシティ協議会」に加入|ブロックチェーン投票などで技術提供

LayerX「つくばスマートシティ協議会」に加入|ブロックチェーン投票などで技術提供

暗号資産取引所FTX:Zoom・Uber・Squareなど「株式トークン9銘柄」を追加

暗号資産取引所FTX:Zoom・Uber・Squareなど「株式トークン9銘柄」を追加

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2020年11月15日〜21日

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2020年11月15日〜21日

FCバルセロナ:スタジアムで流す曲「ブロックチェーン投票アプリSocios」で決定へ

FCバルセロナ:スタジアムで流す曲「ブロックチェーン投票アプリSocios」で決定へ

国内暗号資産事業者12社「XRP保有者に対するSparkトークン付与」について共同声明

国内暗号資産事業者12社「XRP保有者に対するSparkトークン付与」について共同声明

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「ライトコイン(Litecoin/LTC)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ライトコイン(Litecoin/LTC)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

NEM新通貨シンボル(Symbol/XYM)に関する「国内暗号資産取引所の対応方針」まとめ

NEM新通貨シンボル(Symbol/XYM)に関する「国内暗号資産取引所の対応方針」まとめ

暗号資産「リップル(Ripple/XRP)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「リップル(Ripple/XRP)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ビットコインキャッシュのハードフォーク「国内暗号資産取引所の対応」まとめ

ビットコインキャッシュのハードフォーク「国内暗号資産取引所の対応」まとめ

ビットフライヤー編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットフライヤー編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットバンク編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットバンク編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

人気のタグから探す