ブロックチェーン×マンガの資金調達プラットフォーム「コミカブ」ベータ版公開へ

by BITTIMES

「株式会社Link-U」と「株式会社HashPort」が立ち上げた合弁会社「株式会社Hashpalette」は2020年5月1日の発表で、ブロックチェーン技術とマンガを組み合わせたクラウドファンディングプラットフォーム「コミカブ(Comikabu)」のベータ版を2020年5月中旬にリリースすることを発表しました。

こちらから読む:BC基盤の電子署名システム、"無料提供"開始「国内ニュース」

コミカブ(Comikabu)とは

コミカブ(Comikabu)は、ブロックチェーン技術を用いた代替不可能なトークンである「ノンファンジブルトークン(Non-Fungible Token/NFT)」を取り入れた"マンガ制作の資金調達プラットフォーム"となっており、マンガクリエイターはNFTを発行して資金調達を行い、マンガファンの人々は自分の好きな作品のNFTを購入することによってクリエイターを応援したり、限定コンテンツにアクセスしたりできる仕組みとなっています。

マンガクリエイターが発行するNFTはプラットフォーム内で「コミカブカード」として販売されるため、マンガファンの人々はこの「コミカブカード」を購入することによってクリエイターを支援することができます。購入した「コミカブカード」は、カード保有者した閲覧できない"限定コンテンツ"へのアクセス権として機能します。

また「コミカブカード」は第三者が運営している"NFT取引市場"でも取引できるようになる予定となっているため、"自分が購入したカードを譲渡・売買できる"という特徴も備えています。「Hashpalette」はこれらの特徴を活かすことによって、コミュニティに支援を通じて新しいコンテンツを生み出すと共に、新たな二次流通の仕組みを構築することも目指していると説明しています。

なお、コミカブは独自のシステム設計によって構築されているため、一般的なNFTサービスのように暗号資産をユーザーが用意する必要はなく「秘密鍵の管理」や「ネットワーク手数料(GAS)の支払い」などの操作も必要ないとされています。

コミカブ(Comikabu)の「サービス概要」

コミカブの楽しみ方としては、以下の3ステップを通じた手順が説明されています。

【STEP1:コミカブカードを購入する】

  • クリエイターが企画した新しいコンテンツをコミカブの作品ページでファンに告知
  • ファンは応援したい作品のコミカブカードを購入することによって「限定コミュニティ」や「限定コンテンツ」へのアクセス権を得られる

【STEP2:プロジェクトを支援する】

  • コミカブカードの売上を元にコンテンツ制作が行われる
  • コミカブカード保有者に限定公開されるコミュニティではコンテンツの制作過程が共有される

【STEP3:限定コンテンツにアクセスする】

  • カード保有者限定で完成したコンテンツが公開される
  • カードの保有枚数に応じた追加特典が作品ごとに設定される場合有
  • コミカブカードは他のユーザーへ譲渡可能(有償/無償の両方が可能)であり、サービス内や外部マーケットでカードが二次流通する

(画像:Hashpaletteプレスリリース)(画像:Hashpaletteプレスリリース)

人気作品「BORDER」のコミカブカードから販売

コミカブ(Comikabu)は2020年5月中旬に「ベータ版」の提供が開始される予定となっています。ベータ版の提供開始後は、20万部を売り上げている株式会社コンパスの人気作品「BORDER -境界線-」のコミカブカードが発行される予定です。

「BORDER」のコミカブカードを購入したユーザーは、魅力的なキャラクターのカードを所有できると同時に、コミカブカード保有者しかアクセス出来ない「BORDER」の完全新作限定コンテンツへのアクセスが可能になると説明されています。

現時点では「コミカブ特設サイト」にて事前登録が可能となっていますが、コンテンツの詳細などについてはサービス公開時に発表される予定となっています。

>>「コミカブ特設サイト」はこちら
>>「Hashpalette」の公式発表はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

エマーゴ:インドのブロックチェーン教育促進に向け「EMURGO Academy」を設立

エマーゴ:インドのブロックチェーン教育促進に向け「EMURGO Academy」を設立

三菱UFJ:ブロックチェーン用いた「高速・大容量の決済基盤」提供へ|米アカマイと協力

三菱UFJ:ブロックチェーン用いた「高速・大容量の決済基盤」提供へ|米アカマイと協力

仮想通貨などのソースコード公開の場GitHubをMicrosoftが買収

仮想通貨などのソースコード公開の場GitHubをMicrosoftが買収

OKCoinJapan:シバイヌ(Shiba Inu/SHIB)取扱いへ

OKCoinJapan:シバイヌ(Shiba Inu/SHIB)取扱いへ

ビットポイント:Cardano(ADA)の「ステーキングサービス開始日」を発表

ビットポイント:Cardano(ADA)の「ステーキングサービス開始日」を発表

砂漠の仮想通貨都市実現に向けネバダ州に「独自行政組織」の設立申請:Blockchains社

砂漠の仮想通貨都市実現に向けネバダ州に「独自行政組織」の設立申請:Blockchains社

注目度の高い仮想通貨ニュース

柴犬のバーン運動はコミュニティでも「Shib Dream NFT」が合計10億SHIBを焼却処分

柴犬のバーン運動はコミュニティでも「Shib Dream NFT」が合計10億SHIBを焼却処分

Decentraland「スマホアプリ公開」は近い?モバイル版のデモ映像公開

Decentraland「スマホアプリ公開」は近い?モバイル版のデモ映像公開

Symbol活用のNFTウォレット「NFTDriveEX」マルチチェーン対応を発表

Symbol活用のNFTウォレット「NFTDriveEX」マルチチェーン対応を発表

BTC支持派のケネディJr氏が副大統領候補に?トランプ陣営上級顧問が報道内容を否定

BTC支持派のケネディJr氏が副大統領候補に?トランプ陣営上級顧問が報道内容を否定

IEO予定のBrilliantcrypto:世界展開に向け「スペイン語圏最大級の取引所」と上場契約

IEO予定のBrilliantcrypto:世界展開に向け「スペイン語圏最大級の取引所」と上場契約

ビットコイン価格は半減期後「4倍」になる?SkyBridge創設者の価格予想

ビットコイン価格は半減期後「4倍」になる?SkyBridge創設者の価格予想

GMOコイン:法人口座で「暗号資産の預入・送付」が可能に|税制上のメリットも

GMOコイン:法人口座で「暗号資産の預入・送付」が可能に|税制上のメリットも

SBI VCトレード:国内初「FLRステーキングサービス」提供開始|記念キャンペーンも開催

SBI VCトレード:国内初「FLRステーキングサービス」提供開始|記念キャンペーンも開催

1.5兆ドル運用の米資産運用会社「現物イーサリアムETF」を申請|申請企業は8社に

1.5兆ドル運用の米資産運用会社「現物イーサリアムETF」を申請|申請企業は8社に

メルカリ:買い物でBTCが使える「ビットコイン決済機能」提供開始

メルカリ:買い物でBTCが使える「ビットコイン決済機能」提供開始

Visa × Transak「仮想通貨→法定通貨の交換」を145カ国で提供|40銘柄以上をサポート

Visa × Transak「仮想通貨→法定通貨の交換」を145カ国で提供|40銘柄以上をサポート

【重要】トラストウォレット「iOS版アプリの脆弱性報告」について説明

【重要】トラストウォレット「iOS版アプリの脆弱性報告」について説明

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

仮想通貨の確定申告で必要な「年間取引報告書」のダウンロード方法【取引所別まとめ】

仮想通貨の確定申告で必要な「年間取引報告書」のダウンロード方法【取引所別まとめ】

ソラナ基盤のDEX「Jupiter Exchange」とは?仮想通貨JUPの概要などもあわせて紹介

ソラナ基盤のDEX「Jupiter Exchange」とは?仮想通貨JUPの概要などもあわせて紹介

Shiba Inuのメタバース「Shib:The Metaverse」とは?最新情報・LAND購入方法など

Shiba Inuのメタバース「Shib:The Metaverse」とは?最新情報・LAND購入方法など

人気のタグから探す