ブロックチェーン×マンガの資金調達プラットフォーム「コミカブ」ベータ版公開へ

by BITTIMES

「株式会社Link-U」と「株式会社HashPort」が立ち上げた合弁会社「株式会社Hashpalette」は2020年5月1日の発表で、ブロックチェーン技術とマンガを組み合わせたクラウドファンディングプラットフォーム「コミカブ(Comikabu)」のベータ版を2020年5月中旬にリリースすることを発表しました。

こちらから読む:BC基盤の電子署名システム、"無料提供"開始「国内ニュース」

コミカブ(Comikabu)とは

コミカブ(Comikabu)は、ブロックチェーン技術を用いた代替不可能なトークンである「ノンファンジブルトークン(Non-Fungible Token/NFT)」を取り入れた"マンガ制作の資金調達プラットフォーム"となっており、マンガクリエイターはNFTを発行して資金調達を行い、マンガファンの人々は自分の好きな作品のNFTを購入することによってクリエイターを応援したり、限定コンテンツにアクセスしたりできる仕組みとなっています。

マンガクリエイターが発行するNFTはプラットフォーム内で「コミカブカード」として販売されるため、マンガファンの人々はこの「コミカブカード」を購入することによってクリエイターを支援することができます。購入した「コミカブカード」は、カード保有者した閲覧できない"限定コンテンツ"へのアクセス権として機能します。

また「コミカブカード」は第三者が運営している"NFT取引市場"でも取引できるようになる予定となっているため、"自分が購入したカードを譲渡・売買できる"という特徴も備えています。「Hashpalette」はこれらの特徴を活かすことによって、コミュニティに支援を通じて新しいコンテンツを生み出すと共に、新たな二次流通の仕組みを構築することも目指していると説明しています。

なお、コミカブは独自のシステム設計によって構築されているため、一般的なNFTサービスのように暗号資産をユーザーが用意する必要はなく「秘密鍵の管理」や「ネットワーク手数料(GAS)の支払い」などの操作も必要ないとされています。

コミカブ(Comikabu)の「サービス概要」

コミカブの楽しみ方としては、以下の3ステップを通じた手順が説明されています。

【STEP1:コミカブカードを購入する】

  • クリエイターが企画した新しいコンテンツをコミカブの作品ページでファンに告知
  • ファンは応援したい作品のコミカブカードを購入することによって「限定コミュニティ」や「限定コンテンツ」へのアクセス権を得られる

【STEP2:プロジェクトを支援する】

  • コミカブカードの売上を元にコンテンツ制作が行われる
  • コミカブカード保有者に限定公開されるコミュニティではコンテンツの制作過程が共有される

【STEP3:限定コンテンツにアクセスする】

  • カード保有者限定で完成したコンテンツが公開される
  • カードの保有枚数に応じた追加特典が作品ごとに設定される場合有
  • コミカブカードは他のユーザーへ譲渡可能(有償/無償の両方が可能)であり、サービス内や外部マーケットでカードが二次流通する

(画像:Hashpaletteプレスリリース)(画像:Hashpaletteプレスリリース)

人気作品「BORDER」のコミカブカードから販売

コミカブ(Comikabu)は2020年5月中旬に「ベータ版」の提供が開始される予定となっています。ベータ版の提供開始後は、20万部を売り上げている株式会社コンパスの人気作品「BORDER -境界線-」のコミカブカードが発行される予定です。

「BORDER」のコミカブカードを購入したユーザーは、魅力的なキャラクターのカードを所有できると同時に、コミカブカード保有者しかアクセス出来ない「BORDER」の完全新作限定コンテンツへのアクセスが可能になると説明されています。

現時点では「コミカブ特設サイト」にて事前登録が可能となっていますが、コンテンツの詳細などについてはサービス公開時に発表される予定となっています。

>>「コミカブ特設サイト」はこちら
>>「Hashpalette」の公式発表はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

社会貢献活動に対して「独自コイン」付与|デイリーアクション機能を追加:actcoin

社会貢献活動に対して「独自コイン」付与|デイリーアクション機能を追加:actcoin

日本政府:新たな暗号技術を模索「耐量子コンピューター」を重要視|2023年導入目指す

日本政府:新たな暗号技術を模索「耐量子コンピューター」を重要視|2023年導入目指す

ペンタブレット製品大手「ワコム」アートブロックチェーン活用でスタートバーンと提携

ペンタブレット製品大手「ワコム」アートブロックチェーン活用でスタートバーンと提携

ビットフライヤー「Lightning FX/Futuresの新規利用受付」を再開|記念キャンペーンも

ビットフライヤー「Lightning FX/Futuresの新規利用受付」を再開|記念キャンペーンも

ブロックチェーン×AIで不動産をトークン化する「CM2」と提携:リマールエステート

ブロックチェーン×AIで不動産をトークン化する「CM2」と提携:リマールエステート

日本人は仮想通貨に消極的?文科省「最先端技術に対する意識調査」を実施

日本人は仮想通貨に消極的?文科省「最先端技術に対する意識調査」を実施

注目度の高い仮想通貨ニュース

米投資アプリ「Robinhood」ユニスワップ(Uniswap/UNI)取扱開始

米投資アプリ「Robinhood」ユニスワップ(Uniswap/UNI)取扱開始

ジャスミー「サガン鳥栖ファントークン」の事前登録受付開始|9月1日に発売予定

ジャスミー「サガン鳥栖ファントークン」の事前登録受付開始|9月1日に発売予定

スターバックス「Web3リワードプログラム」発表へ|デジタルコレクティブル統合も計画

スターバックス「Web3リワードプログラム」発表へ|デジタルコレクティブル統合も計画

Bitget夏祭り取引大会が開催|賞金総額最大3BTC

Bitget夏祭り取引大会が開催|賞金総額最大3BTC

Bitget保護基金、暗号資産の冬の時期に立ち上げ、トレーダーの信頼回復を目指す

Bitget保護基金、暗号資産の冬の時期に立ち上げ、トレーダーの信頼回復を目指す

synschismo株式会社「NFT×ガチャガチャ」の実証実験を実施|福田屋百貨店と提携

synschismo株式会社「NFT×ガチャガチャ」の実証実験を実施|福田屋百貨店と提携

ビットポイント:Cardano(ADA)の「ステーキングサービス開始日」を発表

ビットポイント:Cardano(ADA)の「ステーキングサービス開始日」を発表

Chiliz&Socios「イングランドのラグビー3クラブ」と提携|ファントークン発行も予定

Chiliz&Socios「イングランドのラグビー3クラブ」と提携|ファントークン発行も予定

MEXC Global:dHealth Networkの「ネイティブDHP」を正式サポート

MEXC Global:dHealth Networkの「ネイティブDHP」を正式サポート

ウサイン・ボルト氏:Move to Earnアプリ「Step App」の公式アンバサダーに

ウサイン・ボルト氏:Move to Earnアプリ「Step App」の公式アンバサダーに

The Sandbox「VoxEditで作成したアセットの公開」が可能に

The Sandbox「VoxEditで作成したアセットの公開」が可能に

Chiliz&Socios:ラグビーチーム「The Sharks・Stade Français」と提携

Chiliz&Socios:ラグビーチーム「The Sharks・Stade Français」と提携

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

FTXトークン(FTX Token/FTT)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

FTXトークン(FTX Token/FTT)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

元素騎士メタバース(MV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

元素騎士メタバース(MV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

アバランチ(Avalanche/AVAX)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

アバランチ(Avalanche/AVAX)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ポリゴン(Polygon/MATIC)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ポリゴン(Polygon/MATIC)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

エバードーム(Everdome/DOME)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

エバードーム(Everdome/DOME)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

Unstoppable Domainsとは?基本情報・特徴・使い方などを解説

Unstoppable Domainsとは?基本情報・特徴・使い方などを解説

人気のタグから探す