Trezor:BTCが稼げるバトルロイヤルゲーム「Lightnite」と提携

by BITTIMES

暗号資産(仮想通貨)のハードウェアウォレット「Trezor(トレザー)」を開発している「SatoshiLabs」は、2020年9月8日にビットコイン(Bitcoin/BTC)を獲得することができるマルチプレイヤーバトルロイヤルゲーム「Lightnite(ライトナイト)」と提携して「限定盤のモデルTハードウェアウォレット」を提供することを発表しました。

こちらから読む:Huobi Japan、"XEM・XLM"取扱いへ「暗号資産」関連ニュース

Trezorが提携した「Lightnite」とは

Trezor(トレザー)が提携を結んだ「Lightnite(ライトナイト)」は、仮想通貨ビットコイン(BTC)を活用したゲームを開発している「Satoshi's Games」が開発を進めているマルチプレイヤーバトルロイヤルゲームであり、プレイヤーはゲーム内で他のプレイヤーを倒すことによってBTCを獲得することができるようになっています。

世界中でプレイされている人気のオンラインゲーム「Fortnite(フォートナイト)」に似ていることから『仮想通貨版Fortnite』とも呼ばれており、今後の正式リリースに期待が高まっています。

今回の発表では「Trezor」と「Lightnite」が提携したことによって、「限定盤のモデルTハードウェアウォレット」などが製造・販売されることや、Lightniteのゲーム内で「Trezorとコラボしたデジタルアイテム」が提供されることなどが報告されています。

Lightniteとコラボした「限定セット」を販売

Trezor(トレザー)の公式サイトでは現在「LightniteをテーマにしたモデルTハードウェアウォレット、Lightniteデザインのシリコンケース、特別なLightniteグッズ」がついた1回限りの限定セットが50個限定で販売されています。

この限定セットには「限定盤のハードウェアウォレット」や「限定盤シリコンケース」だけでなく、「Lightniteのステッカー・ポスター」や「Lightnite内で使用できる20ドル(約2,100円)分のクーポンコード」なども付属しているため、セットを購入した人はコードを入力するだけで20ドル分のBTCをゲーム内ウォレットに入金することができ、すぐにゲームを始めることができるとされています。

(画像:Trezor)(画像:Trezor

さらにこの限定セットには「Trezorホバーボード」や「Trezorのロゴがプリントされた武器」などといった"限定ゲーム内アイテム"も付属しています。これらのアイテムは「希少価値の高い限定デジタルアイテム」となっており、他のプレイヤーと交換することもできるため、『将来的には需要が高くなり、市場で高い価格で取引される可能性がある』と説明されています。

Lightnite(ライトナイト)の開発状況について

Lightnite(ライトナイト)はまだ開発の途中段階であり、現在は「早期アクセス版のシングルプレイヤーモード」のみが一部ユーザーの間で利用可能な状態だと報告されています。

公式サイトに掲載されているロードマップでは、以下のようなスケジュールで開発を進めていく予定だとされているため、2021年末頃には正式にゲームをプレイすることができるようになると期待されます。
2020年11月:早期アクセス版のマルチプレイヤーモードが利用可能に
2020年12月:早期アクセス(アルファ版)リリース
2021年3月:ベータ版リリース
2021年4月:ソフトローンチ
2021年8月:グローバルリリース(正式販売開始)
2021年9月:マジックリリース(VRで没入型のゲーム体験が可能に)

Lightnite(ライトナイト)の詳細や開発状況などは、以下の公式サイトで確認することができます。
>>「Lightnite」の公式サイトはこちら
>>「Trezor」の公式発表はこちら

TREZOR(トレザー)の購入は、英語が苦手でも安心して購入することができる"TREZOR日本正規販売店"「RISEST COLTD」からどうぞ

TREZORの画像 TREZORの日本正規販売店はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

仮想通貨取引所「コインチェック」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

仮想通貨取引所「コインチェック」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

イスラエル証券庁:Kiroboの仮想通貨を「セキュリティトークン」と判断

イスラエル証券庁:Kiroboの仮想通貨を「セキュリティトークン」と判断

PayPal:米国で「暗号資産4銘柄の売買・保管サービス」提供開始

PayPal:米国で「暗号資産4銘柄の売買・保管サービス」提供開始

ロシア最大手銀行:独自ステーブルコイン「2021年春に発行」の可能性

ロシア最大手銀行:独自ステーブルコイン「2021年春に発行」の可能性

フィスココイン(FSCC)シンガポールの取引所「Finexbox」に上場|価格への影響は?

フィスココイン(FSCC)シンガポールの取引所「Finexbox」に上場|価格への影響は?

SBIホールディングス「米SECによるRipple社への訴訟提起」ついてコメント

SBIホールディングス「米SECによるRipple社への訴訟提起」ついてコメント

注目度の高い仮想通貨ニュース

ドイツ銀行「暗号資産カストディ・ブローカーサービス提供」の可能性

ドイツ銀行「暗号資産カストディ・ブローカーサービス提供」の可能性

【国内初】ビットバンク「バグバウンティプログラム(バグ報奨金制度)」開始

【国内初】ビットバンク「バグバウンティプログラム(バグ報奨金制度)」開始

Liquid Global:日本円ステーブルコイン「GYEN」取り扱いへ【世界初】

Liquid Global:日本円ステーブルコイン「GYEN」取り扱いへ【世界初】

Axie Infinityの土地NFT、歴史上最高額となる「150万ドル」で落札

Axie Infinityの土地NFT、歴史上最高額となる「150万ドル」で落札

NEM Group:Symbol対応モバイル&デスクトップウォレット「最新版」リリース

NEM Group:Symbol対応モバイル&デスクトップウォレット「最新版」リリース

Zaif(ザイフ)「NEM時計 by フランク三浦」が当たるキャンペーン開始

Zaif(ザイフ)「NEM時計 by フランク三浦」が当たるキャンペーン開始

仮想通貨決済大手BitPay「ドージコイン」をサポート|NBAチームもDOGE決済に対応

仮想通貨決済大手BitPay「ドージコイン」をサポート|NBAチームもDOGE決済に対応

Goldman Sachs「暗号資産トレーディングデスク再開」の可能性=ロイター報道

Goldman Sachs「暗号資産トレーディングデスク再開」の可能性=ロイター報道

コインチェック:NFT取引所miime運営の「メタップスアルファ」を完全子会社化

コインチェック:NFT取引所miime運営の「メタップスアルファ」を完全子会社化

クリプトアーティスト登録制のNFTマーケットプレイス「nanakusa」公開へ

クリプトアーティスト登録制のNFTマーケットプレイス「nanakusa」公開へ

【Cardano/ADA】過去最高値ライン「140円」に到達|時価総額ランキングでは3位に

【Cardano/ADA】過去最高値ライン「140円」に到達|時価総額ランキングでは3位に

暗号資産全体の合計時価総額「Google(グーグル)」上回る145兆円に到達

暗号資産全体の合計時価総額「Google(グーグル)」上回る145兆円に到達

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「モナコイン(Monacoin/MONA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「モナコイン(Monacoin/MONA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「カルダノ・エイダ(Cardano/ADA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「カルダノ・エイダ(Cardano/ADA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

クアンタム(QTUM)保有者に対する「QIトークンエアドロップ」取引所の対応まとめ

クアンタム(QTUM)保有者に対する「QIトークンエアドロップ」取引所の対応まとめ

暗号資産「ドージコイン(Dogecoin/DOGE)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ドージコイン(Dogecoin/DOGE)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「バイナンスコイン(Binance Coin/BNB)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「バイナンスコイン(Binance Coin/BNB)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「エンジンコイン(Enjin Coin/ENJ)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「エンジンコイン(Enjin Coin/ENJ)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す