ビットコイン争奪対戦ゲーム「ライトナイト」取引可能なNFTアイテム発行へ

by BITTIMES

ビットコイン(Bitcoin/BTC)のサイドチェーン技術を活用した取引所間決済ネットワーク「Liquid Network」を開発・運営している「Blockstream(ブロックストリーム)」は2020年5月12日に、"仮想通貨版フォートナイト"として注目を集めているマルチプレイヤー型バトルロイヤルゲーム「LightNite(ライトナイト)」がLiquid Networkを活用してゲーム内アイテムのNFTを発行することを発表しました。

こちらから読む:Reddit、イーサリアム基盤のトークン発行へ「ゲーム」関連ニュース

LightNiteのゲーム内アイテムを「NFT」として発行

LightNite(ライトナイト)は、ビットコイン関連のゲームを開発している「Satoshis Games(サトシズ・ゲームズ)」が開発を進めているマルチプレイヤー型のバトルロワイヤルゲームであり、少額のBTCを安い手数料で送金することができるLightning Network(ライトニングネットワーク)を採用することによってプレイヤー同士が少額のビットコインを賭けてバトルすることができる環境を構築しています。

このゲームは現在開発段階であるため、現在はパブリックプレアルファ版のみでしか利用することができないものの、"今世界中で流行しているFortnite(フォートナイト)のようなバトルロワイヤル形式のオンラインゲームで仮想通貨ビットコインの争奪戦を行うことができる"として注目を集めています。

昨年10月のゲーム発表時点では「BTCの奪い合いができること」や「武器などのアイテムがゲーム内ストアで購入できること」などが明らかにされていましたが、今回の発表では"ゲーム内で使用されるアイテムが「Liquid Network」を用いた"代替不可能なトークン(NFT)"として発行されること"が明らかにされています。

ゲーム内アイテムの「自由な取引」が可能に

LightNiteのゲーム内アイテムがNFTとして発行されることによって、ゲーム内で獲得することができる衣服や武器などのアイテムを他のプレイヤーとの間で自由に取引することができるようになります。これらのゲーム内資産の取引はBlockstream社のブロックチェーンエクスプローラーを基盤とした「Light Nite Explorer」で詳細を確認することができるようになっています。

LightNite内で提供されるアイテムには一般的なブロックチェーンゲームのように「レア・プレミアム・コモン」などといったランクが付けられており、それぞれのランクに応じて発行数量が定められているため、"希少性のある資産"として取引することが可能です。なお、アイテムの種類としては「キャラクタースキン・ウェアラブル・ホバーボード・銃」などがあるとされています。

ブロックチェーンゲームといえばイーサリアム(ETH)でゲーム内アイテムを売買する形式が一般的ですが、「LightNite」は世界で最も広く知られているビットコイン(BTC)でアイテムを購入することができるため、より多くの人々が気軽にプレイできるゲームになると期待されます。

>>「Blockstream」の公式発表はこちら
>>「LightNite」の公式サイトはこちら
>>「Light Nite Explorer」はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

ビットコイン「100万円」突破近い|さらなる価格上昇を予想:Civic CEO

ビットコイン「100万円」突破近い|さらなる価格上昇を予想:Civic CEO

仮想通貨ATMの導入が止まらない!2018年内には5,000台を突破

仮想通貨ATMの導入が止まらない!2018年内には5,000台を突破

BITMAX「LINE Payからの入金手数料」を無料化【ゴールデンウィーク限定】

BITMAX「LINE Payからの入金手数料」を無料化【ゴールデンウィーク限定】

BINANCE:仮想通貨販売所で「8種類の法定通貨」に新規対応

BINANCE:仮想通貨販売所で「8種類の法定通貨」に新規対応

Dogecoin(DOGE)価格高騰にも影響か?Elon Musk「ドージコインCEO」に就任するも即辞任

Dogecoin(DOGE)価格高騰にも影響か?Elon Musk「ドージコインCEO」に就任するも即辞任

ブロックチェーン・仮想通貨ニュース週間まとめ|2020年4月19日〜25日

ブロックチェーン・仮想通貨ニュース週間まとめ|2020年4月19日〜25日

注目度の高い仮想通貨ニュース

Brave「Binanceウィジット」提供開始|ブラウザ上で仮想通貨取引が可能に

Brave「Binanceウィジット」提供開始|ブラウザ上で仮想通貨取引が可能に

XRPはビットコインよりも「環境に優しく、低コスト」カナダの大学教授が報告

XRPはビットコインよりも「環境に優しく、低コスト」カナダの大学教授が報告

Bittrex Global:2020年6月に「取引所トークン」公開へ

Bittrex Global:2020年6月に「取引所トークン」公開へ

Amazon:ブロックチェーン基盤の「商品認証システム」で特許取得

Amazon:ブロックチェーン基盤の「商品認証システム」で特許取得

Binance Research「Libraは決済業界に革命をもたらす可能性」SpaceX社と比較

Binance Research「Libraは決済業界に革命をもたらす可能性」SpaceX社と比較

eスポーツトーナメントで独自仮想通貨「AFAVC」発行へ:アルゼンチンサッカー協会

eスポーツトーナメントで独自仮想通貨「AFAVC」発行へ:アルゼンチンサッカー協会

ブロックチェーン・仮想通貨ニュース週間まとめ|2020年5月10日〜16日

ブロックチェーン・仮想通貨ニュース週間まとめ|2020年5月10日〜16日

Huobi Japan:6月上場予定の「フォビトークン(HT)」に関する紹介ページを公開

Huobi Japan:6月上場予定の「フォビトークン(HT)」に関する紹介ページを公開

ドイツのブロックチェーン企業「Gapless」ポルシェなどから合計6億円の資金調達

ドイツのブロックチェーン企業「Gapless」ポルシェなどから合計6億円の資金調達

電子書籍取次大手「メディアドゥ」ブロックチェーンなどへの投資を加速

電子書籍取次大手「メディアドゥ」ブロックチェーンなどへの投資を加速

大人気ゲーム「CryptoKitties」Flowブロックチェーンでリニューアルへ:Dapper Labs

大人気ゲーム「CryptoKitties」Flowブロックチェーンでリニューアルへ:Dapper Labs

LG Electronics:分散型台帳「Hedera Hashgraph」の運営審議会に参加

LG Electronics:分散型台帳「Hedera Hashgraph」の運営審議会に参加

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

ビットコインボルト(Bitcoin Vault/BTCV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説NEW

ビットコインボルト(Bitcoin Vault/BTCV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

Cardano(ADA)決済「対応店舗」一覧【仮想通貨が使えるお店】

Cardano(ADA)決済「対応店舗」一覧【仮想通貨が使えるお店】

【2020年】ビットコイン、仮想通貨関連の「注目イベント」一覧

【2020年】ビットコイン、仮想通貨関連の「注目イベント」一覧

仮想通貨に関する「詐欺の種類・手法」まとめ|被害防止のための対策・注意点も

仮想通貨に関する「詐欺の種類・手法」まとめ|被害防止のための対策・注意点も

国内仮想通貨取引所:消費税増税後の「各種手数料」まとめ

国内仮想通貨取引所:消費税増税後の「各種手数料」まとめ

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

人気のタグから探す