ビットコイン争奪対戦ゲーム「ライトナイト」取引可能なNFTアイテム発行へ

by BITTIMES   

ビットコイン(Bitcoin/BTC)のサイドチェーン技術を活用した取引所間決済ネットワーク「Liquid Network」を開発・運営している「Blockstream(ブロックストリーム)」は2020年5月12日に、"仮想通貨版フォートナイト"として注目を集めているマルチプレイヤー型バトルロイヤルゲーム「LightNite(ライトナイト)」がLiquid Networkを活用してゲーム内アイテムのNFTを発行することを発表しました。

こちらから読む:Reddit、イーサリアム基盤のトークン発行へ「ゲーム」関連ニュース

LightNiteのゲーム内アイテムを「NFT」として発行

LightNite(ライトナイト)は、ビットコイン関連のゲームを開発している「Satoshis Games(サトシズ・ゲームズ)」が開発を進めているマルチプレイヤー型のバトルロワイヤルゲームであり、少額のBTCを安い手数料で送金することができるLightning Network(ライトニングネットワーク)を採用することによってプレイヤー同士が少額のビットコインを賭けてバトルすることができる環境を構築しています。

このゲームは現在開発段階であるため、現在はパブリックプレアルファ版のみでしか利用することができないものの、"今世界中で流行しているFortnite(フォートナイト)のようなバトルロワイヤル形式のオンラインゲームで仮想通貨ビットコインの争奪戦を行うことができる"として注目を集めています。

昨年10月のゲーム発表時点では「BTCの奪い合いができること」や「武器などのアイテムがゲーム内ストアで購入できること」などが明らかにされていましたが、今回の発表では"ゲーム内で使用されるアイテムが「Liquid Network」を用いた"代替不可能なトークン(NFT)"として発行されること"が明らかにされています。

ゲーム内アイテムの「自由な取引」が可能に

LightNiteのゲーム内アイテムがNFTとして発行されることによって、ゲーム内で獲得することができる衣服や武器などのアイテムを他のプレイヤーとの間で自由に取引することができるようになります。これらのゲーム内資産の取引はBlockstream社のブロックチェーンエクスプローラーを基盤とした「Light Nite Explorer」で詳細を確認することができるようになっています。

LightNite内で提供されるアイテムには一般的なブロックチェーンゲームのように「レア・プレミアム・コモン」などといったランクが付けられており、それぞれのランクに応じて発行数量が定められているため、"希少性のある資産"として取引することが可能です。なお、アイテムの種類としては「キャラクタースキン・ウェアラブル・ホバーボード・銃」などがあるとされています。

ブロックチェーンゲームといえばイーサリアム(ETH)でゲーム内アイテムを売買する形式が一般的ですが、「LightNite」は世界で最も広く知られているビットコイン(BTC)でアイテムを購入することができるため、より多くの人々が気軽にプレイできるゲームになると期待されます。

>>「Blockstream」の公式発表はこちら
>>「LightNite」の公式サイトはこちら
>>「Light Nite Explorer」はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

NASDAQ(ナスダック)暗号資産インデックスに「エックスアールピー(XRP)」を追加

NASDAQ(ナスダック)暗号資産インデックスに「エックスアールピー(XRP)」を追加

BINANCE:暗号資産の「証拠金取引」開始は近い|バグの可能性調査など最終テストへ

BINANCE:暗号資産の「証拠金取引」開始は近い|バグの可能性調査など最終テストへ

BINANCE:新たな暗号資産マイニングサービス「Smart Pool」公開へ

BINANCE:新たな暗号資産マイニングサービス「Smart Pool」公開へ

ブロックチェーンで走行距離などの「自動車データ改ざん」に対処|BMW×VeChain

ブロックチェーンで走行距離などの「自動車データ改ざん」に対処|BMW×VeChain

大学のブロックチェーン研究「世界規模で推進」Ripple社の支援プログラムに11校が参加

大学のブロックチェーン研究「世界規模で推進」Ripple社の支援プログラムに11校が参加

Cash App:ビットコイン売買機能に続き「株の無料取引」も提供か=Bloomberg報道

Cash App:ビットコイン売買機能に続き「株の無料取引」も提供か=Bloomberg報道

注目度の高い仮想通貨ニュース

ビットバンク:新たに「ステラルーメン(Stellar Lumens/XLM)」取扱いへ

ビットバンク:新たに「ステラルーメン(Stellar Lumens/XLM)」取扱いへ

アダルトサイト大手「ポルノハブ」ビットコイン・ライトコイン決済に対応

アダルトサイト大手「ポルノハブ」ビットコイン・ライトコイン決済に対応

ディーカレット:XRP保有者に対する「Sparkトークンの付与」対応を検討

ディーカレット:XRP保有者に対する「Sparkトークンの付与」対応を検討

ビットフライヤー:iOSアプリの「ウィジェット機能」がさらに便利に

ビットフライヤー:iOSアプリの「ウィジェット機能」がさらに便利に

SKE48のブロックチェーントレーディングカード「いきなりNFTトレカ」販売決定

SKE48のブロックチェーントレーディングカード「いきなりNFTトレカ」販売決定

米国で暗号資産関連の重要法案「デジタルコモディティ取引法・証券分明法」提出

米国で暗号資産関連の重要法案「デジタルコモディティ取引法・証券分明法」提出

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2020年8月23日〜29日

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2020年8月23日〜29日

EU5ヵ国の財務大臣、欧州委員会に「厳格なステーブルコイン規制」を要請

EU5ヵ国の財務大臣、欧州委員会に「厳格なステーブルコイン規制」を要請

バミューダ証券取引所:NASDAQ×Hashdexの「仮想通貨ETF」を承認

バミューダ証券取引所:NASDAQ×Hashdexの「仮想通貨ETF」を承認

VeChain財団「中国国家動物健康・食品安全創新連盟」に参加|130社以上を技術支援

VeChain財団「中国国家動物健康・食品安全創新連盟」に参加|130社以上を技術支援

コスプレ画像投稿サイト「WorldCosplay」暗号資産ウォレットを実装

コスプレ画像投稿サイト「WorldCosplay」暗号資産ウォレットを実装

コインチェックが「Enjin」と連携|マインクラフトで利用できるデジタル資産取扱いへ

コインチェックが「Enjin」と連携|マインクラフトで利用できるデジタル資産取扱いへ

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

ビットフライヤー編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットフライヤー編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットバンク編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットバンク編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ファイルコイン(Filecoin/FIL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ファイルコイン(Filecoin/FIL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ビットコインボルト(Bitcoin Vault/BTCV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ビットコインボルト(Bitcoin Vault/BTCV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

Cardano(ADA)決済「対応店舗」一覧【仮想通貨が使えるお店】

Cardano(ADA)決済「対応店舗」一覧【仮想通貨が使えるお店】

【2020年】ビットコイン、仮想通貨関連の「注目イベント」一覧

【2020年】ビットコイン、仮想通貨関連の「注目イベント」一覧

人気のタグから探す