ビットコイン争奪対戦ゲーム「ライトナイト」取引可能なNFTアイテム発行へ

by BITTIMES   

ビットコイン(Bitcoin/BTC)のサイドチェーン技術を活用した取引所間決済ネットワーク「Liquid Network」を開発・運営している「Blockstream(ブロックストリーム)」は2020年5月12日に、"仮想通貨版フォートナイト"として注目を集めているマルチプレイヤー型バトルロイヤルゲーム「LightNite(ライトナイト)」がLiquid Networkを活用してゲーム内アイテムのNFTを発行することを発表しました。

こちらから読む:Reddit、イーサリアム基盤のトークン発行へ「ゲーム」関連ニュース

LightNiteのゲーム内アイテムを「NFT」として発行

LightNite(ライトナイト)は、ビットコイン関連のゲームを開発している「Satoshis Games(サトシズ・ゲームズ)」が開発を進めているマルチプレイヤー型のバトルロワイヤルゲームであり、少額のBTCを安い手数料で送金することができるLightning Network(ライトニングネットワーク)を採用することによってプレイヤー同士が少額のビットコインを賭けてバトルすることができる環境を構築しています。

このゲームは現在開発段階であるため、現在はパブリックプレアルファ版のみでしか利用することができないものの、"今世界中で流行しているFortnite(フォートナイト)のようなバトルロワイヤル形式のオンラインゲームで仮想通貨ビットコインの争奪戦を行うことができる"として注目を集めています。

昨年10月のゲーム発表時点では「BTCの奪い合いができること」や「武器などのアイテムがゲーム内ストアで購入できること」などが明らかにされていましたが、今回の発表では"ゲーム内で使用されるアイテムが「Liquid Network」を用いた"代替不可能なトークン(NFT)"として発行されること"が明らかにされています。

ゲーム内アイテムの「自由な取引」が可能に

LightNiteのゲーム内アイテムがNFTとして発行されることによって、ゲーム内で獲得することができる衣服や武器などのアイテムを他のプレイヤーとの間で自由に取引することができるようになります。これらのゲーム内資産の取引はBlockstream社のブロックチェーンエクスプローラーを基盤とした「Light Nite Explorer」で詳細を確認することができるようになっています。

LightNite内で提供されるアイテムには一般的なブロックチェーンゲームのように「レア・プレミアム・コモン」などといったランクが付けられており、それぞれのランクに応じて発行数量が定められているため、"希少性のある資産"として取引することが可能です。なお、アイテムの種類としては「キャラクタースキン・ウェアラブル・ホバーボード・銃」などがあるとされています。

ブロックチェーンゲームといえばイーサリアム(ETH)でゲーム内アイテムを売買する形式が一般的ですが、「LightNite」は世界で最も広く知られているビットコイン(BTC)でアイテムを購入することができるため、より多くの人々が気軽にプレイできるゲームになると期待されます。

>>「Blockstream」の公式発表はこちら
>>「LightNite」の公式サイトはこちら
>>「Light Nite Explorer」はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

Audi(アウディ)限定版の「NFTアート作品」を発表|xNFT Protocolと協力

Audi(アウディ)限定版の「NFTアート作品」を発表|xNFT Protocolと協力

暗号資産取引所「BITPoint(ビットポイント)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産取引所「BITPoint(ビットポイント)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

Block.one:EOSブロックチェーン活用した分散型ソーシャルメディア「Voice」を発表

Block.one:EOSブロックチェーン活用した分散型ソーシャルメディア「Voice」を発表

バイナンス「Binance NFTの公開日」を発表|一部参加アーティストなども明らかに

バイナンス「Binance NFTの公開日」を発表|一部参加アーティストなども明らかに

ビットコインマイニングの仕組みを初めから丁寧に

ビットコインマイニングの仕組みを初めから丁寧に

Madonna:Rippleと協力して慈善活動「アフリカの子供たちに愛を」

Madonna:Rippleと協力して慈善活動「アフリカの子供たちに愛を」

注目度の高い仮想通貨ニュース

GMOインターネット:NFTドメイン紹介・登録サービス「CryptoName byGMO」提供開始

GMOインターネット:NFTドメイン紹介・登録サービス「CryptoName byGMO」提供開始

dHealth Networkの「ネイティブDHP」MEXC Globalに近日上場か

dHealth Networkの「ネイティブDHP」MEXC Globalに近日上場か

【重要】Liquid by FTX:レバレッジ取引サービス終了へ|取引機能を段階的に停止

【重要】Liquid by FTX:レバレッジ取引サービス終了へ|取引機能を段階的に停止

カナダのマイニング企業「Hut 8 Mining」ビットコインHODL戦略を維持

カナダのマイニング企業「Hut 8 Mining」ビットコインHODL戦略を維持

Project Twelve:人気のM2Eアプリ「STEPN」と提携|持続可能なWeb3.0エコシステム構築へ

Project Twelve:人気のM2Eアプリ「STEPN」と提携|持続可能なWeb3.0エコシステム構築へ

Bitget:報酬総額100,000USDTの「お友達に40USDTプレゼント」イベント開催

Bitget:報酬総額100,000USDTの「お友達に40USDTプレゼント」イベント開催

Chiliz&Socios「イングランドのラグビー3クラブ」と提携|ファントークン発行も予定

Chiliz&Socios「イングランドのラグビー3クラブ」と提携|ファントークン発行も予定

NFTプロジェクト「Tokyo Mongz Hills Club」1次販売の詳細を発表:HashLink

NFTプロジェクト「Tokyo Mongz Hills Club」1次販売の詳細を発表:HashLink

ファイルコイン財団「ハーバード大学・図書館ラボの分散型技術活用」を支援

ファイルコイン財団「ハーバード大学・図書館ラボの分散型技術活用」を支援

カルダノ・エイダの大型アップグレード「Vasil」再び延期に

カルダノ・エイダの大型アップグレード「Vasil」再び延期に

Bitfinex:エルサルバドル企業などに「BTC・USDT」を寄付|仮想通貨関連の取り組みも支援

Bitfinex:エルサルバドル企業などに「BTC・USDT」を寄付|仮想通貨関連の取り組みも支援

Sygnum Bank:ステーキングサービスで「Cardano(ADA)」をサポート

Sygnum Bank:ステーキングサービスで「Cardano(ADA)」をサポート

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

FTXトークン(FTX Token/FTT)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

FTXトークン(FTX Token/FTT)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

元素騎士メタバース(MV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

元素騎士メタバース(MV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

アバランチ(Avalanche/AVAX)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

アバランチ(Avalanche/AVAX)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ポリゴン(Polygon/MATIC)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ポリゴン(Polygon/MATIC)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

エバードーム(Everdome/DOME)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

エバードーム(Everdome/DOME)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

Unstoppable Domainsとは?基本情報・特徴・使い方などを解説

Unstoppable Domainsとは?基本情報・特徴・使い方などを解説

人気のタグから探す