日本円ステーブルコイン「JPYC(JPYCoin)」販売開始:日本暗号資産市場株式会社

by BITTIMES   

日本暗号資産市場株式会社は2021年1月27日に、日本円・ビットコイン・イーサリアムで購入可能な前払式支払手段扱いの日本円ステーブルコイン「JPYC(JPYCoin)」の発行・販売を開始したことを発表しました。JPYCoinの価格は「1JPYC=1円」となっており、誰でも自由に購入して、物や金券の購入に利用することができるようになっています。

こちらから読む:コインチェック、"Enjin Coin"取扱い開始「国内ニュース」

一般個人向け日本円ステーブルコイン「JPYC」販売開始

日本暗号資産市場株式会社は昨年12月に一般個人向けの日本円ステーブルコインである「JPYC(JPYCoin)」を発行する予定であることを明らかにしていましたが、本日2021年1月27日には『JPYCの発行・販売を正式に開始したこと』が発表されました。

JPYC(JPYCoin)の特徴

JPYC(JPYCoin)は「1JPYC=1円」として利用可能な"前払式支払手段扱いのERC20トークン"となっており、日本円・ビットコインイーサリアムで誰でも自由に購入することができ、購入したJPYCは物や金券の購入に利用することができると説明されています。

【JPYCoinの特徴】

  • どなたでも購入可能
  • 日本円/BTC/ETHで購入可能(リリース時は日本円のみ、BTC/ETHでの購入は順次追加)
  • 購入単位は10,000円から選択可能
  • 物や金券の購入に1JPYC=1円で利用可能

JPYC(JPYCoin)の購入方法

JPYC(JPYCoin)は第1段階として1億円相当となる「100,000,000 JPYC」が発行されることになっており、その90%の量が市場に出回った時に新たな「1,000,000,000 JPYC」が発行されることになっています。

JPYCoinは「JPYC公式サイト」から購入することができ、購入単価は「10,000円、100,000円、1,000,000円」から選択することが可能となっています。なお、JPYCはJPYC販売サイトにてAmazonをはじめとしたECサイトを利用した物や金券などの購入が可能です。

イチバ(ICHIBA/ICB)との違いについて

日本暗号資産市場株式会社は、2020年8月に日本円ステーブルコインである「イチバ(ICHIBA/ICB)」の販売を開始していましたが、ICBとJPYCは「事業者向け」か「個人向け」かという点で異なっています。

「イチバ(ICHIBA/ICB)」は"事業者向けの前払式支払手段"となっているため商行為目的でのみ購入できるものとなっていましたが、「JPYC(JPYCoin)」は"一般個人向けの前払式支払手段"となっているため誰もが自由に購入・利用することができます。

(画像:日本暗号資産市場株式会社)(画像:日本暗号資産市場株式会社)

今後の展開について

日本暗号資産市場株式会社は公式発表の中で『JPYCの発行・販売により、日本におけるブロックチェーンを活用した決済手段と物の取引の活性化を目指していく』と説明しており、同社の代表取締役である岡部典孝氏は次のようにコメントしています。

JPYCはこれまでのICBの知見と専門家の方々や当局とのディスカッションの結果生まれた、日本初の誰でも購入できる前払式支払手段扱いの日本円連動ステーブルコイン(ERC20)です。
今後JPYCが使えるスマートコントラクト等を開発し、日本のブロックチェーン業界の発展に貢献して参ります。

弊社はICB及びJPYCの発行の知見を活かし、今後同様のERC20コインを発行予定の企業に対するコンサルティング事業を提供いたします。

>>「日本暗号資産市場」の公式発表はこちら
>>「JPYCのホワイトペーパー」はこちら
>>「JPYCの公式サイト」はこちら
>>「JPYCインセンティブ提供プログラム」はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

ビットコイン暴落の原因が中国というのは本当か?「今後使える対策法」

ビットコイン暴落の原因が中国というのは本当か?「今後使える対策法」

ビットコイン価格は今後3年間で「大幅に」上昇する|Circle CEO:Jeremy Allaire

ビットコイン価格は今後3年間で「大幅に」上昇する|Circle CEO:Jeremy Allaire

世界トップ企業で「カルダノ活用」なるか|Cardano財団、PwCとマーケティング戦略

世界トップ企業で「カルダノ活用」なるか|Cardano財団、PwCとマーケティング戦略

エルサルバドルのビットコイン法「9月7日」施行へ|BTC・ウォレットの無料配布も予定

エルサルバドルのビットコイン法「9月7日」施行へ|BTC・ウォレットの無料配布も予定

ディーカレット「Amazonギフト券・QUOカードPay」が毎日抽選で当たるキャンペーン開催

ディーカレット「Amazonギフト券・QUOカードPay」が毎日抽選で当たるキャンペーン開催

ビットコイン(BTC)マイニング可能数量は「残り10%」に|全体の90%が発行済み

ビットコイン(BTC)マイニング可能数量は「残り10%」に|全体の90%が発行済み

注目度の高い仮想通貨ニュース

Chiliz&Socios:イタリアの古豪クラブ「Bologna FC」と提携|$BFCファントークン発行へ

Chiliz&Socios:イタリアの古豪クラブ「Bologna FC」と提携|$BFCファントークン発行へ

米SEC「ProSharesのビットコイン先物ETF」を承認|BTC価格は700万円台まで回復

米SEC「ProSharesのビットコイン先物ETF」を承認|BTC価格は700万円台まで回復

BTCBOX:最大10万円が当たる「ちょっと早めのクリスマスプレゼント企画」を開始

BTCBOX:最大10万円が当たる「ちょっと早めのクリスマスプレゼント企画」を開始

BINANCE「南アフリカ」でも一部サービスに利用制限

BINANCE「南アフリカ」でも一部サービスに利用制限

暗号資産取引所「FTX」香港からバハマに本社移転

暗号資産取引所「FTX」香港からバハマに本社移転

中国人民銀行「仮想通貨は違法」として取締強化|ビットコイン価格は再び急落

中国人民銀行「仮想通貨は違法」として取締強化|ビットコイン価格は再び急落

Enjin:ブロックチェーンゲームのローンチパッド「EnjinStarter」と提携

Enjin:ブロックチェーンゲームのローンチパッド「EnjinStarter」と提携

世界最大のビットコイン投資信託を「現物ETF」に転換|Grayscaleが正式に申請

世界最大のビットコイン投資信託を「現物ETF」に転換|Grayscaleが正式に申請

香港金融管理局:中央銀行デジタル通貨「e-HKD」のホワイトペーパー公開

香港金融管理局:中央銀行デジタル通貨「e-HKD」のホワイトペーパー公開

Zaif「CMS:XEM保有者に対するCMS:XYMエアドロップ」の対応方針を発表

Zaif「CMS:XEM保有者に対するCMS:XYMエアドロップ」の対応方針を発表

Grayscale:ビットコイン投資信託を「現物ETF」に転換する申請書提出か=CNBC

Grayscale:ビットコイン投資信託を「現物ETF」に転換する申請書提出か=CNBC

Chiliz&Socios:アルゼンチンの「Racing Club」と提携|$RACINGファントークン発行へ

Chiliz&Socios:アルゼンチンの「Racing Club」と提携|$RACINGファントークン発行へ

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「リスク(Lisk/LSK)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「リスク(Lisk/LSK)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シンボル(Symbol/XYM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シンボル(Symbol/XYM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産取引所「Bitgate(ビットゲート)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産取引所「Bitgate(ビットゲート)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す