日本円ステーブルコイン「JPYC(JPYCoin)」販売開始:日本暗号資産市場株式会社

by BITTIMES   

日本暗号資産市場株式会社は2021年1月27日に、日本円・ビットコイン・イーサリアムで購入可能な前払式支払手段扱いの日本円ステーブルコイン「JPYC(JPYCoin)」の発行・販売を開始したことを発表しました。JPYCoinの価格は「1JPYC=1円」となっており、誰でも自由に購入して、物や金券の購入に利用することができるようになっています。

こちらから読む:コインチェック、"Enjin Coin"取扱い開始「国内ニュース」

一般個人向け日本円ステーブルコイン「JPYC」販売開始

日本暗号資産市場株式会社は昨年12月に一般個人向けの日本円ステーブルコインである「JPYC(JPYCoin)」を発行する予定であることを明らかにしていましたが、本日2021年1月27日には『JPYCの発行・販売を正式に開始したこと』が発表されました。

JPYC(JPYCoin)の特徴

JPYC(JPYCoin)は「1JPYC=1円」として利用可能な"前払式支払手段扱いのERC20トークン"となっており、日本円・ビットコインイーサリアムで誰でも自由に購入することができ、購入したJPYCは物や金券の購入に利用することができると説明されています。

【JPYCoinの特徴】

  • どなたでも購入可能
  • 日本円/BTC/ETHで購入可能(リリース時は日本円のみ、BTC/ETHでの購入は順次追加)
  • 購入単位は10,000円から選択可能
  • 物や金券の購入に1JPYC=1円で利用可能

JPYC(JPYCoin)の購入方法

JPYC(JPYCoin)は第1段階として1億円相当となる「100,000,000 JPYC」が発行されることになっており、その90%の量が市場に出回った時に新たな「1,000,000,000 JPYC」が発行されることになっています。

JPYCoinは「JPYC公式サイト」から購入することができ、購入単価は「10,000円、100,000円、1,000,000円」から選択することが可能となっています。なお、JPYCはJPYC販売サイトにてAmazonをはじめとしたECサイトを利用した物や金券などの購入が可能です。

イチバ(ICHIBA/ICB)との違いについて

日本暗号資産市場株式会社は、2020年8月に日本円ステーブルコインである「イチバ(ICHIBA/ICB)」の販売を開始していましたが、ICBとJPYCは「事業者向け」か「個人向け」かという点で異なっています。

「イチバ(ICHIBA/ICB)」は"事業者向けの前払式支払手段"となっているため商行為目的でのみ購入できるものとなっていましたが、「JPYC(JPYCoin)」は"一般個人向けの前払式支払手段"となっているため誰もが自由に購入・利用することができます。

(画像:日本暗号資産市場株式会社)(画像:日本暗号資産市場株式会社)

今後の展開について

日本暗号資産市場株式会社は公式発表の中で『JPYCの発行・販売により、日本におけるブロックチェーンを活用した決済手段と物の取引の活性化を目指していく』と説明しており、同社の代表取締役である岡部典孝氏は次のようにコメントしています。

JPYCはこれまでのICBの知見と専門家の方々や当局とのディスカッションの結果生まれた、日本初の誰でも購入できる前払式支払手段扱いの日本円連動ステーブルコイン(ERC20)です。
今後JPYCが使えるスマートコントラクト等を開発し、日本のブロックチェーン業界の発展に貢献して参ります。

弊社はICB及びJPYCの発行の知見を活かし、今後同様のERC20コインを発行予定の企業に対するコンサルティング事業を提供いたします。

>>「日本暗号資産市場」の公式発表はこちら
>>「JPYCのホワイトペーパー」はこちら
>>「JPYCの公式サイト」はこちら
>>「JPYCインセンティブ提供プログラム」はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

暗号資産取引所Huobi:ブランド名を「HTX」に変更|新たなスローガン・ミッションも

暗号資産取引所Huobi:ブランド名を「HTX」に変更|新たなスローガン・ミッションも

半減期前にして「ビットコインクジラ」急増中|1,000BTC以上の大口取引も多数報告

半減期前にして「ビットコインクジラ」急増中|1,000BTC以上の大口取引も多数報告

中東レバノン、法定通貨暴落で「ビットコイン需要」増加|中央銀行への放火報道も

中東レバノン、法定通貨暴落で「ビットコイン需要」増加|中央銀行への放火報道も

話題の仮想通貨「Cardano/ADA」に言及|著名トレーダーPeter Brandt

話題の仮想通貨「Cardano/ADA」に言及|著名トレーダーPeter Brandt

コイネージ(COINAGE)暗号資産交換業者のライセンス取得|登録企業は「合計24社」に

コイネージ(COINAGE)暗号資産交換業者のライセンス取得|登録企業は「合計24社」に

米SEC「Bittrex」を起訴|ALGO・DASHなど6銘柄を有価証券と判断

米SEC「Bittrex」を起訴|ALGO・DASHなど6銘柄を有価証券と判断

注目度の高い仮想通貨ニュース

仮想通貨損益計算のクリプタクト「おすすめプラン診断機能」を導入

仮想通貨損益計算のクリプタクト「おすすめプラン診断機能」を導入

ビットコイン推進派のナジブ・ブケレ氏「エルサルバドル大統領選挙」で勝利宣言

ビットコイン推進派のナジブ・ブケレ氏「エルサルバドル大統領選挙」で勝利宣言

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

SBI VCトレード:国内初「FLRステーキングサービス」提供開始|記念キャンペーンも開催

SBI VCトレード:国内初「FLRステーキングサービス」提供開始|記念キャンペーンも開催

Astar Network:韓国の「DeSpread」と業務提携|東アジア主導でWeb3の普及推進

Astar Network:韓国の「DeSpread」と業務提携|東アジア主導でWeb3の普及推進

柴犬のバーン運動はコミュニティでも「Shib Dream NFT」が合計10億SHIBを焼却処分

柴犬のバーン運動はコミュニティでも「Shib Dream NFT」が合計10億SHIBを焼却処分

取引所外で仮想通貨を簡単購入|コインチェック「組込型オンランプサービス」提供へ

取引所外で仮想通貨を簡単購入|コインチェック「組込型オンランプサービス」提供へ

これからはビットコインの時代?「金からの移行が進行中」ARK CEO キャシー・ウッド氏

これからはビットコインの時代?「金からの移行が進行中」ARK CEO キャシー・ウッド氏

金融庁「暗号資産の税制改正」に関する意見募集開始

金融庁「暗号資産の税制改正」に関する意見募集開始

OpenAIの動画生成AI「Sora」が影響?ワールドコイン(WLD)価格高騰

OpenAIの動画生成AI「Sora」が影響?ワールドコイン(WLD)価格高騰

メタマスク「セキュリティアラート機能」提供開始|アプリ&拡張機能で利用可能

メタマスク「セキュリティアラート機能」提供開始|アプリ&拡張機能で利用可能

IEO予定のBrilliantcrypto:世界展開に向け「スペイン語圏最大級の取引所」と上場契約

IEO予定のBrilliantcrypto:世界展開に向け「スペイン語圏最大級の取引所」と上場契約

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

仮想通貨の確定申告で必要な「年間取引報告書」のダウンロード方法【取引所別まとめ】

仮想通貨の確定申告で必要な「年間取引報告書」のダウンロード方法【取引所別まとめ】

ソラナ基盤のDEX「Jupiter Exchange」とは?仮想通貨JUPの概要などもあわせて紹介

ソラナ基盤のDEX「Jupiter Exchange」とは?仮想通貨JUPの概要などもあわせて紹介

Shiba Inuのメタバース「Shib:The Metaverse」とは?最新情報・LAND購入方法など

Shiba Inuのメタバース「Shib:The Metaverse」とは?最新情報・LAND購入方法など

人気のタグから探す